000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

自主管理大家・リーマン社長 ブースカヒロの不動産日記

PR

X

全334件 (334件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

2020.04.05
XML
​​妻との会話で「じっちゃん」で通じるNさん。
年金支給日の朝一番に家賃を入金してくれる。

筋が通らない事は大嫌いだ。


銀行、スーパーへも自力歩行。
俺は100まで生きる!のが口癖だ。

そんなNさんも、寄る年波には勝てず、
終活を考えるようになった。


であれば、部屋の荷物の断捨離をお願いしたいのだが、
その言葉は飲み込み話を聞く。

以前、所有の年代物のウィスキーを
何十本か、換金した。

ウン千万の購入金額なのに
100万ほどにしかならなかった、とぼやく。


でも先日テレビを見ていたら、
お宝鑑定番組で、自分が所有する
ウィスキーが、
650万という高額で評価されていた。

限定生産のレア物だそうだ。

俺のも、その位の価値があるのではないか??
売れれば、入院代の足しにはなるだろう。


又、別の高名が画家が書いた絵画も有る、
これも売れたら、、と妄想は膨らむ。

「持って行って鑑定してあげようか?」
の言葉を待っているのは分かっているが、
気付かない様に振る舞う。


じっちゃんもプライドが有るので、お願い、
と言う言葉は出さない。

ここは駆け引きだ。


80歳を超えても、一山あてたい、という気持ちは
消えないのだろう。

もしかしたら生きるエネルギーに
なっているのかもしれない。


ふんわりした会話の中に、微妙な緊張感を
漂わせながら、小春日和の午後は過ぎていった。




因みに、じっちゃんの趣味は競馬だ。
​​






Last updated  2020.04.05 08:57:04
コメント(0) | コメントを書く


2020.02.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​Bさんはしみじみと言った。

退去立会日に設定した1週間前のことだ。
塀の中の暮らしは、相当堪えたのだろう。

どうやら、

元カノが住まいを探し出しBさん宅へ押しかけた→
そこへ事情を知らない今カノが来た
→女性同士で大喧嘩→今カノが警察を呼ぶ→
酔いが回っているBさん、
警察官をふりほどいて大暴れ
→逮捕→出所(←今ここ)


だったそうだ。

「不在中の部屋が心配になって、
大家さんに連絡をしてね、とは言ったが

その後連絡が取れなくなってしまったんです。
何を話したんでしょうか?」と不安げに言う。


退去の話になり、立会日時まで指定した事を伝えると
大変驚いていた。


財布や携帯、鍵など全て持って行ってるので
部屋に入れない。

外から見る限り、荷物が無いように思う。
大家さん鍵を開けてくれないだろうか・・・・

意外な展開にめまいを覚えつつも
現地へ行ってみると・・・・。


ものの見事に、すっからかんである。
ステージングで置いた備品やら、
Bさんが気に入って揃えた
ベッドや家具など、
何も無くなっていた。

頑張りますと言っていた本人も、
頑張り方が分からない為に

生保の申請を進めて、生活が経ちゆくよう
アドバイスした。



40歳の男性だが、ムショ帰りだと
割と申請は通りやすいようだ。













Last updated  2020.02.19 07:44:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.22
元カノの電話から2ヶ月ほど経った頃、
またもやBさんの彼女という女性から電話があった。

モテるのは良いが、何故に、
大家に電話がかかってくるのか?



話を聞くと、Bさんが逮捕されてしまったとのこと。

弁護士と今後の事を詰めているのだが
いつまで帰れないか分からないから、
部屋の退去手をしたい、と本人から言われた。

彼女が、この件を一任されているのだそうだ。
本人が立ち会えないのでは仕方が無い。

2回目以降は、Bさん本人の携帯から
彼女が電話をかけてきた。


彼女の予定にも合わせて、退去立会日を確定し、
入居時に設置した設備(家具家電類)の中で、
持ち出しないように
伝えて当日を迎えるだけ。。

のはずだった・・・。


今から考えると、
「大家さんのとこで、空いてる部屋ないですか?
アタシ今、友人のとこに居候なんですぅ」
とは言っていた・・。








Last updated  2020.01.22 19:18:24
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.21
​​「アノォ~~~  
Bさんのアパートのぉ~大家さんですかぁ?」

けだるい声の女性からの着信があった。

数カ月前から入居したBさんが、彼氏だという。

あれ?Bさんが入居する時に聞いていた話では

彼女は精神的にとても不安定な人
一緒に住めないから、
引越すると聞いていた。

元カノ・・・のはずだ。

感情の起伏が激しく出ていけ~!と言わんばかりに、
私物もアパートの外に出されたそうだ。


私の連絡先は、契約書送付の郵便物で
知ったのだという。


う~~ん、電話の主は引越まで住んでいた
その同居の彼女に間違いないのだろうが

既に入居している方の個人的な事を、
話すわけにはいかない。


そんな私の空気を感じて、
面白くなくなったのだろう。


「大変な人を入居させましたね~。
あの人は私の仕事を邪魔したり
私の名前で
車を勝手に購入したり、
ひどい人なんです!知りませんからね!」


そう言い放って女性からの電話は切れた。


こちらは、殆どしゃべってはいない。

多分、未練があるのだと思う。
少しでも関りのある人から、
何でもいいから聞き出したいのだろう。


いくつになっても、女性の心は分からない・・・
​​






Last updated  2020.01.21 14:13:13
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
まくしたてる様に連絡をしてきた、
福祉アパートのAさん。


