048345 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

★HIRORO★の野球ニュースブログ部屋

PR

プロフィール


★HIRORO★

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(3)

ソフトバンクホークス

(74)

ジャイアンツ

(328)

中日ドラゴンズ

(29)

西武ライオンズ

(52)

楽天イーグルス

(41)

ニューヨークヤンキース

(10)

カブス

(3)

広島カープ

(27)

ヤクルトスワローズ

(53)

千葉ロッテマリーンズ

(18)

日本ハムファイターズ

(37)

阪神タイガース

(62)

オリックスバッファローズ

(15)

エンゼルス

(6)

トレード

(2)

パドレス牧田投手

(2)

エンゼルス 大谷選手

(10)

交流戦個人結果成績ランキング

(1)

ドジャース 前田投手

(3)

巨人、日ハムトレード

(1)

フレッシュオールスターズ

(5)

プロレスラー

(1)

DeNA

(26)

カブス ダルビッシュ有投手

(3)

マツダ オールスターズ戦

(5)

現役ドラフト

(1)

メジャーリーグカブス

(1)

吉本興業

(1)

芸能界闇営業

(3)

芸能人ニュース

(3)

NHK不祥事

(1)

ダイヤモンドバックス

(3)

メジャーリーグ

(1)

親子2代日本人メジャーリーガー

(1)

シアトル・マリナーズ

(2)

セ・リーグパ・リーグ

(8)

パ・リーグ

(3)

WWEプロレス

(1)

メジャーリーグ レイズ

(1)

セ・リーグ

(3)

中日ドラゴンズとオリックストレード

(1)

ドジャース

(3)

ジャイアンツ、DeNA

(1)

ドジャース 前田投手

(1)

ジャイアンツVS中日ドラゴンズ

(2)

ソフトバンクVS楽天イーグルス

(3)

阪神タイガース、千葉ロッテマリーンズトレード

(1)

楽天イーグルス 則本投手

(1)

広島カープ 二軍落ち

(1)

エンゼルス 大谷打球速度

(1)

カブス ダルビッシュ有

(2)

千葉ロッテマリーンズ トレード獲得選手

(3)

エンゼルス大谷

(2)

ヤクルトスワローズ バレンティン復帰

(1)

中日ドラゴンズ 松坂大輔

(1)

セ・リーグパ・リーグ登録選手抹消選手

(1)

巨人VSDeNA

(3)

ニューヨークヤンキース田中

(1)

ジャイアンツ、楽天イーグルス、トレード

(3)

セ・リーグパ・リーグ登録抹消

(1)

オールスター戦

(1)

カブス 田沢

(2)

マイナビオールスター戦

(25)

ヤクルト対巨人

(1)

巨人

(1)

高校野球

(2)

巨人❗️広島

(0)

巨人VS広島

(3)

野球五輪

(1)

芸能ニュース

(1)

西武VSオリックス

(1)

社会人野球

(1)

日本プロ野球

(4)

独立リーグ

(1)

プロ野球FA

(4)

ドラフト会議

(3)

戦力外

(1)

新日本プロレス

(3)

日本シリーズ

(5)

侍JAPAN野球

(2)

野球MVP

(1)

野球契約公開

(0)

契約更改

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
迷惑です@ ブログのジャンル変更のお願い。 ジャンルを間違えています。 管理画面⇨管…
スポーツニュースへどうぞ@ ジャンルが間違えています ジャンルはスポーツ テーマは野球関連へ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

広島カープ

2019.11.01
XML
テーマ:ニュース(79984)
カテゴリ:広島カープ


広島は海外FA権を持つ長野久義外野手が1日に鈴木球団本部長との再交渉をへて最終決断を下す。



10月11日に球団と初交渉し、佐々岡新監督からは残留を熱望する電話をもらった。この日マツダスタジアムで練習を行った長野は報道陣の問いかけに「明日(1日)、鈴木さんと話します」と明かし、同球団本部長も認めた。

