048012 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

★HIRORO★の野球ニュースブログ部屋

PR

プロフィール


★HIRORO★

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(3)

ソフトバンクホークス

(74)

ジャイアンツ

(327)

中日ドラゴンズ

(29)

西武ライオンズ

(52)

楽天イーグルス

(41)

ニューヨークヤンキース

(10)

カブス

(3)

広島カープ

(27)

ヤクルトスワローズ

(53)

千葉ロッテマリーンズ

(18)

日本ハムファイターズ

(37)

阪神タイガース

(62)

オリックスバッファローズ

(15)

エンゼルス

(6)

トレード

(2)

パドレス牧田投手

(2)

エンゼルス 大谷選手

(10)

交流戦個人結果成績ランキング

(1)

ドジャース 前田投手

(3)

巨人、日ハムトレード

(1)

フレッシュオールスターズ

(5)

プロレスラー

(1)

DeNA

(26)

カブス ダルビッシュ有投手

(3)

マツダ オールスターズ戦

(5)

現役ドラフト

(1)

メジャーリーグカブス

(1)

吉本興業

(1)

芸能界闇営業

(3)

芸能人ニュース

(3)

NHK不祥事

(1)

ダイヤモンドバックス

(3)

メジャーリーグ

(1)

親子2代日本人メジャーリーガー

(1)

シアトル・マリナーズ

(2)

セ・リーグパ・リーグ

(8)

パ・リーグ

(3)

WWEプロレス

(1)

メジャーリーグ レイズ

(1)

セ・リーグ

(3)

中日ドラゴンズとオリックストレード

(1)

ドジャース

(3)

ジャイアンツ、DeNA

(1)

ドジャース 前田投手

(1)

ジャイアンツVS中日ドラゴンズ

(2)

ソフトバンクVS楽天イーグルス

(3)

阪神タイガース、千葉ロッテマリーンズトレード

(1)

楽天イーグルス 則本投手

(1)

広島カープ 二軍落ち

(1)

エンゼルス 大谷打球速度

(1)

カブス ダルビッシュ有

(2)

千葉ロッテマリーンズ トレード獲得選手

(3)

エンゼルス大谷

(2)

ヤクルトスワローズ バレンティン復帰

(1)

中日ドラゴンズ 松坂大輔

(1)

セ・リーグパ・リーグ登録選手抹消選手

(1)

巨人VSDeNA

(3)

ニューヨークヤンキース田中

(1)

ジャイアンツ、楽天イーグルス、トレード

(3)

セ・リーグパ・リーグ登録抹消

(1)

オールスター戦

(1)

カブス 田沢

(2)

マイナビオールスター戦

(25)

ヤクルト対巨人

(1)

巨人

(1)

高校野球

(2)

巨人❗️広島

(0)

巨人VS広島

(3)

野球五輪

(1)

芸能ニュース

(1)

西武VSオリックス

(1)

社会人野球

(1)

日本プロ野球

(4)

独立リーグ

(1)

プロ野球FA

(4)

ドラフト会議

(3)

戦力外

(1)

新日本プロレス

(3)

日本シリーズ

(5)

侍JAPAN野球

(2)

野球MVP

(1)

野球契約公開

(0)

契約更改

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
迷惑です@ ブログのジャンル変更のお願い。 ジャンルを間違えています。 管理画面⇨管…
スポーツニュースへどうぞ@ ジャンルが間違えています ジャンルはスポーツ テーマは野球関連へ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全3件 (3件中 1-3件目)

1

巨人VS広島

2019.07.20
XML
カテゴリ:巨人VS広島

◇セ・リーグ 広島4―2巨人(2019年7月20日 マツダ)

 広島が負ければ自力V消滅という1戦で首位を独走する巨人に4―2で逆転勝ちを収め、6月1日以来49日ぶりとなる2連勝。6カードぶりの勝ち越しを決め、借金を4に減らした。巨人は3連敗。


 5回まで巨人先発の左腕・今村に散発2安打に抑えられて二塁も踏ませてもらえなかった広島だったが、3番に座ったバティスタの値千金の2発で劇的な逆転勝ちを収めた。

 0―2で迎えた6回、バティスタが左中間スタンドへ今村から起死回生の同点20号2ランを放つと、8回には3番手・デラロサから2打席連発となる逆転の21号2ラン。5点差を徐々に詰め、8回に会沢の逆転2ランでひっくり返した前夜に続いての劇的勝利となった。

