850561 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

浦和レッズを語る あらいぐま珈琲3号店 -

PR

Profile


らすかる小団長

Favorite Blog

札幌遠征記(5/4).… New! ナン65さん

都道府県魅力度ラン… New! 七詩さん

人間の塔 niconicotomoさん

Cosa Facciamo? mahowさん
晴れた日にも 曇っ… 赤い花手まりさん

Free Space

Category

Archives

Oct , 2019
Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019

Freepage List

Jun 27, 2010
XML
にほんブログ村 サッカーブログ

日本の大活躍で盛り上がりを見せているワールドカップも、予選グループリーグが終わり決勝トーナメントが始まった。

ここでワールドカップ前半を総括してみたい!!
(大会前にグループステージ予想を行ったので)


結果から言うと予想はほとんど外れた・・。

しかし一番大事なところ(希望したところ)だけ当たった。

1 日本が予選突破!!
2 メキシコが予選突破!!
3 チリが予選突破!!
4 フランスが予選敗退!!



このワールドカップの特徴を言えば、優勝経験のあるヨーロッパ勢が苦戦または予選敗退(フランス、イタリア、イングランド、ドイツ)、南米のチームが5カ国とも予選突破(ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、チリ、ウルグアイ)ということがいえる。

また、開催地域であるアフリカ勢が不調というのも特徴だ。

また大会前から注目していたメキシコ、チリという攻撃的サッカーをするチームは順当に勝ちあがっている。もちろん、スペイン、韓国、オランダも。

予選リーグで明暗を分けたのは、チームのコンセプトがはっきりしていて、チームが一つにまとまっているかどうかだったような気がする。例外はスイスだが、他はチームが一つになっているチームが強かった。
(フランスの内部崩壊はヨーロッパ予選から明らかだった)


・・・・・・・・・・・・・

<グループA>

ウルグアイが予想以上に強かった!!
失点0で安定した守備とともに、フォルラン・スアレスという強烈FWが試合を
重ねるほどに機能し始めた。
メキシコはフランスの不調のおかげでなんとか通過。
南アフリカはキーパーの退場など不運。あと一歩のところで逃した。
フランスは完全にチーム崩壊。
ドメネクを続投させた責任問題で政治まで含めた騒動に。
以前の強いフランスの復活のために、今回の屈辱が黒い体制をきれいにするきっかけに
なってほしい。

もともとはフランスは好きな国だから。


1位 7 ウルグアイ
2位 4 メキシコ
3位 4 南アフリカ
4位 1 フランス



<グループB>

アルゼンチンが個々の強さを発揮して終わってみれば3連勝。
初戦のナイジェリア戦ではメッシ頼みでチグハグだったチームもまとまりだしている。
二位は初戦でいいサッカーをした韓国。アジアのスピードと組織力と運動量は、
世界に通じることを証明した。

期待したナイジェリアは、身体能力は高かったが、
最後のシュートをことごとく外した。
全体的にチームが一つになっている印象がなく力を発揮できずに終了。


1位 9 アルゼンチン
2位 4 韓国
3位 3 ギリシャ
4位 1 ナイジェリア



<グループC>

通過を予想したスロベニアが2戦目終了時までは首位だったが、
最後の最後に逆転されて、イングランドとアメリカが決勝トーナメント進出。
イングランドは、まだまだ本領発揮していないが底力で結果を出した。
アメリカは勝利への執念と、ドノバンのキャプテンシーでチーム一丸となっていた。

スロベニアとアルジェリアは力負け。


1位 5 アメリカ
2位 5 イングランド
3位 4 スロベニア
4位 1 アルジェリア


イングランドの不調により大混戦。


<グループD>

ヨーロッパ勢が精彩を欠く中、結果的には1位通過のドイツもセルビアに敗れるなど、
安定しなかった。
ガーナはよいチームだが、決定力を欠いて苦戦。
シュートが入るようになると決勝トーナメントで暴れる可能性がある。
セルビアは強かったのだが、ここぞという時の勝負強さがなくあと一歩で敗退。


1位 6 ドイツ
2位 4 ガーナ
3位 4 オーストラリア
4位 3 セルビア



<グループE>

予想どおり、オランダが1位、日本が2位、3位デンマーク、4位カメルーン。
日本が予想外の大健闘だった。
オランダはまだ本領発揮できていない。試合巧者で勝ち抜いている。
ロッペンが戻ってきて初めてオランダらしさが出るのだろうか。
ただし層の厚さと守備の安定感を感じる。
日本は守備が堅い。チームにまとまりがあり、組織だっている。
フリーキックを決めるなど、調子も出てきている。
デンマークは、カメルーンともチームが一つになりきれずに本来の実力を発揮できなかった。


