1281299 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

幸せのエーデルワイス🌸

PR

X

プロフィール


momoka(モモカ)

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

ケイン@ Re:"愛の不時着"第8話~気になるシーンUPしてみました。(12/05) New! momokaさん、、こんばんは😃🌃 昨日のLINE…
ranan@ Re:12月「愛の不時着」LINE鑑賞会のお知らせ(12/02) momokaさん、こんばんわ。 息子さんと楽し…
ビビンバ@ Re:12月「愛の不時着」LINE鑑賞会のお知らせ(12/02) こんにちは、momokaさん。 息子さんも不…
ケイン@ Re:12月「愛の不時着」LINE鑑賞会のお知らせ(12/02) momokaさん、こんにちは👋😃  息子さん素…
カカリノ@ Re:12月「愛の不時着」LINE鑑賞会のお知らせ(12/02) momokaさん こんにちは☀ 先週はお友達と…
2021.09.23
XML
カテゴリ:ヒョンビンssi

あんにょん四つ葉


本当はソウルの「舞台挨拶」2日目を書く予定でしたが、
急遽インタビュー記事をUPしました。
翻訳機を使用していますので、意訳有りです。

何度も何度も消えたりして号泣
今回少々苦労しましたが、出来るだけ早く皆さんに読んで欲しくて
頑張りました😂ので読んで下さいね。





~~雑誌「W KOREA」10月号~~


Calling You [현빈 ヒョンビン]


整った趣と強靭な優雅さ、卓越した機能性を温かい色のパレットに詰め込んだ
ロロピアナの2021 Fコレクション。 俳優ヒョンビンと共に秋のロマンが深まる。





ベビーカシミア素材のレンフィールドボマーと
シティ·ツー·ピンズ·コットンパンツはLoro Piana製品。



カシミヤダブルレインシステムを装着したフィンドンコートとカシミヤ、シルク素材を混合したストライプのグレンシェルクルーネックセーター、ウールとカシミヤプランネルを混ぜたレジャーシティパンツ、スエード素材のサマーウォークモカシンは全てLoro Piana製品。


ロロピアナ初のアンバサダーに選ばれた気分はどうですか。


※ヒョンビン
これまでこのブランドを'守ってきた'という表現を使うとどうかわかりませんが、それだけ関心を持っていた。 長い伝統を持つ、とても素晴らしいブランドだと思います。
「Timeless」というキーワードで時間が経っても変わらない価値を伝えるという精神もあります。
これからのロロピアナの旅程で一緒にできて本当に嬉しいです




ロロピアナCEOの言うに、このブランドのDNAは卓越さ、穏やかな優雅さ、家族伝統のようなイタリアの核心価値と緊密につながっているという。
イタリアについてあなたはどんな印象を持っていますか。


ベネチアにも行ってフィレンチェにも行ったんですが、同じイタリアでも地域ごとに印象がとても違ったんです。 イタリアらしく小さな工房がたくさん見えて いろんなところに寄りました。
もう何年か前のことですが、伝統を維持しながら優雅に暮らす所だと感じました。 少し悲しい瞬間もありました。 ベネチアの水面がずっと上がっているという話を旅行中に聞きました。
地球温暖化の影響が確かにあるはずです。 いつかはこの美しい風景を見られないかも知れないという考えで最大限あちこちの姿を目にたくさん収めようとした記憶があります。




イタリアを背景にした映画といえば「休暇」と「家族」が関連検索語としてまず思い浮かぶ。
「アイ·アム·ラブ」もそうですし···。


コールミーバイユアネーム』もですよ! 私は『ゴッドファーザー』シリーズが大好きです。





独自のライトカシミヤコスヘアダブルジャージーミッドランドフーディはLoro Piana製品。


ダブルレインシステムを加えたカシミヤ素材のアービンコート、
ウール素材のレジャーシティパンツはLoro Piana製品。


いろんな衣装に着替えながらグラビア撮影をする姿を見ながら、
ヒョンビンのドレスルームで最も長い間保存されているアイテムは何でしょうか。
時間がかなり経っても変わらず愛情を持ち、むやみに捨てようとしないアイテムです。


コート類がそうなんです。 どんな服でも目立つとか流行るよりは基本的なスタイルが好きです。
ロゴが見えるよりは隠されたもの,要素が複雑なものよりはシンプルなもの。
考えてみれば長い間しまっているコートの中にもそんなスタイルが多いです。



コートだけがぶら下がっているハンガーの方は、黒いコートが持分を多く占めていて、
真っ黒な気がしますか?