水道の検針で使用量が増えてきたから漏水かもよ?と
【水道局の人から言われた】のだそうだ。

この方、設備の調子が悪いと定期的に連絡をしてくる
ある意味での確信犯。あながち、
その訴えが本人の思い込みだけでは無いので、

慎重に話を聞いてみる。

今回の検針が、前年と同じ月の2倍近くなっていて、
1年前と比べると、徐々に使用量が上がってきている!
おかしい!とのこと。


検針担当者に「先日、工事をしたからそのせいかな?」と話した、と言っていた。

そんなに、ワシは使うはずはないんだ!
とお怒りだった。



すぐに水道局に電話をし、担当の方が
現地に飛んでくれた。

漏水時に回っているはずのパイロットランプは
停止していて、漏水の疑いは無い。

異常があれば、記録に必ずあるのだが、
その記録はいっさい無いそうだ。


並行して、検針担当者の方にも
連絡を取っていただいた。


昨日のことなので、記憶も新しい。

通常の検針と何ら変わらなかった、とのこと。

該当の部屋を伝えると、
「ああ、あのお爺さんですね」

と、私が言わなくても、彼の性格を察してくれた。

何か会話があったのか、を聞いてみたが、
正常だったので
話す必要も無く、
そのまま検針票を投函して場所を離れたのだそうだ。


水道局の人と、検針員の言ってることの方が、
つじつまが合う。


認知症・・ではないが
本人の思い込みから来るものだろう。

確かに、前年同月は入院をしていた。
だから、一番使用量が少なかった。

退院をし、少しづつ体が戻っていく中で、
通常の使用量に落ち着いたのだと思う。


ここは大家から伝えても、彼は多分納得しない。

「役場の人」から漏水が無い、
ことを伝えてもらうことにした。


この件以降、彼からの連絡…。








Last updated  2020.01.18 21:26:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​いよいよ引越当日、

搬入にやってきたのは、息子、孫を含めた
男性陣ばかり。


通常、開梱などで力になる女性達は、
誰一人手伝いに来なかった。


これが、この方の今までの人生だったのだろう・・・。


「引越前に、いらないもの捨ててきてね」と
伝えていたのだが、運ばれてくる荷物は、
他人の私達から見ても、年代物の物ばかり。

「おばあちゃん、自分の荷物だから
自分で片付けられるでしょ!!!」

といった感じの引越だった。



落ち着いた頃を見計らって、訪問してみた。

最初の頃は、全自動洗濯機の使い方が分からない、
IHクッキングヒーターの
使い方が分からない、
道に迷ったなど、頻繁に電話があったが

落ち着いて過ごしているようだった。


そうそう、私達がいつも見かけるときは、
いかにも「老婆」なのだが

一度、外出直前の本人に会ったが、
どこぞのマダムとばかり見まがうほどの

化粧・変貌だった。

女性の、別の一面を見たような気がした。

くわばらくわばら。

​​






Last updated  2019.10.24 10:07:43
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​施設入居のMさんの退去を見送ったのもつかのま、

夕方には別の方の入居が控えている。
急いで原状回復を始める。



事の発端は1週間前。

「福祉アパートに母が入居します」
という娘さんからの電話だ。


内覧もしなくて良いから、すぐ入居したい、という。

事情は、ある・・・・よね?
でも本人の口が重い。


提携の役場の方に聞いてみると
切羽詰まった事情が見えてきた。


自分の生母ではあるが、自分達兄弟が子供の頃に、
家族を捨てて再婚した。


何十年も疎遠で母親らしい事は、
何一つしてもらってないのに、


再婚相手が亡くなった途端、
子供達にすりよってきた。

邪見にも出来ず、接していたら
居候を始め、オレオレ詐欺、
リフォーム詐欺の尻ぬぐい。


「私達にも家族がいる!
このままでは、母の首を絞めてしまう!
最後ぐらい一人暮らしをして欲しい!」


ということだった。

聞けば、今いる長男夫婦の住まいも
平屋の2間に老女を含めて、6人で住んでいる。


息子夫婦の疲労の色が、
初対面の私達からでも分かるくらいだ。



それこそ、終の棲家になるのだろう、
引き受けることになった。
​​






Last updated  2019.10.23 07:54:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.18
カテゴリ:カテゴリ未分類

