000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…
http://buycialisonli.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis jamfort med viagraovernight cial…

Freepage List

Category

Archives

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2006/05/10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
高村山荘

花巻市の郊外に建つ高村山荘は、彫刻家高村光太郎が晩年の7年間(1945-1952年)に独居した山荘跡である。光太郎は1883年生まれだから60歳代の中盤はこの地で過ごした。光太郎は1956年に亡くなるが、最後の仕事として十和田湖畔の乙女の像制作の前にここで暮らした。山荘といえば聞こえはいいが、実際はは7.5坪(22.5へーべ)の粗末な小屋である。小屋の三分の一は土間で、6方ほどの板の間とその北川に囲炉裏があり、奥に3畳ほどの畳が敷いてあるだけである。この寒く不便な土地で独居自炊の原始生活はいかにも厳しい日々だったろうと推察する。宮沢賢治の父・政次郎との縁があり、この地に疎開した。
毎年、5月15日にはいまだに「高村祭」が催されている。

この小屋は現在では二重の套屋で囲われている。最初は、1957年秋に、光太郎のいなくなった小屋が傷んできたのを見かねて村人たちが覆いを被せたものである。村人たちの敬愛と愛情によって建てられた套屋は村人が1本1本持ち寄った木材で出来ている。さらに1近隣にできた高村記念館が1977年いその外側に覆いをつくった。入り口には、友人の草野心平の「無得殿」という書が掲げてあった。般若心経からとった字句である。また、光太郎の自画像もあり、そこに本人の書き付けがあった。
「十三文半
 甲高
 馬の糞をふんづけたのでのっぽとなる
 神経過敏のような、遅鈍のやうな
 年寄りのやうな、若いやうな、在るやうな
 無いやうな顔」

近くにある記念館への道を歩いていると、詩碑があった。「雪白く積めり」という詩である。原稿用紙をそのまま4倍に拡大して碑にするというしゃれた工夫である。作曲家中山晋平の碑にも音符をつかったものがあったことを思い出した。詩人には原稿用紙が似合う。この詩は、1945年12月23日とあるから、山小屋最初の冬の作品である。

----------

高村記念館

この記念館は宮沢家の主治医であった佐藤隆房博士が、親しく交わった高村光太郎を記念して建てたものである。ホル一つの記念館の入り口には光太郎の「思想家・彫刻家・文藝評論家・洋画家・書道家」という六つの面がが掲げてある。多彩な活動を行った才人であったことがうかがる。
光太郎は近隣の山口小学校にもでかけて話をすることもあった。その小学校に寄贈した「正直親切」という書があった。

名刺にはメモをする習慣があったようで、県議会議長、盛岡市長、岩手日報出版局編集部長らの名刺に日付などが記されている。
友人の梅原龍三郎の弔辞もある。

 常に身だしなみがよくきちんとしていて
 英リス紳士の様であった。
 酒は強くアブサントをよく独りで飲んでいた
 らしい
 稀にしか君に会わなかったが、常に第一列の
 友人と思って敬愛していた。

丸いべっ甲の目が目、パイプ、ラジウム温灸器などの遺品も飾ってある。

 1950年に書いた書「大地麗」も印象に残った。

現地の記念館でしか買えない本などを買い込んで外にでる。
記念館の女性職員が記念にカメラのシャッターを押してくれた。山荘の入り口にあるチケット販売所の女性職員も高村祭の様子を教えてくれたり、みんなが高村光太郎を尊敬している姿が実に感じがいい。記念館への途中にも高村橋という名前もあった。光太郎の人柄の影響はこの地でも大きいようだ。






Last updated  2006/05/11 06:42:57 AM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.