648452 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

広島de中国語 広島中国語学院

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


学院管理人

Calendar

Freepage List

Favorite Blog

菩提寺にご住職と懇… New! masatosdjさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

知的貪欲さ。 みぃにゃにゃんさん

花、咲き急ぐ 幸達爺さん

映画レビュー1件載せ… ばなびーさん

アロザ館あーかいぶ アロザ館さん
セメント太郎が行く cementman77さん

Comments

学院管理人@ Re[1]:嘘をつくのは下手なんです(04/04) みぃにゃにゃんさんへ お役所も変わりつ…

Headline News

Rakuten Card

2020.11.08
XML
さてまたまた 団体ツアーでのできごとです

それは いろいろな乗り物に乗車するときにあるパターン
あるあると書いていますが 滅多にないことだと思いたい

その日も 朝一番に 添乗員さんからの注意で 
トロッコ列車には 何時何分に乗ります 途中駅で下車し
帰りの列車には 何時何分に乗ります 
その駅での時間は わずか20分しかないので どこにも行けませんよ
と 説明がありました

そして 始発の駅に到着して 
私たちが乗るトロッコの出発時間までのんびり散策していたら
別の団体ツアーの添乗員さんが ○○さ~ん ○○さ~ん
と 必死で お客さんを探していました
なんと 出発時間が迫ってきているのに 誰か一人行方不明なのか
添乗員さんて大変だな と 他人事なので呑気な私
その後 その方が現れたのか 置いてきぼりを食らったのかは 知るよしもありません

私たちの出発では トラブルなく 全員が揃って乗車
目的の駅でも 全員下車しました
その際には もう一度集合時間と集合場所の指示があり解散
解散といっても 小さな駅だし どこにも行けませんが
  
  団体毎に トロッコの号車が振り当てられているので
  目的の駅では 駅員さんが 降りてください と声を掛けてくれます
  ここで 下車し忘れることはないと思います

そして わずか20分の待ち合わせ時間に 
まずは トイレをすませ
後は 小さな駅を 端まで見て歩くと
温かいぜんざいや甘酒 わき水で入れたコーヒーのお店も発見
ストーブがある 待合室もあり 
そこでは この地域の歴史などの写真も展示されていました

再集合の時間になるので 指定された号車のところへ移動
全員が揃っているか 確認する添乗員さん
ところが何度数えても 二人足らない と焦る添乗員さん
駅の端から端まで 走って探しにいきました
結局二人は 見つからず そのまま私たちはトロッコ乗車

バスに戻っても 当然その二人の姿はなく そのままバスは発車
しばらくしたら 1号車の添乗員から連絡があり
その二人は 1号車の添乗員に確保され 
つぎの観光地で引き渡されることになったとのこと
添乗員さんは ほっと一息つけたのでした

  このとき参加したツアーは バス2台
  前日1号車から出発したので この日は2号車が先に出発していました
  1号車がいなければ この方達どうなったのでしょうか?


  こちらが 復路で二人行方不明となった黒部峡谷のトロッコ列車

いったい誰が 行方不明なのか と思っていたら
相方曰く 例の二人の年輩女性とのこと 
まぁ 添乗員さんも 二人のことを よくおしゃべりされていた方々なので
私の話を聞いてなかったのでしょう と言っていました

何故 例の とつくのかと言えば
私もこのお二人には よい印象がない
前日にケーブルカーに乗ったとき あとから乗って来て
写真を撮るのによい場所を 乗車の邪魔になるのにもかかわらずキープ
私たちは 先に乗ったのですが 乗車の妨げにならないよう端に寄っていました
その後 別の方が写真を撮りたそうに 近くまできても知らない顔
相方が 写真をとる間だけ場所を譲ってあげて と注意して 
ようやく 嫌々そうに(と思えた)場所を替わって
その後は またその位置に張り付いていました 
同じ観光客 誰もがよい写真を撮りたい もっと譲り合いたいものですね

ということで 例のあの二人か と思った私
やはりなどと人様に後ろ指さされないように 
普段から自分の言動には気をつけようと思いました

団体ツアーでは 集合時間と集合場所
ちゃんと守って みんなが楽しい旅行としたいものです


補足説明です
この日はツアー最終日 新幹線の時間が決まっているため
とにかく 帰りの新幹線に間に合わせるために 
添乗員さんも 前日から何度も集合時間と集合場所を 確認するように注意されていました

渋滞などで 旅行会社に責がないとき
新幹線に乗り遅れた場合は その後の新幹線に乗るための費用は
ツアー参加者負担と 法律で定められているそうです
旅行条件書は よく読まないといけませんが
そこまで 読解できる力が私たちにあるかは不明
だから 保険に入ってくださいと メールが来るのですね ​いつも保険をかけない私たち​

 「旅行条件書」とは
  旅行業法第12の4に定める取引条件説明書
  および同法第12の5に定める契約書面の一部となっている
 だそうです

そのため 添乗員もバスの運転手と渋滞情報など 常に確認して
最善を尽くしていますが 
最悪の場合 京都から新大阪まで 新幹線に乗れば
みなさんの負担が 最低限ですみます
との話しまでされていたのに 残念なお二人でした
添乗員は 本当にいろいろきつい仕事だなと 思った管理人でした

​​






Last updated  2020.11.12 09:17:21
コメント(0) | コメントを書く
[管理人と相方の漫才的な日常?] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.