ひよこたろうのへや

過去の恥は書き捨て~

花青 花赤パンダ躍る花青 花赤  クマ躍る花青 花赤  ネコ躍る花青 花赤  パンダ躍る花青 花赤  クマ躍る花青 花赤 ネコ躍る花青 花赤



くま1 過去の恥は書き捨てくま1
・・・っつうことで、へなちょこ暴露話しです。少しずつ書いていこうと思います。
それ程書く事はない、と思っていたのに、出てくる出てくる・・・。何でこんな事思い付いちまったのか、ちょっと後悔。

くま1 「怪我の話」の巻小6の図工の時間。彫刻刀で怪我をしないようにと先生が注意した直後、ざっくりと手首を切る。大出血。
中1の数学の時間,いきなり鼻血が出る。男子からは「Hな事考えていたんだろう」とからかわれつつ、教室の一番後ろで鼻血が止まるまでひとり悲しく横になっていた。
またまた中1の時。夕方チャリに乗りライトを足で付けようとしたら、前輪に右足が挟まる。大出血。病院に行って縫ってもらう。傷口から何かが見てていた様な気もする。抜糸の時貧血で吐きそうになる。
OL時代。酔っぱらって駅の階段で転びねんざ。翌日行った病院で「ギプスの新しい巻き方、考えたんですぅ~」等とのたまったバカ看護婦の餌食となる。

くま1 「たまに見る夢」の巻学校を卒業してだいぶ経つというのに。未だに見る夢。それは「試験当日、勉強を全くしていなくて焦る(試験の時間割りすら把握してなくて焦る夢の時もある)」「単位が足りなくて卒業できない」夢。・・・情けない。学生の時ちゃんと勉強していなかったから、今更こんな夢を見るんだろうな。
他に「プールの帰り、履いて帰るパンツを持ってくるのを忘れたことに気付き焦る」「寝坊して遅刻」等がある。

くま1 「泣き虫ひよこたろう」の巻弟と6歳離れていて兄弟喧嘩の体験があまりなかったせいか、ちびの頃、ものすごい泣き虫でした(今もだけど)。鬼ごっこで鬼に捕まえられただけで泣き出す始末。走るの遅いから、すぐ捕まっちゃうしね。

くま1 「ひよこたろうと本」の巻ひよこたろうは活字中毒。でも、子どもの頃は全く本を読まなかった。記憶にあるのは「ねこにすずをつけたねずみ」(小1)「ふとんかいすいよく」(小2)「ちびくろさんぼ」。本に目覚めたのは中3の受験勉強追い込み時期。
でも。何故か小4の時、父が持っていた松本清張の「砂の器」読んだんだよね。分厚くて、ルビもないのに。何考えているんだか。しばらくの間、父が読み終えた松本清張の本よく読んでた記憶がある。
理解していたのかは自分の事ながら不明。

くま1 「産まれた時から・・・」の巻だいたい、ひよこたろうは産まれた時からへなちょこだった。その事実を知ったのは、結婚の為に両家の顔合わせをした時。
何故かひよこたろうとパパりんの名前の由来の話になり。ひよこたろう父「有島武郎の『或る女』の登場人物から付けたつもりだったんだけど、あとで読み返したら、(思っていた名前と)違ってた。」・・・おい。間違えてなけりゃ、結構いい由来だと思うんだけどさ。間違えるなよ。
へなちょこ遺伝子はひよこたろうの父からのモノらしい。

くま1 「ダンサーひよこたろう」の巻ひよこたろうはその昔ダンサーでした。友達もあまりこの事実は知らないと思う。
ひよこたろうの舞台は今は無きセブンイレブン××店。恐れ入ったか。パートナーはもちろん、パパりん(←現在は二人ともダンサーは廃業しました)。
コンビニって酔っ払いが躍りたくなる様な音楽がかかってるんだもん。・・・そうです、毎晩のように足りなくなった酒とつまみを買いにコンビニに行き、躍っていたのでした。まさか、あのコンビニが無くなったのって、ひよこたろうが夜な夜な躍ってたからなんてことは・・・。

