1705711 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

モールスキンとめぐる冒険

全110件 (110件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

近代化遺産・検見川送信所

2008/02/25
XML
「送信所ナイト」でお配りした冊子の中に入れた僕の文章を転載します。



農薬ギョーザ事件、ネット掲示板に載った小学生の殺害予告、イージス艦と漁船の衝突事故。千葉をめぐる事件が続出しています。こうしたニュースに触れるたびに思うことは、想像力の欠如です。ギョーザに農薬を入れたらどうなるか、掲示板に「千葉の女子小学生を殺しちゃいます」と書き込んだら、どうなるのか? 前に漁船があるのに、直進したらどうなるのか? 少しばかり想像力を働かせれば、事件は起こらなかったのではないでしょうか? こんな想像力は特殊なものではなく、誰でもが持っている範囲のものだと思います。人々はそんなことが分からなくなるほど無関心になってしまったのでしょうか? そんなことはないと思います。

 私たちの会を「検見川送信所を知る会」と称したのは、文字通り、送信所に関心を持っていただきたい、という思いです。もちろん、保存、利活用したらよいのではないか、という気持ちはありますが、まずは知っていただくことが大事なのではないか。保存、利活用はその先に自ずと見えてくるはず、と考えたからです。

住宅地の真ん中にポツンとあいた空き地。そこに建っている建物「検見川無線送信所」。
私が最初に出会ったのは昨年8月のことでした。

とても印象的でした。この建物は今も、何かを発信しているのではないか。そんな風に思えたのです。ここで働いていた人はどんなだったのだろう? ここでどんなドラマがあったのだろう? そんな興味から、いろいろ本やネットで資料を調べました。吉田鉄郎という大正、昭和を代表する建築家が設計し、日本初の国際放送が行われたということを知りました。廃虚になった経緯には、送信所が行っていた短波通信が一定の役目を終えたこと、近隣に住宅地が増え、電波妨害などのトラブルがあったこと、労使間の闘争があったこと、都市計画が後手に回ったことなど様々な要因、事情があることも分かりました。

この建物は意志を持って残ったのではなく、残された、忘れられた存在でしかなかったのです。ここにも、無関心という問題があったのかもしれません。

しかし、非常に価値のある宝物のような建物が残ったのは幸運な出来事だと思います。崩落している部分はあるものの、頑強な造りのようです。修復したら、地域に役に立つものになるでしょうし、町のシンボルにもなる。廃虚から文化遺産に変身したら…。そんな風に想像をふくらませていくと、痛快な気分になりました。

個人がどんなに動いても無理な話ですが、みなさんがそう思ったら、現実になるのではないでしょうか。

障害は山ほどあります。送信所は都市計画の中に入っています。計画を変えることは難しいことだそうです。仮に、千葉市が文化遺産だと認めても、修復するお金はどこにあるのか?千葉市、千葉県も豊かな財力があるわけではないでしょう。さらに、修復できた場合、どのように建物を維持、運営していくのか? それらはひとつひとつ、知恵を集めて解決していくしかないと思います。

 送信所を利活用することは大変意義のあることだと思います。先人の努力を敬い、再建し、今の私たちが活用し、子供たちに遺産を託す。そんなことが市民本位で実現できたら。それには、産業考古学会の方がおっしゃっているように、市民、専門家、政治家の力が大切だと思います。

きくちさんによるCGパースを基にした映像「検見川送信所CG再現~past,now,future~」は、そんな思いをこめて、制作しました。



去年の日記は?


