648637 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

広島de中国語 広島中国語学院

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


学院管理人

Calendar

Freepage List

Favorite Blog

先週の一コマ New! masatosdjさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

理想と現実。 New! みぃにゃにゃんさん

花、咲き急ぐ 幸達爺さん

映画レビュー1件載せ… ばなびーさん

アロザ館あーかいぶ アロザ館さん
セメント太郎が行く cementman77さん

Comments

学院管理人@ Re[1]:嘘をつくのは下手なんです(04/04) みぃにゃにゃんさんへ お役所も変わりつ…

Headline News

Rakuten Card

2020.12.05
XML
​​​​急に冬らしくなってきた広島です
お遍路ツアーから 帰宅したときには 家の中が寒くて暖房かけました
ツアーから帰る途中でも ファー付きのコート着たご婦人を見かけたし
街中にも コート姿多くなりました
今年は ずっとマスクなので 風邪もひいてない管理人です

  毎年 季節の変わり目によく風邪をひきます
  インフルエンザの季節になるとマスクするので 
  そこからは 風邪もインフルエンザも無縁となるのですが
  こうして見ると マスクは有能ですね

いやぁ 四国八十八ヶ所お遍路ツアー 
10日間で 本当に全て回ることができるのか と思ったら
やはり 回ることができるのですね

ジャンボタクシーの運転手さん曰く
9日間だと大変です 
  ※9間日ツアーのジャンボタクシーと遭遇したのを受けての発言
自分は 7日間で回った経験がある 
本当か?と同僚に言われたが 翌日に行くお寺の近くに宿をとるなど
いろいろと努力しだいで できる

確かに ジャンボタクシーは お寺の近くまで山道を登るので 山の中腹にあるところが結構あります
観光バスツアーより 効率よく回れます
観光バスツアーでも あまりにきつい階段が続くところは
地元のタクシーをチャーターして ツアー客をお寺にあげていきますが
やはり 乗り換えだの 団体で人数が多いだの 時間がかかります

最終日は 指定の列車より3時間ぐらい早く駅に到着しました
余裕があったということですね
ただ ツアーのチケットで列車の変更が できなくて
時間をもてあましました
自由席でも帰りたかったのに それもできないとのことで ※駅員さんに確認しました
旅行会社に 要望をいれようと思っています 

 二人で参加した山陰の方は 通常のチケットだったので
 変更ができ 早く帰られました

そんな お遍路ツアーについては また書くとして
ツアーの最中での出来事
それは ホテルでの精算で いつものようにキャッシュレスを選び
d払いで とホテルマンに伝えたときのことです

何度 d払いで と言っても 聞き返されます
このビニールの仕切りが 原因かと
仕切りに顔を近づけて やや大きめな声で d払い と連呼 マスク着用してます

すると ようやく「ああ d払いですね」と繰り返されました
ここで 私が うん?客に対して それは…と思いました 
ホテルマンが お客の発音の違いを 
訂正して復唱するのか? 間違っていると とがめるようにも聞こえるのに
本人は ごく自然にそう訂正して言ったのとは思いますが
まぁ そんなことで 目くじらを立てず お支払いは済ませました

では 私はなんと発音したのでしょうか? わかりますか 知らんがな
何度も聞き返されたのは 私が デー払い と言ったから 
ホテルマンは ディ払い ですね と 訂正して言い返してくれました

ネットで調べると 昔の人は 
ACBCDを エービーシーデェ と習ったとか
いやいや 私は エービーシーディ と習った
では 何故私は デー(デェ)と読むようになったのか??

広島で デー払いと言っても 聞き返されることはなかったのは
おそらく 店員さんたちが 頭の中で ディ払いと変換してくれていたのか?
いろいろ 考えてしまいました

職場のシステムの設計時に  
システムエンジニアさんたちは たくさん打ち合わせやお話してきたので
ひょっとして その影響かな 
と 勝手に 自分に都合良く結論づけた私です 本当か?

  聞き間違えを防ぐために dをデー だの Tをテー だの言うらしい
  ネットで調べたら でてきました

これからは ディと発音しなければ と思ったら
ディなのか デーなのか どっちだったけ 
と 頭が大混乱中の管理人でございます 

​​​






Last updated  2020.12.05 08:13:30
コメント(0) | コメントを書く
[管理人と相方の漫才的な日常?] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.