000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…
http://buycialisonli.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis jamfort med viagraovernight cial…

Freepage List

Category

Archives

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2005/02/13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 古川市の吉野作造記念館を訪ねた。この記念館は、古川市関係の審議会や委員会で何度も訪問している。しかし本気で訪問するのは今回が初めてだ。個人記念館としては各地の記念館と比べても立派な建築物である。入館すると丁度12時からの映像が始まったところだった。
綿屋をしていた家が新聞の取次ぎ配達をしていたため常に新しい出来事に興味を持つきっかけとなった。吉野は小学校、尋常中学校(後の仙台一高)、第二高等学校、東京帝大政治学科とすべて首席で通しているのには驚いた。町では評判の秀才で「吉野家の作さんのように」といわれていて、町長をしたことのある父親に連れられて仙台へ出た。中学校の校長は言海を編んだことで有名な大槻文平である。仙台時代には、「勤勉」という自らを激励する紙とともに「五時ニ起キルコト」と書いた紙も机の前に貼ってあって、自らを奮い立てて勉学に励んだ姿と、乾布摩擦で体を鍛える姿が映った。
高等学校時代にはミス・ブゼルにキリスト教の感化を受け、20歳で洗礼を受ける。そして21歳で阿部たまの(19歳)と学生結婚をしている。東京帝大には1900年に22歳で入学。2年生のときに小野塚喜平次教授の政治学に興味を持った。呼び寄せた家族を抱えての猛勉強をしながら、本郷教会での海老名弾正の説教に影響を受ける。信徒となったキリスト教と自らの専門となった政治学を結びつけることに関心を持った。処女論文である「ヘーゲルの法律哲学の基礎」では、キリスト教に基づいて政治を実践すべきと書いている。
 28歳からの中国・天津での3年間は、袁世凱の息子克定の家庭教師をつとめ、いったん帰国し31歳で東京帝大法科助教授に就任。「袁世凱の家庭なるもの、馬鹿らしさと支那の高官なるものの無責任とを口を極めてののしった。」「我々はこの若い秀才の率直さにドギモをぬかれた感があった」(大内兵衛)とある。32歳から3年間欧米(ドイツ、オーストリア、フランス、イギリス、アメリカ)を回った。外国暮らしは8年に及ぶ。36歳東京帝大教授、37歳法学博士。
1916年に中央公論に「憲政の本義を説いて有終の美、、」という論文を書いた。
 民本主義という言葉で吉野作造を知ってはいたが、その思想の内容が今回初めてわかった。
民主主義という思想は、国民が政治の主人公という意味でありこれは天皇が政治の主人公であるという憲法に反する考え方であった。吉野は憲法に違反しないで現実の政治の変革を達成するために、政治は国民の考えに基づいて行われるべきであると主張した。政治は国民全体の幸福を中心に考えるものであり民衆を政治の根本におくという意味で「民本主義」と称したのである。民衆の利益を考え、民衆の意向によって政治を行うべきであるとして、天皇制下の民主主義として、最低限のデモクラシーを確保しようとした。この考え方は大正デモクラシーの中心的な思想となった。1912年の美濃部達吉博士の天皇機関説を1916年に政治学上にあらわした思想が民本主義である。
 大正デモクラシーは、1912年(大正元年)―1926年(大正15年)をいうが、広くは1904年(日露戦争)から1931年(満州事変勃発)までをいう場合もある。この大正知識人の代表が吉野だった。1924年には退官し朝日新聞に入社したが4ヵ月後には退社している。1933年に55歳の若さで死去している。もともとは体は強くはなかったが、広い交遊、社会変革向けての行動など多忙を極めて命を縮めることとなった。
また、吉野は天皇:内閣・議会:国民というピラミッドが理想で、天皇にくっついている枢密院や軍部、国民にくっついている制限選挙を取り払おうともして運動をした。天皇制は認めた上で、国民から離れた枢密院を廃止、貴族院や郡部などの特権を抑え、国民が選んだ議会を中心となって、政党内閣の首相のもとで国民の意向を汲み、国民の幸せを目指す政治を実現しようとしたのだ。
また、吉野作造は大変に広い交友関係を持っていた。
中学校時代には大槻文彦、真山青果。文化生活研究会では、有島武郎。黎明会では、阿部次郎、与謝野晶子、新渡戸稲造。中国関係では、袁世凱、後藤新平。明治文化研究会では宮武外骨、普通選挙運動・社会運動では、鈴木文治、尾崎行雄、市川房江(吉野より15歳若い)。ジャーナリズムでは、徳富蘇峰、阿部次郎、長谷川如是閑、青山青果。論壇での論争では、山川均、大杉栄。あとは、バイブルクラス、弓町本郷教会、東京帝大、賛育会、大学普及会などの友人と多くの親交を持っていた。
展示は、アカデミズムの人、ジャーナリズムの人、インターナショナリストの3つの区分で資料を並べている。
「路行かざれば到らず 事為さざれば成らず」と筆名の古川学人で語っている碑もあった。古川学人は、主に「中央公論」誌上で好んで使用したペンネームで、故郷を思う気持ちが現れている。
 吉野作造賞は1966年から始まっている。第一回は、坂本義和と衛藤審吉で、今日まで著名な政治学や経済学関係の碩学が並んでいる。永井陽之助、伊藤光晴、永井道雄、入江昭、高坂正尭、矢野よう、猪口邦子、米本昌平、北岡伸一、野口由紀男、渡辺利夫、田中直毅、、、、、、、。
2000年から始まった読売・吉野作造賞では、吉川洋、白石隆、猪木武徳などの名前があった。この賞は、中央公論が読売傘下に入ったのも機会に、読売論壇賞と中央公論の吉野作造賞を一本化して、2000年度から新たな賞としてスタートしたものだ。
  10周年を記念してこの記念館のロゴマークを募集したところ、宮城大学4年生の鈴木寛君が最優秀に選ばれたとの紹介が掲示されていた。138人、183点の応募があり、私の大学の鈴木寛君が選ばれたというので、嬉しくなる。
 「吉野作造の精神である人を大切にする意味をモチーフに作成。人という文字を囲むように点を三箇所に配置し、線と点で和・輪を表現。ひげをたくわえた顔も隠喩したデザイン」と紹介されていた。飾ってあった作品を全部見たが、この鈴木君の作品がデザイン力、ユーモア力で群を抜いているという印象を持った。
 「吉野作造記念館だより」は、NPO法人古川学人が編集・発行を行っている。平成14年よりこのNPO法人が古川市より管理運営を受託している。記念館の名誉館長は作家の井上ひさしさん。入り口に建つ吉野作造顕彰碑の大事は長谷川如是閑筆。
 個人記念館を訪問すると、偉人が身近に感じられると同時に、理解が自然に深まってくるのを感じた。吉野作造は、故郷に強く郷愁を感じるタイプの偉人である。










Last updated  2005/02/13 09:56:34 PM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.