000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

時事ネタ俳句川柳

全1件 (1件中 1-1件目)

1

軍事紛争

2016.05.11
XML
カテゴリ:軍事紛争

 

オバマ大統領の広島訪問決断、背景に米世論の変化

TBS5月11日(水)

http://news.biglobe.ne.jp/international/0511/tbs_160511_4046593559.html

(記事引用)↓

オバマ大統領が決断した背景には、原爆投下に対するアメリカ国内の世論の変化があります。
 オバマ大統領にとって、広島訪問は周到に環境作りを進めたうえでの大きな決断でした。

 2009年4月のプラハ演説で、大統領は「核兵器を使用した唯一の国として行動する道義的な責任がある」と述べ、「核兵器のない世界」に向けて努力する姿勢を鮮明にしました。そして、初訪日の際には「広島、長崎を将来、訪れることができれば光栄だ」と早くも意欲を示し、駐日大使による「原爆の日」の式典への参加も実現しました。

 大統領の決断への道筋を作ったのはケリー国務長官で、先月、G7外相会合で広島を訪れた際、原爆慰霊碑に献花し、「すべての人が広島に来るべきで、アメリカ大統領にもその1人になってほしい」と述べていました。

 アメリカ国内で大統領の広島訪問を容認する空気が広がる一方で、「原爆投下が戦争の終結を早め、多くの命を救った」という正当化論も根強く残っています。このためホワイトハウスは、大統領の広島訪問は原爆投下への謝罪ではなく、核廃絶への決意を改めて示すものだと強調しています。

 「大統領は広島訪問で『核兵器なき世界』の実現という強い思いについて、前向きのメッセージを送るつもりだ」(ホワイトハウス・アーネスト報道官)

 オバマ大統領の広島訪問がレガシー=政治的な遺産作りの1つで終わるのか、それとも核軍縮に向けた明確な道筋をつけることになるのか。大統領が広島でどのようなメッセージを発信するのかが焦点となります。(11日05:09)TBS (引用ここまで)

私見:
当時のアメリカ軍の広島と長崎への原爆投下は、
明らかに国際法とジュネーブ協定違反であり非道だ。
ナチスに並ぶジェノサイドであり、終戦前の駆け込みの
核実験兼人体実験兼ソ連に対する牽制・見せしめ・抑止の為であり、
何ら正当化できるものではない。罪を認めない大罪だ。
そもそも丸腰の大日本帝国に、
戦争をやらざるを得ないように仕向け仕掛けたのは、
ルーズベルトとコミンテルンらの謀略だった。
アメリカの平和志向の大統領が、せっかく広島を訪れても、
最も肝心な謝罪という懺悔の表明と行為を行わないのは
賢明ではないどころではなく非人道的であり、
傲慢と卑怯の上塗りになる。

 ピカドンを見舞った謝罪はしないと云う  二健  







最終更新日  2016.05.11 12:04:23
コメント(0) | コメントを書く


全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.