移籍1年目はプロ入り最少の出場72試合にとどまるも、残留が濃厚とみられる。
の記事について
ジャイアンツにかえってこい‼️😃








最終更新日  2019.11.01 08:23:16
コメント(0) | コメントを書く


2019.10.26
テーマ:ニュース(79984)
カテゴリ:広島カープ

広島・野村祐輔投手(30)がFA宣言する可能性が25日、浮上した。今季国内FA権を取得した右腕はこの日、マツダスタジアム内の球団事務所で球団と3度目の交渉に臨んだ。しかし権利行使について結論は出ず、事実上の物別れに終わった。



 約2時間に及ぶロングラン交渉。「(今後も)いるときはいつでも話しますよ」と秋波を送った鈴木球団本部長とは対照的に、野村は「(この日が最後の交渉?)そうなると思います」とサバサバした表情を見せた。その上で権利行使については「まだ言いません」と話し、悩んだかとの問いにも「悩み“ました”ね」と応じるなど、一定の方針が固まったことを示唆した。

 今季は4年ぶりに不調による2軍落ちを経験するなど、6勝5敗、防御率4・06の成績に終わった。球団からは今季年俸の1億2000万円と同程度の条件を提示されたとみられ、野村も「球団といい話をさせてもらった。(誠意は?)伝わりました」と話した。

 それでも2016年の最多勝右腕としては、他球団の評価も気になるところ。背番号19は「早く決断できれば」と明言を避けたが、先発ローテを任せられる右腕だけに、仮にFA宣言すれば、争奪戦は必至だ。3連覇の功労者は来季、何色のユニホームを着るのか。
の記事について
ジャイアンツが必ず獲得します😃








最終更新日  2019.10.26 10:32:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.01
カテゴリ:広島カープ

最後の最後に4位転落。4年ぶりのBクラスに沈み、CS進出を逃した広島・緒方監督は「チームの勝敗の責任は監督にある。こういう形になり、一生懸命頑張ってくれた選手、コーチ、そして何よりもファンの方々に申し訳ない」と意気消沈した。



 終戦したことで、今後は国内フリーエージェント(FA)権を取得した選手の去就に焦点が移る。今季6勝5敗、防御率4・06と不本意な成績に終わった野村だが、16年に16勝で最多勝に輝いた技巧派右腕の評価はチーム内外で高い。野村はこの日夜「シーズンが終わったので、これからゆっくり考えます」と熟考する姿勢を示した。

 昨季まで2年連続ベストナインを受賞した会沢は今季初めて規定打席をクリア。得点圏打率3割5分1厘はリーグトップで、自己最多の63打点を記録した。すでに楽天が調査に乗り出す姿勢を見せているが、会沢も熟慮を重ねる。

 菊池涼は昨オフ、ポスティングシステムを利用したメジャー移籍を要望。球団も容認の構えだが、自身は今オフ、球団側は最短で海外FA権取得前年の来オフを想定しており、現時点で平行線。鈴木球団本部長は「来季もいてほしい」と慰留に努める考えだ。
の記事について
菊地、野村、ジャイアンツが待ってる😃








最終更新日  2019.10.01 08:19:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.15
カテゴリ:広島カープ



若ゴイたちよ、引き出しをつくれ――。広島は14日、巨人を延長戦の末、6―5で下し、今季の同カードを14勝10敗1分けの勝ち越しで終えた。4時間超えのシーソーゲームですごみを見せたのが、両軍の3番打者。まずは27号ソロを含む2安打2打点の鈴木誠也外野手(25)の“カメレオン打法”だ。

 試合の均衡を破った鈴木の一発は4回。高木の6球目直球を豪快に左翼席へ叩き込んだ。見逃せないのは打席の中での足の上げ方の変化。初球は普段通りだったが、高木の2段モーションにタイミングが合わないとみるや2、3球目は左足を2段階で上げる、まるで巨人・坂本勇のようなフォームにチェンジ。

