047901 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

★HIRORO★の野球ニュースブログ部屋

PR

プロフィール


★HIRORO★

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(3)

ソフトバンクホークス

(74)

ジャイアンツ

(327)

中日ドラゴンズ

(29)

西武ライオンズ

(52)

楽天イーグルス

(41)

ニューヨークヤンキース

(10)

カブス

(3)

広島カープ

(27)

ヤクルトスワローズ

(53)

千葉ロッテマリーンズ

(18)

日本ハムファイターズ

(37)

阪神タイガース

(62)

オリックスバッファローズ

(15)

エンゼルス

(6)

トレード

(2)

パドレス牧田投手

(2)

エンゼルス 大谷選手

(10)

交流戦個人結果成績ランキング

(1)

ドジャース 前田投手

(3)

巨人、日ハムトレード

(1)

フレッシュオールスターズ

(5)

プロレスラー

(1)

DeNA

(26)

カブス ダルビッシュ有投手

(3)

マツダ オールスターズ戦

(5)

現役ドラフト

(1)

メジャーリーグカブス

(1)

吉本興業

(1)

芸能界闇営業

(3)

芸能人ニュース

(3)

NHK不祥事

(1)

ダイヤモンドバックス

(3)

メジャーリーグ

(1)

親子2代日本人メジャーリーガー

(1)

シアトル・マリナーズ

(2)

セ・リーグパ・リーグ

(8)

パ・リーグ

(3)

WWEプロレス

(1)

メジャーリーグ レイズ

(1)

セ・リーグ

(3)

中日ドラゴンズとオリックストレード

(1)

ドジャース

(3)

ジャイアンツ、DeNA

(1)

ドジャース 前田投手

(1)

ジャイアンツVS中日ドラゴンズ

(2)

ソフトバンクVS楽天イーグルス

(3)

阪神タイガース、千葉ロッテマリーンズトレード

(1)

楽天イーグルス 則本投手

(1)

広島カープ 二軍落ち

(1)

エンゼルス 大谷打球速度

(1)

カブス ダルビッシュ有

(2)

千葉ロッテマリーンズ トレード獲得選手

(3)

エンゼルス大谷

(2)

ヤクルトスワローズ バレンティン復帰

(1)

中日ドラゴンズ 松坂大輔

(1)

セ・リーグパ・リーグ登録選手抹消選手

(1)

巨人VSDeNA

(3)

ニューヨークヤンキース田中

(1)

ジャイアンツ、楽天イーグルス、トレード

(3)

セ・リーグパ・リーグ登録抹消

(1)

オールスター戦

(1)

カブス 田沢

(2)

マイナビオールスター戦

(25)

ヤクルト対巨人

(1)

巨人

(1)

高校野球

(2)

巨人❗️広島

(0)

巨人VS広島

(3)

野球五輪

(1)

芸能ニュース

(1)

西武VSオリックス

(1)

社会人野球

(1)

日本プロ野球

(4)

独立リーグ

(1)

プロ野球FA

(4)

ドラフト会議

(3)

戦力外

(1)

新日本プロレス

(3)

日本シリーズ

(5)

侍JAPAN野球

(2)

野球MVP

(1)

野球契約公開

(0)

契約更改

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
迷惑です@ ブログのジャンル変更のお願い。 ジャンルを間違えています。 管理画面⇨管…
スポーツニュースへどうぞ@ ジャンルが間違えています ジャンルはスポーツ テーマは野球関連へ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全6件 (6件中 1-6件目)

1

エンゼルス

2019.07.17
XML
カテゴリ:エンゼルス

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が16日(日本時間17日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのヒューストン・アストロズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、4打数2安打1打点だった。

 エンゼル・スタジアムではこの日、来場先着3万人に大谷のボブルヘッド人形が配布され、ファンの期待が集まる中見事なパフォーマンスを見せた。

 右ふくらはぎの張りを発症した主砲マイク・トラウト外野手を欠く中、エンゼルスは初回からアストロズの「オープナー」としてキャリア初先発した右腕ヘクター・ロンドン投手に襲い掛かる。

 まず1番デビッド・フレッチャーの二塁打とアンドレルトン・シモンズ内野手の右前安打で無死一、三塁と先制のチャンスを作ると、大谷は内角96.1マイル(約154キロ)のフォーシームを弾き返して遊撃への適時内野安打。幸先良く1点を先制した。これで大谷は今季40打点目。

 エンゼルスはさらに押し出し死球で1点を追加すると、続く6番のアルバート・プホルス内野手に右翼線を破る走者一掃の3点適時二塁打が飛び出し5点目。なおも2死三塁で9番ルイス・レンヒーフォ内野手が適時三塁打を放ち6-0とした。

 続く2回には大谷が第2打席を迎え、2番手クリス・デベンスキー投手の初球の95.1マイル(約153キロ)のフォーシームを捉えると、これが打球初速114マイル(約183キロ)を記録する“弾丸ライナー”の中前安打に。2打席連続安打、そして今季20度目の1試合複数安打とした。

