000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…
http://buycialisonli.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis jamfort med viagraovernight cial…

Freepage List

Category

Archives

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2007/01/07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
中学や高校のときの教科書に出てきた高村光太郎の妻・智恵子(1886年生れ。1938年に53歳で没)に対する愛情の深さやそれをあらわした詩のいくつかは今も覚えている。岩手県花巻市にある夫の光太郎の記念館は既に訪問したが、福島県・二本松の安達という町の智恵子記念館で、久しぶりにその詩に遭遇した。

瀟洒な白いつくりの智恵子記念館は智恵子の生家の庭の一角に建っている。智恵子の生家は清酒「花霞」を醸造する造り酒屋の長沼酒店で、隆盛を誇った。杜氏部屋、酒男部屋、男衆溜まり場、女中部屋などもある大きな屋敷である。智恵子の部屋は2階にあって見れなかったが、光太郎の影響でベートーベンの第六交響曲田園を聴いた蓄音機や習っていた機織機などが一階の部屋に並べてあり、往時を偲ばせる。

裏庭に建っている瀟洒な記念館は、当時の酒蔵をイメージしたとのことだが、一階と地下のある記念館はそれにしては綺麗なたたずまいだった。

「樹下の二人」という大判の四百字詰原稿用紙に書かれた光太郎の詩があった。
「あれが阿多多羅山
 あの光るのが阿武隈川。
  -------------------
 ここはあなたの生れたふるさと
 あの小さな白壁の点々が
 あなたのうちの酒庫。
  ---------- 
  -------------------」

地下に降りると、智恵子の描いた珍しいデッサンがあった。ミロのビーナス像と男性裸像の二つである。油絵の「静物」もあったが、智恵子が描いたものは現在この3点しか残っていない。
この地下の展示室には、千数百点といわれる紙絵の一部が展示されている。日常生活で目にするあらゆるものを題材に既に狂った智恵子は作り続け、光太郎が来ると恥ずかしそうに見せるのであった。展示している紙絵は美しくこころを打たれる思いがした。
「千数百枚に及ぶ此等の切抜絵はすべて智恵子の詩であり、抒情であり、機知であり、生活記録であり、此世への愛情の表明である」と光太郎の言葉が胸を打つ。
「智恵子は東京に空が無いといふ
 ほんとの空を見たいといふ、、、、」で恥じ舞える「あどけない話」、
「あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ」で覚えている「レモン哀歌」などの詩と光太郎が智恵子尾を語った言葉が、知恵子の紙絵と交互に並べられている。

智恵子はいくつかの雑誌に頼まれて文章も残している。
「必要以外何物も有たないこと
 本能の声を無視しないこと
 どんな場合にも外的な理由に
 魂を屈しないこと
 赤裸なこと、、、」という言葉を記した「貧しく、飾らず、単純であれ」というタイトルの文章が大正12年9月号の「女性」という雑誌に載っている。

記念館の展示物を丹念に見ると、光太郎と智恵子の純愛、夫婦愛には心を洗われる気がする。

智恵子関係の本を買おうとして入った店に「レモン会報」という小冊子が置いてあった。発行は「智恵子の里 レモン会」で「智恵子光太郎の思い出」「霞ケ城智恵子抄詩碑建立由来記」などと並んで「仙台文学館にて」というエッセイが載っていた。昨年5月に仙台文学館で開催された「高村光太郎・智恵子展」の訪問記だった。私も見ていたのでよくわかった。地元では今でもこういう形で智恵子の足跡を深めようとしているのだ。

光太郎の弟の豊周の「光太郎回想」という本(実の弟の回想だけに父光雲や肉親との関係や、素顔が描かれていて面白い)に、智恵子の精神病の様子が描かれている。
「医者に唾を吐きかけたり、たたいたりの乱暴、、、」
「アトリエのそばの交番のところで、「東京市民よ、集まれ!」と智恵子の声がする。」
「往来にいる子供達に演説するのも度々で、どこで覚えたのか浪花節を語ったりする。」

智恵子が狂った原因はなんだろか。
光太郎は「智恵子回想」という文章の中で
「私はこの世で智恵子にめぐりあったため、彼女の純愛によって清浄にされ、以前の退廃生活から救い出される事ができた経歴を持って居り、、、」
「制作するものの心はその一人の人に見てもらいたいだけで既に一ぱいなのが常である。私はそういう人を妻に持っていた。」

「---大きな原因は何といってもその猛烈な芸術精進と、私への純真な愛に基づく日常生活の営みとの間に起こる矛盾撞著の悩みであったであろう」
いわば四六時中張りきっていた弦のようなもので、その極度の緊張に堪えられずして脳細胞が破れたのである。精根つきて倒れたのである。」

以前読んだ他の本には、あまりにも偉大な芸術家の夫を持ったがゆえに、自らの才能の至らなさに絶望し、神経が狂ったとの解釈もあったが、光太郎は自分を守るなかで智恵子の病状が現れたと解釈している。このあたりは永遠の謎だろう。





 
          






Last updated  2007/01/08 05:50:15 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.