000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…
http://buycialisonli.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis jamfort med viagraovernight cial…

Freepage List

Category

Archives

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2005/08/22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
長い歴史のある婦選会館の2階に記念室がある。入ってすぐに偉大な社会運動家であった1893年(明治26年)生まれの市川房江の写真とともに、言葉が飾ってあった。そこには「運動は事務の堆積である」という簡潔だが、重い言葉が記してあった。長い長い時間をずっと社会改革の運動に捧げた、類のない型の女性闘士市川房枝ならではの言葉だと感銘を受けた。
 市川房枝の印象に残る言葉をあげてみる。
「平和なくして平等なく、平等なくして平和なし」
「権利の上に眠るな」
「婦選は鍵なり」

明治44年9月にその後の市川の運命を変える女性・平塚らいてうに会う。「原始、女性は太陽であった」という言葉を発した平塚との初対面の印象を市川房江は「物静かな美人で、この人が『新しい女』なのかとびっくりしたのでした」と記している。
 1953年の初当選は、理想選挙を掲げ、東京地方区から出馬し、二位に入った。1974年には全国区で二位、最後の1980年には一位で当選している。1974年は、一位がNHKアナウンサーの宮田輝、三位が青島幸男だった。市川は宮田輝に票数で負けたのを悔しがる。青島は当選後、二院クラブで市川の薫陶を受ける。
1980年の選挙では、278万票で一位。1953年から1981年まで、途中一回の落選はあったものの、参議院議員生活は20年以上に及んでいる。鳩山一郎、石橋湛山、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸と、10代の総理の時代を国会で過ごしていることになる。1981年2月11日、87歳で死去。
 
ひび割れた深い皺が、年輪と歴史を感じさせる。若い頃から幾多の戦いを経て、だんだん顔をよくなってきているような印象がある。健康法は「よく眠る・冷水摩擦・ラジオ体操」。

「生活」の部門では、アメリカから買って帰ったベッドを配した自宅が再現されている。「上げ下げしなくてすむ」「すぐにゴロンとなれる」からベッドを愛用したが、毎日8時間睡眠をとるようにしていた。
 一時吸っていたタバコのセットやトランプなどもある。ハンドバッグの中には裁縫道具もあった。文豪具、ノリ、ハサミ、クリップ、名刺入れ、裁縫道具。

市川房枝を語る人々の声で、その人柄をしのぶ。

青島幸男
 「私は憤慨しとるんですよ」が口グセ――「憤慨ばあさん」と呼んでい   た。
金森トシエ
 「私の顔って、本当にあんなにしわが多いんだろうか」とおっしゃった。
青地しん
 徳島ラジオ商殺しの被告・富士茂子さんのえん罪を晴らす運動の時に、 「市川さんは名前を出した以上、やるだけのことはちゃんとやる」「会の事務をきちんとやり、その経理については一円単位まで明細な会計報告書を配付した」
瀬戸内晴海
 「言行一致の人だという強い印象を受けた」
紀平 子
市川学校の生徒心得第一条。「運動とは事務の堆積である」という運動哲学です。先生自身まれに見る実務家でした。封筒、ハガキ、の上書きにはじまり会議記録、声明決議の起草、記者発表まで、そして資料を綴じ込む観世さ(?)まで誰よりも上手になさるのです。
一番ケ瀬康子
 社会運動家が心掛けなければならないこと
  自分の主張を明確にし一貫すること
  金にきれいであること
  男女間の問題についてもはっきりすること

年譜を眺めていると、おかしいのは、すぐに会や団体をつくって運動を始めることだ。
26歳:新婦人協会を創立
31歳:婦人参政権獲得期成同盟創立に参加
32歳:婦人問題研究所設立
40歳:東京婦人市政浄化連盟を組織
52歳:戦後対策婦人委員会を結成、新日本婦人同盟を創立
57歳:日本婦人有権者同盟(改称)会長復帰
60歳:参院東京地方区第二位当選(以後連続3回当選)、衆参婦人議員団結成
69歳:財団法人婦選会館を設立
73歳:政治資金規正協議会発足、代表理事の一人
78歳:参院東京地方区、落選
81歳:参院全国区第二位当選
83歳:参院全国区第一位当選
87歳:死去

物凄い活動家だったことをうかがわせる。






Last updated  2005/09/04 06:35:21 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.