2007/2/25 ポッドキャストで無料の落語






Last updated  2008/02/25 10:05:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/02/24
23日に「送信所ナイト」と題したイベントを開催しました。

昼間の見学会には約30人、夜のイベントには約40~50人、延べ70人以上に参加していただくことができました。

昨年10月27日に行った第1回イベントでは台風が直撃しましたが、今回は”春一番”という大嵐!!地元市民、建築関係者、市議では山浦衛市議(民主)の姿もありました。

見学会の模様は河童画人さんの「きょうの河童」に詳しいです。


写真が撮れなかったので、お借りします>河童画人さん。(C)河童画人さん

砂嵐の見学会で、耳の中まで砂が入っていました。夜の懇親会で顔を拭いた時は真っ黒でした。

送信所OBの方がガイドを務めてくださいました。住宅地の真ん中の荒涼たる空き地に建つ送信所の姿には「日本ではないみたい」「こんな天候の中に堂々と建っている姿に、感動を覚えた」といった声が上がりました。

一行は漁師の家「二軒半長屋」を改造したそば屋さん「ふじ竹」さんで腹ごしらえ。その後、検見川公民館で「送信所ナイト」。

記録用のビデオカメラは「こんぱすコーチの全方位日記」のまさやんさんが担当。こちらの日記をお読みください。


(C)まさやんさん

竣工当時を再現したCGの上映などを行い、建築史家の倉方俊輔さんの講演。倉方さんは「想像以上の建物で感銘を受けました」と送信所を紹介。見事な講演で、一堂聴き入ってしまいました。川村博章市議(自民)、川岸俊洋市議(公明)、さんぺい輝枝市議(民主)も大きく頷いていました。

詳しくは倉方さんのブログ「建築浴のおすすめ」をご覧ください。

荒天の中、多数の方の参加、ご協力ありがとうございました。とりいそぎの報告でした。

去年の日記は?


2007/2/24 ジョギング用にウォークマン






Last updated  2008/02/25 10:06:35 AM
コメント(2) | コメントを書く
2007/12/03
みなさん、お久しぶりです。1週間ほど日記を溜めてしまいました(汗)。

先日、検見川送信所でお会いしたフランス人カメラマンのルイさん。ひょんなところで再会した。

11/27 フランス人も知っている検見川送信所

といっても、ネットでのお話。

YouTubeでルイさんのチャンネルを発見。この中に当日、ルイさんが撮影した検見川送信所の動画もあった。

僕はここにメッセージを書き込み、僕が作った英語圏向けのショートムービー(↓クリックすると、リンク先に飛ぶ)を紹介した。



すると、この動画にメッセージをいただきました。

very nice and interesting project, indeed, Kemigawa radio transmitter deserves to be saved.
Such a nice place and historic place for Japan
(とてもナイスで、興味深いプロジェクトです。本当に。検見川送信所は保存に値します。ナイスな場所で歴史的な場所ですね)
↑訳はテキトー。

日記を書いている12月8日はジョン・レノンの命日。
ジョンも言っている。

国境なんてない、てね。


ジョン・レノン イマジン ポスター 

You may say I'm a dreamar
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one

僕はジョンほどの深い考えはなく、楽しいことをやろうってことなんですが。

検見川送信所についての動画↓




musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/12/3 隠れ家作り(38)~雨樋の逃げの部分







Last updated  2007/12/08 04:01:28 PM
コメント(6) | コメントを書く
2007/12/02
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」の模様を7分半のショートムービーとしてまとめた。

ただいま、YouTubeにて公開中。



この日のビデオは某テレビ局の番組で取り上げてもらえるはずだった。しかし、持ち込みから1週間後、担当の方から「編集者からストーリーが作れないと言われました。申し訳ありませんが、今回は見送らせていただきます」との電話が入った。

撮影したのはブログ仲間のまさやんさん。その場で急きょお願いしたものだった。放送されないことよりも、まさやんさんにどう告げたらいいのか、このことの方が僕にとっては気になった。結局、正直に告げたけど。