 大谷は直後に今季6個目の盗塁を決めたが、自らの走塁ミスもあり得点には結びつかず。大谷は4回の第3打席は3番手のロヒリオ・アルメンテロス投手の前に二ゴロに倒れ、3打席連続安打とはならなかった。

 一方、エンゼルス先発のアンドリュー・ヒーニー投手は4回にタイラー・ホワイト内野手に適時打を浴び1失点。5回には1死一、二塁のピンチを招いたところで降板し、2番手のノエ・ラミレス投手が再びホワイトに適時打を浴びて6-2と4点差にされた。

 試合は6回、エンゼルスは守備の時にラミレスがジェイク・マリズニック外野手に対して死球。7日(同8日)に本塁突入した際にジョナサン・ルクロイ捕手が鼻骨骨折するなどの重傷を負った報復とも取れる行為に両者とも一触即発の雰囲気となったが乱闘には発展せず。

 守備で無失点に抑えた直後、エンゼルス打線は1死二塁からルイス・レンヒフォ内野手の適時二塁打で1点を追加。7-2としてなおも2死一、二塁とチャンスで大谷に打順が回ったが、フォーシームを打ち上げ中飛に倒れて1点止まりに終わった。大谷はこの日4打数2安打1打点で打率を試合前に.294から.298に上げている。

 終盤7回は両チームともに無得点。エンゼルス8回、7回途中から投げていた4番手のトレバー・ケイヒル投手が走者を出しながらも結果3人で抑え、いよいよ試合は9回を迎えた。

 5点リードのまま迎えた9回もマウンドに登ったケイヒルは、3番から始まるアストロズ打線に2死二、三塁とされながらも無失点に抑えて試合終了。エンゼルスは7-2で快勝し、これでオールスターゲーム明け負けなしの5連勝。4月5日(同6日)~10日(同11日)にかけての6連勝以来となる快進撃で、50勝46敗で貯金を「4」としている。


の記事について
大谷はバッターとしてが
かなり向いてるし
バッターとしては天才‼️
ピッチャーとしては
正直速いだけだもんね‼️










最終更新日  2019.07.17 16:11:43
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.08
テーマ:ニュース(79891)
カテゴリ:エンゼルス

◆アストロズ11×―10エンゼルス=延長10回=(7日、ヒューストン・ミニッツメイドパーク)



 エンゼルス・大谷翔平投手(25)が7日(日本時間8日)、敵地のアストロズ戦に、「3番・指名打者」で先発フル出場。同点の3回1死二塁の2打席目に、一時勝ち越しとなる左翼看板直撃の14号2ランを放つなど6打数1安打2打点だった。試合は一時5点のリードを奪いながら、投手陣が踏ん張れずに延長10回にサヨナラ負け。借金1で後半戦を迎えることになった。

 2試合ぶりの豪快な一発を放った大谷だが、試合後は体調不良を訴えて取材対応はなかった。4日間、オールスターのために試合はないとは言え、後半戦へ向けて状態が心配される。

の記事について
大谷はやっぱり打者だな😃決まりだわ‼️









最終更新日  2019.07.08 10:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.01
テーマ:ニュース(79891)
カテゴリ:エンゼルス
■アスレチックス 12-3 エンゼルス(日本時間1日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間1日)、本拠地のアスレチックス戦で「3番・指名打者」で6試合連続スタメン出場。4回の第2打席で3試合ぶりの右中間11号ソロを放つと、8回の第4打席で今季初の1試合2発となる12号ソロを放った。エンゼルスは3-12で敗れて3連敗。借金1となった。大谷は「個人的には大きい事でしたけど、結果的には大差で負けている。連敗もしましたし。遠征に行くので、また切り替えて、頑張りたいなと思います」と気持ちを切り替えた。



 アナハイムの青空へアーチショーだ。2点を追う4回先頭。2ボール2ストライクから、先発右腕・バシットのカーブを右手一本でバットに乗せた。右中間スタンドへの11号ソロは27日のアスレチックス戦以来3試合ぶりの一発。「上手く拾えたなと思います。完全に反応というか、しっかり引きつけて打てたかなと思います」と振り返った。

 飛距離391フィート(約119.2メートル)、打球速度102マイル(約164.2キロ)、角度36度、最高到達点123フィート(約37.5メートル)だった。スタンドまで6.0秒と滞空時間の長い一発だった。

 10点差となった8回先頭の第4打席では5番手右腕ブルックスから右越え12号ソロ。2ボールからツーシームを捉えた。飛距離447フィート(約136.2メートル)、109マイル(175.4キロ)、角度24度の豪快弾。1試合2本塁打は今季初めてで、通算3度目。昨年9月5日の敵地レンジャーズ戦以来298日ぶりだ。

 記者から「完璧に捉えられたか」と問われ、大谷は「点差が点差でしたし、カウントもカウント。あれは、その通りの打撃だったかなと思います」と答えた。6月の月間9本塁打は自己最多。また、2試合ぶり今季17度目のマルチ安打をマークし、月間32安打で自己最多を更新した。

