9671326 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

奥大山で出会った130マンハッタン@ Re:2か月ぶりにエンジンかけて、島根に向かいます(07/20) フェンダーにタイヤが、当たるのは足回り…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) いまさらさんへ 告知ありがとうございま…
いまさら@ Re:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) 今年は行けるかな〜〜〜? とりあえず、ブ…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:GK71B CLUB 開設17周年(04/29) いまさらさんへ 本当に、いつも助けても…
いまさら@ Re:GK71B CLUB 開設17周年(04/29) おめでとうございます🎉🎊㊗️ 次の山は20周…

バックナンバー

購入履歴

星乃充電器と延長ケーブルのお得なセット!【在庫有り・即納】6V/12V切替式バイク充電器+延長ケーブル■SAE端子■【スーパーナット 星乃充電器 オプティメート4デュアル 対応】【新品】【あす楽対応】
【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 送料無料本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 ホワイト ブラウン 木製 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 コミック ディスプレイラック ウォールナット 白 ラック シェルフ 耐震本棚 鉄心 鉄芯
【メール便無料】★当日発送★1.4規格はもう古い!最新規格2.0対応! HDMIケーブル 0.5m 50cm 4K 3D対応テレビ対応 19+1配線で安心のリンク対応HDMIケーブル 価格に自信有!【HDMI ケーブル 0.5m】当日発送 新規格!2.0規格対応HDMIケーブル 【送料無料】 0.5m 50cm Ver.2.0 ★1年相性保証★ 3D対応 ハイスペック ハイスピード iphone 19+1 業務用 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク フルハイビジョン 金メッキ仕様 各種リンク対応
HDMIを映像はコンポ-ネントに音声はRCA(アナログ)同軸デジタル(SPDIF,コアキシャル)に変換するアダプター。プレステ等をアナログテレビに出力!TSdrena HDMI → コンポーネント(ビデオ+ アナログ音声・同軸デジタル音声) 変換コンバーター[相性保証付き] HAM-CHICA2
HDMI入力を最大4つに分配するスプリッター。プレステ等のゲーム機の映像をPCとTVに繋いでゲームの実況用に 店頭でのサイネージにも最適!TSdrena HDMI 4分配器 [相性保証付き] HAM-HIA14-K

2011.07.19

 
XML
カテゴリ:一年前は?






最終更新日  2011.08.31 07:26:05
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
アウトローというと、この人でした
声も、演技も、人柄も、人間そのものが、本当にすごいと思わせる人でした

高校生レストランでは、なぜ、ストーリーに関係なく、急にいなくなって、話が分かりにくくしたのだろうってのは、分かりませんでしたが、舞台挨拶での姿を見て、納得しました

きっと、また復帰してくれるだろうと思っていましたが
最後の涙は、何かを悟っているかのようでした

本当に、惜しい方を亡くしました

御冥福を、お祈りいたします




原田芳雄さん逝く“命懸け”舞台挨拶から8日

 アウトローから味わい深い中年男まで圧倒的な存在感で演じ分けた俳優、原田芳雄(はらだ・よしお)さんが19日午前9時35分、上行結腸がんから併発する肺炎のため東京都内の病院で死去した。71歳だった。今月11日に主演映画「大鹿村騒動記」のプレミア試写会で行った舞台あいさつに、車いすで現れたのが公の場で見せた最後の姿に。同作は16日に公開され、最後の主演作公開を見届けるように息を引き取った。

遺体はこの日午後2時45分過ぎ、都内病院から東京・渋谷区の自宅に無言の帰宅を果たした。

 妻の章代さん、長男の俳優で歌手、原田喧太(41)、長女の女優、原田麻由(34)らが迎え、麻由が涙ぐみながら「おかえり!」と呼びかけると、周囲の十数人のスタッフから大きな拍手が起こった。

 喧太が文書で公表したところによると、原田さんは3年前に大腸がんの手術を受け、最後まで抗がん剤治療の苦しさと闘っていた。今年5月7日に都内の病院に入院。前日18日までは元気で意識もあったが、19日朝に容体が急変、家族に看取られながら息を引き取った。

 今月11日、都内で行われた主演映画「大鹿村騒動記」の舞台あいさつに車いすで登場。別人のようにやせ細った姿に、誰もが息をのんだ。声は出なかったが観客に向けて涙ぐみ、感謝の気持ちを表すように合掌した。

