2105678 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…
http://buycialisonli.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis jamfort med viagraovernight cial…

Freepage List

Category

Archives

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2007/03/04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
熊本の人物記念館は入館料200円と一律であること、そしてそれぞれの館長さんがサービス精神が旺盛であることが特徴であり、気持ちがいい。
タイトルにある「記念館も競争の時代です」は横井小楠記念館の館長さんの名言である。周到に準備された系図や人物名などの掲示物を使って、まるで講談を聞いているような説明ぶりで、よくわかった。また、茶菓のサービスもあるなど実践している。文化財保護法も改正されて、保護管理から保護活用に変化しているそうだ。

横井小楠の妻の姉の子供が、徳富蘇峰と徳富蘆花である。東の佐久間象山(1811-1864)と西の横井小楠(1809-1869)と呼ばれた横井小楠は、勝海舟、吉田松陰、橋本左内、由利公正、木戸、岩倉、森有礼、坂本龍馬、高杉晋作など、新時代を創った人々の先生格だった。坂本龍馬より26歳、高杉より30歳年上だった。

横井は幕府や新政府への提言が容れられるなど中央で活躍したが、地元・肥後では跳ね上がりものとして危険視されていた。最後は維新の元勲たちと並んで新政府の参与に登るが、記念館が建ったのはやっと昭和57年である。
酒癖が悪かった小楠がつくった小楠堂の掟の中に「酒禁制の事」とあったのは愉快だった。
詳しくは別途書く予定。








Last updated  2007/03/05 07:25:57 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.