ぶっ飛ばせジェンダーフリー 真の男女共同”家族・社会”をめざそう

全5件 (5件中 1-5件目)

1

可児市男女共同参画

2007年06月13日
XML

質問 「タイトル:可児市男女共同参画プランの基本的な考え方の問題点」を5月30日にメールしましたが、6月13日に以下のような回答がありましたので、原文のまま公開いたします。


市長への手紙回答の送付


                      市長への手紙 第122号
                      平成19年 6月13日
投函者 様

    可児市長 山 田 豊

あなたからお寄せいただいた「市長への手紙」を受領し、さっそく実状を調査し検討しましたので、次のとおりお答えいたします。
どうか今後とも、ご意見・ご提案をお聞かせいただくとともに、市政発展のためご理解とご協力をくださいますようお願い申し上げます。

                記 

 可児市では、男女共同参画社会の実現に向けて、国の「男女共同参画社会基本法」の制定後、平成13年に「可児市男女共同参画プラン2010」を策定して男女共同参画推進の施策を進めてまいりました。
 方針にあります条例制定は、平成15年度から可児市男女共同参画懇話会を立ち上げ、条例制定に向けての話し合いを続けて、平成17年10月に市長へ条例制定の意義をうたった提言書をいただきました。その後、男女共同参画推進条例策定委員会の立ち上げと続いたので、平成13年度から5年間終了した時点での「可児市男女共同参画プラン2010」の見直しは、条例制定後に条例に沿った内容の基本計画を策定したほうがよいという判断で、時期を延期することになりました。
 
また、見直し時期を延期しても、市の施策は国の第2次基本計画や、方針を十分理解して進めておりますので、ご指摘されるような心配はないと考えております。
 これから制定を目指している「可児市だれもが輝く男女共同参画社会づくり条例」の基本施策に沿った基本計画の策定を、制定後すぐに進めていきたいと考えています。可児市男女共同参画プラン2010の進捗状況、実施評価を参考に、可児市の実状に沿った基本計画を策定したいと考えております。
 
                          担当課:総合政策課







最終更新日  2007年06月28日 22時17分04秒
コメント(0) | コメントを書く


2007年05月30日
 可児市のHPに「市長への手紙」がありましたので、質問を送りました。

タイトル:可児市男女共同参画プランの基本的な考え方の問題点

可児市長 山田豊様 
男女共同参画条例を制定を予定しておられるようですが、多くの問題点があると思いまして、ご質問いたします。

1)可児市男女共同参画プランの基本的な考え方で、
ジェンダーの定義が国の基本計画(改定後)と違うのはどうしてなのか?

詳しくは、以下で指摘してあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/hisahito/diary/200705070000/

2)「あらゆる場におけるジェンダ-・フリ-教育の推進」する基本目標はそのままで、条例を制定しますか?

可児市男女共同参画プラン2010
■基本目標1 男女平等・共同参画のための意識変革

課題
●あらゆる場におけるジェンダ-・フリ-教育の推進
●ジェンダ-にとらわれない意識を醸成するための情報・学習機会の提供

詳しくは、以下で指摘してあります
http://plaza.rakuten.co.jp/hisahito/diary/200705060000/

3)私は条例を作る前に、基本的な考えや、プランを見直す必要があると思います。
「条例ができ、ジェンダーフリー教育をせよ。プランにあるではないか!」と市民から言われたら、何と答えるのでしょうか?

4)5 プランの期間で以下のように決めているにもかかわらず、今まで変えない理由をお答え下さい。

 本プランの期間を2001~2010年度(平成13~22年度)の10年間とします。
 ただし、国の法制度の改正等があったときは対応していくほか、社会情勢等の変化に対応して施策を効果的に進めるため、5年間終了後に全体的に見直していきます。

以上4点を質問いたします。誠意ある回答をお願いいたします。






最終更新日  2007年06月01日 21時03分31秒
コメント(0) | コメントを書く
5月27日「可児市だれもが輝く男女共同参画社会づくり条例」の制定を求める会主催の4回目(最終回)の懇談会が、帷子公民館であったようだ。

