000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

浦和レッズを語る あらいぐま珈琲3号店 -

PR

Profile


らすかる小団長

Favorite Blog

演劇「どん底」を見て 七詩さん

人間の塔 niconicotomoさん

札幌遠征記(5/3).… ナン65さん

Cosa Facciamo? mahowさん
晴れた日にも 曇っ… 赤い花手まりさん

Free Space

Category

Archives

Oct , 2019
Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019

Freepage List

全67件 (67件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

カテゴリ未分類

May 26, 2013
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回jリーグの順位予想を書いたがここまで結構当たっている。

まず、3強が昨年と違って抜け出ること!


昨年の13節終了時の順位と勝ち点

1 ベガルタ仙台 27
2 サンフレッチェ広島 25
3 ジュビロ磐田 24

4 清水エスパルス 23
5 浦和レッズ 22
6 FC東京 22
7 川崎フロンターレ 22

今年の13節終了時の順位と勝ち点

1 大宮大宮アルディージャ 32
2 横浜FM横浜F・マリノス 27
3 浦和浦和レッズ 26

4 鹿島鹿島アントラーズ 25
5 広島サンフレッチェ広島 23
6 C大阪セレッソ大阪 23

浦和と広島はaclのため1試合少ないので、
それぞれ、29、26に伸ばす可能性がある。

ただし、私が予想した3強は、鹿島、柏、浦和だった。
こでも大丈夫!!レッズ以外のチームの順位は毎年外すと予想していた(笑)
それにしても、大宮も横浜もまったくの予想外。
この2チーム(もっと下に予想した)がなぜ上位に来れたかのは、
原因を分析してみるのは価値のあることだと思う。


下位争いは、やはり昇格チームは苦しい戦いだが、
昨年降格した神戸を基準(勝ち点15)にすると、
12位の新潟以下7チームが危ないという以上事態・・・

ジュビロはあのメンバーでこの順位はないので、
監督も変わることで上位進出してくるのではないか。

鳥栖はチーム改造が今のところ成果が出ていないようだが、
本来の献身的なチームディフェンスが戻ってくれば、
勝ち点を積み重ねるのではないか。

いろいろ考えると、昇格3チームと新潟は、
やはり降格争いをしていきそうだが、
もう一つ注目すべきチームがある。

名古屋グランパス

これまでどんな実績があっても、いい選手がいても、
チームが分裂してしまうと勝てないのがサッカー。
昨年のガンバや、その前の年の浦和と同じような状態が心配
されるのが、今年は名古屋なのだ・・・。

浦和レッズに関しては、何も言うことがない。
現在のいろいろな人が得点している状況は、
他チームからしたら対策のたてようがないだろう。
特に、フリーキック(ミドルシュートも含む)と、
コーナーキックから得点がとれているのは素晴らしい!!
メンバー的にも、那須加入のおかげで、その人がいないと
終わってしまう人というのがいない。
(原口がだんだんそんな選手になっているが、そこに梅崎が入れば
カバーできてしまう)
その点、大宮は外国人2選手、マリノスは中村俊輔がいなくなったら
という不安定さがある。

このまま、歯車が狂わないで、最後まで行ってほしい。






Last updated  May 26, 2013 11:48:12 PM
コメント(1) | コメントを書く
Feb 20, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
NACK5スタジアムに初参戦!!

今年のレッズを見てきます。






Last updated  Feb 20, 2011 12:18:10 PM
コメント(2) | コメントを書く
May 15, 2010
カテゴリ:カテゴリ未分類
宮城スタジアムは、アクセスは難があるが自然豊かな綺麗なスタジアムです。

天気はとてもいいのですが、冬のような寒さです。

サッカーやる上では、良いコンディションなので、いい試合になるのではないかと期待できます。

中断前の一戦、たくさんのレッズサポーターが駆け付けています。








Last updated  May 15, 2010 04:01:45 PM
コメント(2) | コメントを書く
May 8, 2010
カテゴリ:カテゴリ未分類
またマリノスに負けた。

失点シーンは、これまでのマリノス戦と同じようなやられかただった。

あの攻撃は止められない。すぐに取り返すのは昨年と違ったのだが。

あの一方的に攻撃ができているとき、逆転できていたら違った展開になっていただろう。

ちょっと今日は審判のジャッジが不可解だった気がする。

中村俊輔は、ほとんど試合にからんでいなかった。





悔しい〓






Last updated  May 8, 2010 04:28:00 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jan 11, 2010
カテゴリ:カテゴリ未分類
やはり今年もブラジル体操から練習は始まる

