999950 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

幸せのエーデルワイス🌸

PR

X

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

映画「ザ・ネゴシエーション・」

2021.10.16
XML


アンニョン🍀

午後から☔️の予報でしたが、
青空が広がってます。

昨日はたくさんなコメント頂いてたのに
コメント返せずにすみません🙇‍♀️


明日最終回を迎える「海街チャチャチャ」を見直そうと
もう一度、サラッと見てました。
いよいよ今日15話の放送がありますね。
きっとハッピーエンドになる事を祈ってますスマイル

LINE鑑賞会についてお知らせしないと・・と
思いつつ中々、ブログにUPする内容が纏まらず😅
💻開ける時間が遅くなりました💦


LINE鑑賞会は、希望の多かった本日夜🌉に行います。
詳細については.最後にお知らせしますね。







先ず今日の話題ですが、
🎬"ザ・ネゴシエーション"の時に受けた
ヒョンビンのインタビューを紹介します。


《 俳優報告書 》


長い間俳優とその演技を研究、分析してきたペク・ウナ ジャーナリストが
1人の俳優に深くインタビューし作成した映像報告書である。

⚫︎42番目報告書主人公 

名前:ヒョンビン
デビュー作:映画「돌려차기(まわし蹴り)」
キーワード:地道な演技、慎重な心、変化と挑戦

報告書は今日、昨日、未来と分かれている。


今回は"今日"の部分を紹介したいと思います😘


<今日報告書>

9月19日公開のザ・ネゴシエーション
ミン・テグ役














★ヒョンビン・インタビュー


Q.最初は人質犯に見えるが実はもっと大きな計画を持っている人物でしたよね。キャラクター自体のどんな面が1番魅力的そして面白く伝わってきましたか?


まず監督とこの作品をやるにあたり会って話をした時にミン・テグという人物がしている事、
行動などは悪で包装されているものが多いが、それを少し立体的にそして典型的にはならないように表現できる方法は何だろうかという事についてたくさん悩んだ気がします。
ミン・テグという人物が持っているストーリーや、この人物が立体的に見えるために出来る事、
善悪を超えて表現できるものには何があるのだろうという事を
特に意識して準備した部分があります。




Q.役作りの部分だけでなく、実際に撮影に入ると映画撮影と言う作業は、
継続的な交渉や話し合い等を必要としますよね。
自分だけが持っている監督あるいは他の俳優たちとの交渉のワザがあるとしたら、
それは何ですか?

コミニケーションだと思います、結果的に。
先ほども言いましたが映画の撮影に入る前から話し合いが始まりますよね。
映画についてこの作品をやるかやらないか、やると決めたらどうやってやるのか、
キャラクターはどうやって作るのか、撮影終了後の生産作業はどうやるのか、
そして公開されたら今度は観客の方達と交渉をしないといけないですよね。
でも結局は全てコミュニケーションだと思うんです。
撮影に入ると監督とたくさん話をするタイプですし、
この作品について誰よりも監督がよく分かってらっしゃると思っています。
なのでテグと言うキャラクターについてたくさん監督とコミュニケーションを取りました。

(イ・ジョンソク監督談)
本当に私にとって(ヒョンビンは)大きな力になった俳優だと思っています。






Q.まるで一人芝居かのように1人でモニター相手に演じなければいけない事自体が、
俳優としてものすごい制約だなと感じるのですがどうでしたか。


違いましたね、はじめは異質な感じもありました。でもどんどん慣れてきました。
一人芝居というのは一方では何らかの制約を課してくるものではあります。
空間が与える制約というのは明らかにありますね。ですが私は逆に面白かったです。
一人芝居なんだから僕の思い通りに!ダメならまたやればいいんだし〜みたいなのがありました。
しかしそれはミン・テグという人物に合った方法だったと自分自身思います。
小さな空間にいるからといって演技自体までもが閉じ込められてしまうと
私が最初に考えていた監督とのたくさんの話し合い、
典型性そういったものから抜け出せないと言う感覚がありました。
なので狭い空間だけど広い空間かの様に、
自分のやりたいようにやろう!と言う考えで撮影に臨んでいました。


Q.モニターを隔ててどこか遠い場所から顔を合わせて演技をしているソン・イェジンさんという
俳優ともう少し近くで演技ができたらよかったでしょうが、
物理的に遠くにいても感じることのできるエネルギーのようなものがあったのでは?

あります!ソン・イェジンさんという俳優がハ・チェユンという役を演じる時.
本当に良かったんですよ、気分が。
もちろんお会いしてみたかった俳優さんでもあり、一緒に仕事をしてみたかった方ですが、
それとは別にしても二進撮影という技法で撮影をするとなった時に先ほどおっしゃっていたように
モニターを超えて、イェジンさんの演技へのパワーやエネルギーが
伝わって来ないといけないのですが、
膜があまりに多いので簡単なことではありません。でもソン・イェジンという人は十分に、
それ以上にできる方のようです。なので今もとても感謝しています。

☆今日報告書
美しい聴者 物語を始める。



続きは、また次回・・・お楽しみに。






~「愛の不時着」LINE鑑賞会のお知らせ~

⚫︎時間
本日22時より

※集合は21時40分〜21時55分まで。
承認制ですので質問にお答え頂き、
承認を待って入って下さいね。宜しくお願いします。

※時間厳守でお願いします🤲
遅刻された場合は、入室をお断りさせて頂きます。

⚫︎場所
LINEチャット"幸せのエーデルワイス


いつも参加して頂いてる方は
いつものアドレスです。

⚫︎参加の方
Binjinペンの方で
このブログに今までに
書き込みした事がある方にかぎります。

⚫︎締め切り
本日21時



momoka🍑








最終更新日  2021.10.17 12:56:55
コメント(6) | コメントを書く


2021.10.11
​​​​

あんにょん


ザスニのお話ですが、今年のシーグリ📅発売のお知らせがありましたね。
去年は、途中での入会で皆さんと一緒に購入できず
追加発売の時に、確か?3分位ぐらいで売り切れた覚えがありますが、
奇跡的に購入出来、ドキドキした事を覚えてます。
今年は予約販売と言う事で、安心して購入出来そうで嬉しいです。
購入の期日を忘れないようにしなくては。。。💦


いよいよ「愛の不時着」の特集がありますね


​​​​




「愛の不時着〜国境を越えた大ヒットの秘密〜」

初回放送日: 2021年10月12日

韓国から北朝鮮に不時着した財閥令嬢が北朝鮮の軍人と恋に落ちる!北緯38度線を越えた禁断のラブストーリー「愛の不時着」。タブーに挑んだドラマの裏には70年以上に及ぶ「分断」国家ゆえのスタッフの葛藤があった!社会現象化したこの作品がどう作られ、南北、そして世界の人々にどんな影響を与えたのか?監督のイ・ジョンヒョやヒロインを演じた女優・ソン・イェジンらの独占インタビューを交え、大ヒットの秘密に迫る。

​​
<予告編>
https://www.nhk.jp/p/anotherstories/ts/VWRZ1WWNYP/episode/te/8NJ5NXVV8P/



2021年1月の記事とワイドショーの動画を紹介します。
​​
記事「ソン·イェジン♥︎ヒョンビン、お互い好感を持ったのは 2018年9月から」
[Oh!強い話題]





俳優のソン·イェジン(40)とヒョンビン(40)が現在交際中ですと認め、
21年元旦、公開恋愛を始めた最初のカップルになった。
外部に知られた恋愛期間は大体8~10ヶ月くらいですが、
お互いに好感を持ち合ったのはずっと過去です。

これまで二人の俳優は熱愛説が3度もあったが、
毎回「付き合っている間柄ではない」と説明していた。
しかし、ヒョン·ビンとソン·イェジンはドラマの終映(2020)より
2年前の18年9月からお互いへの好感を持ってきたと観測された。

正確に言えば、2人が初めて演技の呼吸を合わせた
映画「ザ・ネゴシエーション」(イ·ジョンソク監督、2018)を宣伝してからです。
この映画は、彼らが対面して演技する回数が全くなかったです。

二元撮影方式を取りながら、2人の俳優はそれぞれ違う場所でお互いモニターだけを見ながら
演技をしなければならなかった。
体は離れていて、コンピューターのモニター画面を通じて演技の呼吸を合わせていたのです。
撮影後、2018年9月19日の公開を控え、彼女たちは広報のために頻繁に会わなければならず、
大邱、釜山など地方の舞台挨拶を回りながら、さらに身近な感情を感じたという。

また、当時のインタビューを通じてヒョン·ビンは
「ソン·イェジンは私が思うようにエネルギー溢れる俳優だったし、
私が思っている以上にハイテンションでした。
テンションが高いので、次の作品でお会いできればと思います」と話した。
ソン·イェジンも「ヒョンビンと必ずまた会いたいです。 面白い映画であれ、
ヒョンビンとぜひまた会って呼吸を合わせたい」と話していた。
映画をPRしながら好感を持ち、その後、ドラマを通じてもう一度パートナーとして
一緒になったことで、感情が深まったのです。

ソン·イェジンとヒョンビンは(2021年)1日午後「2人の俳優は作品を通して縁が結ばれた」とし
「ドラマ終了後、お互いに対する良い感情を持って恋人に発展することになった」と熱愛事実を認めた。
2020年2月に終了したtvNドラマ『愛の不時着』(脚本パク·ジウン、演出イ·ジョンヒョ)以後、
本当の恋人に関係が発展したというのが双方の所属事務所の説明です。