色とりどりまでではないですが、キャメルもたまにあります。
ブラック、グレー、キャメルのコートが多数あるようです。



あなたがあまり口数の少ない人だという情報は事前に入手しました(笑) しかしヒョンビンも楽しく会話ができるはずだと思います。 何があなたの口数を多くしますか?

最近はゴルフがそんなネタみたいですが…。
男たちは結局自分の趣味生活についてならちょっと話しますから。


ゴルフのどんな点が好きですか。

まずは空気も風景もよいところを気にせず思い切り歩けるということです。
そしてゴルフをする時は頭の中の雑念が消えるという点も
、静かにその瞬間にだけ集中できるのです。



そのため、ゴルフが上手ですか?

ただ人と楽しむことができるだけです。


そう言いますが、なんだか秀でているような感じです。
体を作るPTがスポーツなら、ゴルフはあなたにとってレジャーというわけですか?


そのように2つを区分して考えたことはありませんが、お互いに少し違います。
ゴルフは私の頭の中を空けてくれながら、
ある意味ではウェイトよりもっとストレスを与えたりもします。
とても上手になりたいですから(笑)
ウェイトについては 上手になりたいという欲心はなくてストレスも受けないです。
代わりにそれをする間にははるかに大変です。
ゴルフが上手になりたいという気持ちから来るストレスがありますが、ウェイトであれゴルフであれ、
私にはストレスを解消する種類の趣味であり、私と離せない要素です。



カシミヤとシルク素材のハウンズトゥスチェックレントンタートルネックセーター
コットン素材のシティツーピンズパンツはLoro Piana製品




ニットネックラインに装飾を付けたカシミアヤストームシステム素材の
グリーンデ―ルパーカーはLoro Piana製


昨年は映画『交渉』を、先日は映画『共助インターナショナル』の撮影を終えましたね。
作品に没頭する時間からは抜け出しましたが、
最近ヒョンビンの脳構造で最も大きな位置を占める考えは何ですか。


元々は一つの作品を終えると海外に出たりした。 出る理由はいくつかありますが、そのうちの1つが頭の中を空にするためです。 ちょっと他のことを目に入れたり聞いたりして、休憩も取りながら、その直前まで取り組んだプロジェクトから受けた影響を払拭する時間として活用しました。 ところが、数作品消化する間にその過程を経なかったので、ブレーキを踏まずに走り続けるような気分です。 終わっても終わらないような感じです。 この時期をどのように送ればすべての面で私に役立つのか、最近その悩みが一番大きいです。 突破口が必要ですが、まだそれが何なのかよくわかりません。


先日インタビューした俳優も似たような表情で似たようなことを言っていました。 作品が終わった後、スタッフ全員と'チョンパーティー'でもしてこそ終止符を打つ気がするんですが、それができなくてもどかしいです。 あなたのルーテンが瓦解した感があるようです。


そうです。私のルーテンでありながら、前作の影響を洗い、次の作品を受け入れる準備をするのは俳優にとって必ず必要なことです。 ピリオドとコンマが不明瞭な状態で次の作品を迎えると、似たような状況が続きそうな気がする。 このように時間が与えられた時、些細なことでも大変なことでも何か方法を探しておいて、次を新しく始めたいと思います。



ウインドストレッチ機能性を装着したカシミア素材のグラントンリバーシブルボマー、ベビーカシミアセーター、コットンとウール素材のシティツーピンズパンツはLoro Piana製品。



