000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

JINさんの陽蜂農遠日記

PR

Calendar

Comments

Rakuten Profile


hitoshisanさん

晴耕雨コンで生きる男

フォローする

Headline News

Freepage List

Favorite Blog

11/20(月) 早朝散歩… New! オジン0523さん

【博多どうなつ ・ … New! Gママさん

電動歯ブラシのブラ… New! noahnoahnoahさん

半田山植物園の紅葉 New! hasepはせぴぃさん

shumatsufama's 徒… shumatsufamaさん
2011.12.25
XML
カテゴリ:JINさんの農園
我が農園の『赤カブ』が収穫の適期を迎えています。

DSC06881_R.JPG 

『赤カブ』と呼ばれていますが私には『紫カブ』に見えるのですが。

DSC06879_R.JPG

しかしこの色は間違いなくアントシアニン。

アントシアニンはフラボノイド(植物色素の総称)の1種でポリフェノールの仲間で抗酸化物質

として知られているのです。癌や動脈硬化などの予防にも役立つと言われているのです。

今年の夏にデンマークに旅した折り、ブルーベリーの中でこのアントシアニンの含量が多い

ビルベリーを購入すべく店員に拙い英語でアントシアン(anthocyanin)の多いブルーベリーと

説明したが全く通じなかったのです。

帰宅して発音を確認したところ『アンソサイアニン』に近く通じない理由を理解したのでした。

b0161468_1781784[1]_R.jpg

今回は『赤カブの甘酢漬け』に挑戦しました。

二つに切ってみると切断面は殆ど白でわずかな赤が混じっていました。

b0161468_179994[1]_R.jpg

赤カブの根やヘタを取り除き、薄い半月切りにし、ビニール袋に入れ、塩をまぶして軽くもみ

1日ほど置きました。

そしてこれの水気を絞った後、漬物容器に入れ、すし酢と我が農園で採れた蜂蜜を入れ

軽く混ぜて上から押して冷所に保管。

DSC06884_R.JPG

1日経つとアントシアニンが溶け出しカブを赤く染めてくれるのです。

DSC06887_R.JPG

噛むと、カリカリと音がしますが、沢庵の漬け物より少し柔らか目。

カブは水分が多いですから、漬けると半分の嵩に減ってしまいます。

DSC06888_R.JPG

あっさりした味ですからビールのつまみやご飯のおかずに沢山食べられるのです。

DSC06513_R.JPG







Last updated  2011.12.25 00:20:55
コメント(0) | コメントを書く
[JINさんの農園] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.