噂では、彼らがドラマの中のキャラクターの感情と混同しないように、
終わってから期間を置いており、そのように連絡を取り合いながら
お互いに対する気持ちが大きくなったと思います。

これに対しヒョンビンの所属事務所VAST側は
「これから二人の出会いを温かい視線で見て応援してくださるようお願いします」
という熱い関心に感謝の気持ちを表した。






イェジンちゃんの家族写真が、以前から話題になってますが、
ヒョンビンがイェジンちゃんのアボジと
凄く似ていると言う話です。







結婚に関する2人のインタビューを纏めてみました。

ヒョンビン「2017 映画"共助" インタビュー」

2017年、ヒョン·ビンは映画『共助』の公開を控え、メディアとのテーブルインタビューを行った。
この日、ヒョン·ビンは結婚観についての考えを明らかにし、女性ファンの耳目を集めた。
当時35歳だったヒョン·ビンは「結婚をあまりにも遅くしたくない」と幸せな家庭を夢見た。

劇中でカン·ジンテ(ユ·ヘジン)の家を訪れる場面を回想していたヒョン·ビンは
「実際に私は家庭に対する心と理想が大きい」と告白した。
ヒョンビンは「素敵な家庭を築きたい。 良い父親になりたい」と正直に打ち明けた。

それと共にヒョンビンは結婚の時期があるとし
「あまり遅い年齢にだけしないことを望む」と伝えた。



ソン・イェジン
『よくおごってくれるきれいなお姉さん』
ドラマ終了後のインタビューより(2018.6.5)

ソン·イェジンがこのドラマを通じて得た質問と結論は
愛は瞬間なのか。 結婚すれば愛は異性だけの感情ではないと思う
愛したときに後悔しないようにしなければいけない
」ということだ。
ソン·イェジンは「実際にどんな男性が好きか」という質問に対し、
「外見は見ない。 心が広く、器が大きい人になってほしい」と話した。


ソン·イェジン「カン·イルホンのスペシャルインタビュー」(2020年)

ヒョンビンと結んだ愛の火種は、2018年に公開された映画「交渉」で初めて燃え上がった。
メロではなく敵に対峙する関係で、階が違う空間で映像演技をしたが、すでに感じが違っていた。
「交渉」公開直後、筆者と行った対面インタビュー(スペシャルインタビュー)で
ソン·イェジンは「全国に舞台あいさつに通いながら(ヒョンビン氏の)魅力を知った」と告白した。

愛の感情とは良い心、ときめく心の表現であり、表情から表れるものだ。
結局、ファンが先に気づく。
映画公開数ヵ月後、米国のスーパーで一緒に遊んだ2人の姿が撮られ、
すぐに熱愛説につながった。その後も恋愛説は絶えることなく、
tvNドラマ『愛の不時着』で息を合わせながら離せない関係に深まった。


★ソン・イェジン(同上)2018年インタビュー

結婚ですか?いつも夢見る目標のようなのに、蜃気楼の様に遠くなるようで残念です。
何も考えずに仕事に打ち込んでいたら、もう30代半ばを軽く過ぎましたね。
最初からしないことにしたなら悩む理由がないでしょうが、
私は独身主義者ではありません。
良い方に会えばいつでもコールだから、40歳以内には必ずしますよ

「(ヒョン·ビンさんは)無口な方だが、ユーモアが多く私だけでなく
他人の話もよく聞く方だ」と話した。
彼もプライベートな席ではユーモアがあふれている。
芸能界には同じ作品で出会って結婚にゴールインしたカップルは多い。
熱愛を認め「きれいに手入れしていきたい」というソン·ヘジンの
「愛プラス」告白が妙な余韻として残る。


記事を並べてみました。

では・・・また👋👋

momoka🍑










最終更新日  2021.10.12 08:21:34
コメント(4) | コメントを書く
2021.10.10



あんにょん😞

今日は仕事が忙しくて会社から帰って疲れた為か
知らないうちに寝てしまい💦
夕食も作らずに寝てしまってました('◇')ゞ
遅めの夕食を作り、夜になって寝ようと思っても
昼寝?したせいか中々眠つかれず、ブログを更新しています。

映画「ザ・ネゴシエーション」について
集めた資料から紹介します。



【インタビュー】
ヒョンビン「正しい生活イメージの障害物? 挑戦に変えます」




[スポーツ韓国.チョン記者]

本当に不思議だね。 北朝鮮の方言に素肌アクションまで驚くほど見事に消化し(「共助」)、女心を揺るがすメロは基本で(「晩秋」、「彼らが生きる世界」)、コミックさが加味された財閥2世さえ何気なく消化した(「シークレットガーデン」)彼ではないか。 最も若く強い正祖大王(「逆鱗」)と友情を交わしていた友達とすれ違う組織暴力団員の役まで「友達、私たちの伝説」を思い浮かべると、男優が演じられるキャラクターはほとんど経験したことがある。

そのうえ、芸能人への軍入隊史上、最大の関心を集め、全国を騒がせた海兵隊入隊と無事終えた軍服務は、彼女に最も模範的な「大韓男児」という超肯定的なオーラを持たせた。

ところが、俳優のヒョン·ビンを思い浮かべると、一度も飽きたとか、飽きたとかいう気がしない。 イメージを消耗されたことがないと言うか。 魅力的な中低音の穏やかなボイスと穏やかな話し方、彼を世間に知らしめたイン·ジョンオク作家の『アイルランド』(2004)の時から持っていた少年美と憂愁に幼いような情緒と原因の分からない不安感は、一度彼に惚れた観客なら到底抜け出せない妙な力がある。

映画「交渉」で戻ってきた俳優ヒョンビンとソウル三清洞(サムチョンドン)のあるカフェで会った。 彼とのインタビューとしての出会いは3度目だが、一様な落ち着きとそっと微笑のほか、特に感情を表わさない対話法は相変わらずだった。 毎回の新しい挑戦には痛みもつき、厳しい訓練と練習が基本だったはずだが、そのような努力を誇ることがないのも相変わらずだ。

『交渉』で初の悪役を演じ、ヒョン·ビンピョの悪人の姿を見せた彼は、10月の映画『蒼穹』で夜鬼が危機に瀕した朝鮮に戻ってきた王子イ·チョン役で観客を訪れる。 一本の作品でも重なる姿を見せたくないという彼の変身が嬉しい。






-「交渉」で悪役を初めて演じた。 --外形的に変化を与えた部分は…

▲特別に体を育てたりはしていない。 キャラクターを作る時、外的に見える影響があるので、衣装チームや扮装チーム、監督と一緒にかなり悩んだ。 傷跡や入れ墨を顔や体に表現しているが、険悪に見せるためではない。 傭兵時代に入れ墨や傷跡ができたことを表現しようとした。

-「交渉」への出演を決めた理由は。

▲交渉という素材を前面に出した映画がなかったではないか。 国内映画の中で交渉家たちが交渉のテーブルに座って事件当事者たちを助ける内容はなかった。 「交渉家の一騎打ち」を面白く見た。 ミン·テグというキャラクターだけを見ると、たくさん積めるものがありそうだった。 魅力的に見えるように作って行きたかった。

-上映時間中、ソン·イェジンと交渉する内容がメインなので、スペース移動がほとんどない。 --撮影中、大変だったことが多かったと思うが…。

▲ ミン·テグが一つの空間にあるのがほとんどだがその空間もまた非常に小さかった。 数坪の空間にスタッフが皆入ってきており、カメラ3台が一緒に帰ってきた。 しかし、その空間を広く見せたかった。 カメラの外に出て中に入る方式で小さな空間全てを活用した。 モニターの前の交渉テーブルにハ·チェユン(ソン·イェジン)が座ったり、また国情院職員が座ったり、警察庁長官に入って座ったりしながら、接する人が誰かによって違う行動をしようとした。 退屈しない方法を悩んだ。

-ミン·テグという人物をどのように想像し、描いていったのか。

▲テグは交渉テーブルに着いた目的と意図が全部計算された状態で座っているが、交渉対象を指定するまで観客には意図が分からない。 丁寧に話しながらも、いきなり恐怖感を助長したりもする。 「この人は何だろう?」という疑問を与えたかった。 イ·ジョンソク監督は、「ヒョン·ビンが演じる人質犯に意外性を見せたいと言っていた。 観客がテグに同情してほしいと言った。


レファレンスで参考にした映画やキャラクターはあるか。

▲監督が交渉関連の本をくれたので、読んでみた。 映像資料は見ていない。 映画や映像を参考にすれば、私がそれが模範答案のように見え、間違ったと感じるような気がする。 私はレファレンスを映画や映像で見るのがあまり好きではない。


- ミン·テグがハ·チェユンを考えて決断を下せないエンディングシーンについて意見が分かれているが…。

▲シナリオの中の結末通り、映画のエンディングが進められた。 エンディングが好きな方もいるし、 反対の方もいるよ。 自分の目的を達成するために利用し続けたが、ハ·チェユンが死んだら、ミン·テグは失敗したのではないか。


-映画「共助」の時見せてくれた絢爛たるアクションぶりが後半にほんの少しだけ登場する。 分量上残念な気もするが…。

▲廊下総アクションシーンが我が映画のすべてだ。よく見ると短いアクションシーンだが、銃を取る姿勢や角度などが「共助」とは全然違う。 短い場面だったが、違う場面でやりたかった。

