2017.06.28

宇宙戦隊キュウレンジャー 第19話「森の惑星キールの精霊」

カテゴリ:特撮
数百機を超えるモライマーズがチキュウに向かっている。これだけの数が一斉にチキュウのプラネジュームを吸収すれば、あっという間に爆発してしまう。

キュウレンジャーはアルゴ船の復活を急ぐため、リュウコツキュータマのある惑星キールへ。そこではダイカーン・オメーガが村人を無理矢理働かせていた。村には森の奥に秘密の宝が眠っているという言い伝えがあったが、村人は森に入ると恐ろしい森の精霊に襲われると恐れていた。ラッキーたちが森に入ろうとすると、森の精霊・エリス(彩川ひなの)に行く手を阻まれる。リュウコツキュータマを守る命を受けたというエリスは、ラッキーたちが救世主だと信じてくれずキュータマを渡してくれない。そこにスコルピオとオメーガが現れリュウコツキュータマを奪う。スコルピオは、アルゴ船を手に入れ、ドン・アルマゲに代わり宇宙を支配しようと目論んでいたのだ。人質になったエリスを助けるためリュウコツキュータマはスコルピオに奪われてしまったが、キュウレンジャーはオメーガを撃破する。

その頃、スティンガーはオリオン号からトモキュータマとホキュータマを奪い、スコルピオの元へ。スティンガーはスコルピオを倒すため一人で立ち向かい… (公式サイトより)




<続きは本家記事でご覧ください。>





TWITTER

最終更新日  2017.06.28 13:55:30