 さらに4球目は小さく浮かすだけに変えてファウル。5球目、今度はノーステップ。ようやくしっくりきたのか、6球目もノーステップで完璧に捉えてみせた。

 鈴木は「タイミングを取るのが難しい投手なので合わせようと狙っていた」と涼しい顔だったが、東出打撃コーチは「あれが誠也の引き出しの多さ。試合中も考えて野球をやっているから右にも左にも打てて率が残る」と絶賛。「俺にもあんな引き出しがあればまだ野球をやっているよ」とうなるしかなかった。

 一方、この日は鈴木の“師匠格”である巨人・丸も27号2ランを含む2安打3打点で存在感を示した。直前のDeNA戦では衝撃の“アッチ向いてホイ打法”で話題をさらったが、この日も右腰を逆方向にひねるツイスト打法で苦手のジョンソンから特大の初本塁打を放ってみせた。

 東出コーチは「やっぱりいい打者よ。丸ももともとは不器用な子やったんだけどね。それを自覚して自分の引き出しを必死に増やしてきたから今がある」とたたえると「ウチの若い子たちもそういう姿勢を見習ってほしいね」と語った。

 今やセ・リーグを代表する打者となった2人だが、共通するのは変化を恐れない姿勢と引き出しの多さ。たもとを分かった師弟コンビのすごみが際立った一戦だった。
の記事について
広島、めっちゃ強かった😃






最終更新日  2019.09.15 16:09:04
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.07
カテゴリ:広島カープ

東京ドームで広島の長野久義外野手にヤジを浴びせ続けた男性客の動画が拡散され、大きな反響を呼んでいる。男性客に対し、広島ファンだけでなく古巣の巨人ファンからも球場への「出入り禁止」を求める声が上がる事態になっている。

【ファンが選んだ平成で最もカッコいいバッティングフォームはこの選手!】

 騒動は8月29日の巨人―広島戦(東京ドーム)の試合前に起きた。

 動画を見ると、バックネット裏にいた男性客が「こいつが勝手に来たんだから」と長野を指さす場面から始まる。

 近くにいた別の男性客が「選手に迷惑かかってるだろ、てめえのせいで今日打てなかったらどうするんだよ」と語気を荒らげると、長野選手は左手を出してなだめた。

 だが、男性客に反省の様子はない。

「いや、どうせ打てないでしょ。2割だから」「みんな拡散しろ拡散しろ。長野、2割だってよ」「悔しかったら打ってみろよ。打てねえんだろ、おまえもう」

 ヤジを浴びせ続けた。

 球場係員が「ちょっと抑えてください」と注意し、広瀬純1軍外野守備・走塁コーチも「小さいお子さんもいます。大人だと思いますので、分かっているんだったら」と呼びかけた。

 だが、男性客はなおも「いや、選手から言ってきたんで」「2割しか打てない」などと言い返した。

 広瀬コーチは「2割でも選手は一生懸命やっているんです。一番悔しいのは選手なんです。それをわかってください」と訴えた。

 別の動画では、長野選手がバックネット際でヤジを飛ばした前出の男性客と向かい合っている。

 男性客が「認識してんだ? 認識してんだ? どうしようもないね」などと言うと、長野選手が「そうよ。どうしようもないよ」と反応。

男性客は「いや、あなたのこと言ってないから。2割バッターいっぱいいるから」とはぐらかしたが、長野選手が「規定で(打率2割は)おれしかいないよ」と返した。

 男性客は「あ、そうなの? ほーん、そりゃ大変だ」と小ばかにしたような態度を取ると、長野選手は「大変、大変」

こうした大人の対応を見せた。他のファンから「長野、頑張れ!」と声援が飛ぶ中で、打撃練習に戻った。

 この試合を観戦していた広島ファンの主婦・堀江奈津子さん(29)は、こう語気を強める。

「長野選手に失礼だし、スタンドでこんな人が近くにいたら怖いです。ファンだから何をしても許されるわけではない」

 また、巨人ファンの自営業・中町成哲さん(39)は、こう指摘する。

「球場に行くと決まった人が汚いヤジを飛ばしている。他のファンも迷惑している。選手に対するリスペクトがないし、球場で試合観戦する資格がないと思う。出入り禁止などの処置を考えるべきでは」

