010770 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

久田和広のライジングステージブログ!株式会社

久田和広のライジングステージブログ!株式会社

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

久田和広

久田和広

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

2012.10.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
同様に強迫により形成された意思表示が取り消しうるものとされているが、その効果が善意の第三者に対抗できることと対比される。ただし、詐欺による意思表示を取り消したとしても、その効果を善意の第三者に対抗することはできない(民法96条3項)。

他人を欺罔(ぎもう:人をあざむき、だますこと)して錯誤に陥れること。これは、注意をすれば錯誤を回避することは必ずしも不可能とはいえないことと、善意の第三者を保護することで取引の円滑性を確保する必要があることによるものである。

詐欺による意思表示は、その意思の形成過程に瑕疵があるため取り消し得るものとされる(民法第96条)。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2012.10.25 17:07:08
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X