832173 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

浦和レッズを語る あらいぐま珈琲3号店 -

PR

Profile


らすかる小団長

Favorite Blog

ユニバー参戦記(3/1… New! ナン65さん

九段坂から東京駅まで 七詩さん

山に登る niconicotomoさん

Cosa Facciamo? mahowさん
晴れた日にも 曇っ… 赤い花手まりさん

Free Space

Category

Archives

May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019

Freepage List

Feb 26, 2013
XML
ACL初戦、残念ながら負けてしまった。

メンバーも昨年とほぼ同じなら、昨年の悪いときのサッカーをやってしまった。。。

試合開始早々はよかったものの、中盤で奪われカウンターを浴びたり、後ろで守備的なパス回しをしているときに奪われて失点。

悪い時のサッカーになってしまったのは、人数をかけて守備をされてしまったのと同時に、前線の3人がかなり激しいプレスをレッズのDFラインにかけてきたせいで、いつものように攻撃が組み立てられなくなってしまったからだろう。

そして苦し紛れにDFラインからパスを出そうにも、中盤も味方の選手とパスを出す選手の間には相手の選手がたくさんいて出しどころがない。

レッズは前後に分断されて、自分たちのサッカーができなくなってしまっていた。

そういう状態であっても、シャドーの二人がボールをキープしたり、ここで相手のボールを奪ってショートカウンターで、調子のいいときは、リズムをつかむのだが、ダブルシャドーの柏木とマルシオは完全に消えてしまっていた。

そんななか、交代で出てきた阪野と関口は動きを与えていて、そのポジションで求められる役割をきちんとこなしていたのが光明だった。

啓太と槙野と森脇は、決定的なミスを含め、相手の外国人FWにやられてしまっていた。
だが、それ以上に、前線でのつまらないパスミスでカウンターを何度も浴びたのが敗因だと思う。
ダブルシャドーと、ワントップの連携は、ワントップ原口、柏木、マルシオの組み合わせは去年から機能していないように思う。

それよりも、柏木・マルシオでローテーションし、もう一人を原口か梅崎で、ワントップは興梠・阪野というローテーションという組み合わせが一番いいのではないか。

それにしても、たぶん、今日のは、名将リッピ監督が完全に浦和を見切って対策を施した結果だと思う。ブラジル・パラグアイ・アルゼンチン外人3人以外からは得点の気配なかったし、数をかけて守られるディフェンスからは、レッズの得点の気配がなかった。完敗だった。。。

だが開幕戦はもともと勝てないし、レッズのサッカーが通用しなかったのではなく、レッズのサッカーをさせてもらえなかったので、あまり気にしていない。

Jリーグの開幕に向けて、気を引き締められるので、
完敗でかえってよかったのかもしれない。

以前、今シーズンのレッズは楽しみだ。


ずっとブログ更新していませんでしたが、今年は気楽に書いていきたいと思う。







Last updated  Feb 26, 2013 11:46:49 PM
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:浦和レッズ 今シーズン開幕!!(02/26)   SEIRO1956 さん
お久しぶりです。映像を観れなかったので、この詳細な分析に、なるほど、と、思いました。目にも浮かびました。開幕戦は、サンフレと。楽しみですね。 (Feb 27, 2013 10:50:44 AM)

 Re[1]:浦和レッズ 今シーズン開幕!!(02/26)   らすかる小団長 さん
SEIRO1956さん
>お久しぶりです。映像を観れなかったので、この詳細な分析に、なるほど、と、思いました。目にも浮かびました。開幕戦は、サンフレと。楽しみですね。
-----

お久しぶりです。サンフレも残念でしたね。あの中国のチーム強かったです!ACLの予選リーグ、レベルが上がっている機がします。決勝トーナメント行きたいですね。 (Feb 27, 2013 11:15:30 PM)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.