当日は台風で肝心かなめの「送信所でお月見」の部分がない。しかも、映像のほとんどは講演と出席者のしゃべりである。そう考えると、編集が難しいところもある。

テレビ局の担当の方は、持ち込み映像の撮影のコツを伝授してくれた。

1)カメラは固定する
2)同じ構図で15秒以上撮る
3)ズームは使わず、寄って撮る


なるほど。これはこれで教訓になった。そういわれると、この”コツ”から外れている映像も少なくない。しかし、僕はこう思う。手ぶれ、ズームはカメラマンのエモーション(感情)である。スティーブン・ソダーバーグ監督の「トラフィック」、テレビドラマ「24」なんて、手ぶれしっぱなしだ。


トラフィック
ロスで見た。英語でよく分からないところもあったが、面白かった。帰国後、さらに字幕付で見た。


シーズン5まで見たが、6はまだ。このシリーズに外れなし。


24 TWENTY FOUR シーズン6 DVDコレクターズボックス

ともかく、この映像を日の目に当てたいという思いがずっとあった。

まずは、まさやんさんにお見せしたく、4分半の暫定版をニフティの動画共有サイトにアップしたところ、ニフティのオススメ動画にピックアップされた。

可愛らしい猫の映像に交じって、検見川送信所のドキュメンタリーがラインナップされている(笑)。こっちはあくまで未完成版だが、それでも見てもらえれば、うれしい。(というのも、静止画の部分に、あるはずのないノイズがある。原因は不明)僕のお薦めは7分半のバージョンの方ではありますが。



musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/12/2 隠れ家(工房)作り(36)~全体像はこんな感じ






Last updated  2007/12/05 12:55:16 AM
コメント(8) | コメントを書く
2007/11/29
テーマ:DVD映画鑑賞(8756)
映画が面白いのは、物語を追うだけでなく、その中に切り取られる風景(ロケーション)も楽しめることだろう。

鉄道ファンなら、劇中の昔鉄道を見て、思いを馳せることができる。建物、珍しい小物、宝石、絵画、インテリア、ファッション。その道に興味のある人なら、楽しみ方はいろいろだ。


マインドハンター

今回はストーリーやキャスト、スタッフに惹かれたのではなく、劇中に出てくるオランダの放送局Radio Kootwijkを見たかった。


Radio Kootwijk

この放送局は建築家・吉田鉄郎氏が検見川送信所(下に僕が監督した1分間のショートムービーあり)を設計するに当たって、参考にしたのではないか、という推測もある。ただし、この放送局についての日本語資料はほとんどない。映画は貴重な情報元になりそうだった。


kemigawa 1926

映画のストーリーはFBIの犯罪プロファイリングの訓練生が孤島で、猟奇殺人の分析最終事件に挑むというもの。訓練のはずが、実際の殺人が起こり、殺人予告に従って訓練生が次々と殺されていく。犯人は果たして?といったサスペンスだ。

A級サスペンスではないが、「ダイ・ハード」のレニー・ハーリン監督らしく、こなれたテンポで進む。掘り出し物といった印象だ。

一度、字幕スーパー版で見た後、ハーリン監督の音声解説で見直した。僕は興味がある作品は二度見をするが、ほかの方はどのくらい二度見をするのだろう?

舞台となる放送局は、孤島にある、放棄された軍施設という設定で登場する。

放送局は実際、オランダ内陸部の砂丘に建っており、ヘリコプターからの空撮はCG合成。

ハーリン監督によれば、オランダをロケ地にした理由はコストの問題。ハリウッドはスタジオ費の高騰で、米映画界からも敬遠されている。最初からこの放送局を使いたかったのではないようで、たまたま見つけたと話していた。

オランダの国土は海抜マイナス9メートルで、恐らくオランダでも最も高い建物では、と指摘。当時、植民地だったインドネシアとの無線通信を目的に作られ、その役目を終えた。その後、周囲は建物は記念碑的に残され、内部はがらんどう。

当時は大型だった無線機を収めるために部屋は大きく取られているらしい。保存状態は申し分ないが、防音に難があり、聖堂部分では声を発すると、20秒くらい響く(これは大袈裟だと思う)ため、防音処理にお金をつぎ込んだという。