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ


ブログランキング
人気blogランキングへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
よろしければクリックをお願い致します。

あらいぐま珈琲3号店 -浦和レッズ
あらいぐま珈琲3号店 -リンク集






Last updated  Jan 11, 2010 07:42:45 PM
コメント(1) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
大原に来ています。
阿部ちゃんは出てきていました。移籍はデマ。よかった!
柏木くんも髪切ってすっきりしていた。
参加選手16人ほど。
若手がいないから、体力測定か?
メンバーが少し変わり、良い雰囲気だ。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

ブログランキング
人気blogランキングへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
よろしければクリックをお願い致します。

あらいぐま珈琲3号店 -浦和レッズ
あらいぐま珈琲3号店 -リンク集






Last updated  Jan 11, 2010 07:40:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 23, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

今年も、大野勢太郎氏の著書「浦和レッズの真実」が発売され、浦和須原屋でトークショーとサインのイベントがあった。

イベントには150人ほどの人が集まり、熱気あふれる中、浦和レッズの裏話が披露された。

大野さんは立場的には、犬飼会長に親しく、藤口社長、フィンケ監督はあまり好きではない。ここ数年の浦和レッズの問題はフロントのまずい(勘違いした)運営にあるという持論を展開した。


大野勢太郎トークショー



フロントが今年犯した間違いのひとつ(フィンケ監督の方針でもあるのだが)が、チームによる取材規制があると言う。今年に入ってから、選手に対する囲み取材は禁止され、どの記者にも平等に記者会見で情報が提供されるようになった。さらに5月6月くらいには、広報はスポーツ新聞の記者に対して、記事の内容の注意を行い、ひと悶着があったようだ。

今ではほとんどのスポーツ新聞の記者が、浦和レッズの敵になってしまったのだそうだ。だからもうネガティブな情報しか新聞に載らないだろう。

大野氏は、スポーツ新聞のサッカー担当の記者も、社内では野球の記事に押され、自分の書いたものを紙面に載せるには、面白い情報を書かなければならないが、公式発表をそのまま載せるだけでは記事にならない。

これまで浦和レッズはマスコミといい関係を築いてきたのに、ボタンの掛け違いがおきてしまいお互いに不幸な関係になってしまっていると言っていた。

スポーツ新聞などで、ポジティブなニュースを見て、試合を見に行こうということになるのだ。浦和レッズは報道まですべて自前でやるつもりなのか、それならいい。というようにマスコミがなってしまい、浦和レッズがマスコミで取り上げられることもなくなり人気も落ちていく・・・。

このあたりは、今まで考えたことがなかったので、ひとつの考え方としていい勉強になった。


そのほか・・・

報道で、闘莉王は非常にわがままで勝手だと思っているサポーターやファンが多いだろうが、彼自身は「礼を失することがない」「後輩想いで面倒見がいい」男だと、こっそりカニと某鰻屋さんに来て、カニの相談にのっていた時のエピソードを紹介していた。

また、マスコミや大原に行ってブログを書いている人は、選手のこういう人間性をもっともっと伝えていってほしいと言っていた。それを知ることで、スタジアムで試合を観たときに、ミスには寛容になれるし、うまくいった時の喜びは大きくなるのだと。


もうひとつフィンケ監督は契約せずにドイツに帰ってしまったことはよくないことだと。チームが1月11日始動することが決まっているのだから、フィンケがもし1月8日ごろ来日したとしてももう数日しかない。事実上、別の監督を探すのは不可能だ。そのときに、フィンケにどんな条件をを言われようが、クラブは受け入れざるを得なくなってしまう。ドイツにいる監督と
きちんと連絡をとっているのだろうか、と。

ただ、大野氏は、選手、監督、TD、サポに対してではなく、やはり責任はフロントに問題があるという気持ちが強い。18年前にあったような熱意が感じられず、ここ数年の成功にあぐらをかいてしまったのだと。
(この本はかなり厳しいことが書いてあるが、浦和レッズのチーム関係者は読んでいるそうだ)