アイボリー色のカシミヤシルク素材のセータージャケットとベビーカシミヤニット、レジャーシティパンツ、スエード素材のオープンワークはいずれもLoro Piana製品


新しい作品と新しい人物を受け入れると、どこからどのように着手する方ですか。


まず、そのシナリオや台本にある、私が演じるキャラクターが持っている環境が先に目につきます
家庭の特性や過去の職業などです。
例えば『愛の不時着』では北朝鮮の人間なので北朝鮮の言葉を使わなければならず、ピアニストとして過ごした過去があるのでピアノを弾かなければならなかった。 役割のために準備するものが出てきます。 その次に周辺人物との関係を見てみましょう。 その関係で必要な要素をまた抜き出します。 このように外から見えるものから持っていくものを用意した後は、それぞれの状況の中に少しずつ入っていきます。 すると、各分野に必要な、自分が引き出さなければならないものが見えてきます。


『愛の不時着』がネットフリックスにより世界中で人気を博しました。
「日本では1年近く視聴率上位にとどまり、アジアだけでなく米国と欧州でも反応が良かったです。
どんなフィードバックを聞きましたか?

ただ、色々な話を聞いているだけです。 いろんな国でご覧になった方が、 すごく多いんです。
あ、今年「共助インターナショナル」を一緒に撮影したヘニからもドラマが人気だと聞きました。
ヘニの米国の友達がそうやって私と記念写真を撮りなさいと言ったと(笑)



ダニエル·ヘニが映画撮影のために韓国にしばらく滞在している間にグラビアを撮って、私も記念撮影ミッションは聴きました。 様々な人種の人が集まって「愛の不時着」リアクション反応を撮るYouTubeの動画もたくさんあります


私はシナリオを見た時から北朝鮮住民と部隊員の間で起きている状況を面白く見ていたが、一方でこれが他国の視聴者にも通じるだろうかという思いがあった。 北朝鮮の言葉が醸し出すポイントのことです。 そんなことを知らないままでも楽しもうかと思ったんですが、別に関係ないようです。 その点が新しく感じられたような気もします。



波及力の強い作品だったと体感しましたか。

感じますね。こんなふうにロロピアナのアンバサダーになりましたから(笑)
ほぼ同時間帯に様々な国の人々が一つの作品を見れるようにしてくれるので、
かなりの影響力を持っていると思います。




ベビーカシミヤクラシックタートルネックセーターは「LoroPiana」製品。


カシミヤとウール繊維を編んで作ったフェードタートルネックセーター、レジャーシティパンツ、スエード素材のサマーウォークモカシンはいずれもLoroPiana製品。


その後、2本の映画が終わったし、いつ封切りするかはまだ確かではないが、近いうちに会うことになると期待しています。 驚くべきことは、林順礼(イム·スンレ)監督の『交渉』が、昨年下半期にヨルダンで撮影されたことです。

とても運が良かったです。 私が知る限りではヨルダン側と意見調整をしている間にコロナ19が発生しました。 制作をやめずに進めるものの、元々はヨルダンロケが先でしたが、国内ロケ分を先に消化する順番が変わりました。 防疫規則を徹底するという前提で始めました。 ヨルダンでは2週間ごとに検査を行い、外に出るときも活動半径が決まっていました。 このようにして2ヵ月にわたってロケーション作業を終えました。



交渉」については「中東で拉致された韓国人を救うために孤軍奮闘する外交官と国情院要員の話」
程度しか知られていない。 イム·スンレ監督は『情報提供者』という追跡劇を演出したこともあるが、
『リトルフォレスト』『南に飛んで行きなさい』『私たちの生涯で最高の瞬間』
の様な作品が先に思い浮かびます。


私も『交渉』という映画が林監督が今までしてきた話とは違うと思います。 監督は物静かで静かながらもすごいカリスマがあります。 『交渉』という大型プロジェクトを担当しながら、現場でも落ち着いて、皆さんの全ての話を聞いていただきました。 その方を知ったら「いい人」という感じがします。 動物救護活動も頑張ってください。 私が知っている監督の人間的性向と『交渉』の話が出会った時、どんな結果が出るか、私も出演俳優ですがとても楽しみです。


何が大変でしたか。 体を使うことが多いからですか?


