000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…
http://buycialisonli.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis jamfort med viagraovernight cial…

Freepage List

Category

Archives

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2004/12/11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
朝は、童話作家であった高畠町の浜田広介記念館を訪問。斜めの変わった大屋根をかぶった記念館。この町は童話の里づくりを目指している。1973年に80歳で没した日本のアンデルセンと呼ばれたひろすけは、生涯1000編に及ぶ童話を書いた。ひろすけ童話賞というのがあって、ねじめ正一(まいごのことり)やさだまさし(おばあちゃんのおにぎり)が近年受賞している。和歌、俳句、絵、新体詩など若いときから多彩な才能を開花。

童話五十余年 
  立ち止まり 振り返り 
   またも行く 一筋の道だった

これは昭和47年の言葉だ。

お伽話から、芸術性の豊かな児童文学としての童話への変化を主張した。
「童話は自己を表現するにふさわしいもの」と「椋鳥の夢」の自序に書いてある。藤村はよき理解者だった。帰郷のたびのどう九回を楽しみにしていた。古賀正雄の歌の歌詞にも採用されているというエピソードも。
独立までは、実業之日本社で「幼年の友」という雑誌も編集している編集者だった。
今年、ヤンキースの松井秀樹選手がニューヨークで日本の3歳から14歳までの子どもたちに童話を読んで聞かせたというニュースがあったが、この童話とはひろすけの「泣いた赤鬼」だったのだ。この童話は子どもの頃に読んだ記憶がある。

追加:
隣接した「ひろすけホール」を覗く。天井を除いては床からすべて木の小ホールで、ちょうどママさんたちのピュア・グレースという合唱団が練習をしていた。ゴスペルの歌声を座って聴いた。150席くらいの感じのいいホール。地域の交流施設としての役割を果たしていると感じた。

午後1時から3時まで、米沢市のすこやかセンターで山形県男女共同参画室主催の講演会で講演。50人くらいの市民。「ライフプランづくりをとおして自分の生き方を考えよう」というテーマ。ほとんどは女性だった。子どもをセンター内の託児所の預けて講演を聞くお母さんや、子どもを抱えて聞くお母さんの姿もあった。熱心に聴いていただいた。

米沢から東北自動車道に出て、仙台へ。







Last updated  2006/06/29 10:35:16 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.