2103419 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…
http://buycialisonli.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis jamfort med viagraovernight cial…

Freepage List

Category

Archives

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2005/05/22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近、東京で時間が空きた時に、憲政記念館の尾崎行雄記念館を訪ねた。尾崎行雄(1858年ー1954年)は3つほど年上の犬養毅(1855年ー1932年)とともに憲政の神様と称せられている。慶應で学び、福沢諭吉の推薦で新潟新聞の主筆を20歳で務めているから才気があったのだろう。大隈重信から気に入られて39歳に時に文部大臣、55歳の時に法務大臣をつとめている。「満州国建国は国家の利益にならない」など信念を発表する気概があり、この気概が尾崎を尾崎たらしめているとの印象を持った。西尾末広代議士の議会発言による除名に対して「黙しなば 安からましを 道のため 湯和気を援け 危うきを践(ふ)む」と歌を詠んでいる。94歳で書いた「わが遺書」という復刻版の書物を購入して前書きを読んでみると、その気概に心を打たれる思いがする。太平洋戦争を「おどろきべき無謀、公算なき戦争」と評価し、「こんどこそ方向を誤ってはならない」と考え、後世に残そうと考えた言葉集となっている。「みすみす日本の陥る淵が眼前に渦をまいておるにもかかわらず、それが見えなかったのである」とも述べている。この本は、第一部:世界と日本、第二部:日本改造の方途、第三部:命に代えて、という構成だ。

尾崎行雄は号を何度か変えている。学堂を、東京退去を命じら愕然としたため愕堂に改め、50歳ではりっしんべんうを取り、90歳を機に卆翁と名乗る。「人生の本舞台は常に将来にあり」と言った。

東京市長をつとめた尾崎は、52歳の時に、アメリカ大統領タフト夫人との関係でワシントンに桜を贈る。一度目は害虫にやられたため、3000本を贈り、それが現在ワシントンのポトマック河畔を彩る桜に育っている。この桜を見るために1950年、91歳で訪米を果たし、育った桜を見る機会を得た。1957年にはアメリカからお返しのアメリカ・ハナミズキが贈られこの憲政記念館で4月下旬から5月上旬にかけて、美しく咲くという。
----------------------------------------------
相田みつを美術館は、銀座の東芝ビルにあるとの情報を得て探したが、東京都庁あとに建った東京国際フォーラムに引っ越していた。館長は息子の相田一人さん。書家、詩人、デザイナーといくつもの顔を持つ相田みつを(1924年ー1991年)は、美術館に来ていた人の大半が年配の女性であることが示すように女性ファンが多い。また若い人たちの心にも相田の言葉が大きな影響を与えるようで、支持者が多い。
「相田みつをデザインの世界」という展覧会をやっていたが、「言葉をデザインする人」という趣旨だった。会場を回ったあと、その説明に納得がいった。Meetサブレの虎谷の「ひとの世の 幸 不幸は 人と人が逢うことからはじまります  このお菓子が ご縁となって どうかよい人にめぐり逢いますように  虎谷 主人」とデザインされた文字の包装紙も相田のデザインだった。足利の和菓子の香雲堂、小山の小倉総本舗、熊谷の梅林堂など、優れたデザインが多い。平日にもかかわらず随分と人が多い。特に女性が多いが、外国人もいる。

一時、生活費を稼ぐために「商店の包装紙のデザイン」をやったのが、ここに展示されている。独特の筆遣いが心に響く。60歳の時に出した「人間だもの」(文化出版局)がミリオンセラーになり、そのパーティでは本人がいない(亡くなっていた)会となったそうだ。
相田みつおの言葉は励ましと癒しが溢れている。
美術館には、デザインセンスがよく、人生の奥深さを感じる時間を過ごすための癒しの空間である。休憩所も雰囲気がよく、名所になっているのだろう。いい時間を過ごしてエネルギーをもらった感じがした。
-------------------
いま
ここ
じぶん
その合計が
じぶんの人生
------------------
仕事はなんでもいい
一生けんめいに
生きている人の
顔は
みんな美しい
美しい顔になりたい
---------------------
いつどこでだれとだれが
どんな出逢いを
するか
それが大事なんだ
なあ
------------------------------






Last updated  2005/05/22 07:52:28 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.