角議員のブログを見ると、珍しく白熱した議論が戦わされたようです。
私が全国のこのような懇談会を研究しての感想は

1)参加する人は少数(国分寺市などスタッフが多かった。市民は数人)
2)目的は議会工作的な意味あいがある
3)賛成の意見が多数で、「市民が賛成している」との名目が目的


が普通なので、可児市の市民は、意識は高いようだ。
やはり、見識が高く、反対している角議員のHPの力であろう。
普通は、フェミニストがHPを作るケースが多いが、保守系ではまれ、日本初と言っても過言ではない。(ジェンダーフリーオッチャーの私の見解)

賛成の立場からのHPもある。勉強の為に皆様も覗いて下さい。

■++山根一男の徒然日記++

今後の行方を注目したい。






最終更新日  2007年05月30日 12時38分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年05月07日
 ■可児市男女共同参画プランの基本的な考え方を読んで、大きな問題点があるので指摘して置く。
(一部を抜き出して)

2 プランの基本的な視点
(2)ジェンダーに敏感な視点

 男女共同参画社会は、ジェンダー(社会的・文化的に形成された性別)に縛られることなく各人の個性と責任に基づいて共同参画する社会です。社会制度や慣行、人々の意識や行動が実質的に女性と男性にどのような影響を与えるかに常に配慮しなければなりません。

このジェンダーの定義は、国の基本計画の見直しに沿っていない。

内閣府男女共同参画局HPから抜粋

ジェンダー(社会的性別)
 人間には生まれついての生物学的性別(セックス/sex)がある。一方、社会通念や慣習の中には、社会によって作り上げられた「男性像」、「女性像」があり、このような男性、女性の別を「社会的性別」(ジェンダー/gender)という。「社会的性別」は、それ自体に良い、悪いの価値を含むものではなく、国際的にも使われている。
 
この定義も今1つであるが、改定されて「文化的」は削除されているのである。が、可児市はそのまま。

最後に、このように結んでいるにもかかわらず
 
5 プランの期間

 本プランの期間を2001~2010年度(平成13~22年度)の10年間とします。
 ただし、国の法制度の改正等があったときは対応していくほか、社会情勢等の変化に対応して施策を効果的に進めるため、5年間終了後に全体的に見直していきます。

対応していくと明記しながら対応をしていないで、条例を制定しようとするのは、行政の怠慢であり、市民に対する裏切りである。

<私の結論>
可児市長様・男女共同参画担当様へ
条例を作る前に、「可児市男女共同参画プランの基本的な考え方」の見直しが先ではありませんか!






最終更新日  2007年05月08日 11時20分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年05月06日
 全国で過激な男女共同参画条例が制定されようとする動きを調査中、とんでもない条例を作ろうとする市があったのでここに告発し、ネットで監視して行きたい。

■岐阜県可児市

そのなかで
可児

■基本目標1 男女平等・共同参画のための意識変革

で以下のように述べている。

男女共同参画社会を実現するためには、一人ひとりが男女共同参画についての意識や自立の意識を持つことが大切です。学校、家庭、地域などのあらゆる分野において、性別に基づく固定的役割分担意識を是正し、人権尊重を基盤にした男女平等観の形成を促進するための教育・学習を進めていかなければなりません。
 ジェンダーに敏感な視点を持ってこうした教育・学習を推進するためには、関係者の研修も必要です。また、男女共同参画社会に関するさまざまな情報の収集と提供により、学習を深めることができるようにすることも大切です。

課題
●あらゆる場におけるジェンダ-・フリ-教育の推進
●ジェンダ-にとらわれない意識を醸成するための情報・学習機会の提供

それに対して、危惧して戦っている、市議・すみ眞一郎さんと電話をしました。
孤軍奮闘されておられますので、今後は支援して行きたいと思います。

全国の保守派の皆様、応援いたしましょう!






最終更新日  2007年05月07日 00時49分39秒
コメント(4) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.