000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小さな庭で出会う緑たち

PR

X

全582件 (582件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 59 >

私の庭

2021年04月05日
XML
カテゴリ:私の庭


↑↑ 高い塀の近くで日陰になってしまう花壇には、このアジュガが大活躍。
ブルーの花が咲く今がいちばん可愛いよね。
3枚目の色違いのアジュガは前の庭に残してきました。今年はどうなったのかな?













最終更新日  2021年04月05日 07時00分06秒


2021年04月04日
カテゴリ:私の庭
立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花  と美人を形容するのに使われるシャクヤク。華やかすぎる花はちょっと敬遠してました。

引っ越したこのお庭には、元々シャクヤクが植えてあったのです。
ただし、植えてあった場所が、なぜか庭の隅っこの、ろくろく陽も当たらないような場所だったので、小さな花しか咲きませんでした。

せっかくの美人さんが可哀そうだから、一昨年、良い場所に移してあげました。

今年は立派なつぼみが付きました。

咲くのが楽しみです。














最終更新日  2021年04月04日 02時57分08秒
2021年03月23日
カテゴリ:私の庭
​​庭のあちこちに、地味な葉と地味な青い花。球根植物なのは分かるけど、はて??
昨年は咲いていたっけ??
ネットで調べて、ハナニラだと分かりました。
​名前の通り、ニラの親戚らしいけど、有毒なので、食べないように、とありました。









最終更新日  2021年03月26日 17時28分15秒
2021年03月22日
カテゴリ:私の庭
元々このお庭で住んでおられた、斑入りのナルコユリ。

葉色が涼しげで、
花束に添えたりして使っていました。
ユニークな姿の可愛い花も咲きます。
アマドコロと同じものだと思っていましたが、ちょっと違う?

こういう時に参照するのが牧野富太郎大先生の「原色牧野植物大図鑑」
2243番にアマドコロ、2244番にナルコユリと別々に記載されていて、花のつきかた、地下茎の形状の違いが書いてあります。花が咲いてから、またご報告いたします。
「茎を触ってひっかかりのあるのがアマドコロ、まったくないのがナルコユリ」
との記事を読みました。

毎年いつの間にか庭で出てきて、特別手をかけなくても育ってくれるので、今まで日記にも載せてませんでした。ごめん。

↓↓ 新芽がピンク色で可愛いことを初めて発見!
新芽の先端はすでにナルコユリの姿をしていたのですぐわかりました。









最終更新日  2021年03月22日 07時00分08秒
2021年03月16日
カテゴリ:私の庭
↓↓たぶん球根植物ぽいこの新芽は???なんだろう?
  • 昨年ここに何が咲いていたか覚えてないのです。
  • IMG_8979.JPG
ブログを見返して思い出しました。
↓↓ カノコユリ! 8月に撮ってました。
このお庭の元からの住人のようです。

   



↓↓もうひとつ何の新芽なのかわからないのがあります。
花が咲かないと分かりません。タグにハテナマークを書いています。













最終更新日  2021年03月16日 09時39分42秒
2021年03月15日
カテゴリ:私の庭
今年になって2度ほど​写真を載せたアミガサユリですが…

一番、背が高くなったのは↓↓で、土から70㎝くらいにすくっと伸びています。
先端の葉?がくるんくるんして可愛いのです。



↓↓プリペットのすぐ近くに出ていた、小さめのアミガサユリ。
よく見ると、葉の先端はプリペットの小枝に巻き付いています。強い風でも倒れないようにかな?
あのくるんくるんは飾りじゃなかったのね。













最終更新日  2021年03月15日 16時09分52秒
2021年03月13日
カテゴリ:私の庭
​​↓↓ ちょうど10年前に撮ってブログにも載せた馬酔木(あしび)の花です。
白花とピンクと、毎年、ちゃんと咲いてくれています。
花の形も可愛いのですが、樹全体に毒があるそうで、
枯れ葉も、集めると他の植物の生長を妨げるほどだとか…恐ろしや。