ドラマ「シークレットガーデン」「彼らが生きる世界」「友達、私たちの伝説」「ハイド·ジキル、私」を見てもそうだし、映画「晩秋」「逆鱗」「共助」「クン」を見てもそうだし、キャラクターが重なる場合が珍しい。 こんなに全く違うキャラクターとジャンルを 選ぶのも難しいと思うけど。


▲作品を選ぶ時、毎回何か違うポイントを探す。 素材であれ、物語であれ、キャラクターであれ、自分なりに異なることをやってきた。 「クン」、「アルハンブラ宮殿の思い出」「チャン闕」もそうだし、いつも違う姿をお見せして、他の話をしたい。


- 撮影当時、ソン·イェジンとモニターだけで会っていたが、実際の撮影もまったく同じだったそうだ。 --現場で顔を合わせたのか。

撮影前にソン·イェジン、イ·ジョンソク監督と3人で事務所で会い、シンバイシンでリーディングの練習をしたり、一緒に食事をしたり、お酒を飲んだりしながら話をしたりした。 撮影現場は同じ建物の3階セット場でイェジンさんが撮り、私は地下1階セット場で撮影した。 撮影そのものを各自のセットで撮ると、離れて撮影しなければならなかったが、一緒にする俳優としての連帯感が形成された。 リハーサルをあまりしなかったが、演技をするには不便がなく、楽だった。

- 小さなセットの中で一人芝居をしている感じもあったでしょうね。

▲それぞれ孤独な戦いをしているようだった。 たまには寂しくもあった。 イェジンさんはもっと大変だったはずだ。 テグは自分のしたい通りにする人物だが、ハ·チェユンの立場ではリアクションもしなければならず、交渉家としての動作も限られているから、ずっと難しかっただろう。 今回の撮影方式の長所は、撮影現場は違うが、互いのモニターを通じて相手の俳優と同時に呼吸する「二元撮影」だったため、そのような地点は映画とよく合っていたようだ。

-他の作品とは違って、直接アイディアもたくさん出したと聞いたが。

▲一人で撮影場に行く前に台本を見ながら自分なりのバージョンとアイディアを持って練習した。 悪役だが魅力があればいいし、疑問を誘発してほしいと思った。 交渉相手が変わる度に、テグが言う言葉のパターンが異なる。 「河采潤(ハ·チェユン)と話す時、新聞社代表に会った時と国情院職員と話す時、すべて違う。 新聞社代表に"スタンドアップ"とセリフを言う場面も、国情院の言葉遣いを真似るのもアドリブでやったのだ。 リハーサルなしに行った時、 そういう楽しさがあった。

- 作品の中だがヒョンビンが悪口を言うと、風変わりな感じになってきた。

ミン·テグならそのタイムに悪口を言うに値するが、悪口を言うことに対して悩みが多かった。 家族単位で見なければならない時期でもあり、同情を感じなければならないテグがあまりにも強い悪口を言うのもそのため悩んだ。 女子観客たちに迷惑をかけないように願い、程度を調整した。 テグは人質犯でもあるが、敬語もよく使い、笑ったりする。 胎球の行動を台詞よりも行動で表現しようとした。 人質に取られたチョンチーム長(イ・ムンシク)にいきなりビンタを殴ったり、予測できない時点で銃で殺す場面は、太球の攻撃性を表現するためだった。

-ハ·チェユンと探索戦は、まるで恋人がサムしているかのようにも見えるが。

▲実際に人質を救うためにはお互いに心理戦を繰り広げると言っていたよ。 人質を救い、テグを救うのがハ·チェユンの目的なら、テグはハ·チェユンの後ろにいる偉い人たちと交渉するのが目的だ。


-ソン·イェジンとは年も同じで、経歴も同じで通じるものが多かったようだが。

実際の同志愛や絆のようなものがあった。 年も同じで、仕事をした時期も同じで、気楽さや絆が沸いてきた。


-一度も悪い噂に巻き込まれたことがなく、海兵隊の活動など個人的な人生から来る善良で模範的なイメージが多様な役割を担うが妨げにならないか。

▲悪い役割を1、2回したからといって自分を見つめる考えが一瞬にして捨てられたり、前後することはない。 しかし、地道に他のものを積み重ねてお見せすれば、他のイメージが形成されるのではないか。 正しいイメージを持とうと努力したことは全くない。 ただ、演技のうまい俳優になることを願うだけだ。 演技者なら当然の考えではないか。

-映画「蒼穹」とドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」が次回作だ。 今年の下半期、劇場街とお茶の間劇場を総なめする計画なのか。

▲ 私が本当に運が良いようだ. シナリオを受け取った時、参加したい作品が必ず目に入り、他のキャラクターをお見せする機会ができる。 またスケジュールもよく合う。 「昌闕」を定めた状態で「交渉」の本を受け取った。 スケジュール調整がうまくいって2本を披露できるようになった。


-前のインタビューでソン·イェジンがヒョンビンとロマンスやアクションを共にしたいと聞いたが。

ソン·イェジンがアクションをするなら俺もコールだ。 ロマンチックコメディーでも会いたい。 僕が十分に面白いということを 見せてあげたい。 「交渉」では敵対的な関係だから次回「都合のいいことを共にしよう」と述べた。 機会があれば、メロやロマンチックコメディー、コミックメロのようなジャンルをしてみたい。

-ソン·イェジンとやってみてどうだったか。

気になることがたくさんできた。 ソン·イェジンの表現方法を見ながら、他のジャンルで他の演技を一緒にしたらどうかと気になった。




-「チャン闕」で親友のチャン·ドンゴンとの呼吸も大きな関心事だ。

▲ ドンゴンさんとはプライベートな付き合いもあって本当に一緒にやってみたかった。 現場は面白いだろうという期待感もあった。 現場でチャン·ドンゴン先輩がどんな姿を見せてくれるか期待感が沸いた。 私は先輩が演技するのを見ながら育った人だから。 映画で敵対的な関係にあり、中·後半に会うことになって一緒に過ごした期間は1ヵ月にもならない。 残念な気持ちが少しあった。





以前紹介したヒョンビンとイェジンちゃんインタビューです。
      👇
🎬"ザ・ネゴシエーション"ヒョンビン★インタビュー








最終更新日  2021.10.12 03:36:03
コメント(8) | コメントを書く
2021.10.09


あんにょん晴れ

一昨夜から、話題のドラマ「イカゲーム」を2話まで見て
お口直しに?「愛の不時着」の9話をもう一度視聴。
そして昨日から新しいドラマ「海街チャチャチャ」を見始めました。
シン・ミナさんもカッコ可愛いし、キム・ソノさんも
清潔感があり存在感があり良い感じですね。
まだ5話迄なので、本格的なラブラインは、これからですが、
お互いに意識し始めてる感じがチョア手書きハートですね。
すんなりとこのままハマりそうな雰囲気。
漁村民にオックムさんが出ていたり、よく見るハルモニが出ていたり
続きを見るのが楽しみです。





"追記''
一部途中まで内容をUPしてしまいました。
古い記事を削除して新しくUPし直しましたので
元記事にコメントして頂いた方は
申し訳ありません🙏

※ー※ー※ー※ー※


昨日はかちんこ「交渉」の最後の舞台挨拶のブログに
沢山のコメントありがとうございました。
楽しみにして頂いてた様で嬉しかったです。

9月10日と言いましたが、この日は2つのイベントがあり、
VLIVEの方がUPしてなかったので、後日紹介しますね。

ただ、他にも2人の出会いの作品であるこの🎬について、
色んな記事がUPされていますので、
機会を見て紹介したいと思います。


今日は、以前、ブログに書いていた
かちんこ「ザ・ネゴシエーション」のビハインド・トリビアについて
第3部がまだUPされてなかったので、紹介したいと思います。


一部・2部は1月29・30日に書いてますが
知らない方多いと思いますので、改めて紹介します。


映画【交渉】ビハインドストーリー・トリビア1部 |

映画【交渉】ビハインドストーリー・トリビア2部



映画「交渉」ビハインドストーリー・トリビア3部











1.思いがけず3年前からペアルックを着た(?)2人の俳優



劇中、ソン·イェジンのハ·チェユンが征服スーツを脱いでネクタイを緩めながら
シャツ姿で対話する場面。


もちろん、当時撮影現場が暑い理由もあったが、これは人質犯のミン·テグ(ヒョン·ビン)が
少しでも違和感を減らしてほしいという思いから行った行動だった。
その為、2人は同じシャツ姿で会話することになる。

その後、DVDコメンタリーでソン·イェジンはこの場面を説明し、
それでミン·テグのようなカップルTシャツを…"と恥ずかしそうに言った。
今カップルになった2人の状況を考えると面白い場面だ。




2.実際の女性の交渉官が大好きというソン・イェジンのこのセリフ



その後、興奮した状態でミン·テグが人質のチョン·ジュング(イ·ムンシク)に暴行を加えると、
ハ·チェユンがそれを制止し、ずっとそうしてたら私がミン·テグを 相手する空間がなくなります」
と自分の心を示すジェスチャーを取る。
劇中でソン·イェジンのモチーフになったという女性交渉家は、この映画のこの台詞の場面を見て、
とても喜んだという。 人質犯と交渉家の関係をよく説明した象徴的な台詞だったからだ


--ところが面白いのは、尹監督とソン·イェジンはこのセリフをなくそうか悩んだという事。
脚本上で見た時、凄く恥ずかしかったが、実際に書いてみたら大丈夫だったので、
そのまま書くことになった。



