2500569 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

中嶋正彦@ Re:宮澤賢治記念館(05/07) (誤)詩集「春と阿修羅」 (正)詩集「春…
背番号のないエース0829@ 学童疎開 「外間邦子 ~ 対馬丸記念館 ~ カテゴ…
ダイヤモンド理論ファン@ Re:「たたら製鉄 技と精神(こころ)---誠実は美鋼を生む」(07/30)  それは久保田邦親博士と言ってダイセル…
http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…

Freepage List

Category

Archives

2020/04
2020/03
2020/02
2020/01
2019/12
2006/12/27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「マッカーサーを叱り飛ばした日本人」白洲次郎の名前をよく聞くようになった。次郎は1985年に83歳で亡くなっているからもう20年以上の歳月が経っているのに、その人気は衰えない。

明治35年(1902年)兵庫県生まれ。神戸一中卒業後、英国ケンブリッジ大学に留学。戦前、近衛文麿、吉田茂の知遇を得る。戦後は吉田の側近として終戦連絡事務局次長、経済安定本部次長、貿易庁長官を歴任、日本国憲法制定の現場に立ち会った。いち早く貿易立国を標榜し、通商産業省を創設。GHQと激しく対峙しながら、日本の早期独立と経済復興に、「歴史の黒子」として多大な功績を挙げた。昭和60年没(享年83)。紳士の哲学「プリンシプル」を尊ぶイギリス仕込みのダンディズムは終生変わらなかった。妻はエッセイストの白洲正子。

以上がこの本の袖に記されている白洲次郎の一生の記述であるが、第14回山本七平賞を受賞したこの本を読むと、とてもこれだけで次郎を表すことはできないと痛感する。圧巻はGHQとの日本国憲法制定時の迫真の描写である。アメリカ側の意図、日本の抵抗、時間との戦いの中での決着の様子が生々しく描かれている。この描写は今後の憲法論議に影響を与えるだろう。

著者の北康利さんは昭和35年生まれで現在は銀行系証券会社勤務。資産証券化などのファイナンス理論を専門とする一方で、兵庫県三田市の郷土史家としての一面も持っている。この本もその郷土史への関心から生れたものである。このように二本足で立つ生活も素晴らしい。

「評伝」という分野がある。人物論をテーマにした本をそう呼ぶのだが、この本は評伝という形式をとった歴史書でもある。優れた評伝とはそういうものだろう。
著者は白洲次郎といういいテーマを発見して厳しい仕事の合間に膨大な資料を読み込み、現地を訪ね歩いていることが行間からうかがえる。そして時折もらす個人としての感想も親しみを感じさせる。先日訪ねた鶴川の武相荘の描写も多い。この本の執筆は楽しい仕事だっただろう。







Last updated  2006/12/28 07:12:26 AM
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.