ぶっ飛ばせジェンダーフリー 真の男女共同”家族・社会”をめざそう

全7件 (7件中 1-7件目)

1

千葉県教育改革

2010年03月11日
XML
カテゴリ:千葉県教育改革
3月9日までの「千葉県教育振興基本計画」へのパブリックコメントの戦いは・・
 友人の情報によると、最初はジェンダーフリー派の左翼のパブコメが多かったのですが、全国の良識派の皆様に緊急のお願いをしまして以後、その波紋が各方面に急速に広がり、パブコメと知事への激励のメールの勢いは想像をはるかに超えるものがあったそうです。
m(__)m 全国の皆様に御礼を申し上げるものです。

さて、千葉県での有識者会議の提言は素晴らしいものがあります。肝心なことは、知事ご自身も仰せのとおり提言を尊重されて、日本国千葉県での「千葉県教育振興基本計画」が知事のリーダーシップの下で作成されることです。

そのためにも、全国の皆様のご意見が生かされますよう、最後まで森田知事へのご意見激励メールをお願いするものです。

意見の提出方法:以下の総務部広報室のアドレスへ送ってください。
(森田知事殿と明記して送信ください)
KOHOIKEN@MZ.PREF.CHIBA.LG.JP







最終更新日  2010年03月11日 23時39分35秒
コメント(0) | コメントを書く


2010年03月09日
カテゴリ:千葉県教育改革

「教育再生メールニュース」に詳しい情報がありましたので、転載します。
多くの方が、日本の教育改革の希望の星 千葉県を応援しましょう!

 今日が締め切り
◇---------------------------------------------------◇
教 育 再 生 メールニュース
【第104号】平成22年3月8日(月)
発行:一般財団法人日本教育再生機構 事務局
◇----------------------------------------------------◇
◎緊急のお願い:
千葉県教育振興基本計画案
「パブリックコメント」にご意見を!

◆国旗・国歌が消え、
 道徳教育を装った人権教育が…
 このままでは森田知事の教育改革が骨抜きに

 千葉県では、森田健作知事が教育改革を進めているなか、2月17日「教育振興基本計画素案」が発表され、県民に意見を求める為に「パブリックコメントを募集しています。(3月9日が締め切り)
http://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/keikaku2010/pubcom.htm

 この素案では、道徳教育の充実と親学の実施が目玉として提起されており、これは1月19日に提出された「千葉県の教育を元気にする有識者会議」(木村治美議長)の提言を受けたものです。

 しかし、素案では、有識者提言で提起されていた「国旗・国歌の意味やその大切さを教え」るという国旗・国歌に関する一文が削除されました。

 また、有識者提言にはなかった
「人権教育」が道徳教育に新たに付け加えられました。
(素案39頁。元気プロジェクトの「4 道徳性を高める実践的人間教育を推進する」)
 とくに、
「自他ともに尊重し差別を許さない教育」
「障害、性別、国籍等、どんな小さな差別も許さない教育」
「教職員研修のあり方や保護者への啓発方法等についての協議や、学校人権教育指導資料等の刊行等を通して、
人権を尊重し、差別を許さない教育を推進します。」
などとあります。

 このままでは、
国旗・国歌の重要性が失われ、
その代わりに、
道徳教育の名を借りた人権教育が
千葉県全域で実施される恐れがあります。

 堂本知事時代に推進された
千葉県のジェンダーフリー教育や男女混合名簿の方針などについては、
森田知事は、選挙公約において、
「行き過ぎたジェンダーフリー教育」を「見直し」というかたちで明言しています。

 また2月4日、「道徳教育民間タウンミ―ティングin千葉」実行委員会(同委員長:千葉滋胤・千葉県商工会議所連合会会長)は、
森田知事および鬼澤佳弘教育長に「道徳教育に関する8つの提言」を提出しました。
 この提言を受けた森田知事は、
「今後の計画(本年3月策定の「教育振興基本計画」)に生かしたい」
とコメントしています。
この実行委員会の「提言」でも
「【提言6】ジェンダーフリー教育の見直し」を求めています。
http://www.kyoiku-saisei.jp/network/tiba220204.html
 
 しかし、いまの素案には、
有識者提言やタウンミ―ティング実行委員会の提言とは全く関係がない、
むしろ正反対の内容が盛り込まれています。
   
 素案のように、
「どんな小さな差別も許さない教育」
が認められれば、
男女混合名簿の実施のみならず、
外国人地方参政権や夫婦別姓についても
教育政策の立場から推進の方向となるばかりか、
「学校人権教育資料等」の名目で
資料作成の予算や権限が当局に付与されることになります。

