000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

JINさんの陽蜂農遠日記

PR

Calendar

Rakuten Profile


hitoshisanさん

晴耕雨コンで生きる男

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
デジモノ  旅行  カメラ  養蜂  農園  菜園  パソコン  太陽光発電 

Headline News

Freepage List

Favorite Blog

ネジバナ(モジズリ… New! hasepはせぴぃさん

しばらく不在します New! オジン0523さん

【山紫陽花 清澄沢 … Gママさん

アフラックによる非… noahnoahnoahさん

shumatsufama's 徒… shumatsufamaさん
2012.10.31
XML
カテゴリ:JINさんの農園

我が養蜂場のある農園の食用菊が、今年も真っ黄色な花を咲かせ、収穫時期を

迎えています。

DSC01474_R.JPG

秋の花といえば、菊の花。我々日本人にとっては、春の桜とともに、馴染み深い花のひとつ。

最近では生花や刺身のつま物の小菊など、一年を通して栽培され出回っていますが、

この食べられる菊「もってのほか」は欠かすことのできない旬の食材なのです。

DSC01476_R.JPG

独特の風味と味の良さ、美しさから、「食用菊の王様」と呼ばれているのです。

正式には「延命楽(えんめいらく)」という名の品種とのことですが、「もってのほか」

「もって菊」という愛称で広く知られおり、この一風変わった名前の由来は、

「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」だとか、

「もってのほか(思っていたよりもずっと)おいしい」といったことだとかいわれているとは

以前にもブログに書き込んだ記憶が...。

DSC01475_R.JPG

「もってのほか」はしゃきしゃきとした歯ごたえと、ほのかな香り、そして甘さとほろ苦さは、

秋にしか味わえない季節限定の大人の味なのです。

この日も早速妻が『酢の物』にしてくれました。

顎から花びらをむしり、たっぷりの湯に酢を少し入れてさっと茹で、水にとり

暫く晒した後に絞るのです。

DSC01479_R.JPG

酢を好みの量かけて出来上がり。

しゃきしゃきとした歯ごたえと、ほのかな香り、そして甘さとほろ苦さが、日本独特の繊細な

味・伝統の味として至福の時。日本人で良かったと、いや大げさではありません。

DSC01481_R.JPG

一本一本の花びらが、酢と触れて更に黄色が鮮やかに変化するのです。

食用菊には、殺菌作用があるので、昔のように冷蔵技術が無かった時代は、刺身を食べた

時の食中毒対策として、一緒に食べていたといわれているのです。

大根のツマや大葉なども同じ役割。

従って、現在、刺身に添えられている菊も食用ですので、もちろん食べられるもの。

美味しいかどうかは、人それぞれですが、私はこの菊はやや苦手なのです。

 

そして国産松茸ごはん、いや実はカナダ産なのですが、香りは負けません。

DSC01483_R.JPG







Last updated  2012.10.31 04:49:48
コメント(0) | コメントを書く
[JINさんの農園] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.