 品のないヤジは周りを不快にさせるし、観戦に来ている子供たちにも悪影響を及ぼす可能性がある。一部の観客から選手に向けて発せられるヤジについて、球団や球場はもっと敏感にならなければいけないかもしれない。
の記事について
すごいヤジだったよね?ひどいわ








最終更新日  2019.09.07 13:27:52
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.30
カテゴリ:広島カープ

(セ・リーグ、巨人12-4広島、23回戦、広島13勝9敗1分、29日、東京D)広島は、逆転優勝へのいちるの望みを託して中5日で首位巨人にぶつけたエース、大瀬良が大炎上。7安打を浴び、自己ワーストタイの10失点、今季最短の2回1/3でKOされ、8敗目を喫した。

 「本当に情けないです。期待して投げさせてもらって、結果を残すことができなかった。チームに申し訳ない」

 1-0の二回に大城に右翼線へ逆転の二塁打を浴びた。三回には丸の左越え適時打を皮切りに、岡本に3ラン、大城に2点二塁打を許し、そこまででこの回6失点。10人目の打者、1番・亀井に回ったところで降板となり、2番手・塹江が丸にトドメの満塁本塁打を浴びた。

 巨人3連戦は1勝2敗で負け越し。残り20試合でゲーム差は7・5に広がり、セ・リーグ4連覇は絶望的な状況となった。
の記事について
大瀬良は、本当に悪かったわ😃打たれすぎ❗️








最終更新日  2019.08.30 08:24:16
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.23
テーマ:ニュース(79984)
カテゴリ:広島カープ

「広島4-8ヤクルト」(22日、マツダスタジアム)

 広島・田中広輔内野手(30)が22日、コンディショニング不良のため5年ぶりに出場選手登録を抹消された。チームが逆転Vを目指す中、昨年までのリーグ3連覇に貢献してきた主力の一人を欠くこととなった。一方で、長野久義外野手(34)が23日・中日戦から1軍に再昇格することが決まった。残り26試合、Vへの使者が本領を発揮する時が来た。

 佳境を迎えているシーズンで、リーグ3連覇に貢献してきた男が戦線離脱した。田中広がコンディショニング不良で出場選手登録抹消。午前中から大野練習場で汗を流し「実力不足でこうなった。この時期に申し訳ないです」と、ふがいなさを言葉に表した。

 出場選手登録抹消はプロ1年目の14年9月19日、試合前練習中にフリー打撃の打球が頭部に直撃したことが原因となって以来5年ぶり。緒方監督は「コンディションが万全でない状態。彼の使い方を見れば、おのずとね。そういう中でチームの勝利に貢献するべく頑張ってくれた」と説明した。この日は体幹トレやマシンを使ったウオーキングなどで調整。当面は3軍で調整を進めていく。

 実績を残してきた中、今季は不振が続いた。6月20日・ロッテ戦でスタメンを外れ、15年4月1日からの連続フルイニング出場が635試合で止まった。後半戦はベンチスタートも増加。20、21日はベンチ外で、ここまで97試合で打率・193、3本塁打、27打点だった。

 チームはこの日の降雨コールドでの敗戦で連勝が2でストップした。残り26試合、経験豊富な背番号2の離脱は痛手。だが、23日・中日戦から長野が1軍に再昇格する明るい材料もある。「明日から合流予定です。スタメン含めて代打でも。彼の打力、経験に期待するものは大きい」と指揮官は明言した。

 長野は7月3日に出場選手登録を抹消されたが、8月はウエスタンで打率・368と好調。バティスタが17日に離脱したが、背番号5が戻れば「左翼・長野」、「一塁・松山」と強力打線への布陣を組む選択肢も可能だ。「上位に技術がある打者が並ぶと、打線が安定する」と東出打撃コーチ。23日の相手先発は左腕・ロメロだけに「6番・左翼」で即先発することが有力だ。

 首位・巨人とは6・5ゲーム差のままだが、逆転Vへ依然として正念場に立たされている。現有戦力が一丸となって、最後まであきらめない。
の記事について
長野、まだまだ使えるんだし頑張ってほしい‼️