 現在の森田県政に対しては、反対するジェンダーフリー推進派(左翼・フェミニスト)などが、反対意見
をおくる運動を全国的に進めているようです。
 
 ここは森田県政を後退させないよう、
パブリックコメントとして意見を多く送る必要があります。
 締め切りが3月9日火曜日と迫っています。
心ある皆さまと連帯して、パブリックコメントを千葉県に送っていただきますよう
宜しくお願い申し上げます。

コメント例
:有識者提言にあった通り、
「国旗・国歌の意味やその大切さを教える」
意味の一文を復活させる。

:道徳教育を装った人権教育の推進は止めてほしい。
とくに、堂本県政のときのジェンダーフリー教育、男女混合名簿などは
見直してほしい。

:千葉県の教育政策は、森田知事の選挙公約に従ってほしい。
県政は選挙での民意に従うべき。

:有識者提言にないものを入れるのはおかしい。
森田知事の意向を無視するものだ。

:「どんな小さな差別も許さない」の表記は削除すべき。
このままでは、男女混合名簿ばかりか外国人参政権や夫婦別姓など
問題の多い内容までが学校で教えられ、
予算や権限が与えられる。

:道徳教育や親学の推進に賛成する。
しかし、問題がある人権教育には言及すべきではない。

――――――――――――――――――――――――――――
教育再生メールニュース
◇発行元   : 一般財団法人日本教育再生機構 事務局
◇ホームページ : http://www.kyoiku-saisei.jp/
◇サポーター登録申込: http://www.kyoiku-saisei.jp/support/support.html
◇ご意見、ご感想、ニュース申込:
[mail] office@kyoiku-saisei.jp
[HomePage] https://sec17.alpha-lt.net/kyoiku-saisei.jp/yobo01.htm
※タイトルに「ニュース申込み」とご記入の上、送信下さい
★このメールニュースは転送歓迎です。
 教育再生の同志の皆さんに、ぜひおススメ下さい
★不要な場合は、この office@kyoiku-saisei.jp 宛に
 「ニュース不要」とご返信ください
★また送付先アドレス変更をご希望の場合は、
 同じく「アドレス変更」とご返信ください
★このメールニュースは、テキスト形式にて発信しておりますが、
 受信環境の関係により一部文字化けする場合がございます。
 御了承いただきますようにお願いいたします。
――――――――――――――――――――――――――――
一般財団法人日本教育再生機構
〒110-0005 東京都台東区上野1-17-1 大湖堂ビル4階
Tel : 03-3835-2435 Fax : 03-3835-2436
――――――――――――――――――――――――――――







最終更新日  2010年03月09日 06時16分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年03月08日
カテゴリ:千葉県教育改革
なぜ保守陣営が大衆運動できないのかは、この左翼のブログを見て勉強せい!

緊急のお願い★12月28日までに県の「意見募集」に答えよう!

抜粋)
★2009年12月、千葉県議会で自民党議員から「男女混合名簿の廃止」を訴える発言があり、これに対し、教育長が「千葉県総合計画案 」で検討する、と答弁しました。

この時点から、反対運動がはじまり、結果として「男女混合名簿の廃止」は今回の「千葉県教育振興基本計画」には盛り込まれていない。

すでに1歩後退しているのは、左翼の地道な運動・活動の成果と判断できる。

保守陣営は、このブログの管理人の「爪のあか」でも飲んで勉強せい!
男女共同参画.JPG






最終更新日  2010年03月08日 21時36分09秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:千葉県教育改革

これは、日本の教育改革を立て直す戦いです。 愛国者の皆さまの応援をお願いします。 締め切り3月9日 もうすぐです。  

千葉県では、森田健作知事が教育改革を進めている中で、2月17日「教育振興基本計画素案」が発表され、その内容を県民に意見を求める為に「パブリックコメントを募集している。 (3月9日が締め切り)

◇千葉県教育委員会HPから
http://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/keikaku2010/pubcom.htm

 この素案は、「千葉県の教育を元気にする有識者会議」(木村治美議長)、「千葉県での道徳教育タウンミーティング」(八木秀次氏)や保守系有識者の意見が取り入れています。

 これに反対するジェンダーフリー推進派(左翼・フェミニスト)が、反対意見をおくる運動を全国的に進めているようだ。 ↓のブログを参照
 
千葉県教育振興基本計画にご意見を! 