伸びすぎた枝を時々剪定するくらいで、手がかからない花木です。

半日陰の場所の方が良いらしい。
葉の艶が悪いのは、日当たりが良すぎるせいかもしれません。









​​






最終更新日  2021年03月13日 08時00分06秒
2021年03月10日
カテゴリ:私の庭
​​​​​​​​アクセスレポートでジャカランダの記事を読んで下さっているようなので、現状のご報告を…。

世界の三大名花、と言われる紫色の花が咲く樹なのですが、日本ではなかなか咲かないということです。咲かないといわれると見たくなりますよねー。 


↓↓ 今ジャカランダの鉢はひとつだけ、一年中外に出していますが、冬に葉も枝も落ちて幹だけ…新芽が出るのは遅いです。

原産国は南米だとか、暖かい国で育つ樹ですが、日本でも地植えで10メートル近くまで育って花を咲かせておられる方もあるようですね。



10年以上前の自分のブログから日付順に並べてみました。

2008年に初めて鉢植えのジャカランダを購入したようです。
その時は観葉植物だと思っていました。

↓↓ 2009年 冬越したジャカランダに新芽が出てきて安心…と書いています。



同じ2009年にたまたま接ぎ木の花付きの株を見つけて買ってます。写真無し。
本社が宮崎の会社なので、そちらで育ったものでしょう。
宮崎県日南市には1000本ほど、街路樹としてジャカランダが育っているそうです。

↓↓2010年6月下旬 長崎県小浜温泉のジャカランダの街路樹を見に行きました
もうシーズン終わりごろだったので、満開の写真は撮れませんでした。
新しい枝の先端に花がつくことが よくわかりますよね。
こちらでは毎年6月に「ジャカランダ祭り」というイベントが開催されています。


小浜温泉のジャカランダ

2010年 年末 葉が落ちる寸前の姿
緑がきれいな時の写真は無いのです。



↓↓ 以下の2枚は 2011年 5月末 新芽が出てる


2011年再び購入した接ぎ木の花付き苗
以前のは冬越しできず枯れてしまいました。




↓↓2013年 5月 接ぎ木株に咲いた花 色がいいね
この接ぎ木の株も枯れました。暖房の入る室内でも冬越しできませんでした。



もう一度、花付きの鉢が買えたら、冬越しにチャレンジしたいな。




​​​​​​​






最終更新日  2021年03月10日 15時11分13秒
2021年03月08日
カテゴリ:私の庭
​​昨日(3月7日)のNHK「趣味の園芸」で紹介されていたパフィオペディラムです。

ガーデニング王子こと三上君が「食虫植物みたいですね」と言っていた、花の袋の部分は中に鼻毛のように毛が生えていて、もぐりこんだ虫さんが花粉をつけやすくするためだとか。
直射日光には当てないようにさえすれば、一年中艶のある葉が茂っています。
花は年末から春に向けて毎年必ず咲きます。

初めて育てたのはお友達からいただいた鉢でした。
葉がわさわさ茂っていたので、株分けしにトライしたものの、欲深く小さく分けすぎたせいで、ほとんど成長せぬまま枯れてしまいました。ごめん。

パフィオペヂィラム.JPG

↓↓その後ネットショップで数株買って、育てています。
虫もつかず、病気もせず、育てやすいランだと思います。












最終更新日  2021年03月08日 20時00分07秒
2021年03月06日
カテゴリ:私の庭
​​​私の庭の​春の花が咲く順番、一番は梅、二番はクリスマスローズ。とボケ
さて3番がアミガサユリになりそうです。
元はお友達にいただいた球根から。
庭のあちこちで増えて毎年咲いてくれます。

緑の葉がぴょんと出てきたら、あとはすくすく育ちます。

クリスマスローズよりも更に下を向いて咲くので、
撮りにくいお花なのです。












数年前に載せた近所のアミガサユリ

​​アミガサユリ.JPG






最終更新日  2021年03月06日 07時00分06秒
このブログでよく読まれている記事

全582件 (582件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 59 >


© Rakuten Group, Inc.