​​​「1週間後に退去します」

福祉アパートの入居のMさんの娘さんから
連絡を貰って驚いた。



この方は、数十年前に離婚している。
元妻と娘さんが市内に住んでいて

デイサービスを利用しながら、
娘とのほどよい距離を保って住んでいた。


御本人の体調に波があるので、
ご家族が介護施設の申し込みをしていた。

その施設から空きが出たので、
入居出来ますと連絡が入ったのが、1週間後。


当日は、近所に住む娘さんではなく、
遠方の妹さんが退去立会と引越を手伝う

1人で大丈夫だから、、、

と言われて現地へ行くと・・・


おろおろした女性と、大量のゴミ袋。
とても女性1人で仕訳けられる量では無い。

市内に住む長女さんは、
多忙を理由に来れないという。

電話での喧嘩の最中に
妹さんから出た衝撃の言葉は、


「お姉ちゃんは、お父さんの〇千万円も
預かっているのに、
なんで、
こういう時に、お金を使わないの!」


私達が、つつましいと思っていた長女さんは、
面倒を見るという名目で
自由にお金を使え、
実際の事務処理や苦しい作業は、妹さんだったのだ。


結局、私達が清掃代と粗大ゴミ処分費用という事で、
実費を頂いた。

走り去る車を見送りながら。。。
Mさんのこれからの幸せを祈る。


しかし、この空いた部屋も直ぐに入居が決まった。
この人も、ドラマの固まりで有った。 続く…



​​​







Last updated  2019.09.18 08:03:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​6月1日のブースカヒロの不動産セミナーは​
お陰様で満席で大好評でした。

休憩を入れての3時間30分で70枚のパワーポイント

長いので、飽き来ないエピソード、
危険な話を随所に盛り込みました。


誰も寝て無かったし、質問もいくつも有り、
講師としても
全力で走り切った感覚でした。

妻にパソコン操作を依頼しましたが
家賃など忘れた事を聞く事も
有りました。

その姿が船場吉兆の記者会見でのささやき女将みたい
コメントが有り、家族で大笑いしました。

妻…曰く、私は二度と人前には出ない、
船場吉兆の女将は
聞かれてもいないのに、ささやいた。私は聞かれた事のみ答えた!

懇親会での質問は、割と少なく、
何故、ブースカなのですか?
が一番多い質問でした。
どうでも良いやんけ~と思いました。


2人から、聞かれたのは
「私は不動産投資は向きますか?」

2人のタイプは、全く別のタイプ。
一人は素直な方、
もう一人は独自の道を切り開くタイプ。

それぞれに問題点と、それを
克服する方法を説明させてもらいました。


セミナーはかなりのエネルギーを用います。
特に参加費用が安く、
本も出版していないので、
お付き合い程度感覚で気楽に参加します。


言わば、500円持って吉野家に行き
船場吉兆の料亭料理を振る舞うような

そんな戦いでした。

全員からの暖かい拍手が報酬でした。


参加してくれた皆さん、
主催のお家大好会様には、心より感謝致します。

ありがとうございました。(*^_^*)














Last updated  2019.06.03 20:44:34
コメント(4) | コメントを書く
2019.05.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
不肖ブースカヒロ 6月1日(土)13時15分~
埼玉県さいたま市の大宮ソニックシティーで
お家大好き会にてセミナーをします。

私は今年、ある病にて10日間入院しました。

医者より、完治率は50%です。
キッパリ言われました。
心からヤバいと思いました。

でも、50%は治る可能性も有るんだ!と想念転換し、
潜在意識をフルパワー活用し、
完治することが出来ました。

医者も驚いてました。

退院後に「お家大好き会」に参加した際に
2ヶ月振りにビールを飲みました。

懇親会で何人かの方とお話ししていると

「あっ…この人は不動産投資には向かないなぁ」、
「このまま投資に走ると、失敗するなぁ」
そう思いながらも酔いが回ってきました。

既に、6杯程度飲み、我慢出来なくなりました。

以前より、セミナーをお願いされていた事もあり、
突然立ち上がり、宣言しました。

「次回、私がセミナーをやります!」


帰宅後、宣言したことを猛省しました。

先般も、友人が1000万円、騙されました。

不動産投資は実は危険な投資です。
どこに地雷が埋まっているのか?
踏んでしまったら、死んでしまいます。
しかし、しっかり勉強すれば地雷は分かります。

セミナーは入居率、平均98,5パーセントを
キープの自主管理実践方法。

すぐ実践できる広告費のかからない客付け方法とは⁈
最安値でリフォーム工事を進めるための工夫

予測したくない状況に直面した場合の具体的対応
今、流行りの福祉アパート経営の実体験~

私はリーマンです。
通常はこんなセミナーはやりません。
このブログもセミナーの会場費用を算出する目的で
再開しました。

既に目的も達する事が出来ました。

参加表明して頂いた方、有難うございます。


※6月1日(土)13時に大宮ソニックシティで
お会いしましょう。
 
お家大好き会セミナーで講師をします。
 費用は、会場費の500円のみです。
 残席2名様です。
 参加ご希望の方は、コメント下さい

​​
http://ouchidaisuki.tys76.com/?p

​​






Last updated  2019.05.26 07:22:45
コメント(0) | コメントを書く

全334件 (334件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >


© Rakuten Group, Inc.