ポイントは、 「道徳教育」「親学」の推進にある。

 ↑上のHPにある反対意見に反対する意見をたくさん送る必要がある、そうしないとせっかく森田知事の教育改革が挫折してしまう可能性がある。
 締め切りが3月9日と迫っていますので、、心ある保守系の皆さまの連帯して、賛成意見をドンドン千葉県に送りましょう。
 
私が追加すべき重要な事として提案したいことが1つある。
それは、森田知事が言っていた「男女混合名簿廃止」が盛りこまれていないので、「男女混合名簿廃止こそが教育改革の第1歩ですから、基本計画に盛り込んで下さい」

市川市で日本最悪の男女共同参画条例を廃止させた運動を再び起こそう!
http://plaza.rakuten.co.jp/hisahito/diary/?ctgy=8







最終更新日  2010年03月08日 09時23分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年12月28日
カテゴリ:千葉県教育改革
 森田知事になり、男女混合名簿を見直そうとしている中、危機を感じたフェミ達が、動き始めています。 
ジェンダーフリー教育の導入部分が混合名簿なので、ここを崩すのが重要と考えておりますので、森田知事を応援する運動を進めていこうと思います。
同士の皆様も良い知恵をお貸し下さい。

まず、情報源を公開します。私のお師匠様のブログみどりの一期一会

反対派のブログでも情報を発信しています。
■男女共同参画をすすめる会






最終更新日  2009年12月28日 09時57分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月30日
カテゴリ:千葉県教育改革
慶祝!

森田健作知事誕生をお祝いします。
森田.jpg






最終更新日  2009年03月31日 19時46分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月09日
テーマ:日本の誇り(34)
カテゴリ:千葉県教育改革
選挙期間中は書き込みができない可能性がありますので、その前に私の意見表明し、全国のジェンフリー反対の同志に、協力を呼べかけます。

 だぶんフェミニスト側だと思いますが、「千葉県知事選~候補者の政策を知る会」が、候補者にアンケートを送り、回答をHPで公開しています。

■http://chibatiji.exblog.jp/ 

候補者の政策がはっきりわかれてるいるので、だれを投票すれば良いか、一目瞭然です。
男女混合名簿、男女共同参画条例、「仕事と家庭」、憲法9条の「改正」、森田氏がはっきりジェンフリー反対の立場を明確に出しています。

これを見ると、森田氏こそ我々が押す候補だと確認できます。
草の根で、全国から応援し、「森田知事を必ず当選させましょう!」

(一部転載します)

<子ども人権条例について>

  □ A 現在ある社会、学校のシステムによって、子どもは守られている。
      「子ども人権条例」は必要がない。
  □ B 子どもの権利の基準を決め、子ども参画の推進といじめや虐待など
      の人権侵害からの救済システムを定める「子ども人権条例」をつく
      る。

   回答 西尾 B 八田 B 吉田 B 森田 チェックなし   
 
<男女混合名簿*について> 

 * 男女別名簿でなく、男女混合のアイウエオ順の名簿のこと

 □ A 男女混合名簿(*)は推進せず、見直す。
 □ B 男女混合名簿をさらに推進する。

   回答 西尾 B 八田 B 吉田 B 森田 A

4 「男女共同参画」施策について、伺います。

  <男女共同参画条例について>
 □ A 男らしさ、女らしさを生かし、男女の役割分担を尊重した「男女共
     同参画条例」をつくる。
 □ B 男女が性別にかかわらず、個性と能力を十分発揮できる「男女共
     同参画条例」をつくる。
 □ C 「男女共同参画条例」はつくらない。

   回答 西尾 B 八田 B 吉田 B 森田 A


<「仕事と家庭」について>

  □ A 子育ては、主に母親がする方が望ましい。
  □ B 父親も育児休業をとって、子育てに参加すべきである。

   回答 西尾 B 八田 B 吉田 B 森田 A

   森田 母親には母親としての子育てがあり、父親には父親として
       の子育てがある。子育てをいたずらに分担するのではなく、
       家庭が子どもを育てるのである。

<憲法9条について>

 □ A 憲法9条は改正を検討すべきである。
 □ B 憲法9条は変えるべきではない。

   回答 西尾 B 八田 B 吉田 B 森田 A









最終更新日  2009年03月09日 13時57分02秒
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.