1271904 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

幸せのエーデルワイス🌸

PR

X

プロフィール


momoka(モモカ)

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

イザベル育子@ Re:#Bride And You イェジちゃんのグラビアUPされました。(12/03) New! momokaさん、二人の服を選ぶ構図、そっく…
ケイン@ Re:今日から師走🏃‍♂️ですね🤔(12/01) momokaさん、こんばんは😃🌃  12月の朔日…
mire@ Re:今日から師走🏃‍♂️ですね🤔(12/01) momokaさん、こんばんは🌟 とうとう師走に…
ビビンバ@ Re:今日から師走🏃‍♂️ですね🤔(12/01) こんにちは、momokaさん。 今年最後の朔…
イザベル育子@ Re:今日から師走🏃‍♂️ですね🤔(12/01) 雪餅!美味しそうですね。毎月手に入れら…
2021.10.09
XML


あんにょん晴れ

一昨夜から、話題のドラマ「イカゲーム」を2話まで見て
お口直しに?「愛の不時着」の9話をもう一度視聴。
そして昨日から新しいドラマ「海街チャチャチャ」を見始めました。
シン・ミナさんもカッコ可愛いし、キム・ソノさんも
清潔感があり存在感があり良い感じですね。
まだ5話迄なので、本格的なラブラインは、これからですが、
お互いに意識し始めてる感じがチョア手書きハートですね。
すんなりとこのままハマりそうな雰囲気。
漁村民にオックムさんが出ていたり、よく見るハルモニが出ていたり
続きを見るのが楽しみです。





"追記''
一部途中まで内容をUPしてしまいました。
古い記事を削除して新しくUPし直しましたので
元記事にコメントして頂いた方は
申し訳ありません🙏

※ー※ー※ー※ー※


昨日はかちんこ「交渉」の最後の舞台挨拶のブログに
沢山のコメントありがとうございました。
楽しみにして頂いてた様で嬉しかったです。

9月10日と言いましたが、この日は2つのイベントがあり、
VLIVEの方がUPしてなかったので、後日紹介しますね。

ただ、他にも2人の出会いの作品であるこの🎬について、
色んな記事がUPされていますので、
機会を見て紹介したいと思います。


今日は、以前、ブログに書いていた
かちんこ「ザ・ネゴシエーション」のビハインド・トリビアについて
第3部がまだUPされてなかったので、紹介したいと思います。


一部・2部は1月29・30日に書いてますが
知らない方多いと思いますので、改めて紹介します。


映画【交渉】ビハインドストーリー・トリビア1部 |

映画【交渉】ビハインドストーリー・トリビア2部



映画「交渉」ビハインドストーリー・トリビア3部











1.思いがけず3年前からペアルックを着た(?)2人の俳優



劇中、ソン·イェジンのハ·チェユンが征服スーツを脱いでネクタイを緩めながら
シャツ姿で対話する場面。


もちろん、当時撮影現場が暑い理由もあったが、これは人質犯のミン·テグ(ヒョン·ビン)が
少しでも違和感を減らしてほしいという思いから行った行動だった。
その為、2人は同じシャツ姿で会話することになる。

その後、DVDコメンタリーでソン·イェジンはこの場面を説明し、
それでミン·テグのようなカップルTシャツを…"と恥ずかしそうに言った。
今カップルになった2人の状況を考えると面白い場面だ。




2.実際の女性の交渉官が大好きというソン・イェジンのこのセリフ



その後、興奮した状態でミン·テグが人質のチョン·ジュング(イ·ムンシク)に暴行を加えると、
ハ·チェユンがそれを制止し、ずっとそうしてたら私がミン·テグを 相手する空間がなくなります」
と自分の心を示すジェスチャーを取る。
劇中でソン·イェジンのモチーフになったという女性交渉家は、この映画のこの台詞の場面を見て、
とても喜んだという。 人質犯と交渉家の関係をよく説明した象徴的な台詞だったからだ


--ところが面白いのは、尹監督とソン·イェジンはこのセリフをなくそうか悩んだという事。
脚本上で見た時、凄く恥ずかしかったが、実際に書いてみたら大丈夫だったので、
そのまま書くことになった。



3.一度にロングテイクで撮影して演じたヒョンビン






​ミン·テグ、リサンモク記者(チョン·インギョム)、ユン社長(キムジョング)が
画像を通じてお互いに向き合った場面。

心理的緊張感が最も高いこの場面は、何とロングテイクで一気に撮影した場面だ。
心理的にも大変で天気も暑くて皆大変な状況だったが、
ヒョン·ビンは最初から最後まですべての台詞を覚えてこの場面を進行したグッド





4.実際の人質交渉で絶対してはならないこの行動

大韓日報の尹社長がミン·テグの作戦に巻き込まれて戸惑うと、
いきなり警察庁長官が口を挟み「望むことを言え」と言う。
これは、映画でも描かれたように、実際の交渉でも絶対にしてはならない行動だ。

その後、ミン·テグが庁長に向かって憤る場面は、
この状況がどれほど非効率的な場面なのかを示す部分だ。


-人質劇では2つの行動を禁じているが。 人質犯の要求事項をいちいち聞き入れること、
中間に第三者が割り込むことだ。 交渉はもっぱら交渉家に任せなければならない。




-ミン·テグが怒ったあまり、カップを投げて壊してしまう場面。

ヒョン·ビンは元々この場面を自分の手の圧力で壊してしまうことで演技しようとしたが、
そうすればミン·テグの手の負傷設定が浮き彫りになって再撮影も難しくなる事がある為
結局、自分で投げることに変えた。