なるほど、こういう情報は実際に建物を使わないと分からない。貴重な話だった。

この1922年に建てられたアールデコ調のオランダの放送局は、地球最古の放送局と言ってもいいだろう。放送局はアールデコ調、検見川送信所はドイツ表現主義風と、様式は異なるものの、非常に類似点が多い。

検見川送信所もロケに使われれば、面白いと思ったが、17日の見学会の時(下にこの模様をまとめたショートムービーあり)には某大学の映画研究会が昭和を舞台にしたと思われるビデオムービーのロケを行っていた。どんな風な作品になるのか?大学名を聞いたら、黒沢清らを輩出した名門だった。

検見川送信所保存計画ショートムービー

What's Kemigawa Radio Transmitting Station?”(1分)




10/17 検見川送信所を見に行く(約1分)



YouTube完全活用本


YouTube革命



musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/11/29 隠れ家作り(34)~ちょっとした棚







Last updated  2007/11/29 01:05:23 PM
コメント(6) | コメントを書く
2007/11/28
検見川送信所ショートムービー第2弾が完成しました!
以下の画像をクリックしてもらうと、YouTube.comに飛びます。



今回はインターナショナル版。英語スーパー付!

ムービーとしながらも、実はCaplio GX100で撮影したスチル写真ですべて構成。これにエフェクトを加えてます。だから、本当はムービーではないんですが、やりたかったチャレンジはなんとなくできました。内容は2007/11/26“What's Kemigawa Radio Transmitting Station?”を映像化したもの。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 52,191円 (税込 54,800 円) 送料別

編集にはビスタ標準のムービーメーカーを使っています。前回の作品で使ったUlead DVD MovieWriter 5 SEよりも使いやすかった。

テレビ局の方に聞くと、Adobeのプレミアというソフトが優れものらしい。


アドビ クリエイティブスイート3 ウェブ プレミアムAdobe Creative Suite 3.0 Web Premium 日本語版【Flash 教材付き】Windows版[型番:29700043]


【通常版】 アドビシステムズ Premiere Pro CS3.0 (クリエイティブスイート) [Windows/日本語...

欲しい!!
このソフトがあったら、すごいのを作っちゃうぞ、きっと(笑)。でも、高い(涙)

動画サイトへは上記のニフティのほか、YouTube.jp とYouTube.comにアップしました。

見比べると、画質自体はニフティの動画共有サイトが一番でしょうか。ただ、YouTubeをはずすわけにはいきませんからね。YouTube.comへは友人にお願いしました。こちらの方が外国人にも見てもらえるでしょう。

よかったら、感想を。

検見川送信所保存計画VIDEO vol.1

10/17 検見川送信所見学会(約1分)



YouTube完全活用本


YouTube革命



musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/11/28 隠れ家作り(33)~空き地側のパネル







Last updated  2007/11/28 12:47:12 PM
コメント(2) | コメントを書く
2007/11/27
前回のエントリーで、突然、英語の記事をアップしたのにはワケがあります。

先々週、岡山からやってきたAさんを検見川送信所に案内していた時のこと。

送信所の入り口辺りから、外国人男性から「コンニチワ」と声をかけられました。

「ハイキョ、スキですか?」

いえいえ、僕は廃虚が好きなわけではないんですけどね。

彼の名前はルイ。片言の英語でこちらの事情を説明し、手持ちの朝日マイタウンを見せました。



「コノシャシン、知ってます。お月見、フルムーンパーティーデスネ?ネットで見ました」

ルイは東京在住のフランス人カメラマン。

http://www.louiscyprienrials.com/
ルイのHP

廃虚、日本の近代建物に興味があるそうです。送信所はフランス人にも、ある種の魅力があるようです。

僕らがpdfファイルでネット上にアップした「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」のチラシにあった地図を見せてくれました。