3.一度にロングテイクで撮影して演じたヒョンビン






​ミン·テグ、リサンモク記者(チョン·インギョム)、ユン社長(キムジョング)が
画像を通じてお互いに向き合った場面。

心理的緊張感が最も高いこの場面は、何とロングテイクで一気に撮影した場面だ。
心理的にも大変で天気も暑くて皆大変な状況だったが、
ヒョン·ビンは最初から最後まですべての台詞を覚えてこの場面を進行したグッド





4.実際の人質交渉で絶対してはならないこの行動

大韓日報の尹社長がミン·テグの作戦に巻き込まれて戸惑うと、
いきなり警察庁長官が口を挟み「望むことを言え」と言う。
これは、映画でも描かれたように、実際の交渉でも絶対にしてはならない行動だ。

その後、ミン·テグが庁長に向かって憤る場面は、
この状況がどれほど非効率的な場面なのかを示す部分だ。


-人質劇では2つの行動を禁じているが。 人質犯の要求事項をいちいち聞き入れること、
中間に第三者が割り込むことだ。 交渉はもっぱら交渉家に任せなければならない。




-ミン·テグが怒ったあまり、カップを投げて壊してしまう場面。

ヒョン·ビンは元々この場面を自分の手の圧力で壊してしまうことで演技しようとしたが、
そうすればミン·テグの手の負傷設定が浮き彫りになって再撮影も難しくなる事がある為
結局、自分で投げることに変えた。



5.ヒョンビンがソン·イェジンを見るたびに真似してからかうという
彼女の「この行動」

ユン社長が退場するやいなや、ミン·テグが急にハ·チェユンに向かってひどい悪口を言う。
映画を見ていた女性の立場では優しく見えたヒョン·ビンがひどい悪口を言うこの場面に
やや不便に感じたという。
しかし、これはその後、映画が予想できなかった過程に流れることを暗示する内容として、
映画の緊張感のために必要な場面だった。


-その次に最も衝撃的な場面が登場する。

それにハ·チェユンが大きな衝撃を受けて魂が抜けたままミン·テグに向かって悪口を言う。

-当時、ヒョン·ビンはシナリオを読んで、ソン·イェジンが自分に向かってとても怒った状態で
悪口のセリフを言うと思ったが、ソン·イェジンが前者に言及した様に、
喉がつまったまま静かに悪口を言う、あまり予想しなかった演技をして驚いたという。


ソン·イェジンは当時、ハ·チェユンの心理を考えて「こうするだろう」と思って
感情演技をしたと回想した。 彼女が計算し終わったシーン.

-ソン·イェジンの演技シーンが余りにも印象深かったのか…ヒョン·ビンは後で
私的な席でソン·イェジンに会う度に、李大使の場面と言葉遣いを真似てからかったという。


6.ソン·イェジンがとても感嘆したというチャン·ヨンナムのディクション!

国家情報院がこの交渉に介入するようになっ警察職員が現場から排除される。
そして当時、現場に一緒にいたチャン・ヨンナムが、ハチェユンとアンヒョクス(キム・サンホ)
が車の中に入って嘆いて事件の状況を説明してくれる。

この時、チャン・ヨンナムが多少興奮状態で一歩遅れて状況説明を与える事に、
よく見ると混乱緊迫した状況でも、あまりにもきちんと代謝をよく聞こえるように伝えてくれて、
すぐ後ろ聞いていたソン・イェジンが非常に感心したという。
なぜ彼女はプロなのかを示した代表的なシーンにはシーンを通じて
チャン・ヨンナムを尊敬するようになっている。 


7.ソン・イェジンの口の形が少しおかしい?知ってみると...

以後反撃のためにチームメンバーと車の中でミンテグに関連するすべての情報を把握する場面。
この時、ソン・イェジンの表情をよく見ると、軽く口が動く様子が出てくる。
まるでミンテグを噛んで(?)食べるような意志で見えた、実際にこのシーンは、
彼女がパンを食べて状況を把握する場面だった。

劇中ソン・イェジンが食事を解決できず、パンを食べて状況をチェックする場面だったが、
映画の中でソン・イェジンがパンの袋をはがして食べるシーンが編集された風の口から
何かを食べるか、食べないのか、やや曖昧描写された。
映画を見ていた観客も知らなかった場面。 

以降の車の中からは、シーンからパンを置いていく場面が軽く出るのに、
あまりにも瞬間だ映画を見るときに、この場面をよく見てください


上の文章の中で、ヒョンビンが、イェジンちゃんを揶揄ってたとの
話がありましたが、他にもヒョンビンが、イェジンちゃんを
揶揄った様な発言があります。




これは韓国版のDVDについている「SP.フィーチャー」の中で
動画を見ながら、出演者達が、所謂コメンタリーの動画です。
コメンタリーは2018年4月にポスター撮りと同じ頃に行ったようですね。
(よく見るとポスターはいぇじんちゃんの髪が少し伸びてますよね)

休暇を取ってるハ・チェユンの所に上司が戻る様に電話を掛けるのですが、
このシーンは、MBCドリームセンターで撮影された様ですね。
急に電話が切られて、ムカついたハ・チェユンが
携帯電話を(又は、隣のピルケース)を)投げようとするシーンを見て
それまで、イェジンちゃんと監督のみの声だけで
殆ど喋っていなかったヒョンビンが、急に声で話しだします。
「(携帯を投げる様なしぐさは)頭に着たりした時、いつものやる習慣じゃないの?
え~(そうだろう?)、それをどうするつもりだったの?」
ってヒョンビンがイェジンちゃんを揶揄う感じの事を言います。
画面見るとテーブルに足も投げ出しているし
ちょっとお行儀が良くないので、それを揶揄う感じも有るのかもしれません。
イェジンちゃん「それは細かい演技よ。細かい演技の一つよ」
ヒョンビン「でも、君は何かをしようとして辞めたよね」
そんなやり取りがあるのですが、
2人のしゃべり方が、ため口に聞こえます。
撮影中の時は、ため口じゃなかった2人が
(1年前の6月17日~8月5日まで)
コメンタリー収録時は、ため口を話せる様になってるのが興味深いですね。

あるブログを見た方から、
映画撮影後、2人はこのコメンタリーの時と、
ドラマ「よく奢ってくれるお姉さん」の時に1度だけ会ったと
イェジンちゃんが、何かのインタビューで話してたそうですが、
連絡は取ってたのかもしれませんね。

前に100万アクセスの時に「観賞会」をする予定でしたが、
中々進みません💦
週末は難しそうなので、また近くなったら
お知らせしますね。



では・・・また👋👋

momoka🍑













最終更新日  2021.10.11 07:43:39
コメント(10) | コメントを書く
2021.10.08



あんにょん❤️

お待たせしました
(待ってないかもしれませんが・・💦)
映画「ザ・ネゴシエーション」舞台あいさつ最終日
大邱の2人の様子をUPします。

最後の1日の事をUPしようとしながら、
私の中で、これで全て終わってしまう様な寂しさも有り
中々UP出来なかったのですが、もう10月8日。

3年前の今日には「アンハンブラ宮殿の思い出」の台本読みがあり、
その話題も挙がっているので、そろそろ。。。と思いUPしました。

ただ映画「ザ・ネゴシエーション」のPR活動に関しては
9月10日の分がまだUPしてなかったので、
こちらも時間がある時にUPしたいと思います🙇

8月9日から始まった🎬「ザ・ネゴシネーション」のPR活動は、
9月30日の大邱の舞台挨拶で終了しました。






最後の舞台挨拶に行く🚌の中の2人です。
大邱はイェジンちゃんの故郷。

"テグが大邱に行きます‼️"と駄洒落を言うヒョンビンに
声を出してで笑う😂イェジンちゃん❤️
本当に楽しそう🥰
ヒョンビンも😊ニコニコして、
2人が隣に並んで
居る事が既にもう自然な感じにさえ見えます。





@CJENMMOVIE MOVIE
ピンポン~🔔「テグ」が大邱に到着しました!
大邱「交渉」に出たヒョンビンと故郷に訪問したソン・イェジン
#犯罪娯楽映画 #交渉 #絶賛上映中 #ソン·イェジン #ヒョンビン








《最終日 大邱舞台挨拶タイムスケジュール》



時間を見ると意外と遅い始まりですよね。
前日の釜山の舞台挨拶が終わったのが、早くても夜8時前ですから
釜山にお泊りだったと思います。

YouTubeで見たインタビューが
釜山舞台挨拶終わってからだとしたら
かなり遅い筈ですよね。


釜山・海雲台からだとして、大邱の一番初めの映画館まで
高速道路利用で1時間45分。
最後日、疲れていてもおかしくない。
舞台挨拶の場所「大邱」に向けて
ゆっくり出発しても良い時間帯ですね。

















お互いを見つめる目がぽっな感じ

このプロモーション活動、凄く楽しかった様子が
改めて伝わってきます手書きハート











この時の2人、服装も凄く合っていて
美男美女でお似合い手書きハート
改めて・・・
運命の2人なんだと、しみじみウィンク




舞台挨拶の途中で、大邱の街をタクシーで移動する2人。
食事に行くのか?次の舞台挨拶の場所へ移動するのか?
監督は違う車の様でしたね。
ずっと一緒に居る最後の日の2人です。




#交渉#交渉舞台挨拶#交渉大邱

180930「 大邱七星店メガBOX 交渉舞台挨拶」
ヒョンビン&ソン·イェジンfull密着カメラ






最後の舞台あいさつで急に涙ぐむイェジンちゃんスマイル

最後の最後に故郷でのご挨拶と言う事で
感極まったのか?