いや、その点は僕がもうやったことなので 最初から知ってたので大丈夫でした。
ところが、まさにその「하었을」で問題点ができました。
第1作で特殊精鋭部隊出身の北朝鮮刑事『チョルリョン』というキャラクターを作っておいたので、
今回は以前と違う状況の中でチョルリョンを入れればいいと思いました。
より容易で楽だと思いました。 判断ミスだった、違ったんです。

作品は前作より発展しなければならないと思っていたのに、
どうしてキャラクターを発展させようとしなかったんでしょうか。
同じキャラクターをどうすれば発展させることができますか。


プラスすべき何かを早く作り出さなければなりません。 先ほど話したように、自分の役割と関係する人物の間で、またシーンごとに状況を分析しながらプラスの要素を探し始めました。 「前編よりチョルリヨンの階級が上がったので、その点による変化があるだろう、どんな点が変われるだろう?」と思って訪れたりもしました。 そうやって探し出して、無事に演技を終えました(笑)



ライトカシミヤコースヘア ダブルジャージーミッドランドフーディとミッドランドパンツ、テクニカルファブリックのモジュラワークはすべてLoro Piana製品。


チェックウールのファブリック裏地が特徴のカシミヤロードスターコートとタートルネックセーター、レジャーシティパンツはいずれもLoroPiana製品。



ヒョンビンが韓国の男性俳優の中で、劇中で北朝鮮語で台詞を最も多くしたケースでしょうか。

僕が北朝鮮の人間として出た作品が、 たった2つなのを知ってますか?
『愛の不時着』と『共助』だけです。


そうですか?
あなたがインタビューを北朝鮮語でするとしても、対話するのがぎこちなくないようです。


その2つの作品が成功したので、それだけ刻印ができているからでしょう。 私が財閥の役割専門だとも言われたんです。 ところで、財閥として出た作品は昔の『私の名前はキム·サムスン』と『シークレットガーデン』くらいです。 「私はロマンチックコメディのジャンルも3つしかやっていません(笑)



30代以上の俳優のうち、ロコはロコなりに、アクションはアクションなりにぴったりの服で消化する人物が国内に2人いると思いますが、そのうち1人がヒョンビンです。 ロコのイメージが固まりそうになったらジャンル物を選ぶというふうに流れてきましたか?


別に基準があるわけではないです。 何と表現すればいいのかわかりません。 以前に読んだ本を年を取って様々なものが変わった状態でもう一度読むと、また違うものに近づいてきませんか? 同じシナリオでも私がそれをどの年齢で、どのような状況と感情状態の時に見るかによって、完全に違うように読まれる。 『私の名前はキム·サムスン』でロコを始め、しばらくそんな作品をしなかったんですが、『シークレットガーデン』を選んだのが5年が経ったからです。 ある程度しなかった性格の作品がふと引いたり、またある時は社会的な現象に私も影響を受けながら私の頭の中に彼と関連した考えが出てくる時に選択するようになる作品もあります。




軽快な緑色のベビーカシミヤリーマンクルーネックセーターとウールとカシミヤ素材のレジャーシティパンツはLoro Piana製品。



シングルボタンカシミヤダブルレインシステムのピンドンコートとウールとカシミヤフランネル素材のレジャーシティウールパンツはLoro Piana製品。


時代劇もやりました。映画「逆鱗』の正祖。
2014年春、公開を前に『ダブルユー』のインタビューであなたの言葉を詠みます。

20代の頃は早く30代になりたいと思っていたんですが、最近は40代前半が気になります。 時代が急変し、その年になる頃には、20代や30代に経験した変化よりも、多くの変化を経験したでしょう。 私がどんな状況なのか気になります。 家庭を築いているかもしれないし、子供ができたかもしれません。」
最後の発言は、結局間違っていることが明らかになりました(笑) もちろん、家庭というものが重要だと思うのは変わりありません。」


気になっていた年が近づいてきましたが、それで現在はどのような状況ですか?

