2103396 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…
http://buycialisonli.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis jamfort med viagraovernight cial…

Freepage List

Category

Archives

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2007/08/31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
一日休みをとってJR東日本の「大人の休日倶楽部」という商品を使って函館に出かけることにした。一人1万2千円で3日間乗り放題なので使い勝手がいい。ただし50歳以上でなければ使えない。この商品の函館は人気があって始発と最終しかとれなかった。

八戸で新幹線はやてから乗り換えて特急スーパー白鳥で青森経由で青函トンネルをくぐって北海道にでる。6時37分に出発して函館到着は12時2分だった。

まず、「箱館高田嘉兵衛資料館」を訪問する。1769年淡路島で生まれたこの人物は28歳の時にまだ寒村だった箱館に現れ、この地を回船業者として大きく繁栄させる。現在の函館の恩人である。1812年のゴローニン事件を解決した人物として歴史に名を残している。司馬遼太郎の「菜の花の沖」で馴染みが深い名前である。
この沖の遠き境へに海原も波より続くなりけり」

金森美術館でクリスタルガラスで有名なバカラコレクションをみる。

現役歌手の北島三郎記念館。1500円の入場料金は過去最高だったが工夫を凝らした記念館だった。案内の女性の解説付き。知内村から通った汽車や、渋谷の流し時代のモックアップ、そして最後は大がかりな疑似ライブショーなど、思いのほか楽しめた。
「風吹かば吹け
 雨降らば降れ
 怒涛の如く生きたれば
 我人生に悔いはなし」
北島三郎は字がうまい。

すぐ近くの市文学館をのぞく。一階は函館ゆかりの文学者の展示コーナー。
今東光(1898ー1977年)、今日出海(1903-1984年)、辻仁成(1959年生まれ)、亀井勝一郎(1907ー1966年)、井上光晴(1907-1966年)などの資料展示があった。
二階は石川啄木の展示だった。啄木は函館、札幌、小樽、釧路を転々とした時代があったのである。

「人生
 邂逅し
 開眼し
 瞑目す」(亀井勝一郎)

夜は同行の妻と函館山にロープーウェーでのぼり名高い函館の夜景を堪能。
評判どおり、やはり素晴らしい夜景だった。






Last updated  2007/09/03 08:07:20 AM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.