しかし、その地図は送信所ではなく、講演会会場の「はなのわ広場」の地図。徒歩で10分ほど離れています。片言の日本語のフランス人は苦労したことでしょう。

「交番で聞いて、ここに来ました」とルイ。
「それはお気の毒でした」

彼は軍艦島にも撮影に行ったそうで、先日はKOBANをテーマにした個展も開いたとか。

http://www.koban.fr/
僕らが何気なく見ている交番も、フランス人には面白く見えるようです。

彼の作品ではないですが、軍艦島のDVD。

軍艦島

別れ際に、朝日マイタウンの記事と検見川の古地図のコピーをプレゼントしました。
「アリガトウ。ボクは外国人だからニホンゴ分からないけど、ガールフレンドに訳してもらうよ」とルイ。
「今度は東京で会いましょう」

僕らは別れました。

そうか英語版も必要なのか。

「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」を開催したとき、日本初の国際放送を行った日にやるイベントなんだから、英語版も作ってみようと、こんなチラシも作ったのですが(実際はネットにアップしただけで印刷しなかった)、その試みはあながち間違っていなかったようです。

ついつい忘れがちですが、インターネットはワールドワイド。世界中どこからでも、アクセスできます。このブログも外国の方から見られているという可能性もあるわけです。

僕もオランダ語で書かれたオランダ放送局のHPをネットサーフィンしましたし、ね。そんなわけでショートムービーも作ってみました。映像や写真は万国共通。そこが強みです。ショートムービーは英語スーパー版も作る予定です。


10/17 検見川送信所を見に行く(約1分)


英語も勉強しなきゃ。


【新品】ニンテンドーDSDS 英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け 値下げしました!!

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/11/27 沖縄3日目~旅先ジョギング






Last updated  2007/11/27 01:18:00 AM
コメント(8) | コメントを書く
2007/11/26
約1分間の検見川送信所のショートムービーですが、携帯電話で見られるようにしました。


映画の中でも登場する写真。撮影・花園シンさん

ご自身のケータイに以下のアドレスを送ってもらえると、見られます。勝手に圧縮されるようで、ダウンロードもあっという間でした。

http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_071126045157_1.htm

自分のケータイでショートムービーが見られるとは、すごい時代になったなぁと思いました。

僕は大学時代、映画研究会に入っていて、自身で8ミリ映画を監督もしました。編集作業はそんな当時を思い出しました。

大学のサークルの先輩には第一線で活躍の園子温監督、作家の平山夢明さんがいます。あの頃の仲間はどうしているのだろうか?

園監督作


帰ってきた時効警察 DVD-BOX


平山夢明氏の「東京伝説」シリーズ最新作「溺れる町の怖い話」耳で聞く恐怖体験CD!!ベルウッドレコード東京伝説溺れる街の怖い話

YouTubeに動画をアップしています。

送信所ショートムービー

10/17 検見川送信所見学会(約1分)



YouTube完全活用本


YouTube革命



musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/11/26 隠れ家(工房)作り~(32)~トラス&はしごパネルをつける






Last updated  2007/11/26 12:58:15 PM
コメント(2) | コメントを書く
2007/11/25
10月17日に行った検見川送信所ミニ見学会の模様を1分間のショートムービーにまとめてみました。


撮影・花園シンさん

この映像はNHK千葉放送局に持ち込むために家庭用ビデオで撮影したもの。持ち込む前に自分で試してみました。

ウインドゥズ・メディア・プレーヤーで見ることができます。

↓ここをクリック↓
http://moleskine.air-nifty.com/1117kemi.wmv

YouTube版送信所ショートムービー
10/17 検見川送信所見学会(約1分)

