1252868 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

幸せのエーデルワイス🌸

PR

X

プロフィール


momoka(モモカ)

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

ビビンバ@ Re:久しぶりのコリアンタウン😆&ゴルフ場での目撃情報(11/27) New! こんにちは、momokaさん。 お友達との鶴…
イザベル育子@ Re:久しぶりのコリアンタウン😆&ゴルフ場での目撃情報(11/27) New! 続けてコメントすいません🙏 以前momokaさ…
イザベル育子@ Re:久しぶりのコリアンタウン😆&ゴルフ場での目撃情報(11/27) New! momokaさん、美味しい写真ありごとうござ…
momoka(モモカ)@ Re[1]:ドラマ「30.9」サポートが目白押し(11/26) ケインさんへ こんにちは😃 >ソル・…
mire@ Re:久しぶりのコリアンタウン😆&ゴルフ場での目撃情報(11/27) momokaさん、こんにちは😊 今日は雲ひとつ…
2021.10.16
XML


アンニョン🍀

午後から☔️の予報でしたが、
青空が広がってます。

昨日はたくさんなコメント頂いてたのに
コメント返せずにすみません🙇‍♀️


明日最終回を迎える「海街チャチャチャ」を見直そうと
もう一度、サラッと見てました。
いよいよ今日15話の放送がありますね。
きっとハッピーエンドになる事を祈ってますスマイル

LINE鑑賞会についてお知らせしないと・・と
思いつつ中々、ブログにUPする内容が纏まらず😅
💻開ける時間が遅くなりました💦


LINE鑑賞会は、希望の多かった本日夜🌉に行います。
詳細については.最後にお知らせしますね。







先ず今日の話題ですが、
🎬"ザ・ネゴシエーション"の時に受けた
ヒョンビンのインタビューを紹介します。


《 俳優報告書 》


長い間俳優とその演技を研究、分析してきたペク・ウナ ジャーナリストが
1人の俳優に深くインタビューし作成した映像報告書である。

⚫︎42番目報告書主人公 

名前:ヒョンビン
デビュー作:映画「돌려차기(まわし蹴り)」
キーワード:地道な演技、慎重な心、変化と挑戦

報告書は今日、昨日、未来と分かれている。


今回は"今日"の部分を紹介したいと思います😘


<今日報告書>

9月19日公開のザ・ネゴシエーション
ミン・テグ役

















★ヒョンビン・インタビュー


Q.最初は人質犯に見えるが実はもっと大きな計画を持っている人物でしたよね。キャラクター自体のどんな面が1番魅力的そして面白く伝わってきましたか?


まず監督とこの作品をやるにあたり会って話をした時にミン・テグという人物がしている事、
行動などは悪で包装されているものが多いが、それを少し立体的にそして典型的にはならないように表現できる方法は何だろうかという事についてたくさん悩んだ気がします。
ミン・テグという人物が持っているストーリーや、この人物が立体的に見えるために出来る事、
善悪を超えて表現できるものには何があるのだろうという事を
特に意識して準備した部分があります。




Q.役作りの部分だけでなく、実際に撮影に入ると映画撮影と言う作業は、
継続的な交渉や話し合い等を必要としますよね。
自分だけが持っている監督あるいは他の俳優たちとの交渉のワザがあるとしたら、
それは何ですか?

コミニケーションだと思います、結果的に。
先ほども言いましたが映画の撮影に入る前から話し合いが始まりますよね。
映画についてこの作品をやるかやらないか、やると決めたらどうやってやるのか、
キャラクターはどうやって作るのか、撮影終了後の生産作業はどうやるのか、
そして公開されたら今度は観客の方達と交渉をしないといけないですよね。
でも結局は全てコミュニケーションだと思うんです。
撮影に入ると監督とたくさん話をするタイプですし、
この作品について誰よりも監督がよく分かってらっしゃると思っています。
なのでテグと言うキャラクターについてたくさん監督とコミュニケーションを取りました。

(イ・ジョンソク監督談)
本当に私にとって(ヒョンビンは)大きな力になった俳優だと思っています。






Q.まるで一人芝居かのように1人でモニター相手に演じなければいけない事自体が、
俳優としてものすごい制約だなと感じるのですがどうでしたか。


違いましたね、はじめは異質な感じもありました。でもどんどん慣れてきました。
一人芝居というのは一方では何らかの制約を課してくるものではあります。
空間が与える制約というのは明らかにありますね。ですが私は逆に面白かったです。
一人芝居なんだから僕の思い通りに!ダメならまたやればいいんだし〜みたいなのがありました。
しかしそれはミン・テグという人物に合った方法だったと自分自身思います。
小さな空間にいるからといって演技自体までもが閉じ込められてしまうと
私が最初に考えていた監督とのたくさんの話し合い、
典型性そういったものから抜け出せないと言う感覚がありました。
なので狭い空間だけど広い空間かの様に、
自分のやりたいようにやろう!と言う考えで撮影に臨んでいました。


Q.モニターを隔ててどこか遠い場所から顔を合わせて演技をしているソン・イェジンさんという
俳優ともう少し近くで演技ができたらよかったでしょうが、
物理的に遠くにいても感じることのできるエネルギーのようなものがあったのでは?

あります!ソン・イェジンさんという俳優がハ・チェユンという役を演じる時.
本当に良かったんですよ、気分が。
もちろんお会いしてみたかった俳優さんでもあり、一緒に仕事をしてみたかった方ですが、
それとは別にしても二進撮影という技法で撮影をするとなった時に先ほどおっしゃっていたように
モニターを超えて、イェジンさんの演技へのパワーやエネルギーが
伝わって来ないといけないのですが、
膜があまりに多いので簡単なことではありません。でもソン・イェジンという人は十分に、
それ以上にできる方のようです。なので今もとても感謝しています。

☆今日報告書
美しい聴者 物語を始める。



続きは、また次回・・・お楽しみに。






~「愛の不時着」LINE鑑賞会のお知らせ~

⚫︎時間
本日22時より

※集合は21時40分〜21時55分まで。
承認制ですので質問にお答え頂き、
承認を待って入って下さいね。宜しくお願いします。

※時間厳守でお願いします🤲
遅刻された場合は、入室をお断りさせて頂きます。

⚫︎場所
LINEチャット"幸せのエーデルワイス


いつも参加して頂いてる方は
いつものアドレスです。

⚫︎参加の方
Binjinペンの方で
このブログに今までに
書き込みした事がある方にかぎります。

⚫︎締め切り
本日21時



momoka🍑









最終更新日  2021.10.19 21:20:01
コメント(11) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.