5.ヒョンビンがソン·イェジンを見るたびに真似してからかうという
彼女の「この行動」

ユン社長が退場するやいなや、ミン·テグが急にハ·チェユンに向かってひどい悪口を言う。
映画を見ていた女性の立場では優しく見えたヒョン·ビンがひどい悪口を言うこの場面に
やや不便に感じたという。
しかし、これはその後、映画が予想できなかった過程に流れることを暗示する内容として、
映画の緊張感のために必要な場面だった。


-その次に最も衝撃的な場面が登場する。

それにハ·チェユンが大きな衝撃を受けて魂が抜けたままミン·テグに向かって悪口を言う。

-当時、ヒョン·ビンはシナリオを読んで、ソン·イェジンが自分に向かってとても怒った状態で
悪口のセリフを言うと思ったが、ソン·イェジンが前者に言及した様に、
喉がつまったまま静かに悪口を言う、あまり予想しなかった演技をして驚いたという。


ソン·イェジンは当時、ハ·チェユンの心理を考えて「こうするだろう」と思って
感情演技をしたと回想した。 彼女が計算し終わったシーン.

-ソン·イェジンの演技シーンが余りにも印象深かったのか…ヒョン·ビンは後で
私的な席でソン·イェジンに会う度に、李大使の場面と言葉遣いを真似てからかったという。


6.ソン·イェジンがとても感嘆したというチャン·ヨンナムのディクション!

国家情報院がこの交渉に介入するようになっ警察職員が現場から排除される。
そして当時、現場に一緒にいたチャン・ヨンナムが、ハチェユンとアンヒョクス(キム・サンホ)
が車の中に入って嘆いて事件の状況を説明してくれる。

この時、チャン・ヨンナムが多少興奮状態で一歩遅れて状況説明を与える事に、
よく見ると混乱緊迫した状況でも、あまりにもきちんと代謝をよく聞こえるように伝えてくれて、
すぐ後ろ聞いていたソン・イェジンが非常に感心したという。
なぜ彼女はプロなのかを示した代表的なシーンにはシーンを通じて
チャン・ヨンナムを尊敬するようになっている。 


7.ソン・イェジンの口の形が少しおかしい?知ってみると...

以後反撃のためにチームメンバーと車の中でミンテグに関連するすべての情報を把握する場面。
この時、ソン・イェジンの表情をよく見ると、軽く口が動く様子が出てくる。
まるでミンテグを噛んで(?)食べるような意志で見えた、実際にこのシーンは、
彼女がパンを食べて状況を把握する場面だった。

劇中ソン・イェジンが食事を解決できず、パンを食べて状況をチェックする場面だったが、
映画の中でソン・イェジンがパンの袋をはがして食べるシーンが編集された風の口から
何かを食べるか、食べないのか、やや曖昧描写された。
映画を見ていた観客も知らなかった場面。 

以降の車の中からは、シーンからパンを置いていく場面が軽く出るのに、
あまりにも瞬間だ映画を見るときに、この場面をよく見てください


上の文章の中で、ヒョンビンが、イェジンちゃんを揶揄ってたとの
話がありましたが、他にもヒョンビンが、イェジンちゃんを
揶揄った様な発言があります。




これは韓国版のDVDについている「SP.フィーチャー」の中で
動画を見ながら、出演者達が、所謂コメンタリーの動画です。
コメンタリーは2018年4月にポスター撮りと同じ頃に行ったようですね。
(よく見るとポスターはいぇじんちゃんの髪が少し伸びてますよね)

休暇を取ってるハ・チェユンの所に上司が戻る様に電話を掛けるのですが、
このシーンは、MBCドリームセンターで撮影された様ですね。
急に電話が切られて、ムカついたハ・チェユンが
携帯電話を(又は、隣のピルケース)を)投げようとするシーンを見て
それまで、イェジンちゃんと監督のみの声だけで
殆ど喋っていなかったヒョンビンが、急に声で話しだします。
「(携帯を投げる様なしぐさは)頭に着たりした時、いつものやる習慣じゃないの?
え~(そうだろう?)、それをどうするつもりだったの?」
ってヒョンビンがイェジンちゃんを揶揄う感じの事を言います。
画面見るとテーブルに足も投げ出しているし
ちょっとお行儀が良くないので、それを揶揄う感じも有るのかもしれません。
イェジンちゃん「それは細かい演技よ。細かい演技の一つよ」
ヒョンビン「でも、君は何かをしようとして辞めたよね」
そんなやり取りがあるのですが、
2人のしゃべり方が、ため口に聞こえます。
撮影中の時は、ため口じゃなかった2人が
(1年前の6月17日~8月5日まで)
コメンタリー収録時は、ため口を話せる様になってるのが興味深いですね。

あるブログを見た方から、
映画撮影後、2人はこのコメンタリーの時と、
ドラマ「よく奢ってくれるお姉さん」の時に1度だけ会ったと
イェジンちゃんが、何かのインタビューで話してたそうですが、
連絡は取ってたのかもしれませんね。

前に100万アクセスの時に「観賞会」をする予定でしたが、
中々進みません💦
週末は難しそうなので、また近くなったら
お知らせしますね。



では・・・また👋👋

momoka🍑













最終更新日  2021.10.11 07:43:39
コメント(11) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.