それとも、楽しかったプロモーションの日々が
走馬灯の様に頭をよぎり、ヒョンビンとのお別れに対する
寂しさをふと感じたのでしょうか?
もしかして?故郷のお友達が来ていたのかもしれませんね。

いずれにせよ、イェジンちゃんにとっては
特別な時間だったのだと思います。

ヒョンビン、イェジンちゃん、イ・ジョンソク監督はじめ
スタッフの皆さん。本当にお疲れさまでした🙇






🖋「交渉」ソン·イェジンXヒョンビン、舞台挨拶終了
「みんな苦労した映画、何だか胸が熱く」




俳優ソン·イェジンが映画『交渉』(監督イ·ジョンソク)の
舞台挨拶を終えた感想を伝えた。

ソン·イェジンは30日午後、自身のインスタグラムで「最後の大邱舞台挨拶」とし
皆さん苦労した多くの映画関係者の方々、多くの映画館ごとに毎回客席から歓迎してくれる
ファンの方々、感動的な手紙、本当にありがとう」
と口火を切った。

続いてソン·イェジンは
「舞台挨拶の間にも明るい笑顔で私たちを迎えてくれた映画館で
お会いした皆さんに感謝します。 愛してます」とし
「交渉のために努力する韓国の『交渉』チーム。 みんな愛しています。
なんだかすごく泣きそう」と書き込んだ。


ヒョン·ビンはKTXで自分の隣に座ったソン·イェジンのため、
扇風機の風に当たるマナーを見せた

この日ソン·イェジンは「交渉」で演技に応じたヒョンビン、
演出したイ·ジョンソク監督、
制作会社の関係者らと大邱一帯の劇場を回りながら舞台挨拶を行った。
昨日(29日)は釜山(プサン)で舞台挨拶を終えた。

ソン·イェジンとヒョン·ビンが主演した映画『交渉』は、タイで史上最悪の人質事件が発生し、
制限時間内に人質犯ミン·テグを止める為に
危機交渉家ハ·チェユンが一生をかけて交渉を始める犯罪娯楽映画だ。

損益分岐点は約300万人であり、今月19日の公開から29日まで159万9150人
(映振委提供)を動員した。







2人がずっと移動していた🚌の側面には
映画「ザ・ネゴシエーション」の写真が・・・


上の記事で気になる所があるのですが、
2人が写真をUPしている場所が、KTXと書かれてますが、どう見ても
ソウルの時から使っているバスですよね。



私の勘違いかといけないので
一応、KTXの特急(日本でいうグリーン車)の画像と
比べてみましたが、やはり違いますね。

KTXは、韓国の高速鉄道の事で、
日本でいう新幹線のイメージですが、ソウル―釜山線が2時間40分。
平壌オリンピックに合わせて2017年12月に「江陵線」が開通。
江陵迄2時間で行けるようになりました。

ソウル3泊4日の旅で、釜山へ日帰りする為に
利用した事も有り、今までに5~6回乗りましたが、
一般席は、新幹線に比べると凄く狭くて💦特等席がお勧めです。






イェジちゃんのInstagramがUPされた時間が
全ての舞台挨拶終了後で、ソウルへ帰る為のバスの中だと
初め思い込んでましたが、
タイムスケジュールを見ると違う様で💦
19時20分なら、未だ大邱に居る時間。
「メガボックス大邱」を終え、最後の「メガボックス大邱新世界」へ
向かう途中のバスの中ですね。


最後の舞台挨拶が20時前に始まったとして
どんなに早くても、20時半位に出発して
ソウルまで、直に帰っても3時間半~4時間。
深夜12時は過ぎてしまいます。
もしかして、もう1泊大邱でお泊りして
翌日、ソウルへ帰った様に思います。
でも、もしかして翌日はスケジュールがあれば、無理にでも帰って
🚌の中で、打ち上げを済ましたかも?
いやいや、約1ヵ月と言う間、ずっと一緒に過ごしたチーム「交渉」との最後の日です。
スタッフ思いの2人の事、きっと労いを兼ねて、ちゃんと打ち上げもしたのではないかと思います。

確かヒョンビンのスケジュールは10月2日の午前中に
「韓国レクサス」の発表会がありましたが、
10月1日は、公のスケジュールは無かった様な(;^ω^)

いずれにせよ、ソウルから始まった釜山&大邱の舞台挨拶は、
2人にとっては楽しく思い出深い時間だったと思います。


撮影前から映画「ザ・ネゴシエーション」の話を調べて
大邱のプロモーションまで、時系列で色々調べながら
UPしていたせいか、私自身も
勝手ながらやり遂げた感があるのが不思議です大笑い




韓国の掲示板にこんな噂が・・・

この最後の舞台挨拶の時に、大邱でヒョンビンが、
大邱でイェジンちゃんのオモニと会っていた?との
目撃談があったとの噂話を聞きました💦

信憑性は解りませんが、でも、このスケジュールを見ると
15時過ぎが最初なので、
昼食であればあり得るかもしれませんねウィンク


最終日と言う事だからか、
この日の2人の服装も凄く落ち着いた雰囲気だし、
このままご挨拶しに行ってもおかしくない感じがします。

もし、この噂が本当だとしたら・・・?と、
勝手にサンサン(想像)しちゃいましたぽっ

私の妄想話として聞いて下さいね。

もし、大邱でオモニと会ったとしたら・・・
ヒョンビンはどんな風に挨拶をしたんでしょうね😂


A)「今回映画でご一緒させて頂きました。俳優のヒョンビンです」

B)「お嬢さんとお付き合いさせて頂いています。キム・テピョンと申します」

C)「お嬢さんとお付き合いさせて頂きたいと思います。キム・テピョンと申します」

D)「💒を前提にお付き合いさせて頂きたいと思います。キム・テピョンと申します」

E)「💒を前提にお付き合いさせていただいてます。キム・テピョンと申します」

皆さんは、どれが近いと思いますか?

BとCは、微妙に違うのですが💦
もう始まっているか、これからなのか・・・・微妙な感じぽっ


mireさんとゆうちゃんさんのご意見の「AとB」合わせた
「今回、映画でご一緒させて頂いたヒョンビンです。お嬢さんとお付き合いさせて頂いてます」
かもしれませんね。さすがですグッド

私は(B)の「お付き合いさせて頂ただいてます」派かな??

眠い目を擦って深夜に考えたのですが、
fanとして私はまだまだですね💦
勝手に妄想爆発して失礼しました🙇







9月23日、ソウル舞台挨拶の移動中の2人です。
普段ならヒョンビンはボディーガードの様に、イェジンちゃんを
見守りながら後ろを歩いてる事が多いですが、
微笑みながら並んで歩く2人。
まるでデート中?と思ってしまいました


公式のコメントでは2020年3月からと言われている2人ですが、
そう信じてる方は少ないでしょう?

⛳を始めた2018年5~6月?
ネゴシのプロモーションが始まった2018年8月?
舞台挨拶をしていた9月?

2人は既に始まっていたのか?
それともこれから始まろうとしていたのか?
気になりますねクール
出来る事なら、2人に教えて欲しいです(笑)


いずれにせよ、只今進行形の2人手書きハート
ヒョンビンの新居も有り、
もう既に昨年両家の顔合わせも有ったと言う噂も・・・

今が一番の幸せ❤️
そう笑顔で話してくれた2人の幸せを願って
眠りに着きたいと思いますぽっ

長々とお付き合いありがとうございました🙏

momoka🍑


PS・・・
今日のブログを読んで共感して頂けた方は、
ブログの一番下の方にある「グッドいいね!」を
押して頂けると、励みになります。よろしくお願いします。











最終更新日  2021.10.10 13:39:34
コメント(13) | コメントを書く
2021.09.29



あんによん🐶

9月もあと僅かですね。
ヒョンビンの誕生日月と言う事もあり、
少々飛ばしすぎました😅

さて・・・
3年前の映画「ザ・ネゴシエーション」のプロモーションもいよいよ大詰めを迎えました。

9月25日のヒョンビンのソウル舞台挨拶から暫くプロモーションはお休みでしたが、
3年前の今日(9月29日)に釜山で地方の舞台挨拶が行われました。

実はこの間、28日にはヒョンビンは、
チャンドンゴンさんと共演した、もう一つの映画【王宮の夜鬼】の制作発表会に出席。
ネゴシの話の前に、当時のこの制作発表会の記事を紹介します。







元記事は
👇
https://news.kstyle.com/m/article_amp.ksn?articleNo=2101830




プロモーション中に、ドラマ“アンハンブラ宮殿の思い出"の撮影中でもあり、
本当に忙しい日々を送っていた様です。
この映画については、プレミア試写会の時にUPするよていです。



さて、29日の映画「ザ・ネゴシエーション」の釜山での
舞台挨拶のタイムスケジュールです

翻訳機で訳したら、CGV書面となってますが、西面(ソミヨン)が正しいと思います。




前にも書きましたが、

釜山へは、ソウルから高速自動車利用で
5時間15分〜30分

飛行機なら50分
1日25~30便は飛んでいます。

普通であれば、忙しい主演俳優は
飛行機を使う筈ですね。

ただ「ネゴシ」チームは凄く仲が良かったので
ヒョンビンもイェジンちゃんも一緒に移動したかったのかもしれませんね。

この日の一番初めの舞台挨拶をする"ロッテシネマ"は、釜山の中心地「西面(ソミョン)」にあるロッテデパートの中にある映画館。

舞台挨拶が14時10分から・・・と言う事は、
ソウルから釜山まで高速道路を利用し、渋滞を見越して、遅くとも朝7時前には出発している筈だと思います。

ただ、この時はバスを利用しているので、高速道路が渋滞している時でも優先LINEを走る事が出来るのでそんなに混まなかったかもしれません。

※優先LINEとは、車に5名だったか6名以上乗って居ると渋滞の時に、本線ではなく、優先LINEを利用出来るシステムの事です。渋滞緩和の為なのかもしれませんね。





前日、制作記者発表があり
その上、早朝からの移動だったので、疲れている筈なのに、
釜山へ行くバスの中でも😊の2人。
この日の釜山は雨だったんですね。

窓に映る2人の姿が気になって何度か見直してみました(;'∀')
ヒョンビンがイェジンちゃんの方を向いてる??
そして、急に前を向いている様な?