その話をしていた時代とあまり変わらないようです。


40歳のヒョンビンには、どんなやりがいと どんな喉の渇きがありますか?

満足とは、それでも休まず働き続けることです。
「僕の選択は、そんなに間違ってないんだ」と 思う満足感があります。
喉の渇きより物足りなさと言えば、一方でどんどん自分が消えていくような感じです。


それは具体的にどんな感じですか?


この職業はどんな積集合があれば続けていける職業ではないでしょうか。 人々が願うものを私が充足させて作られるその積集合のことです。 期待を100パーセント合わせることは難しいでしょうが、それでもそこそこ合わせて生きる職業の一つです。 ある瞬間「これが本当の年なのか、人々の期待に応えた私を本当の私だと勘違いしているのではないか」と思いました。 私も私に騙されているのではないでしょうか。 「私は誰でしょう」と疑問符を打ったことがある。 その時はちょっとぞっとしました。


うーん。いつ頃のことですか。 最近もそんな疑問を持った瞬間がありますか。


もちろん、最近もあります。 そのような質問は地道にする。 簡単な例として、『私があるアクションをすれば、それが私という俳優にできるアクションの基準点になる。 もし、次にその基準点に到達できなかったら'ミス'が生じて何かが歪み始めるんです。 アクション演技だけでなく、すべての支店においても同じです。 経験と作品が積もりながら私に与えられた宿題が増え、毎回何とかその水準に合わせる仕事をして生きていくと、ある瞬間「本当に私はどこだろう?」と思い迷ったりするのです



有名な存在としての自分と自然人である自分、
または公的な賢と私的な賢の間で紛らわしい時があるという言葉に聞こえるそうです。


さっき話した「脳の構造」についての話と繋がります。 作品間の空白期を自分の個人的な人生でうまく埋めてこそ、以後活動しながら、人々の期待値にはミスが少なく、自分なりに持っているある距離感も少しでも減らせるというのが私の結論であり判断です」 バランスの問題とも言えるでしょう。



ハイネックラインのレンフィールドボーマーはLoro Pianaの製品。


防水と防風機能を内蔵したポケット装飾ニュートラベラージャケットとニットセーター、ウールとコットンが混ざったシティツーピンスパンツはすべてLoro Piana製品。


俳優ヒョンビンで人を満足させるためには、自然人ヒョンビンの時間が賢明な方法で満たされなければならないということです。 あなたの背負ったことと厳しさから少しは脱して、より自由になるのは難しいことですか?

人生の半分をこの仕事をしながら生きたため、仕事と関連したことを排除することができない状態になった。 二つの間で適切にうまく合わせようと努力します。 最近、その道のための方法を ずっと悩んでいるということです。 私の性格上、公私を区別しながら暮らしているが、その両方を完全に分離することはできない事も知っている。 仕事が私をすべて覆ってしまわないように、バランスをどうやって合わせるかが鍵のようです。 逆に、本当に自分がどんな人なのかを知って、個人的な自分の姿が満たされる時間を持てば、それが結局演技にも役立つと思います



望んで描く未来の自分はどんな姿ですか?

職業的には今のように演技に対する情熱が冷めないでほしいです。
個人的には、私の職業が平凡ではありませんが、それでも平凡な事を少し感じて楽しみたいという願いがあります。 誰かがわざわざ制約しているわけでもないのに、やむを得ず生じる制約があ
からです。



平凡な生活を享受するためには、気楽にプライベートなヒョンビンを出してみるのも
結果的に役立つのではないでしょうか。


私が作品で自分の演技を現すように、プライベートな自分を「私の姿はこうです」と表現したら、
果たしてどうだろうか。 もちろん演技する時、普段の姿から少しずつ使う部分はあるんですが。
「私という人が存在することを誰か知ることも、私を好きでいてくれる人がいることも、すべて作品を通じて可能になったことです。 だから、私は再び作品を通じて、彼らに向かわなければならないのです。



これから公開される『交渉』と&『共助:インターナショナル』のヒョンビンに
私たちは何を期待していればいいですか?