最終更新日  2019.08.23 09:50:14
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.20
テーマ:ニュース(79984)
カテゴリ:広島カープ

広島の長野久義外野手(34)が近日中に1軍昇格する可能性が19日、浮上した。複数の首脳陣が「今、欲しいのは打力。長野には打力がある。呼びたいと思っている候補の1人」と説明した。バティスタがドーピング陽性反応で離脱した17日と18日のDeNA戦は打線がつながらず、3得点、無得点で連敗。首位・巨人に6・5ゲーム差をつけられたチームの救世主として、期待が高まっている。


 長野は、巨人にFA移籍した丸の人的補償として加入したが、打率2割8厘と本来の力を発揮できず、7月3日に2軍落ち。ただしウエスタンでは11日のオリックス戦で2ランを放つなど、8月に入って32打数13安打の打率4割6厘、5打点、1本塁打と好調だ。長野が左翼手でスタメン出場すれば、一塁・松山、三塁・メヒアの“攻撃的布陣”を敷くことも可能。3カード連続負け越し中の鯉を、V戦線にとどまらせる存在になる。
の記事について
長野はもっと働かなきゃね😃年俸もらってんだからさ。








最終更新日  2019.08.20 08:11:36
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.15
テーマ:ニュース(79984)
カテゴリ:広島カープ

「広島1-7巨人」(14日、マツダスタジアム)

 首位相手に、痛恨の敗戦となった。広島は2カード連続負け越しとなり、111試合目にして自力優勝の可能性が消滅。G倒へのマウンドを託された野村は踏ん張りきれず、6回1/3を8安打3失点で4敗目。「大事な一戦ですし勝てば近づくチャンスだった。悔しいです」と唇をかみしめた。


 台風10号が接近し、一回終了後には降雨で23分間の中断もあったが、集中力を切らさず六回まで1失点のみ。だが、落とし穴は球数100球を超えて臨んだ七回。先頭・亀井に右前打を許し、続く坂本勇に初球カットボールを左中間へ運ばれる決勝の適時二塁打を献上した。「今日は七回が全てです」。好投手・菅野との投げ合いで無念の降板となった。

 巨人とは開幕カード以来の負け越しで、ゲーム差も4・5に逆戻り。緒方監督は「また一戦一戦戦って勝っていけば、また(自力優勝の可能性が)復活するだろうし」と前を向いた。ここから執念を見せ、逆転Vへの道を切り開いていくしかない。

の記事について
あんなに強かったのに丸がいなくなったらこんなダメになるんだね?








最終更新日  2019.08.15 12:15:32
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.14
テーマ:ニュース(79984)
カテゴリ:広島カープ

◇セ・リーグ 広島2―1巨人(2019年8月13日 マツダ)

 大逆転でのセ・リーグ4連覇を目指す3位の広島が延長11回に磯村の犠飛で今季9度目のサヨナラ勝ち。引き分けでも自力Vが消滅する1戦に2―1で競り勝って巨人とのゲーム差を再び3・5とし、優勝争いに踏みとどまるとともに本拠マツダスタジアム通算400勝を飾った。



 1―1で突入した延長11回、先頭の主砲・鈴木が左越え二塁打で出塁し、野間が送って1死三塁とすると、メヒア、会沢が連続で申告敬遠されて満塁。ここで代打に出た磯村が左犠飛を放ってサヨナラ勝ちを飾った。

 広島・ジョンソンが5四球と制球に苦しみながらも要所は抑えて7回を2安打7奪三振の無失点投球を見せれば、巨人先発左腕・メルセデスも7回途中5安打10奪三振1失点の力投。広島は2回、先頭の主砲・鈴木が詰まった当たりの中前打で出塁し、続く5番・松山の右中間二塁打で一気に本塁生還を果たして先制したが、巨人が8回に1死一、三塁から丸の二ゴロで1点を返して1―1で延長戦に突入していた。
の記事について
広島の粘り勝ちだね?😃








最終更新日  2019.08.14 06:10:59
コメント(0) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.