2753443 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JINさんの陽蜂農遠日記

PR

Calendar

Comments

jinsan0716@ Re[1]:藤枝市・駿河 田中城跡へ(その1)(06/03) New! オジン0523さんへ ありがとうございます。…
オジン0523@ Re:藤枝市・駿河 田中城跡へ(その1)(06/03) New! 田中城シミ屋敷になっていますよ(笑)

Profile


jinsan0716

Headline News

Freepage List

Favorite Blog

めでたい紅白の鯛焼… New! noahnoahnoahさん

青とピンクの花各種… New! 隠居人はせじぃさん

小田原城『あじさい… New! オジン0523さん

【山紫陽花 伊豆の… New! Gママさん

エコハウスにようこそ ecologicianさん
2017.02.18
XML
カテゴリ:旅行

起雲閣ゆかりの「文豪の間」・「初霜」。 

DSC02438_R.JPG

昭和23年の谷崎潤一郎、志賀直哉、山本有三の写真。

DSC02439_R.JPG

太宰治は1948年3月7日~31日にこの起雲閣別館に滞在し

「人間失格」を執筆したと。

多くの著名人に愛された起雲閣別館は昭和63年に取り壊されたと。

DSC02440_R.JPG

太宰治ゆかりの間。

DSC02441_R.JPG

私ものんびりとこのソファーに座り庭を楽しみたかったが。

DSC02442_R.JPG

床の間には「きのみやや大樹の・・・・潤一郎?」と書かれた掛け軸が。

DSC02443_R.JPG

山本有三、谷崎潤一郎、志賀直哉、各氏の「起雲閣」とのかかわりと、略歴が

説明されていた。

1947年(昭和22年)11月、山本有三が「玉渓の間」に滞在、1948年(昭和23年)にも滞在。

1948年3月15日に志賀直哉・谷崎潤一郎が来館。山本・志賀・谷崎の三人で文芸対談を。

DSC02444_R.JPG

武田泰淳、舟橋聖一、三島由紀夫、太宰治、各氏の「起雲閣」とのかかわりと、略歴が

説明されていた。

1951年(昭和26年)、舟橋聖一がこの頃からたびたび滞在。

1959年(昭和34年)、武田泰淳が「孔雀の間」に滞在。『貴族の階段』を執筆。

「孔雀の間」、「大鳳の間」に滞在し『芸者小夏』を執筆。

1958年(昭和33年)6月4日、三島由紀夫が新婚旅行で「孔雀の間」に滞在。

1995年(平成7年)6月20日、池田満寿夫が来館。杉本苑子、佐藤陽子と「玉渓の間」にて

文化座談会。

DSC02445_R.JPG

当時の旅館営業許可札や起雲館の備品を紹介していた。

DSC02446_R.JPG

「文豪の間」からの庭園。

DSC02447_R.JPG

次に「尾崎紅葉の間」・「春風」。

DSC02448_R.JPG 

尾崎紅葉の大きな写真。

1885年(明治18年)、山田美妙らと硯友社を設立し「我楽多文庫」を発刊。

『二人比丘尼 色懺悔』で認められ、『伽羅枕』『多情多恨』などを書き、

幸田露伴と並称され(紅露時代)明治期の文壇の重きをなした。

1897年(明治30年)から『金色夜叉』を書いたが、未完のまま没した日本の小説家。

DSC02449_R.JPG

「尾崎紅葉の間」は、紅葉の名前をイメージしたのか、紅色の壁。 

DSC02450_R.JPG

冊子 「尾崎紅葉 生誕100年 記念四大文豪展

尾崎紅葉・正岡子規・幸田露伴・夏目漱石」 。

DSC02451_R.JPG

「暗しとは柳にうきなあさみどり」 の掛け軸と初代お宮の松の写真。

DSC02452_R.JPG

日本橋三越劇場で行われた「金色夜叉」のポスター。

間貫一:江守徹 鴫沢宮:二宮さよ子。 

DSC02453_R.JPG

尾崎紅葉の書簡。 

DSC02454_R.JPG

お宮の松の写真も飾られていました。 

DSC02455_R.JPG

初代お宮の松の写真。 

DSC02456_R.JPG

初代お宮の松の切断面の拓本。

年輪がしっかりと確認できた。 

DSC02457_R.JPG

紅葉際記念の色紙等も。

DSC02459_R.JPG

「尾崎紅葉の間」からの庭園。 

DSC02458_R.JPG

隣は「坪内逍遙の間」・「松風」。

DSC02460_R.JPG

落ち着いた和風の部屋。 

DSC02461_R.JPG

坪内逍遙の略歴と主要作品を紹介。 

DSC02462_R.JPG

床の間には石碑の拓本?や各種の展示品が。

DSC02463_R.JPG

「逍遙の間」からの庭園。 

DSC02464_R.JPG

坪内逍遙自画像。 

DSC02465_R.JPG

坪内逍遥はかつて、『私の気に入ったと思うことのあらまし』のなかで熱海について、

次のように書き記している。(写真右)

「熱海の特徴は、軽井沢が避暑の最優勝地であるが如く、我が国に於ける避寒の最優勝地である

上に、頗る有効な温泉があり、加うるに、海と山と田園との三風致を兼ね備え、おまけに

都会的設備と田舎の趣味と両立せしめているという点にある」。 

明治~大正時代の古き良きの熱海を思い起こさせるのであった。

DSC02466_R.JPG

熱海市 逍遙ゆかりの地 紹介。

双柿舎での逍遙と夫人の写真も。

DSC02467_R.JPG

坪内逍遙像。 

DSC02468_R.JPG

「金剛の間」。

DSC02469_R.JPG

金剛は螺鈿(らでん)細工によって模様が施された洋館。

kimg30_20140304atami_7911[1]_R.jpg

この建物は、根津嘉一郎別邸のガーデンハウスとして1929年(昭和4年)に竣工。 

DSC02470_R.JPG

 金剛の間の前室に入ると、天井は、切妻になっていて、そこにステンドグラスが

嵌っています。

床にはタイルを敷いていて、いわゆるチューダー式の意匠。

DSC02471_R.JPG

様々な色調の石を用いた暖炉、柱と梁に施された彫刻や螺鈿(らでん)の装飾など、

格調高い迎賓の雰囲気があふれる仕上がり。 

DSC02472_R.JPG 

金剛の間の、暖炉の両脇の上方に、両脇に2個所づつ、ステンドグラスの窓が。

このステンドグラスは、今までと打って変わって、中国風のデザイン。

DSC02473_R.JPG

ローマ風浴室入り口。 

DSC02474_R.JPG

「ローマ風浴室」。

ローマ風浴室は、床・壁の内装から浴槽の仕様まで当時の姿を再現したも のですが、

窓のステンドグラスや装飾的な湯出口は創建当時のものを用いて いるそうです。

この浴室では、かって、舟橋聖一が「孔雀の間」で執筆し、溝口健二が監督した

『雪夫人絵図』の撮影も行われたと。 

DSC02475_R.JPG

別の角度から。 

テラコッタ製のカランも。

DSC02477_R.JPG

 洗面脱衣室にあるステンドグラスの丸窓

DSC02479_R.JPG







Last updated  2017.02.18 01:43:41
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.