期待しないでそのままいらっしゃれば良いです。
期待などできるものか、そんなことはしない方がいいですよ(笑)


CREDIT
ファッションエディター イ·イェジン
フィーチャーエディター クォン·ウンギョン
フォトグラファー アン·ジュヨン
スタイリスト  カン·ユンジュ
ヘアー イム·チョルウ(オーラ)
メイクアップ ダンビ(オーラ)
出所W website


※元記事
👇




このインタビューをUPする前に気づいたのが、
アクセスが、今日は異常に多くて💦怖いんです💦

初めての3万8000アクセス越え!!びっくり
普段の5倍???
何かありました❓💦
自分でも理由がわかりませんわからん

分析してみると9月22日のブログを見たアクセスだけで
3万越えって💦
私のこの日のタイトルの書き方のせいかも??
申し訳ないです💦


明日24日はヒョンビンのセンイル前日ですね手書きハート

明日、急ですが告知事項がありますので
よろしくお願いします🙇



では・・・

おやすみなさい💤


momoka🍑


コメント無の方でブログに共感して頂いた方は、
グッドいいね!」をお願いします。
「コメント書く」の上の左から2番目です。
👇












最終更新日  2021.09.24 07:49:45
コメント(12) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(09/23)   いるか さん
momokaさん
はじめまして、いつもブログを楽しみに読ませていただいてます。コメントになかなか書く勇気が無く、「良いね」ボタンを探したのですがそれも見つからず、でも感謝の気持ちは伝えたいので思い切ってコメントします。

とても内容の濃い長いインタビューの翻訳をありがとうございました。ヒョンビンさんの誠実でストイックな性格がよく現れていると思います。
これだけの翻訳をするのは本当に大変ですよね、感謝感謝です❣️

これからも陰ながら応援しています❗️ (2021.09.23 22:40:12)

Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(日本語訳)(09/23)   じゅんこ さん
momokaさんこんばんは⭐️
早速ヒョンビンさんのインタビュー記事を訳してくださってありがとうございます
記事の意味を知る事が出来てとても嬉しかったです
いつもこうやってmomokaさんのブログを楽しみにしてる私達の為に時間をかけて一生懸命ブログをアップしてくださるmomokaさんの優しさに感謝致しております
momokaさんゆっくり休んで下さいね
今日も良い夢が見れそうです✨
おやすみなさい⭐

(2021.09.23 23:23:47)

Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(日本語訳)(09/23)   イザベル育子 さん
本当に一字一句、深くて難しい内容のインタビュー、長い文章をアップしてくださって、感謝感動です。毎日ありがとうございます♥他のインスタでは見ない衣装もありました。また、緑の大きな木の下のヒョンビンはユンセリを抱きとめたリ・ジョンヒョクに重なりました。
本当にヒョンビンは、真面目な正しい人なんですね。 (2021.09.24 00:00:24)

Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(日本語訳)(09/23)   ぴょん吉 さん
momokaさん、こんばんは。
今日も濃厚な雑誌のインタビュー記事を翻訳&ブログにアップしてくださって本当に本当にありがとうございます‼︎🙏🙇‍♀️
Twitterにたくさんあがっていたのですが、なんて書いてあるか意味が分からず😅💦 momokaさんのブログで知る事ができ、とっても嬉しいです❗️これだけの内容を翻訳、ブログにアップされるのは、大変なご苦労だったと思います。本当に感謝感謝です🙏

インタビューの中身の濃さに感動です💖また、どの写真もカッコよくて、素敵✨に歳を重ねて (2021.09.24 01:04:47)

Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(日本語訳)(09/23)   ぴょん吉 さん
momokaさん、すみません💦
途中で送信してしまいました🙇‍♀️🙏

ヒョンビン、素敵に歳を重ねられていて、ため息です💖 
イェジンちゃんとのツーショットも見てみてみたい今日この頃です💖💖

momokaさん、今日はゆっくり休まれてくださいね。おやすみなさい🌙
(2021.09.24 01:15:09)

Re[1]:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(09/23)   momoka(モモカ) さん
いるかさんへ