 初回2死はニゴロ、6回無死一、二塁では見逃し三振で4打数2安打2打点1三振。今季は47試合出場で、打率.299、52安打、12本塁打、35打点、4盗塁。6月は打率.340、9本塁打、22打点の好成績で終えた。「試合勘、打席の感覚は徐々に良くなっていると思うので、もっともっと上げていけたらなと思います」と前を向いた。記者からの「昨季からレベルアップしているか」との問いかけには「それは常に感じています」と短い言葉に自信をのぞかせていた。


の記事について
大谷1試合で二本だってさ😃すげぇなぁ😃







最終更新日  2019.07.01 10:57:25
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.29
テーマ:ニュース(79891)
カテゴリ:エンゼルス
◆エンゼルス―アスレチックス(28日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が28日(日本時間29日、午前11時7分開始予定)、本拠地のアスレチックス戦のスタメンに4試合連続「3番・指名打者」で名を連ねた。



 試合前のオースマス監督の囲み取材の中で、大谷の本塁打競争についての話題になると「まだ招待はないと思うよ。(出場したとすると)打撃練習を見る限り、勝つ可能性はあると思うよ」と太鼓判を押した。

 前日には主砲のトラウトも「(出れば)多分勝つね。彼はリーグで1番のパワーを持っている」と期待していた。


の記事についてだけど
大谷が出場できるなら
本塁打争いしてほしいなぁ








最終更新日  2019.06.29 10:46:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.28
テーマ:ニュース(79891)
カテゴリ:エンゼルス

■エンゼルス 8-3 アスレチックス(日本時間28日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、今季10号となる2ランを放ってチームの勝利に貢献した。本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で3試合連続スタメン出場。3回の第2打席で、2年連続2桁本塁打に到達するアーチを放った

 初回の第1打席は右腕アンダーソンの前に見逃し三振に倒れていた大谷。3回1死一塁で迎えた第2打席で一発は生まれた。1ボール1ストライクからの3球目、アンダーソンが投じたのは、内角低めの難しいボールだった。大谷は腕を畳んでこれを捉えると、打球は中堅手の頭上を超え、左中間スタンドへと飛び込んでいった。

 第1打席で見逃し三振に倒れたボールと同じような内角低めのボール。腕を畳み、それを逆方向に運ぶという信じられないような“曲芸打ち”で本塁打にした大谷のバッティングは大きな衝撃を与えた。

 地元ラジオ局「スポーツ1140 KHTK」で番組ホストを務めるカイル・マドソン氏が、この一打の衝撃度を自身のツイッターに「この打撃は普通じゃない。オオタニはモンスターだ」と投稿。内角低めを逆方向のスタンドに運ぶあり得ないバッティングを絶賛していた。

の記事についてだけど、大谷はモンスターじゃない、天才モンスターだなぁ😃






最終更新日  2019.06.28 17:47:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.26
カテゴリ:エンゼルス

翔平が今月13日のレイズ戦で日本選手初のサイクル安打を達成しました。誰が発案したかは分からないですけど、グラウンドでインタビューを受けてクラブハウスに戻ると、ランドリー用のカートが2台用意されていて…。それに乗せられ、シャワールームでビールをかけられ祝福してもらいました。



 翔平もユニホーム姿でビールの他にシャンプーとか靴磨き用のスプレーとか、いろいろなものを全身にかけられていました。昨年のメジャー初安打、初本塁打の時もやってもらいましたが、僕もやられたのは初めて。凄くうれしかったですね。

 みんなから祝福の言葉がありましたが、プホルス選手からは「次の日もサイクル安打を達成したら好きな車を買ってやるよ」と言われていました。プホルス選手はランボルギーニ(イタリアの高級スポーツカー)に乗っているんですが、翔平が「あれをください」と言ったら「やるよやるよ」と。結構マジな感じでしたね(笑い)。

 プホルス選手はいつも翔平を気にかけてくれます。1日のシアトルでのマリナーズ戦の打撃練習の時には「そこまでポイントを引き寄せなくてもいい。せっかくフィールドを使って練習しているんだから、もっとポイントを前にして、打球を飛ばして球場のイメージを沸きやすいようにしていけばいい」と助言をくれました。ジェスチャーを交えながら「ポイントを後ろにすると体が先に開いてしまう」と説明してくれました。翔平は6月になって調子が上がってきましたが、あのアドバイスがきっかけになったんじゃないかと個人的には思っています。

 ところで、本拠地での登場曲が米国の人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のテーマ曲に替わったのは、お気づきでしょうか。本人がドラマを見ていて周囲から「昨年と登場曲が一緒だから替えたら?」と言われ、ちょうど最終回で話題になっていたので替えたようです。

 前半戦もあとわずかとなりました。今年は絶対チャンスだと思うので、オールスター戦に出てほしいですね。このまま打ち続けて、もし本塁打競争に出れば、たぶん優勝できると思います。とにかくケガだけに気を付けて、僕もしっかりサポートしていきたいと思います。


の記事についてだけど、連日サイクルならさ、ランボルギーニもらえんだって⁉️メジャーはすごくない?😃






最終更新日  2019.06.26 09:50:04
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.