娘の成長記録も編集したこともなかったので、デジタルビデオ初編集です(汗)。

ビデオカメラは2000年ごろに買ったminiDV GR-DVP7。

当時は10万円くらいしたはずですが、今は安いですね。ビックリです。


【楽天最安値に挑戦!】】【タイムセール】VICTOR ベビームービー デジタルビデオカメラ GR-D750 GRD750
\25,150

ビデオカメラで撮った映像をIEEE1934ケーブルで結んで、インターネットAQUOSに取り込み。それを内臓ソフト「Ulead DVD MovieWriter 5 SE」で編集しました。使ったことがないソフトだった上、取り扱う映像が重いので、何度もフリーズ。ちょっとしたことをやるにも結構、苦労しました(汗)。


SHARP インターネットAQUOS LD-20SP3+PC-AX50M【20V型デジタル液晶TV+PC】
価格 124,000円 (税込) 送料別

このソフトを使うと、DVDのフォーマットで仕上がります。40秒くらいの映像でしたが、32MB。ネットで使うにはちょっと重すぎる。リアルプレーヤーかウインドゥズ・メディア・プレーヤーのフォーマットにしたかったのですが、デコーダーやらなんやら難しすぎる。ネット検索して、ソフトも探したのですが、あえなく断念。

結局、その道に強い友人に映像を変換してもらいました。その後、クレジットなどを再編集して、出来上がったのが、この映像です。

ストリームはできないので、一旦保存して、メディア・プレーヤーでご覧いただくのがいいかと。メディア・プレーヤー以外は動作不確認です。もともと、オリジナル映像をきれいにダビングできなかった(多分、技術的な問題)のですが、リアルプレーヤーだと、さらに色が変色したような感じでした。

とりあえず、見ていただければ、多少の意図は伝わるか、と。
一応、作品にはなっています、多分(汗)。



musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/11/26 隠れ家(工房)作り~(32)~トラス&はしごパネルをつける






Last updated  2007/11/25 10:39:30 PM
コメント(6) | コメントを書く
2007/11/24
10・27に行ったイベント「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」が本日配布の「千都よみうり」に掲載されました。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所
日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」

10月27日(土)午後3時~、新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場

10/28 「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」報告

10/30 「知る」から「保存」へ~検見川送信所イベント懇親会

台風の中、取材に当たってくれたM記者に感謝申し上げます。

「千都よみうり」は読売新聞の姉妹紙で毎月2、4土曜日発行。読売新聞朝刊に折り込まれ、千葉市、四街道市に160万部発行されています。千葉市、四街道市の方は読売新聞販売店で分けていただくことができます。

また、それ以外の地域にお住まいで、本号をお読みになりたい方は郵送させていただきます。ご希望の方はこちらのメールフォーム検見川送信所を知る会事務局までお名前、お送り先をお知らせください。


画像はクリックで拡大



musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/11/24 隠れ家(工房)作り~(32)~トラス&はしごパネルをつける









Last updated  2007/11/24 09:24:52 AM
コメント(6) | コメントを書く

全110件 (110件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR

Category

Comments

日曜日の羊@ Re[1]:花見川・新川・印旛沼サイクリングコース(03/29) タキサイクル所属篠原純一さん >佐倉市キ…
タキサイクル所属篠原純一@ Re:花見川・新川・印旛沼サイクリングコース(03/29) 佐倉市キャンプ場一軒しかない。佐倉市市…
久住浩@ Re[1]:●ある脚本家の死(07/10) 井土ヶ谷さん 書き込みありがとうござい…
井土ヶ谷@ Re:●ある脚本家の死(07/10) 新田君の小学校の同級生です。今日で6年経…
silver1202@ フリーワーク募集 私はやっているフリーワークを紹介しま…
久住浩@ Re[1]:材料費2500円のプリンターラック(07/31) まさやん0386さん 遅レス。すみません…
まさやん0386@ Re:材料費2500円のプリンターラック(07/31) たった2500円でこういうラックができると…
久住浩@ Re:遠近(03/29) 砲兵学校さん ご教授ありがとうござい…
砲兵学校@ 遠近 戦前、四街道には陸軍野戦砲兵学校があり…
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.