最後に、阿部選手のドルトムント行きの記事はガセ記事で、契約はないそうだ。
ドルトムントはアジア戦略で日本人選手なら誰もよく、浦和がもめているので阿部の名前が出てきただけだそうだ。ただ、あと契約していないのは、阿部のみ。

この「浦和レッズの真実2010」は、経営的な視点から浦和レッズの問題点が書かれている。当ブログで何回か「浦和レッズの闇」について書いてきたが、おおむね同じ方向性を感じた。

(監督、TD、一部の選手、社長、マスコミ・・・と、今季の低迷の責任をそれぞれの立場で押し付けあっているが、もっと問題にしなければいけないのはクラブフロントがどうだったのかだと思う。信藤TDは身体を壊してしまわれたが、彼に果たして十分な権限と予算が与えられていたのか?フィンケ監督は自分の思うとおりの選手起用ができたのか)



70億以上というJリーグでダントツの売り上げがありながら、信藤TDや橋本社長が常に口にする「カネがない」発言。実際他のチームと比べても、思う様にならない補強。

では、その収入は何に使われてしまったのか・・・。
(大野氏もそこまでは追及するのだが、その先にメスを入れる人はいない・・・)


(本文はトークショーで話された内容に、「浦和レッズの真実2010」の内容とこのブログの見解を少しつけたしました。「浦和レッズの真実2010」は昨年一年を通して起きたさまざまなことを通して検証・提言を行っていて、すべてに納得できるわけではないが考えさせる本です)




にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

ブログランキング
人気blogランキングへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
よろしければクリックをお願い致します。

あらいぐま珈琲3号店 -浦和レッズ
あらいぐま珈琲3号店 -リンク集






Last updated  Dec 23, 2009 07:18:33 PM
コメント(10) | コメントを書く
Dec 4, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

明日は、今季最終戦。

昨年の最終戦はあの惨敗。
今シーズンは何だったのか、明日の試合ですべて出ると思っている。

思えば、フィンケ監督に期待を抱いて迎えた開幕戦は、明日の相手の鹿島アントラーズ戦だった。
十分に期待を抱かせるパスサッカーだったが、鹿島には通じなかった。

1シーズン経って、浦和レッズはどんな場所にいるのか。
明日はどんな結果になろうと、しっかりと見届けたいと思う。

ただ、ここ数年、最終節はいい思い出がないのも事実。
鹿島の優勝を阻止するという最高の結末を見せてほしい。


遅ればせながら、先週の京都戦模様。

残留がかかっていただけに「勝つ」というゲーフラが立ち並ぶ
京都サポ

浦和も選手に対するメッセージ
打て

勝利には何かが足らなかった浦和レッズ
挨拶


しっかりと練習をした成果が出ていたし、京都のサポのブログでも、浦和の方がいいサッカーをしていたと書かれていた。だが、勝ったのは京都。
しかも、惜敗ではなく、完敗という印象。
磐田戦のように、何本もシュートがバーやポストに当たって攻め勝った試合がうそのように、まったく得点の気配はなかった。
エジミウソンの出来が悪かったというのもあるが、それ以上にチームがばらばらだった。何が何でも勝つという気概がなく、自分の担当だけをこなしている印象しかなかった。

最終戦の試合内容しだいでは、さすがに浦和レッズ存亡の危機。

サポーターにしっかりとしたメッセージを!!


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

ブログランキング
人気blogランキングへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
よろしければクリックをお願い致します。

あらいぐま珈琲3号店 -浦和レッズ
あらいぐま珈琲3号店 -リンク集






Last updated  Dec 5, 2009 12:35:14 AM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 28, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
京都に敗戦。

攻撃のコンセプトは見えていて、いい攻撃は出来ていた。

失点は攻め疲れて一瞬集中力が切れた。

追い付けなかったのは、チームが一つになっていなかった。スタンドからはそう見えた。

希望が消えてしまった。

西京極は風が冷たかった。







Last updated  Nov 28, 2009 04:17:39 PM
コメント(4) | コメントを書く
Nov 8, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
選手全員が闘っていた。
サポートも気合い入っていた。
十人になりながらまもりきった。
FC東京に勝った。久しぶりの歓喜。

きちんと4-4-2のラインができてコンパクトな陣形を保っていた。

何よりも走っていた。







Last updated  Nov 8, 2009 05:33:15 PM
コメント(0) | コメントを書く

全67件 (67件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.