000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

英語の学び方いろいろ

PR

X

全100件 (100件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

カテゴリ未分類

2021.03.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日は、英文ビジネスEメールの文体は、原則能動態とお伝えしました。
では、では、受動態には出番がないのでしょうか?そんなことはありません。

ここでは、2つの典型的な場面をご紹介します。

1. 否定的な文脈の中で、Youを使わず、受動態を使う

受動態の使い方のひとつとして、誰がある行為の主体であったかを示したくない場合での使用法があります。例えば、仕事上で誰かにミスがあった時。そのような場合では、単に相手を叱り責めることでは問題は解決しません。そうした場合、「誰がそのミスを犯した」よりも「ミスがあった」と書いた方が、事態が前に進みそうです。

例えば...
You made an error in your invoice. と能動態で言えば、相手を責めるトーンが強くなります。
この場合に
An error was found in the invoice. とすれば「誰がミスを犯した」点よりも、「ミスがあった」点が強調されることで、責めるニュアンスが減ります。こうした場合に、受動態は有効です。

2. 文章の流れを良くする

次の2つの文の組み合わせを見てください。どちらが読みやすいですか?

<組み合わせ1>
 I bought a book yesterday. Mr. Watson wrote it
<組み合わせ2>
   I bought a book yesterday. It was written by Mr. Watson.

一般的には、組み合わせ2の方が読みやすいと言われています。これは、文章の結束性(cohesion)と言われるものです。文の流れと言っても良いかと思います。文の流れを良くするための技法のひとつとして言われているものが、まずコミュニケーションを行う当事者双方が知っている情報(旧情報)を先に言って、それから新たな情報(新情報)を提供するという方法です。

上記の例で言えば、

<組み合わせ1>では、文章の流れが、I (旧情報)bought a book yesterday. (新情報)Mr. Watson wrote (新情報)it. (旧情報)となっています。

 少し分かりにくいかもしれませんので解説します。まず、対話をしているのはあなたと私なので、"I"は旧情報です。次に、私が昨日本を買ったという事実は(それまでに相手は知らないわけなので)相手に取っては新情報です。そしてその作者がWatsonだということも、相手にとっては初めてのことなので、これも新情報。そして"it"は「私が昨日買った本」であることは、この時点ではすでに旧情報になっています。
この旧ー新、新ー旧という流れは、新情報が続けて出てくるので、「それ何、なに?」と相手の頭を混乱させる傾向があるので、分かりにくい流れと言われています。

 これに対して、<組み合わせ2>では、情報の並び方が、旧(I)ー新(bought a book yesterday)、旧(The book)ー新(was written by Mr. Watson)となっているので、「それ何、なに?」が起こらないので、分かりやすい、読みやすいとされます。この旧ー新、旧ー新の並びを作るために、あえてここでは受動態が登場しているわけです。

上記のようなことも含め、Udemy講座「英語ぎらいのための英文ビジネスEメール5つの秘訣」で解説します。​こちら​でご案内しています。






最終更新日  2021.03.08 07:31:41
コメント(0) | コメントを書く


2011.11.08
カテゴリ:カテゴリ未分類

長らく書いて、長らく休眠しておりますこの「英語の学び方いろいろ」を実質的に、移転することに致しました。
このページにいらして下さる方で、お時間とご興味のお有りの皆さん、新ブログ「Todyの英語事始め」をご覧頂ければ幸いです。

では

「Todyの英語事始め」






最終更新日  2011.11.08 22:27:51
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
ついにiPadがわが家に到着。
どんどん進化するテクノロジーに驚きです。
暫くiPhoneとPCを組み合わせたブログ更新になりそうです。

ここ数日で、アップルの時価総額がマイクロソフトを抜いたとか。。。
アップルおそるべし。
でもSteve Jobsにはしばらく頑張って欲しい。







最終更新日  2010.05.29 14:55:07
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.10
カテゴリ:カテゴリ未分類

以前ご紹介したSal Khanの素晴らしい試みを、何とか真似できないかなと研究していましたが、何とかなりそうです。初めてのimitationをアップしてみました。

今回は、実験映像ですが、今後は、内容のあるものを上げて行きたいと考えています。

Experimental upload

Khan Academy







最終更新日  2010.05.10 23:01:08
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

偶然に、神田明神のお祭りに出くわしました。秋葉原に買い物に行く途上のことです。

matsuri1matsuri2matsuri3







最終更新日  2010.05.10 07:38:20
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.05
カテゴリ:カテゴリ未分類

御柱祭の動画を2つ。

御柱祭1


御柱祭2







最終更新日  2010.05.05 17:27:59
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
6年ごとに行われる諏訪神社御柱祭に行ってきました。
山から切り出したご神木を、山から引いて川を渡り、街中を引き、社に運ぶ。。。そして、最後に社にご神木として立てる。ここまでを、基本人力でやる。
迫力です!
onbashira1

onbashira2

onbashira3






最終更新日  2010.05.05 08:54:44
コメント(1) | コメントを書く
2010.04.27
カテゴリ:カテゴリ未分類

ちょっと聴いてみんさい!足摺岬のひばりです。

足摺岬のひばり






最終更新日  2010.04.27 22:10:19
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
長らくごぶさた致しました。
英語には、そこそこ触れているのですが、ブログに気持ちが向かわず。。。

しかし、これは記念にアップしておかなければというイベントがありました。
行ってみたかった土佐清水市、足摺岬を訪れ、尊敬するジョン万次郎に(銅像に)出会いました。

波乱の人生を、好奇心で突き進み、やがて幕末、維新の名脇役となった万次郎。今年の高知県は、もっぱら龍馬と弥太郎で持ちきりだそうですが、私にとって高知と言えば、万次郎じゃけに。

johnmhang

asizurimisaki






最終更新日  2010.04.27 21:52:23
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は、ニューヨーク時代のテニス仲間の新年会。
御年72歳のKさんは、「ボケ防止のため」と謙遜されながら、キング牧師のあの有名な演説を朗々と。。。一同スタンディング・オベーションでした。

Martin Luther King Jr. "I have a dream" speech

I say to you today, my friends, that in spite of the difficulties and frustrations of the moment, I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream.

I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: "We hold these truths to be self-evident: that all men are created equal."

I have a dream that one day on the red hills of Georgia the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at a table of brotherhood.

I have a dream that one day even the state of Mississippi, a desert state, sweltering with the heat of injustice and oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice.

I have a dream that my four children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.

I have a dream today.







最終更新日  2010.01.16 00:49:45
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全100件 (100件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


© Rakuten Group, Inc.