 実は主治医から「99%無理」と出席を止められていた。だが長野県の村歌舞伎を自らテーマに選んで主演した作品。周囲の反対を押し切っての“最後の仕事”だった。

 16日の公開初日舞台あいさつはドクターストップでやむなく断念したが、喧太は「最後の最後までの役者魂の凄さには頭が下がります」と病と闘った父をたたえた。

 若いころから酒豪で愛煙家。昨年11月からの「大鹿村-」撮影前後から腸閉塞と誤嚥(ごえん)性肺炎を併発した。すでにがんの痛みが全身を襲い、食事ものどを通りにくくなっていた。

 生前、「役作りなんて考えたことがない。役は現場で、共演者や状況に反応することでしか生まれない」と独自の演技論を持ち、多くの役者仲間から“兄貴”と慕われた。喧太は文書の最後で「役者・原田芳雄の魂は永遠に生き続けます」。それはそのままファンの思いでもある。



原田芳雄さん、最後まで心優しき無頼派俳優

 アウトローから味わい深い中年男まで圧倒的な存在感で演じ分けた俳優、原田芳雄(はらだ・よしお)さんが19日午前9時35分、上行結腸がんから併発する肺炎のため東京都内の病院で死去した。71歳だった。

におい立つような野性味が充満し、低音の声と力強い視線がエネルギッシュに放たれる。全身でアウトローに生きる男を体現してきた。

 高校を卒業後、モーター農機具の販売会社に勤めたが、日本人形の職人だった父親と衝突して家出。バーのボーイや日雇い労働など職を転々として俳優座養成所に入った。当時のさまざまな社会経験が骨肉に刻まれ、主役でも脇役でもキラリと光る演技を生んだ。

 70年の「反逆のメロディー」で演じた長髪にジーンズの一匹おおかみのヤクザ役は、映画の様式美を破壊するようなエネルギーにあふれ、若者が体制にあらがっていた時代の空気を吸い込んで撮影された作品。“アウトロー”を印象づけるきっかけとなった。

 74年の主演映画「竜馬暗殺」で共演した故松田優作さん(享年40)は原田さんに影響を受け、発声やしぐさを参考にしたという。“男が惚れる男”だった。独立プロや若手監督の作品にも積極的に参加。「いい映画ができればそれでいい」とノーギャラで出演することも多く、出演作の9割は独立系だった。

 2000年以降はホームドラマにも登場。無口で不器用だが心根は温かい父親を演じ、新境地を開いた。一方でアウトローの情熱も燃やし続け、遺作となった主演作「大鹿村騒動記」ではサングラスにテンガロンハットをかぶった武骨な主人公を志願して演じた。

 今月11日。同作の舞台あいさつには車いすで現れた。誰もが知る原田さんとは別人の有り様はサンケイスポーツやテレビの報道を通じ、お茶の間に衝撃を与えたが、覚悟の上のことだったという。今の自分の姿をありのままにさらし、最後までアウトローの生きざまを貫いた。

原田さん最後のドラマは「高校生レストラン」

 アウトローから味わい深い中年男まで圧倒的な存在感で演じ分けた俳優、原田芳雄(はらだ・よしお)さんが19日午前9時35分、上行結腸がんから併発する肺炎のため東京都内の病院で死去した。71歳だった。今月11日に主演映画「大鹿村騒動記」のプレミア試写会で行った舞台あいさつに、車いすで現れたのが公の場で見せた最後の姿に。同作は16日に公開され、最後の主演作公開を見届けるように息を引き取った。

 原田さんは5月7日から7月2日まで放送された日本テレビ系連続ドラマ「高校生レストラン」にレギュラー出演。主演のTOKIO、松岡昌宏(34)演じる教師の父親役だったが、体調不良を考慮して6月18日放送の第7話から最終回の第9話までは声のみの出演となった。

 同局は「5月下旬に原田さんが体調不良だと知った」と説明。第7話で住職である父親が突然、修行に出るという設定に変更した。


原田さん「ボクらの時代」が最後のテレビ

アウトローから味わい深い中年男まで圧倒的な存在感で演じ分けた俳優、原田芳雄(はらだ・よしお)さんが19日午前9時35分、上行結腸がんから併発する肺炎のため東京都内の病院で死去した。71歳だった。今月11日に主演映画「大鹿村騒動記」のプレミア試写会で行った舞台あいさつに、車いすで現れたのが公の場で見せた最後の姿に。同作は16日に公開され、最後の主演作公開を見届けるように息を引き取った。