「釜山にやって来ました。釜山で会いましょう👋👋」


そして・・・もう一つ。


ソン·イェジン:映画「交渉」の舞台挨拶に向かう途中、ヒョンビンと共に親しい姿
👆
こんな見出しの記事も有りました・







確かに、2人の顔の位置が近いびっくりウィンク

ヒョンビンのワイシャツに
イェジンちゃんのファンデーションが付く位の近さ大笑い

この1ヵ月で本当に2人の間が
どんどん近づいてるのを感じますね。

















映画「交渉」ソン·イェジン×ヒョンビン、
舞台挨拶の現場を明かすツーショット…「釜山から大邱に」




映画「ザ・ネゴシエーション」ソン·イェジン、ヒョン·ビンが舞台あいさつ




最近、CJ E&M公式SNSに
「ソン·イェジン×ヒョンビン、今度は釜山」交渉に乗り出す!

釜山の力を受けて、明日は「大邱」交渉にGO!GO!
#犯罪娯楽映画#交渉#絶賛上映中#ソン·イェジン
#ヒョンビンという文章と共に写真が掲載された。



★舞台挨拶の動画
👇
https://www.instagram.com/p/BoTvKmuAAm6/?utm_source=ig_web_copy_link








釜山の舞台挨拶と同じ衣装なので
釜山で収録したのかもしれないですね。


舞台挨拶の最後が「ロッテシネマセンタム」なので、
海雲台に近い場所ですが、その後の収録かな?





このインタビューは、ファンからの質問に答える形の様ですね。

お互いを見つめ合うシーンが多くて😍💗💗

この中で笑ってしまったのは、
映画の中で、ミンテグが、サイズを聞いたが、
それは、本当のサイズか?と聞かれたイェジンちゃん。

「あれは、本当ではありません。放送様です」と答えてますが、
サイズについての質問を読んでいる時の
ヒョンビンの顔が興味深いです(笑)
👇



少し抜けてる部分も有りますので、
また夜にUP出来たらと思います。


では・・・また


momoka🍑









最終更新日  2021.09.30 08:17:17
コメント(5) | コメントを書く
2021.09.26

あんにょん雨

夜中にかなり激しい雨が降り出しましたが、
朝起きたら、今は上がっています。

昨日のヒョンビンの🎂
去年は、一人ぼっちでお祝いしていましたが
皆で🥂して、色々な話をして
お祭りの様なウキウキ感💗がありました。
終わってしまって放心状態です。
皆さんは、どんな日を過ごされましたでしょうか?





上は"最愛ドル"の素敵なバナーです💓

昨日に紹介したユリカビジョンも、
皆んなチームイルボンが企画してくれました👏👏👏👏







見に行かれた方いらっしゃいますか?

素敵な動画ありがとうございます


結果は俳優部門でダントツの🥇
なんと!2億越え🎉🎉🎉🎉🎉🎉
世界中のヒョンビンペンが毎日コツコツと❤️を
集めた結果です!

総合では演歌歌手に抜かれて、
残念ながら2位になってしまいましたが、、
投票ギリギリに抜かれての2位😭😭😱😱
最後の最後までドキドキ💓しながら
ヒョンビンの🎂を終えました😊
今まで貯めた❤️はスッカラカンになりましたが、
またコツコツと集めたいと思います😊




#最愛ドル #ヒョンビン 現在ヒョンビンランキング9位!

推薦人: momoka0925


👇
http://welcome.myloveactor.com

このアプリをダウンロードするだけです!
皆さんも毎日コツコツと❤️集めて
ヒョンビンに投票しませんか?







さて・・・

ヒョンビン自身は、どんな🎂を過ごしたのでしょうね??

他の俳優さんの撮影風景の写真は目にしましたが
お聞きした話ではイェジンちゃんは前日夜まで
撮影があった様ですね。

「秋夕」の連休があった後なので、お休みも撮り難い様ですが、
放送時間が押した情報でない場合だと
韓国でも「働き方改革」の為に、撮影が土日はお休みを
撮る事が多くなってきているとお聞きした事があります。

ドラマ「30.9」は、放送が来年ですし
12話と言う事で、事前撮影の可能性が高いので
もしかしたら昨日の🎂当日は
2人でゆっくり過ごせたかもしれませんね。

きっと、ヒョンビン自身から
メッセージがファンクラブ通じで届くと思うので
楽しみに待ちたいと思いますウィンク





3年前の9月25日は🎬「ザ・ネゴシエーション」
のプロモーションの時期と重なり
イェジンちゃんのInstagramにも、お祝いする
2人の幸せな姿がUPされましたね🥰

BLACK PINKの曲に合わせて
笑顔で踊る😊なヒョンビンの姿
本当に楽しそうでした。
リアタイ出来なかった事が本当に残念です。






イェジンちゃんの3年前のInstagramより
幸せそうな2人🥰の動画をどうぞオーケー


★Instagram 
👇









この方のインスタの中に、2018年9月25日
ヒョンビンの誕生祝いをしたステージの様子や
スタッフとお祝いする動画が入ってます。

Instagram
👇



イェジンちゃんのインスタに登場したヒョンビンだの
動画だけでなく、実は3年前の誕生日には
舞台挨拶の壇上でも、観客にお祝いされている姿や
舞台挨拶の合間にもスタッフに
お祝いされているヒョンビンの姿がありました。




2018年の舞台挨拶の時のヒョンビンです。
舞台の上で、観客にもお祝いして貰って照れてるのが可愛いです手書きハート



Instagram
👇
https://www.instagram.com/p/CUO2UcXJRtp/?utm_source=ig_web_copy_link






(追記しました)
👇
<交渉>舞台挨拶後ヒョンビンセンパ控室現場!
舞台挨拶を訪れた観客の皆さんの愛に感謝します♥
(100万人突破+ヒョンビンの誕生日=二重の慶事bb)




🎂ケーキを片手に嬉しそうなヒョンビンの姿。

この日に100万人突破もしてる様です。
誕生日と重なって本当にうれしい🎂だったのでしょうね。

バスの中でのアソートケーキとは違い
「ネゴシ」のミンテグを表現した
オリジナルのホールケーキ。

初めの動画にもホールケーキがありましたが
また違う形の様なので、舞台挨拶の場所場所で
用意されたものでは無いかと思います。

昔、韓国に行った時に目にしたのは、
ケーキ屋さんに置いてあるホールケーキ。

見た目も、いかにも体に悪そうな💦鮮やか過ぎる色
味の方も本当に甘くて💦油っこくて💦
あまり食べたいと思う事が無かったです(;'∀')
しかもホールが中心でしたので、食べきれない💦


でも、キムサムスンの頃からパティシエの存在が注目されて
日本と変わらない美味しいケーキになったそうです。

ケーキ屋さんカフェでも
1ピース毎のケーキが売っていますが
凄く美味しいけど、少々割高なのは、
今も尚、ホールが中心だからかもしれません。

よくドラマの中で、家庭で🎂のお祝いをするのに
「チョコパイ」を重ねたケーキを見た事はありませんか?

