000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…
http://buycialisonli.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis jamfort med viagraovernight cial…

Freepage List

Category

Archives

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2006/05/05
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
青森市内にある棟方志功(1903-1975年)記念館の春の展示は「森羅万象--自然の表現」である。訪問記念に住所と名前を書き付けるノートを見ると北海道や千葉県などの文字がみえる。全国区の記念館である。今回は2度目の訪問だ。校倉造りを模した建物は池泉回遊式の日本庭園とよく調和し、前回と同様に落ち着いたたたずまいをみせている。

まず、ビデオを鑑賞する。多くの人物記念館ではその人物を紹介するビデオをみせる。この映像による情報をあらかじめ頭に入れて館内をまわるとさらによくわかる。棟方志功を紹介するビデオは「彫る 棟方志功の世界」というもので1975年の作品だったから亡くなる直前のものである。人懐っこい笑顔の棟方が、ブツブツいいながら、そしてベートーベン(畳みかけるようなリズムは棟方の欲する板画の切り込みに通ずるという)の喜びの歌を歌いながら一心に彫っている。シャツ一枚が仕事着である。裸足で毎朝歩くのが唯一の健康法であり、そのユーモラスな歩く姿もみることができる。棟方は「ねぶた」が好きで青森市第一号の名誉市民としても祭りに頻繁に参加している。棟方は目を板にくっつくように必死の形相で憑かれたように彫る。この時、72歳の棟方の左の目は全く見えていない。右目は半分くらいしか見えないが、彫りだすと見えるようになる。下絵は圧倒的な速さで描く。小学生の板画コンクールで1万数千点の版画の審査にあたるが、これを2日間で全部見ている姿も写っている。

棟方の家は代々刃物鍛冶という職人の仕事をしていたから版画への道は続いていただろうと推察できる。棟方の仕事は代表作の「釈迦十大弟子」など仏教に題材をとったものが多い。小学校を出ただけの棟方はなぜ仏教にこだわったのだろうか。そのカギは子どもの頃にあった。おばあちゃん子であった棟方は毎朝仏壇の前でお経をあげる、後ろに座っていた棟方は仏の教えが自然に身に沁み入った。また祖母はお寺によく連れて行って地獄絵を見せられた。後に禅の他力普遍な世界に入っていく。

「一点一点の作品をじっくり見て欲しい」から30作品程度を飾れる広さがいいとの画伯の希望で展示室の広さはさほど大きくない。そのためじっくりと版画や油絵の作品群を見ることができる。
一昨年に記念館を初めて訪問した折には、版画に次の歌が詠まれていた。
「神よ、仏よーー全知全能させ給え」と書いた棟方のライフワークに打ち込む気迫に感心したことを思い出す。棟方志功の迫力ある人物像と仕事振り、圧倒的な仕事量に強い印象を受けた。あの目、あの動き、あの笑顔!
麦藁帽子をかぶり破顔一笑の棟方志功の顔写真が素晴らしかった。

棟方は版画を板画と書く。木の魂に彫るということなので、板という文字を使うほうがしっくりくるのだという。板の声を聞き、木の中にひそむ詩を掘り出すのである。

 驚いてもオドロキきれない
 喜んでもヨロコビきれない 
 悲しんでもカナシミきれない
 愛してもアイシきれない
  それが板画です


 一柵ずつ、一生の間、生涯の道標を一つずつ、そこへ置いていく。
  作品に願をかけておいていく、柵を打っていく。
  この柵はどこまでも、どこまでもつづいて行くことでしょう。
  際際無限に。

昨年【生誕百周年記念展 棟方志功―わだばゴッホになる―】を見に、宮城県美術館に行ってきた。そのとき、有名な詩に出会った。

鍛冶屋の息子は
相槌の火花を散らしながら

わだばゴッホになる

裁判所の給仕をやり
貉の仲間と徒党を組んで

わだばゴッホになる

とわめいた

ゴッホになろうとして上京した貧乏青年はしかし
ゴッホにはならずに
世界の
Munakataになった

古稀の彼は
つないだ和紙で鉢巻きをし
板にすれすれの独眼の
そして近視の眼鏡をぎらつかせ
彫る
棟方志功を彫りつける
-
友人の草野心平の詩「わだばゴッホになる」の一節である。心平はこれを筆書きにし、病床にあった晩年の志功を見舞うと、海外の展覧会でグランプリをいくつも受賞した世界のMunakataはベッドから下りて、両手を合わせて喜んだとのことだ。

世界中のあらゆる国際展で日本人が受賞するのは版画だけである。それは、油絵を西洋のものまねに過ぎないのではないか、日本独自のものは版画ではないか、あのごゴッホでさえ日本の版画に心酔していたではないか、と版画家を志した棟方志功と日本の勝利である。
 
追加:
5日、【生誕百周年記念展 棟方志功―わだばゴッホになる―】
を見に、宮城県美術館に行ってきました。
---------------
鍛冶屋の息子は
相槌の火花を散らしながら

わだばゴッホになる

裁判所の給仕をやり
貉の仲間と徒党を組んで

わだばゴッホになる

とわめいた

ゴッホになろうとして上京した貧乏青年はしかし
ゴッホにはならずに
世界の
Munakataになった

古稀の彼は
つないだ和紙で鉢巻きをし
板にすれすれの独眼の
そして近視の眼鏡をぎらつかせ
彫る
棟方志功を彫りつける
-------------------
友人の草野心平の詩「わだばゴッホになる」の一節。心平はこれを筆書きにし、
病床にあった晩年の志功を見舞うと、志功はベッドから下りて、
両手を合わせて喜んだとのことです。
青森の棟方志功記念館には昨年、東北電力での講演の帰途に立ち寄ったことが
あり、棟方志功の迫力ある人物像と仕事振り、圧倒的な仕事量に強い印象を
受けました。
あの目、あの動き、あの笑顔!

写真の土門拳、デザインの亀倉雄作、詩人の草野心平などは若い頃からの友人
であることも今回わかりました。

板画をという言葉を使った志功は板との対話を心がけていました。
版画の版という字は、板の片割れという意味だから板画の方が全部を意味する
からこの板画という言葉を使ったとのこと。

2003年4月5日~2003年6月15日
【生誕百周年記念展 棟方志功―わだばゴッホになる―】
棟方志功の初期から
晩年までの板画の代表作をたどり、その足跡を振り返るとともに棟方志功の
幅広い芸業の全貌を紹介する。板画、倭絵、油絵、書、唐画作品のほか、
これまで公開されることのなかった代表作「釈迦十大弟子」の版木や下絵などの
貴重な資料も出品される。ゴッホを目指して独自で絵を学び、世界的にも高い
評価を確立した棟方志功の、ダイナミックな造形力と深い精神性にあふれた
作品を楽しむことができる。


棟方志功記念館を見学。
30作品程度を飾れる広さがいいとの画伯の希望で規模は小さい。そのため
じっくりと版画や油絵の作品群を見ることができた。版画に歌が詠まれている。
「神よ、仏よーー全知全能させ給え」(ライフワークに打ち込む気迫!)
「広重の海の色よりややうすし わがこの頃のかなしみの色」
麦藁帽子をかぶり破顔一笑の棟方志功の顔写真が素晴らしかった。









Last updated  2006/06/29 11:26:29 AM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.