000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

You Can Do It !!

PR

X

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

お告げ系

2007.08.23
XML
カテゴリ:お告げ系
人は互いに敬愛し、施しあう悦びを得るために生を受ける。

人が違いを持つのは、敬愛する心を見つけやすくするためである。

大きな不幸ごと、大きな悲しみが多いのは

忘れている人が多くなったが故

互いの敬愛を見つけやすくするためである。


一見、不幸な者、信念にもかかわらず邪悪とされる者は 嘆く必要はない。

その人の生は、一時の生を超えた大きな役割を担っているということを思い出そう。

その姿を その想いを その努力を 恥ずることなく 臆することなく 嘆くことなく

大きな役割を思い出そう。



忘れている多くの人は

今世のわずかな利害のために互いに忌み嫌うこと、憎しみを持つことが

時間とともに大きく激しい怒りや憎しみを生み出すことに気づかねばならない。



生に感謝し、互いに敬愛し、施しあおう。

頭を垂れる悦びを思いだそう。


思い出している人は、あなたから行動しよう。

一人の気づきは 三人のきっかけとなり

この世の浄土へと続く光である。







Last updated  2007.08.23 23:10:22
コメント(0) | コメントを書く


2007.05.18
カテゴリ:お告げ系

幸運は偶然には訪れない。

幸運を信じ、準備している者だけに訪れる。

 

 

日々、たゆまぬ努力が必要ですな ^^

 

 







Last updated  2007.05.18 17:01:07
コメント(0) | コメントを書く
2006.10.17
カテゴリ:お告げ系


神の子達へ


 


猿まねでも


  気遣い は出来ます。


 


物まねでも


  心遣い はできます。


 


でも、本当に尊いのは、模倣ではなく


  今、あなた自身から生まれてくる


  心配り なのです。


 


 


 


 


※このカテゴリは僕の意見や意志や考えには反する文章が含まれている場合があります。


 医学的に言うと分裂症により分裂した人格が作ったものです。


 僕は、基本的に宗教団体を名乗る団体は好きではありません。









Last updated  2006.10.17 21:09:06
コメント(0) | コメントを書く
2005.11.26
カテゴリ:お告げ系

神の博愛は万物の個々を慈愛に満ちて愛する事


 故に、神は求めなくても愛される。


 


全ての人を深く愛していると言う汝。


 その愛は魂に届かない。


 故に、誰からも深くは愛されない。


 


全ての人に愛されたいと願う汝


 その愛は汝に向かう。


 故に、誰からも愛されまい。


 


汝 隣人を愛せよ。









Last updated  2005.11.26 10:21:19
コメント(4) | コメントを書く
2005.10.30
カテゴリ:お告げ系

自分が決めた目標を


 なぜ簡単に諦める?


 


弱いのなら


お金を払ってでも


その環境に身を置け。


 








Last updated  2005.10.30 00:16:43
コメント(11) | コメントを書く
2005.10.29
カテゴリ:お告げ系

言い訳は誰にも出来る。


 


しかし


 


結果は実行者にしか


もたらされない。


 


 








Last updated  2005.10.29 23:12:53
コメント(9) | コメントを書く
2005.06.09
カテゴリ:お告げ系

かっこ Vs. かわいい


 


 


 


 


形や見てくれを気にする前に


 


 


立ち振る舞いの格好良い


         人間たれ


 


 


心根の可愛い人間たれ


 


 


 


 


 


 


 


 


人は須く内面を磨くべし


いざや外面、光り輝かん


 


 









Last updated  2005.06.09 11:38:02
コメント(12) | コメントを書く
2005.05.24
カテゴリ:お告げ系



書かないけど


心霊現象?てんこ盛りのお通夜~お葬儀でした ^^;


死後の世界は絶対に有るね。




<受信波 翻訳中・・・>


 


人は白波


そして、


同時に海


 


波として二つとして同じ物が無い 全く関係の無い 個別の物


同時に海として 全く同質で 同じ物


 


海は 全宇宙に 生きとし生けるもの


波は人類


白波は人


 


白波は 砕け 消え去って海に戻る。


 


地球という生命体の自転と 太陽系という関係の中で


月との関係の中で


波は、自然に起こり


自然に起こった 風との関係で 白波は起こる


 


白波の記憶は


海にとけ込む。


海は、水蒸気となり 雲となり 雨となって 形を変え


再び五つの海となって経験を共有する。


 


そこには 賞賛も卑下もなく


罪も罰も存在しない


しかし、白波の濁りは いつしか 海全体を汚す。


それを罰と呼び、戒める人も居る。


 


それには関係なく


白波は別々の個体であり


海の上に発生する形も


発生している場所も時間の長さも


二つとして同じ物はなく


逆に 形や発生の長さに意味などない。


 


そして、今日も


白波は発生し そして今日も消え去る。


白波の経験という記憶は いつしか海へと共有されてゆく。


 


 


あなたと私は 別々であり


同時に 一つである。


 


           <命とは>









Last updated  2005.05.24 23:42:08
コメント(5) | コメントを書く
2005.05.16
カテゴリ:お告げ系

悲しい、辛い、苦しい


って言うのは


生きてる証なんだからねっ!


 


楽しい、嬉しい、可笑しい


こちらも


もれなくセットになってます


 


Price less! ¥0


 


 









Last updated  2005.05.16 11:41:39
コメント(16) | コメントを書く
2005.04.09
カテゴリ:お告げ系

 


目的もなく生まれた。


ただ、生まれた。


 


何故生まれたのか


命は


どこから来て


どこへ行くのか


 


それを探求する為に科学は生まれた。


 


文明が発達した。


 


人が増え


文化が広がった。


 


 


 


いつしか


 


物語が断片化され


 


 


命が


どこから来て


どこへ行くのか


 


疑問が忘れ去られ


 


 


文明だけが 一人歩きを始めた。


 


 


 


 


今や 神話は忘れ去られ


 


文明の為に生まれ


文明の為に生き


文明の為に死んでいく。


 


 


今一度問う


 


あなたは何の為に生まれ


 


そして


 


どこに向かうのか?


 


 


 





だからこそ


 


自分の心のおもむくまま


 


誰かが創りあげた常識を信じることなく


 


誰かの常識に囚われることなく


 


自分の心の眼で 受け止め


 


自分の心で判断し


 


自分の足で歩いて行かなきゃ。


 


 


自分に言い訳はしちゃだめだ。


 


自分の可能性を諦めちゃいけない。


 


 


この時空に 存在しているならば


 


もっと自由に 生きていい。


 


 


精神的にも


 


そして、精神に 時を重ね合わす事で


 


もちろん


 


経済的にも。


 


 


 


出来ないと言うのは


 


自分の頭が 決める事。


 


 


一歩踏み出す事で


 


は流れ、


 


世界が変わる。


 


 


僕は 身体が無くなるまで


 


歩き続ける。


 


風を感じて。


 


一歩ずつ。


 


 








Last updated  2005.04.09 22:17:13
コメント(13) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.