 最後のテレビ出演となったのは、今月3日放送のフジテレビ系トーク番組「ボクらの時代」(日曜前7・0)。共演作が多い“盟友”の女優、大楠道代(65)、俳優の岸部一徳(64)とフリートークを繰り広げた。

 同局によると5月4日に収録。体調に異変は見られず、デビュー当時の思い出、出演映画の成否がわかる瞬間などのエピソードを披露した。

 老いていく自分について「身体もだんだん動かなくなる。動かなくなるから何かが出来なくなるんじゃなくて、動かないことが何かを出来ることになると良い」と、闘病し不自由な体でも何かを表現したいという強い意欲をのぞかせていた。


原田さん宅に弔問客続々…松田美由紀、涙
アウトローから味わい深い中年男まで圧倒的な存在感で演じ分けた俳優、原田芳雄(はらだ・よしお)さんが19日午前9時35分、上行結腸がんから併発する肺炎のため東京都内の病院で死去した。71歳だった。今月11日に主演映画「大鹿村騒動記」のプレミア試写会で行った舞台あいさつに、車いすで現れたのが公の場で見せた最後の姿に。同作は16日に公開され、最後の主演作公開を見届けるように息を引き取った。

原田さんの訃報を受け、この日、東京・渋谷区にある自宅には多くの縁のある芸能人が駆けつけた。

 原田さんと親交が深かった故松田優作さんの妻だった女優、松田美由紀(49)は「私にとってはお父さんのような存在」としみじみ。毎年末に原田さんの自宅で行われるもちつき大会で昨年末に会ったのが最後。「芳雄さんは本当に大きな存在でした。ありがとうございました」と大粒の涙を流した。

 歌手の桑名正博(57)は「本当に大事なアニキを亡くしてしまった。日本の宝が減っていくのは寂しい」。タレントの松尾貴史(51)は15日に病院へ見舞った際に「お前、働きすぎて死ぬなよ」と言葉を掛けられたと明かし、「去年のもちつきのときも目配り、気配り、みんなが楽しんでいるかを見て回っていて…」と故人の人柄をしのんだ。

 他に「大鹿村騒動記」の阪本順治監督(52)や共演の大楠道代(65)、佐藤浩市(50)、石橋蓮司(69)をはじめ、親しかった柄本明(62)ら約60人が弔問に訪れた。


渡哲也“弟分”原田さんの訃報を悼む

 名優、原田芳雄さん(享年71)の悲報に、芸能界には悲しみの声が広がった。俳優の渡哲也(69)は、故松田優作さんと3人で自宅で酒を酌み交わしたことを回想しながら、「会えば『映画やれ、映画やれ』と叱られました」。上戸彩(25)らも故人をしのぶコメントを寄せ、若手俳優たちにも慕われた人柄と幅広い交友関係をうかがわせた

「まだ、早いのにな…」。この日午後、所属事務所スタッフから原田さんの訃報を知らされた渡は言葉を失った。

 原田さんとは、渡が日活の看板として活躍していた1970年の主演映画「新宿アウトローぶっ飛ばせ」で出会い、以後、ドラマ「西部警察 PART-III」(84年)や「ゴリラ・警視庁捜査第8班」(89年)などで共演。役者としては後輩の原田さんを“弟分”としてかわいがってきた。

 原田さんが初主演映画「反逆のメロディー」(70年)で当時存在しなかったGジャン&ジーパン姿のヒーロー、「野良猫ロック 暴走集団’71」(71年)ではどてらを着て登場する異色の主人公を演じたことを振り返り、「新しい発想でジーパン、どてら、下駄履きで主役が活躍する『日活ニューアクション』を創りあげた」と功績をたたえた。

 原田さんは渡を慕っており、自宅に招くこともしばしばあった。

 「(松田)優作が健在のころ家に一緒に来ると、酔うほどにギターでひばりさんの『りんご追分』を歌ってくれ、逢えば、映画やれ、映画やれと叱られました」

 映画にこだわり続けた原田さんについて、「好きな映画で頑張り続けられました」。“弟分”の「映画やれ」という遺志をしっかり受け止めた。







最終更新日  2011.07.20 06:21:39
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:こなもの(152)
カテゴリ:こなもの
2011-07-20 05:42:15
2011-07-20 05:42:15
2011-07-20 05:42:15






最終更新日  2011.07.20 05:56:21
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.