846262 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

浦和レッズを語る あらいぐま珈琲3号店 -

PR

Profile


らすかる小団長

Favorite Blog

ガウディの弟子 New! niconicotomoさん

長引く停電 New! 七詩さん

ノエスタ参戦記(4/1… ナン65さん

一部Android端末でア… 楽天ブログスタッフさん

Cosa Facciamo? mahowさん

Free Space

Category

Archives

Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019

Freepage List

Jan 1, 2010
XML
カテゴリ:サッカー その他
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ


1月1日は天皇杯も観戦。

浦和レッズが絡んでいない試合の生観戦は、本当に久しぶりだったので、純粋にサッカーを楽しめた。

国立競技場はほぼ満席になった。


選手入場前の名古屋の大旗
nagoya

ガンバは青と黒のストライプにGANBA STYLEの文字。まさにそのとおり自分たちのスタイルを貫いての優勝!!これはサポーターにとってはたまらないだろう。浦和レッズは来年ここまで行けるだろうか。
oosaka1

名古屋のビジュアル。星が浮かび上がる。
oosaka2

ガンバの応援席のアップ
oosaka3

上から見るとはっきりとわかるのだが、名古屋は4-4-2ではなく、玉田、ケネディ、マギヌンの3トップだった。しかも、2列目に小川と中村の2人。底に1ボランチの吉村。

ただこの布陣はガンバに対して有効ではなかったように思う。

前に比重を置いているため、ガンバの中盤のパスワークに対応することができていなかった。押し気味でガンバが試合を進める。

そんな中、遠藤を中心とした鮮やかなパスワークからガンバが先制。

ガンバが優勢だったが、名古屋がケネディをポストに使って、2列目の中村が得点をして1-1に追いつく。ピクシーの布陣が当たった形だ。

後半、名古屋は布陣は4-3-3のままだが、小川とマギヌンを入れ替えてきた。すると、マギヌンでボールキープできるようになったのと、小川がガンバDF陣の背後を何度も脅かし、ドリブルで持ち込んで深いクロスをあげるようになり、名古屋が優勢になる。

名古屋か・・・と思ってすぐ、ストイコヴィッチ監督は不可解な選手交代を行う。なんと、ガンバの脅威になっていた小川を下げてしまったのだ。

再びガンバペースとなり失点。

得点を奪わなければならなくなった名古屋は、次はなんと、ただでさえ手薄な中盤の中村と吉村を下げてしまう。

これで名古屋は4トップの布陣となる。さらに、三都主がワンボランチの5トップの布陣になっていった。

三都主は守備ではまったく機能せず、あとはガンバの中盤のやりたい放題。

守備陣が4枚だからといって、FWを5枚にすれば得点できないことは、浦和レッズがすでに証明していたのに・・・。

ガンバのパスワークは素晴らしかった。
浦和レッズや日本代表と違うのは、パスが流れていることだった。
誰かがパスを出す前に数人が動き出し、出した本人も次にパスを受けるために動いている。
オートマティックといえた。


試合結果はガンバの勝利。
得点掲示板
決勝だけみれば、妥当な結果だったと思う。

喜ぶガンバの選手たち。ワニナレナニワはこういう舞台が似合う。
ワニナレナニワ

再び書くが、元旦の国立は雰囲気がいい。
ここで今年はトップチームとレディースのアベック出場してほしい。



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

ブログランキング
人気blogランキングへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
よろしければクリックをお願い致します。

あらいぐま珈琲3号店 -浦和レッズ
あらいぐま珈琲3号店 -リンク集






Last updated  Jan 3, 2010 12:11:00 PM
コメント(2) | コメントを書く
[サッカー その他] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.