2707184 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JINさんの陽蜂農遠日記

PR

Calendar

Comments

浜のTOTOちゃん@ Re:旧東海道を歩く(安倍川~藤枝)その6:藤枝市・問屋場跡~池めん・岡部店(05/06) 毎日、楽しんでアクセスさせていただいて…
jinsan0716@ Re[1]:J:COMバスツアー(河口湖~甲府盆地)へ(その1)(04/27) 無手勝さんへ 半分は、土産屋巡りのツアー…

Profile


jinsan0716

Headline News

Freepage List

Favorite Blog

【山紫陽花 七段花 … New! Gママさん

アマリリス、テンニ… New! 隠居人はせじぃさん

藤枝駅から金谷宿(5/… New! オジン0523さん

日光・那須塩原旅行2… noahnoahnoahさん

エコハウスにようこそ ecologicianさん
2011.08.23
XML
カテゴリ:JINさんの農園

雨が降らないため延び延びとなっていたイチゴの子株を親株から切り離し

移植しました。

初夏に下の写真のようなランナーから出てきたら、子株のランナーを切らずにそのまま

育てるのです。親株から一番目の子株は大きくなりすぎていることと親株の病気が移っている

こともあるので苗として使うのは2番目以降の子株。イチゴの世界では長男は

避けられるのです。

IMG_1816[1]_R.jpg

種から育てるのはプロが品種改良する時くらいなので、通常イチゴはランナーを使って

栽培するのです。

img_309604_10458810_1[1]_R.jpg

切り離して1本1本丁寧に植え付けました。

DSC02771_R.JPG

後2ヶ月ほどこの場所で成長させ寒さに強い太った苗に育てるのです。

根っこがしっかり貼ってきたら肥料を与えます。

そして10月末~11月初に2列に定植するのです。

窒素が多いと葉ばかりが茂って、花が出来にくかったり実が成りにくかったりするのです。

イチゴにはリンサン(P)が多い目の肥料を与えると良いとのことですので過リン酸石灰等を

追肥します。

DSC02772_R.JPG

順調に成長すれば来春4月には白い花を咲かせ、開花後約1ヶ月で赤い実をつけ

てくれるのです。

DSC02470_R.JPG

また来年も甘い真っ赤なイチゴと出会えるのを楽しみにしているのです。

これぞ『一期一会』。







Last updated  2011.08.23 07:32:57
コメント(0) | コメントを書く
[JINさんの農園] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.