2307349 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

JINさんの陽蜂農遠日記

PR

Calendar

Comments

Profile


jinsan0716

Headline News

Freepage List

Favorite Blog

津山まで日帰り観光(… New! 隠居人はせじぃさん

東海道53次、品川宿… New! オジン0523さん

【秋明菊 ピンク八… Gママさん

BTSの原爆ブルゾンと… noahnoahnoahさん

野菜と果樹農家の栽… yasu41asyさん
2012.10.31
XML
カテゴリ:JINさんの農園

我が養蜂場のある農園の食用菊が、今年も真っ黄色な花を咲かせ、収穫時期を

迎えています。

DSC01474_R.JPG

秋の花といえば、菊の花。我々日本人にとっては、春の桜とともに、馴染み深い花のひとつ。

最近では生花や刺身のつま物の小菊など、一年を通して栽培され出回っていますが、

この食べられる菊「もってのほか」は欠かすことのできない旬の食材なのです。

DSC01476_R.JPG

独特の風味と味の良さ、美しさから、「食用菊の王様」と呼ばれているのです。

正式には「延命楽(えんめいらく)」という名の品種とのことですが、「もってのほか」

「もって菊」という愛称で広く知られおり、この一風変わった名前の由来は、

「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」だとか、

「もってのほか(思っていたよりもずっと)おいしい」といったことだとかいわれているとは

以前にもブログに書き込んだ記憶が...。

DSC01475_R.JPG

「もってのほか」はしゃきしゃきとした歯ごたえと、ほのかな香り、そして甘さとほろ苦さは、

秋にしか味わえない季節限定の大人の味なのです。

この日も早速妻が『酢の物』にしてくれました。

顎から花びらをむしり、たっぷりの湯に酢を少し入れてさっと茹で、水にとり

暫く晒した後に絞るのです。

DSC01479_R.JPG

酢を好みの量かけて出来上がり。

しゃきしゃきとした歯ごたえと、ほのかな香り、そして甘さとほろ苦さが、日本独特の繊細な

味・伝統の味として至福の時。日本人で良かったと、いや大げさではありません。

DSC01481_R.JPG

一本一本の花びらが、酢と触れて更に黄色が鮮やかに変化するのです。

食用菊には、殺菌作用があるので、昔のように冷蔵技術が無かった時代は、刺身を食べた

時の食中毒対策として、一緒に食べていたといわれているのです。

大根のツマや大葉なども同じ役割。

従って、現在、刺身に添えられている菊も食用ですので、もちろん食べられるもの。

美味しいかどうかは、人それぞれですが、私はこの菊はやや苦手なのです。

 

そして国産松茸ごはん、いや実はカナダ産なのですが、香りは負けません。

DSC01483_R.JPG







Last updated  2012.10.31 04:49:48
コメント(0) | コメントを書く
[JINさんの農園] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.