 巨人は3回に亀井が右越え10号ソロを放って先制。5回には岡本の適時打で2点リードを奪った。だが、今村が同点弾を浴びると、8回には2番手・田口が先頭・田中広を四球で歩かせてから3番手・デラロサが痛恨の逆転2ランを被弾。3連敗となった。

の記事について
まったく巨人はなにしてんだ?
しっかりしなきゃどうしようもない‼️








最終更新日  2019.07.20 21:39:46
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:巨人VS広島

やっと「逆転のカープ」らしさを見せた。

 5位広島は19日、2カ月ぶりとなる首位巨人との試合に先発したエース大瀬良が、四回までに10安打を浴びて5失点。四回表終了時に5点ビハインドの苦しい展開となったが、ここから打線が巨人のエース菅野に食らいついた。

 四回に鈴木、五回に西川がそれぞれ適時打。六回に安部がソロ、七回に菊池涼が適時三塁打を放ち、1点ずつ追撃。4―5としたところで菅野をマウンドから引きずり降ろす。そして、4―6で迎えた八回。松山の左越え二塁打で再び1点差に追い上げると、さらに会沢が巨人の3番手・マシソンから右越えへ逆転2ランを叩き込み、逆転劇を完結させた。

 広島は借金8に沈んでいた4月にも巨人戦での劇的な逆転勝利から浮上していた。同17日の熊本での試合である。八回に広島から巨人へFA移籍した丸に勝ち越し2ランを浴び、敗色濃厚の中、九回に菊池涼の適時二塁打、石原の適時打で3得点。菊池涼が「あの勝ちはデカかった」と言った逆転勝ちから8連勝。5月に一度は首位に立った。

 巨人とはまだ11ゲーム差。借金も5つ残っているが、順位を4位とし、ひとまず自力V消滅を回避した。会沢はお立ち台で「カープの野球ができた。諦めない気持ちでみんな戦ってますんで」と叫んだ。昨季までのリーグV3中、逆転が専売特許だった。Bクラスに沈む今季は影を潜めていたが、この劇的な勝利から再び這い上がることができるか――。できなきゃ広島は、今度こそ終わりである。

の記事について
広島らしい逆転だったね?😃












最終更新日  2019.07.20 13:18:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.19
カテゴリ:巨人VS広島

首位巨人は19日から、55日ぶりの広島戦(マツダ)。今季広島からFA補強した丸佳浩外野手(30)と、人的補償で巨人から広島に移籍した長野久義外野手(34)の現状が、両軍の明と暗を象徴している。

 原監督以下の巨人1軍本隊は18日に広島入り。5月24日の前回対戦(東京ドーム)では、対広島戦の連敗を5でようやく止めたが、まだ首位広島を2ゲーム差で追う立場だった。ところが交流戦に入ると戦況が激変し、今や巨人が首位を独走。大ブレーキの広島を12差まで突き放している。

 「オールスター明け、後半戦には戻ってくると思いましたけどね…」

 そう首をひねるのは在広島メディア関係者だ。広島は交流戦最下位に沈むと、リーグ戦再開に合わせて7月2日、打率・208と調子が上がらない長野を2軍に送った。

 その後もチームは浮上どころか借金生活に転じたが、長野はいっこうに1軍に呼ばれず、現在はウエスタン・リーグ出場のため関西遠征中。年明けから春先までの大フィーバーはどこへやらだ。巨人戦に限れば打率・417とめっぽう強く、久しぶりの古巣との対戦に緊急招集すれば起爆剤にうってつけだが、赤ヘル首脳陣の判断やいかに。

 一方、長野の広島入りの原因となった丸は、不動の3番打者として首位を走る新天地を牽引。打率・307、16本塁打、49打点、8盗塁と非の打ち所がない。昨季までの本拠地で今度こそトドメの一打を決めたい。

 4月17日の広島戦(熊本)では、8回に一時勝ち越しの2ラン。ところがこの一発が、昨季までの同僚たちの闘志をかき立ててしまい、9回の逆転負けを招いた。開幕から負けが込んでいた広島は、この試合を契機に怒濤の快進撃。だがもはや当時の勢いは消えうせ、今回の3連戦は自力V消滅の瀬戸際だ。丸が古巣に引導を渡すのか。

の記事について
立ちあがりみたら
菅野のほうが制球力がいいね‼️
大瀬良も悪くはない‼️😃
どっち勝つかわからないね?








最終更新日  2019.07.19 18:58:24
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.