韓国のチョコパイはオリオン社の『情』というのが主流です。
それを重ねてろうそくを立てるシンプルな物






楽天市場より👇


👆
これをのチョコパイを重ねてケーキにし、
ローソクの代わりに、
ポッキーに似た「ペペロ」と言うお菓子をさしてもいOKです。




普通のチョコパイより餅入りの👆チョコパイが好きで
会社へのお土産にも、何箱も買ってきます。

餅入りチョコパイは、
オリオン社のも買いますが、どちらかと言うと
ロッテ社の方が好きです💖
今は黄な粉入りやピーナッツ入りも有るようです。

結構、ずっしりとした重さがあるので
持ち帰る時のスーツケースやキャリーバックの重量に
注意が必要です目

こんな話をしていたら、
チョコパイ食べたくなってきましたぺろり
また、話が脱線してしまいましたね。

カウンターでの旅行業務をしていた時も
おすすめのお店だとか脱線してしまう事がありました。
いろんな話をする事で
私自身も一緒に旅に出てる気持ちになってしまい
ついつい💦長くなったものです。

話が逸れてすみません🙇



3年前の🎬「ザ・ネゴシエーション」の話に戻ります。


【25日の舞台挨拶スケジュール】




この日も、昼頃から14件の舞台挨拶。
ソウルの舞台挨拶もこれで4日目。

普通なら、疲れてバスの中ではグタッとしても
可笑しくないのに、2人はずっと笑顔大笑い
幸せそうですねハート
















この日は、2人の舞台挨拶の写真が余りなくて💦

別の日の舞台あいさつに参加した個人のブログを
2つ程見ましたが
両方共映画は「う~~んしょんぼり」という反応
この時期に公開するのがもったいないと言うコメントもありました。


23日の舞台挨拶の話を少し・・・
舞台挨拶が有ったので観客も多かった様ですが、
最終回だった為か、舞台あいさつにだけ付いて回るファンが
数十名外に居て、映画を見ずに歩合挨拶の時だけ急に入って来たそうです。

イェジンちゃんとヒョンビンは、映像より「善男善女」だったとか。
ヒョンビンは、舞台挨拶の時に、おじさんの様に入ってきたが、
すらりとして痩せていたと・・・
その方、「舞台挨拶」の時は、俳優さんの足元の靴を見るそうです
(シークレットブーツの意味?)
ヒョンビンはプロフィール通り180㎝以上はある様に見えたと
書いてありました(185CMありますから!!)
映画では笑顔がなかったイェジンちゃんは
笑顔がいっぱい綺麗で可愛かったとの事でした。

前日の24日の舞台挨拶の動画で
面白いのを追加でUPしましたので、
良かったらまた見て下さいね。

映画については残念ながら興行成績は
200万人にあと少し足りず💦しょんぼり
私は面白かったんですけど「交渉人」の役目が
少しぼやけてしまってたのが残念だった様な気もします。



「愛の不時着」の話題の話をUPしようかと思いましたが、
テーマ別にUPしたいと思いますので
次のブログでお会い出来たらと思います。

雨になりましたが、皆さん
穏やかな休日をお迎えくださいね👋👋

momoka🍑










最終更新日  2021.09.26 20:12:01
コメント(8) | コメントを書く
2021.09.24


あんにょん四つ葉


沢山のアクセス&コメントありがとうございます。

いよいよ・・明日は
ヒョンビンの🎂ですね。


このブログに日頃から
集まってくださるBinjinファンの皆さんと
ヒョンビンの生まれた9月25日をカウントダウンして
誕生日🎂を一緒に🥂してお祝いしたいと思います。


『ヒョンビンHAPPY BIRTHDAY🎂記念』
『愛の不時着」LINE観賞会』
開催のお知らせ


詳細は、次のブログにて
お知らせします。







この日は白のワンピースのイェジンちゃん
ヒョンビンもカジュアルだけどジャケットを着て
2人の雰囲気お似合いですね💖

何気に身長差がいいんですよね。
この日のイェジンちゃんは白のパンプスでした。



























<9月23日★ソウル市内舞台挨拶2日目タイムテーブル>


13時50分「メガボックス上岩」2回
👇
15時「メガボックス新村」2回
👇
16時「CGV新村」2回
👇
16時15分「ロッテシネマ永登浦」
👇
17時05時頃?「CGV永登浦」2回
👇
17時20分「ロッテシネマ龍山」
👇
17時45分「CGV永登浦」
👇
18時10分「CGV龍山」2回
👇
18時30分「ロッテシネマ永登浦」
👇
19時35分「ロッテシネマ龍山」
👇
20時55分「CGV龍山」








見つめ合ってお互い笑顔でアイコンタクト
する写真が多いのは気のせいでしょうか?



<追記しました>


この動画を見た時、思わずびっくり
笑ってしまいました(笑)

イェジンちゃんと監督の関係性が
いかにフランクなのか?中の良さを感じました(笑)

イ・ジョンヒョク監督て、
かなりの天然ですもんね大笑い

結構、イェジンちゃんてせっかちな所もあるのかな??
(私と同じだウィンク)あれだけの舞台挨拶をこなす為には
自分が先に行動しないとと言う責任感もあって
監督に任せておけないなんて思ったのかもしれませんね。
この時、ヒョンビンがどんな顔してたのか
見てみた気がします大笑い




こちらは「CGV龍山」18時10分上映の後の
舞台挨拶の写真ですが
この時はイェジンちゃんの靴は黒のショートブーツに
変っていますね。










この舞台挨拶の時期、ヒョンビンは
ドラマ【アンハンブラ宮殿の思い出】の
撮影も同時に進行されてましたが、1日も休まずに、
舞台挨拶に参加。イ・ジョンヒョク監督が
凄く感謝していました。
確かに髪型をよく見ると"ユ・ジヌ"のままですね手書きハート


2日目の舞台挨拶は🌉21時過ぎまで行われており
連日の舞台あいさつに疲れてる筈なのに
最後まで笑顔の2人でした。


そして、翌日

9月24日【舞台挨拶3日目】

この日は2018年の秋夕の日だったので
2人のファッションが、
改まった雰囲気なのかも?





ふたつの事務所のメンバーで
一緒にパチリ📷いなずま

イェジンちゃんが腕を組んでるのが、
ヒョンビンの事務所の代表ですよね?



お茶目なイェジちゃん、楽しそうな2人手書きハート


そして、この日もInstagramに再びヒョンビンが登場。
移動のバスの中の様です。








Instagram
👇
https://www.instagram.com/p/BoGmZeJgoVY/?utm_source=ig_web_copy_link















この日のファッションは
イェジンちゃんは、腕がシースルーの黒のワンピース
ヒョンビンは、黒のスーツ。

改まった席でも可笑しくはない
お揃いの黒コーデでした。































移動中の2人。

イェジンちゃんの靴ですが、
昨日最後には居ていた黒のショートブーツ。
移動が大変なので、この靴が楽なのかもしれません。






スタッフは、お揃いの「交渉」のジャンパーを着て
移動しています。

いつの時の写真か解りませんが、
スタッフジャンバーを着たヒョンビン
モシッタダブルハートダブルハートダブルハート





そして、最後に秋夕の時にも紹介しましたが、
伝統の「ユンノリ」をしてたのも3日目(24日)

監督を前に堂々といちゃつく2人(笑)
距離の近さを感じますね。










皆さん、お仕事お疲れさまでした🙇

次のブログに『愛の不時着』LINEチャット鑑賞会
の詳細をお知らせします。


よろしくお願いします。


momoka🍑









最終更新日  2021.10.04 20:49:10
コメント(10) | コメントを書く
2021.09.22


あんにょん⛅&☂

いつも沢山のコメントをありがとうございますスマイル
全て読ませていただいてますが、
中々直ぐにレスが出来ない状態です🙇
少しずつお返事しますので気長お待ち頂ければ嬉しいです。


2018年、3年前の9月22日に
イェジンちゃんのInstagramに
ヒョンビンが初登場!!

仲のいい2ショットハート
アプリを使った面白い動画をUPしてくれました。


この日は19日の公開を終えて、
映画「ザ・ネゴシエーション」のソウルの映画館で
舞台挨拶があり、忙しい1日を過ごしたようです。

舞台挨拶の合間に、
色んな動画をUPしてくれました。



先ずは、Instagramの2ショット手書きハート
そして、イ・ジョンソク監督との3ショットです。











@yejinhand 
#交渉#交渉の舞台挨拶♯秋夕には交渉の舞台挨拶で会いましょう

★Instagram
👇
https://www.instagram.com/p/BoBVYywAh2P/?utm_source=ig_web_copy_link


解りやすいと言うか・・・

よく見るとヒョンビン2ショットの時は
笑顔なのですが、監督がいる時は
普通の顔なんですよねクール




この自撮り写真も含めて
どれくらい携帯に2人の写真が収められてるんでしょうね。
一度、こそっと公開して欲しいものですウィンク

















★動画がUPされたInstagram★
👇
https://www.instagram.com/p/BoBbUaFAjFU/?utm_medium=copy_link

お茶目な表情の2人手書きハート
こんな風に楽しそうにおどけるヒョンビンの姿
貴重ですよねウィンク



22日は、一般公開の舞台挨拶初日。
この日のタイムスケジュール表を紹介します。






この日のスケジュールを細かく書いてみると・・・

12時「ロッテシネマ健大」2回
👇
13時「CGV住十里」2回
👇
14時20分「ロッテシネマワールドタワー」2回
👇
14時35分「ロッテシネマ健大」
👇
15時20分「CGV健大」2回
👇
16時「メガボックスCOEX」2回
👇
17時「ロッテシネマワールドタワー」2回
👇
17時40分「CGV狎鴎亭」
👇
18時35分「メガボックスCOEX」2回
👇
20時20分「CGV狎鴎亭」


昼の12時から
最後の舞台挨拶20時20分までの間、
映画館のべ10館
舞台挨拶のべ17件

凄く忙しそうなスケジュールですね・・・びっくり

舞台挨拶の合間に、Instagramの更新??
いつご飯食べたんだろうぺろり!?なんて、
変な心配してしまいましたびっくり

これだけ忙しく移動して
本当は疲れてる筈なのに、ずっと笑顔の2人
スマイル
ずっと一緒に居ること自体が
楽しかったのかもしれませんね手書きハート
















この日の2人はカジュアルな雰囲気
モノトーンでコーディネイトしてますね。

この日のイェジンちゃんは
白いロングシャツの様なミニ丈のワンピース❓❓
真っすぐに伸びた綺麗な足手書きハート
ヒョンビンもドキドキダブルハートダブルハートだったのか!?
それともぽっ!?だったのかうっしっし
























いつもイェジちゃんを見つめてるのは、
もう当たり前の事。
ヒョンビンの中では知らず知らずのうちに
イェジンちゃんの方に引き寄せられてるのかもしれませんねウィンク











こちらのブログに動画がUPされてます
👇
https://m.blog.naver.com/rlgus206/221364626912





最後にみんなで写真と撮ろうと
監督の直ぐ後ろに居たイェジンちゃんを
ヒョンビンがひょいと自分の方に引き寄せて
監督との距離を取ったこの動画💖
ヒョンビンの恋心手書きハートが現れている様に感じて
思わず笑ってしまいました大笑い







イエジンちゃんもヒョンビンを自分の近くに引き寄せて
肩に手を回して「パチリ!」





    

いつもイェジンちゃんの後ろを歩くヒョンビンですが、
この時はファンが近くに近寄ろうとするのを目にして
先を歩いて、イェジンちゃんをガード
まるで「ボディーガード」の様ですよね?