1位 9 オランダ
2位 6 日本
3位 3 デンマーク
4位 0 カメルーン


引き分けがない!!実力がはっきりしたグループ。



<グループF>

まさかのイタリア最下位。
主力選手が高齢化してしまったのに加え、選手選考にも問題があったのでは。
カテナチオが崩壊し、攻撃陣も小粒でいつもの強さがなかった。

他の3チームは混戦。
残念ながら、スロバキアの試合は観ていないためまったくわからない。
日本の対戦相手のパラグアイは、直前に銃弾に倒れて出場できなかったエースカバニャス
のために戦うということでチームが団結しており、あたりの激しさと
守備の堅さで勝ち抜いた。
ニュージーランドは大健闘。

1位 5 パラグアイ
2位 4 スロバキア
3位 3 ニュージーランド
4位 2 イタリア


イタリアの最悪な状態で大混戦。



<グループG>

死のグループと言われたこのグループは、終わってみればブラジルとポルトガルが
安定した強さで突破した。
コートジボワールは、ドログバの負傷離脱が最後まで尾を引いたようだ。
北朝鮮戦ではやっと3点差で圧倒したが、初戦のポルトガル戦のドローがクビをしめる結果となった。
あの事故がなければ・・・変わっていたかもしれない。

ブラジルとポルトガルは、そんな他のチームに助けられて、まだまだ本領発揮していない。

1位 7 ブラジル
2位 5 ポルトガル
3位 4 コートジボワール
4位 0 北朝鮮


死のグループと言われながらもコートジボワールの不調で2強のグループとなった。




<グループH>

スペインは圧倒的強さはないものの最後に1位とまとめてきた。
このグループではチリが目玉。
90分間攻め続けるサッカーはとても迫力があった。
スイスとの直接対決は見ごたえがあった。
スイスはスペインを撃破するなど強さを発揮したが、
最後の最後で勝ちきれなかった。


1位 6 スペイン
2位 6 チリ
3位 4 スイス
4位 1 ホンジュラス


スペインの不調(初戦で敗れる!)によりチリとスイスの2位争いが激しかった。



・・・・・・・・・・・

<決勝トーナメント>

ウルグアイ2-1韓国
韓国はあと一歩だったが、逃げ切られる。
南米つよし。

アメリカ1-2ガーナ
なんと延長戦の末、ガーナが突き放す。
アフリカ勢、意地の勝利!!


ドイツ-イングランド
アルゼンチン-メキシコ

オランダ-スロバキア
ブラジル-チリ

パラグアイ-日本
スペイン-ポルトガル

注目したいのはやはり、
 アルゼンチンVSメキシコ
 ブラジルVSチリ

優勝候補の強国に攻撃サッカーは通用するのか?

・・・・・・・・・・・・・

ベスト4予想!!
 ウルグアイ・・・守備の堅さと絶好調の攻撃陣
 アルゼンチン・・ここも圧倒的な攻撃力と安定した守備
 ブラジル・・・・試合を重ねるにつれて調子を上げてくるはず
 スペイン・・・・攻撃サッカー本領発揮で世界を制してほしい

・・・・・・・・・・・・・・

日本がもしベスト4になるとすると、
パラグアイに勝ち、スペイン(またはポルトガル)に勝つ必要がある。

インテルがチャンピオンズリーグを制したように、
日本はがっちりと守って相手の良さを消して一発勝負にかける。

そんな図式になるだろう。

インテルVSバルサになぞらえて、
日本VSスペインを見てみたい!!
(それが夢でない状況にいる幸せ!!)

岡田JAPANがんばれー!!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ

ブログランキング
人気blogランキングへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
よろしければクリックをお願い致します。

あらいぐま珈琲3号店 -浦和レッズ
あらいぐま珈琲3号店 -リンク集









Last updated  Dec 17, 2013 12:03:48 AM
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:何が起きているのかW杯!予選グループ総括!!(06/27)   温サポ さん
 欧州のプレーオフ組は、ポルトガル以外全滅。 南米のチリは若手が多く、ブラジル大会での優勝を狙っているようです。
 南米のプレーオフ組、ウルグアイはメンバーに恵まれた気がしますが、7人で守って3人の個人技で攻めるサッカーはスピードがあって面白いですね。
 韓国は、疲れからか動きが悪すぎました。
 ガーナはアフリカ?と思うほどに組織化され、精神的にもタフなチームでした。

 フランスは、特殊なチームで選手の8割がアフリカからの移民。 欧州と言うよりアフリカのチームのような・・・。
 日本は、カメルーンがバラバラで超ラッキーでした。
(Jun 27, 2010 05:46:40 PM)

 Re:何が起きているのかW杯!予選グループ総括!!(06/27)   Andy56 さん
イタリアの予選最下位には驚きました。
フランスの敗退はアリかなと思っていました。
アンリのゴールドフィンガーでやっと予選突破したんだから仕方がないのかなぁ??
(Jun 27, 2010 10:49:15 PM)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.