147236 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

  ON and OFF~子連れおでかけ記

舌小帯短縮症について

はるとは5ヶ月と2日目、舌小帯の手術をしました。
経過を書いていきたいと思います。

【産後すぐ】
出産した病院は、翌日から母子同室の母乳育児推薦病院でした。
ハルトは他の子と比べて全く寝ず、全く飲めずで、毎晩みんなが寝静まった
病棟内を抱っこしてさまよっていました。
2時間3時間、おっぱいを吸わせ続けても泣き止まない・・・そんな日々。

【乳腺炎】
手術前3回なりました。
2回目は特にひどくて40度が3日くらい?出て、真剣に「死ぬかも」と
思いました。

【なぜ発覚したか】
3回目の乳腺炎のとき、桶谷母乳育児相談室で指摘されました。

【症状】
舌の下の縦の筋(膜)が舌の先までついています。ハルトは産院の指導&
私がよく出るおっぱいだったこともあり、飲み残しはあるけど哺乳障害には
なりませんでした。痰が絡みやすくいつもゼロゼロ。保育園でも他の子に
くらべてげっぷが出にくいことを指摘されていました。

【発覚から手術まで】
すっごい悩みました。
だって命にかかわるわけじゃないし、自然に治るかもしれないんだもん。
この子はラクに飲めることや、もっと呼吸がラクなことを知らないから
とくに「ツライ」って思っていないかもしれないって。
歯科・口腔外科・小児科を何軒も回りました。
うちの場合は小児科以外は「いずれやったほうがいい」という見解。
小児科は「小児科学会ではやらなくていいことになってるからやらなくて
もよい」といわれました。
検診でも先生に「うちの子は切ったんだけど小児科学会ではやらなくて
いいっていうことになってるから」という歯切れの悪い返事でした。
悩んだ挙句青葉台の地挽歯科で手術をすることにしました

【手術】
普通の歯医者さんの台にヒトミがハルトをだっこして乗り、ヒトミの右肩
にハルトが来るようにだっこをして台を倒します。
舌を紐でくくって吊り上げて、
局所麻酔→メスでカット→また麻酔→縫合→縫合→消毒

合計で15分くらいの(普通は10分かからないがハルは暴れん坊なので、なかなかメスが入れられなかった)

舌を紐で括る時点で号泣。全身でイヤイヤしてて、足もバタバタ!!
もう、かわいそう過ぎてヒトミがなきそうでした。
でも親として、しっかり見届けなきゃいけない!って思い励まし続けました。
普通は2針みたいだけど、ハルトはかなり前まで膜がついていたので
3針縫いました。
出血も少しだったので、すぐに止血できました。

月齢や病院によって、全身麻酔のところや痛み止めの坐薬のところもある
ようです。糸も溶ける糸だったり抜糸が必要な糸だったり様々。

【手術後から抜糸まで】

手術当日はおっぱいが飲めず大騒ぎでした。
(普通は術後10分で普通に飲めるらしいんだけどねー。)
でも翌日にはすっごい上手に飲むようになって、こんなに変わるもんかと
ビックリしました。
母乳育児5ヶ月目にして、正しいおっぱいの飲み方(飲まれ方?!)
を知りました。飲み方が優しくなったってかんじで。

毎日イソジンを綿棒で付けて消毒。1週間後に抜糸しました。
抜糸前にも保育園で哺乳瓶で飲むときに、疲れてしまうようで泣く・・・
といわれたのですが、糸がつれていた様子。
でも5日~1週間は糸で留めておいたほうが傷が開かないんだって。
抜糸のときも少し出血したけどすぐに止血。
それからはもう元気一杯になりました★

【参考にしたもの】
・横浜自然育児の会(母乳110番)のリーフレット
・舌癒着症について
 http://www02.so-net.ne.jp/~s-mukai/Japanese/J_ADEL.html
・海外サイト 舌小帯短縮症について
 http://www.drjain.com/
・母乳DEダイエット
 http://sangoikuji.hp.infoseek.co.jp/
・ベビーコム 
 http://www.babycom.gr.jp/care/q_a/Aq_a11.html
・もさこのお気楽な育児
 http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Ivory/4724/index.htm
・新米ママのおっぱい入門
 http://sakichi.com/index.html

その他ネットで検索するとたくさんでてきますよ★



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.