初めまして。

いつも読んで頂いてありがとうございます😊
勇気出して初コメント頂き嬉しいです😆
「👍いいね!」の場所、解りにくかったですか?⤵️
無理をお願いして気を使わせてしまいすみません💦

私はグラビアよりインタビューが好きなのですが、
翻訳機を使って書いてますので
意訳の部分も多いと思いますが、ヒョンビンの気持ちが
少しでも伝われば嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。コメントお待ちしています🙇‍♀️ (2021.09.24 01:53:26)

Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(日本語訳)(09/23)   amie さん
momokaさん
たくさんの翻訳ありがとうございます。

ロロピアナ、高級感あふれる写真が素敵!と思っていましたが、インタビューも内容が濃くてヒョンビンさんの俳優としての葛藤やプライベートの自分自身とのバランスなどに悩まれていることなど改めてご本人に語ってもらっているとても印象に残る記事でした。
愛の不時着でまたさらに大きな名声を得て幸せながらも大変さもかなりなものなのでしょうね。コロナで仕事への向き合い方も影響が大きいようですね。
そしてプライベートでも最高のパートナーを得て幸せながらも、守りたいものができるというのは大変さもありますよね。
常に舞い上がらないヒョンビンさんのお人柄が感じられるインタビューで、とても感動しました。

ヒョンビンさんなら大丈夫と信じています。本当にすごい方ですね。若い頃からしっかりと考えて前に進んでいく力がすごい方だと思っていますが、いつも感動します。

余談ですが、私の中でヒョンビンさんと大谷選手がとても重なっています。年齢も仕事も違いますが、天から人並み外れた才能、資質を与えられて、自身でそれを大きくしているお二人。
夏に大谷選手に関する本を読みましたが、発する言葉も似ていて、新しい事(二刀流)にチャレンジして実現させる力とそのために環境を選び努力する日々、似ている‥と思いました。

こんなにたくさんの翻訳をありがとうございます。休日中 momokaさんの最近のブログを見てネゴシエーションのプロモーションの時系列を確認させていただきました✨コメント出来なかったのですが、改めてありがとうございます。ヒョンビンペンのアクセスがこの時期に増えるのでしょうか?

今仕事がカオスで(仕事量が増えて、人が減り、上が丸投げ‥愚痴すみません)朝からどんよりでしたが、記事を読んで元気が出ました!
momokaさんとヒョンビンさんのおかげで今日は頑張れそうです!

いつもありがとうございます❗️ (2021.09.24 06:55:31)

Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(日本語訳)(09/23)   ゆうちゃん さん
momokaさん おはようございます。W KOREAのインタビューありがとうございました。これだけの分量の日本語訳はさぞかし大変だったでしょうね。本当にありがとうございました🙏🙇‍♀️
どの写真もステキなのですが、やはりインタビューは性格や考え方がわかるので一層興味深いです。momokaさんのインタビュー記事のblogは今までのものも何回も繰り返し読んでいます。その度にblogにupするのは、どんなにかご苦労されているんだろうなと想像しています。ありがたいです。
インタビューからビニの誠実さやスターの苦悩に心動かされます。私生活がどうか幸せであってほしいと願わずにはいられません。

momokaさん、ありがとうございました。どうぞお疲れが出ませんように💖 (2021.09.24 06:58:11)

Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(日本語訳)(09/23)   海の生き物 さん
momocaさん、おはようございます。ヒョンビンさんの作品ごとに1人、1人、見た目と個性、キャラクターを創り上げる、真摯な姿がわかります。だから、作品を見終わった後に、強い余韻と、ロスを感じ、次の新しい作品を期待してしまう。いつまでも、俳優としての情熱を持ち続けて欲しい。その為にも、プライベートは充実して幸せになって欲しいと思いました。
momocaさん沢山の情報と翻訳、ありがとうございました。感謝しています。 (2021.09.24 09:50:13)

Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(日本語訳)(09/23)   カカリノ さん
momokaさん おはようございます☀
今日も気持ちの良い朝です😊