舞台挨拶初日を終えて
確か、この日のヒョンビンは何か次のスケジュールが
合った様で、バスへ乗り込もうと移動するイェジンちゃんを
まるでマネージャーの様に待っていたヒョンビン。
両手でイェジンちゃんの手を握りポンポン

「おつかれさま」とでも言っているのか、
別れが名残惜しそうにさえ見えますね。

翌日も、午後から夜遅くまでソウル市内の
舞台挨拶でずっと一緒のはずなのにウィンク

私自身も、かなり前になりますが、
カンドンウォンが出演した「私たちの幸せな時間」という
映画の舞台挨拶を見た事があります。
ちょうど9月でしたが、現地の知り合いの方に
ticketを取って貰いました。

主演は、カン・ドンウォンさんとイナヨンさん
主演の2人がまだ9月なのに、かなり厚着をして
同じ雰囲気のファッションだったのを覚えてます。
本当に直ぐ近くで、挨拶されるのを見れて嬉しかったのですが、
会場には、日本のファンが沢山いらして
一番前の席を陣取ってましたが、舞台挨拶が終わったら
皆さん居なくなりました。
知り合いの人曰く、
俳優さん達の移動と同じ様に次の会場へ移動したのだと。
少し複雑な思いで、映画を見ました。
映画自体はハングルが解る訳もなく💦
でも😢悲しいシーンや少々怖いシーンも有り
言葉が解らなくても
スクリーンを見てるだけで伝わるものがありました。

いつかヒョンビンやイェジンちゃんの
映画の「舞台挨拶」が、見ることが出来たらと思います。






この場所は
狎鴎亭のギャラリア百貨店前だと思いますが、
イエジンちゃんのファッション、やはり目立ちますねウィンク


「愛の不時着」の時も思ったのですが、
オフショットの時にいつも一緒で、
時にはマネージャーの様に
時にはボディーガードの様に
ずっと笑顔でイェジンちゃんの隣にいるヒョンビン💖

この時は既に、ヒョンビンの中では最高のパートナーとして
見ていたのかと想像してしまいます。

今日は22日という事で良い事があるかと
期待された方もいらっしゃたかと思いますが、
残念ながら何も起こらなかった様です。
でも、2人の愛が溢れる写真や動画の数々を紹介しながら

私自身もほっこり手書きハートした気持ちになれました。
2人から幸せのお裾分けを貰ったような気分になれた私です大笑い

映画「ザ・ネゴシエーション」のプロモーションは9月30日まで
まだまだ続きます。

今日も長々と読んで頂きありがとうございます。
また、明日以降もよろしくお願いします手書きハート

momoka🍑



PS・・・
今日のブログを読んで共感して頂けた方は、
ブログの一番下の方にある「グッドいいね!」を
押して頂けると、励みになります。よろしくお願いします。










最終更新日  2021.09.24 07:52:17
コメント(8) | コメントを書く
2021.09.19



あんにょん晴れ

今日、9月19日は
映画「ザ・ネゴシエーション」の公開日
そして、ミンテグの🎂です。
イ・ジョンソク監督、そしてこの映画に関わられたスタッフの皆さん
運命的なこの映画を製作して下さってありがとうございます。

そして、ヒョンビン&イェジンちゃん
タイトなスケジュールの中、この2人の運命の出会いとなった
映画「ザ・ネゴシエーション」の出演を
快く承諾してれて、本当に感謝しています手書きハート

ミンテグの事はブルームさんのコメントで思い出しました💦
私とした事が・・・・すっかり忘れてました💦💦😅
ありがとうございます。

ミンテグ씨のパスポートを見ると1984年9月19日生まれ。
イギリスの国籍。
ヒョンビンより2つ年上ですね。
PPTの写真みて、俳優の長谷川博己さんに見えたのは私だけでしょうか??







映画「ザ・ネゴシエーション」の(日本)公開について2人からのメッセージです。




そして・・・

個人的な話になりますが、
このブログを開設して1周年の記念日になりますので
1年をケジメとして、
一言、皆さんにご挨拶をさせて抱きたいと思います。


面白い内容も書けず、文章力も無く
拙い文章のこんな小さなブログに、足げく読みに来て下さる皆さん
忙しい中コメントを残してくださる皆さん!!
本当にありがとうございます🙇
ヒョンビンのブログは多いと思いますが
少し変わった私のブログに遊びに来て下さって
感謝の言葉しかありません。



このブログを開設した頃を振り返って、この1年の感想を
書かせていただきたいと思います。

6月頃に『愛の不時着』を、会社の友人から勧められたのですが
当時、韓国ドラマから約8年位離れていた時期で、
仕事が忙しかった事も有り
元々好きだったヒョンビンの作品だから、
絶対ハマると思ってたので、正直見るのをためらっていました。
そして7月、やっと見始めたら・・・
1話の軍服姿のヒョンビンに心踊らされ
エピローグの笑顔でもろ落ちしてしまいました
手書きハート


それからと言うもの、見てなかった時期を悔やみつつ
「愛の不時着」を、ほぼ2日間で1周して
このドラマの素晴らしさに感動すると共に、、
カップルペンの勘とでもいうのか・・・
今までもドラマを見て、カップルにハマる時は、
演技の中に真実の愛がある時が多く、
ヒョンビン&イェジンちゃんに演技では無い何かを感じ、
益々「愛の不時着」とBinjinカップルに
どんどんハマっていく自分が居ました。



周りに2人のファンの人が居なくて、同じ思いを話したい思いから
ずっとロム専だったTwitterを始めましたが、
やはり馴染めず💦
自分の思いを書く場所が欲しくて、ブログを始めたのが
去年の9月19日です。
タイトルは「幸せのエーデルワイス🌸」
この日を選んで開設したわけでは無かったのに
2人が出会った運命の作品
「ザ・ネゴシエーション」の公開日だったと後で知り、
勝手に運命を感じて嬉しかったのを覚えてますぽっ


同じ思いの方とおしゃべりしたくて
ブログを作ったのに、開設したのですが、
全くコメントも無く、自分の為に2人の記録を残そうと
書き続けてました。
ずっと、ブログに、自分のBinjin愛を書き続ける毎日。
もう辞めようかな?と思った事も有りましたしょんぼり


そんな中、忘れもしない2021年元旦四つ葉
前日から噂がありドキドキしながら朝を迎えましたが、
2人がお付き合いされてる事が正式に発表され
自分が、ずっと信じていた夢が現実になり、
家族の前で思わず、うれし泣き😂しまいました。
初めてのコメは11月末にMINさんから頂きましたが、
コメントになれてない私は全く築かず
返事したのが年明け💦本当に申し訳なかったです🙇
1月に入って、今も来て下さってる「つばめさん」「モカ☆さん」に
書き込みを頂く様になり、
2月には「ぴょん吉」さん「ひろこさん」「ビビンバさん」も
と少しずつ書き込む方が増えて凄く
嬉しかった事を覚えてます。




チャットもする様になり、ブログ上だけでなく
いろんな方と直接、Binjin愛💖を語り敢えて嬉しかったです。
色んな知らない事をお聞きしたり、
皆で検証をしてみたり・・・楽しかったです
6月には2人の💒の噂があり
皆で💓💓して、
毎日幸せな報告を待っていた事がありましたね。

ブログを開設して、今日で1年。
今、沢山の方にコメント頂けるのが夢の様で幸せ感じてます。
改めてブログを読み返してみると恥ずかしい事も多々ありますが、
こうして続けれ来れたのは、皆さんの温かなコメント。
励ましの言葉があったからだと
改めて感謝しかありません。
本当にありがとうございますスマイル




可愛い二人
@serineblackさんの作品をお借りしました。


皆さんとの出会い「一期一会」の縁を結んでくれた
ヒョンビン。イェジンちゃんにも
心からありがとうとお礼を言いたいです。
私達Binjinファンの願いは
2人がいつも幸せな笑顔で居てくれる事。
それ以外はありません。
運命の様に出会い、愛を育んでいる2人。
これからもずっと
2人一緒に幸せでいて下さい
手書きハート
そして・・・最後に
ブログをいつまで続けられるか分かりませんが、
個々の集まる皆さんと2人の愛をずっと一緒に、
遠くからそっと応援し、見守れたら最高です!!

これからもよろしくお願いします🙇

「BINJINダブルハート見守り隊」
momoka🍑








最終更新日  2021.09.19 16:36:13
コメント(32) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.