くま1 「やっぱりへなちょこ」の巻会社勤めしていた頃のこと。頂き物の果物は一番年下の女の子が切り分けて男性に配ることになっていました。でも、私の場合、必ず先輩が率先してやってくれていたのです。ケーキの箱を運ぶのも、先輩。
ひよこたろうは力持ちだけど、おっちょこちょいなので、全く信用されて無かったのです。その証拠に、先輩を気づかってひよこたろうがやろうとすると、必死に止められましたもの。

くま1 「マウスの使えないパソコン」の巻以前日記にも書きましたが。今どき、「マウスの使えないパソコン」使える人っているんでしょうか?
ひよこたろうが勤めていた会社、結構大きなグループでした。内定もらった時母が大喜びするほど。でも、「ういんどうず様」いなかったんです。ひよこたろうが会社を辞めた4年くらい前「ろーたす様」を見かけたくらい、時差のある会社でした。
友達に聞いたところ、まだ、そのパソコンは現役だそうです。「エポカルク」「エポエース」知っている人いたら、お知らせ下さい。・・・って、まさか、いないよね。

くま1 「自称主婦一年生」の巻結婚してからだいぶ経つひよこたろう。でも、まだ家事は苦手です。先日やっと「空揚げ」が出来るようになりました。次の目標は「天婦羅」です。

くま1 「・・・」の巻結婚して最初に住んだアパートは、安くて古かった。で、恐ろしいくらい大量に「アレ」が出たの。世間様では「ゴ××リ」と呼ぶらしいが、ひよこたろうの家では「デンジャラス」と呼ぶ。
引っ越して3日目くらいの日、群れる奴を見て、速攻だんなの実家に逃げた
それ以来、異常なまでに恐怖を感じるようになり、ちびこが産まれてから、奴に遭遇すると「ちびこが食べられちゃう!」と訳の分からない事を言い出すように。
結局ひよこたろうは奴らに負け、引っ越す事になったのであった(マジ)。いまだに奴の幻覚に怯えている。

くま1 「ひよこたろう検査にひっかかる」の巻妊婦検診につきものの「尿検査」。ある日検査にひっかかりました。担当の院長先生も首をかしげています。
・・・え?なにかヤバい病気?いきなり物凄い不安が襲い掛かります。
何かの数値が異常に低いらしく、後日検査をする事に。
結果ですか?単に水分の取り過ぎで、尿が薄かっただけ。異常なまでに氷を食べまくる妊婦だったので。あやうく、提携している大病院まで検査しに行かなきゃならないところでした。院長先生大笑い。

くま1 「・・・」の巻その2自宅のベッドの中で目が醒めました。メチャクチャ二日酔いです。
ふと気が付くと、身に付けているものはおパンツだけ。「え?どこで脱いできたの?裸でチャリ乗った・・・?」マジで冷や汗出ましたよ。
まあ、悩んでいても仕方ないので、居間に行くと。「年頃の男(弟)もいるんだから、玄関で服を脱ぐなよ」と父に言われました。ほっとしたやら、情けないやら・・・。

NEW くま1 「家事の才能」の巻 はっきり言って、才能ゼロ!パパりんに「インスタントラーメンを失敗するやつなんて・・・」と言われます。お湯加減がイマイチらしい。ちなみに「お前の作った納豆ご飯は最高」だそうです。

NEW くま1 「電車から引きずり出される」の巻き出勤途中の電車内でのこと。ほんの10分、電車に乗るだけだったのだが、その間に激しい吐き気・貧血・腹痛でヘロヘロに。近くにいたおばちゃんにホームに引きずり出されてベンチで寝かされ、駅員さんに連れられて駅員室へ。これが今までに数回ありました。かっこわる・・・。

NEW くま1 「プールで女子大生」の巻き新入社員だった時、某プールのオープンに行きました。“サクラ”として。(出されるお弁当に釣られて行った事は内緒。)そしたら。スポーツ新聞に「オープンしたプールではしゃぐ女子大生」みたいな見出しで写真載りました。モノクロで、小さく。それは、ビニールのボートから突き落とされる瞬間でした・・・。

NEW くま1 「潰れる・・・」の巻き私が遊んだ場所は何故か潰れる。ダンサーとして活躍した某コンビニ。ワイルドブルーヨコハマ。東京マリン。確か、他にもあったはず。


© Rakuten Group, Inc.