『W KOREA』インタビュー(日本語訳)ありがとうございました🙇
本当に訳するのって大変な事ですよね。直訳しても日本人として理解し難い物を私たちに解りやすい言葉で伝えてくださりどんなに感謝してもしきれません😂
本当にありがとうございました🥰

ヒョンビンの人となりや思慮深さや苦悩そして頭の良さがよくわかるインタビューでしたね😌

人より秀でた容姿・才能を持った人でなければ理解できない苦悩は私たち凡人には想像すらできませんがイェジンちゃんなら共有する事ができるんですよね😌

作品と作品の間の私の部分が本当に愛いっぱいに満たされて💝💝💝💝💝幸せに過ごして欲しいです😊
益々早く結婚を発表してベビー👶の誕生を待ちたいと思います🎶 (2021.09.24 10:12:35)

Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(日本語訳)(09/23)   ケイン さん
momokaさん、こんにちは👋😃

凄い😆
大変な作業ありがとうございました🙇
momokaさんには、ただただ頭が下がります
私はとてもできません😂
 ヒョンビンさんどれをとっても、素敵すぎです、やはりヒョンビンさんって、愛の不時着のリーさんとにてますね、哲学的というか、何度も読まないと私の頭では理解できなくて、この人と一緒にいるイェジンちゃん、凄いと思ってしまい、よく考えたら、イェジンちゃんも考え方似てると思いました
これはあくまでも私の考えですが、インタビューいつも、ヒョンビンさん、イェジンちゃんが頭のすみにいて、考えて考えて話しているようなきがしてならないです、
確かに天然なとこもありますが💦 
(私も天然なんで人のこと言えませんが)
仕事とプライベートは、別々にしたい気持ち分かります、でも、仕事柄ままならないこと沢山あるなか、ヒョンビンさんは、一生懸命イェジンちゃんを守り、イェジンちゃんは、ヒョンビンさんを信じふたりで過ごされてるなぁと感じました

 二人ともとても若く見えるの皆さんと同じです、韓国の年て言うと40才なんて思えません。

 mmomokaさん、blogありがとうございました🙇 (2021.09.24 12:31:23)

Re:雑誌『W KOREA』ヒョンビン★インタビュー(日本語訳)(09/23)   ブルーム さん
momokaさん、こんにちは。
まとめてのコメントになって申し訳ありません。
ヒョンビンさんのW KOREAのインタビュー記事をありがとうございます🙏
これだけの内容を画像と翻訳して記事にしてくださって、
かなり時間がかかったでしょうし、23日中にアップしてくださって感謝しかありません🙏

私もmomokaさんの記事と英語でインタビューを読みました。
この内容は1回さらっと読んだだけではヒョンビンさんの気持ちや意図を
考えるのは難しいですね・・・
コロナ禍のため、本来であれば作品と作品の間に役などから抜けるために
旅行に行っていたのに、それができないのでずっと走り続けているというところはイェジンさんもそうでしょうし、一般の方々も同じように思っていることではないかと思いました。
実際に私もそうですね。旅行などで気持ちを切り替えていたのに、
それができない状態でずっと走り続けている気がしています。

ファンから期待される姿と本来の自分とのギャップや
俳優ヒョンビンと人間キム・テピョンの線引きなど・・・
ヒョンビンさんが俳優という仕事に向き合うために、個人の時間を充実させることが必要であると認識されている以上、
同じ考えをもっていてヒョンビンさんを理解できるイェジンさんとの時間がとても大切になるわけですね。
自分自身だけでなく、自分が大切にしている人や空間も大事なわけです。
だからこそプライベートを守りたいというヒョンビンさんの気持ちが
伝わってきました😭😭

もっと楽に生きたら・・・と言ってもそういう性分である以上、
なかなか変われません。
作品を通してファンに会いたいというのがヒョンビンさんの気持ちなので、
作品を楽しみに待ちたいと思います😍
プライベートの充実がきっと俳優ヒョンビンさんの充実につながるので・・・😉 (2021.09.25 11:56:06)


© Rakuten Group, Inc.