9872733 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

なめろう@ Re:週刊バイクTV 葉月美優さん企画26週目!! #葉月美優 #週刊バイクTV(10/15) 今週から企画コーナーの名称が変わりまし…
奥大山で出会った130マンハッタン@ Re:2か月ぶりにエンジンかけて、島根に向かいます(07/20) フェンダーにタイヤが、当たるのは足回り…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) いまさらさんへ 告知ありがとうございま…
いまさら@ Re:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) 今年は行けるかな〜〜〜? とりあえず、ブ…

バックナンバー

購入履歴

星乃充電器と延長ケーブルのお得なセット!【在庫有り・即納】6V/12V切替式バイク充電器+延長ケーブル■SAE端子■【スーパーナット 星乃充電器 オプティメート4デュアル 対応】【新品】【あす楽対応】
【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 送料無料本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 ホワイト ブラウン 木製 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 コミック ディスプレイラック ウォールナット 白 ラック シェルフ 耐震本棚 鉄心 鉄芯
【メール便無料】★当日発送★1.4規格はもう古い!最新規格2.0対応! HDMIケーブル 0.5m 50cm 4K 3D対応テレビ対応 19+1配線で安心のリンク対応HDMIケーブル 価格に自信有!【HDMI ケーブル 0.5m】当日発送 新規格!2.0規格対応HDMIケーブル 【送料無料】 0.5m 50cm Ver.2.0 ★1年相性保証★ 3D対応 ハイスペック ハイスピード iphone 19+1 業務用 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク フルハイビジョン 金メッキ仕様 各種リンク対応
HDMI入力を最大4つに分配するスプリッター。プレステ等のゲーム機の映像をPCとTVに繋いでゲームの実況用に 店頭でのサイネージにも最適!TSdrena HDMI 4分配器 [相性保証付き] HAM-HIA14-K
HDMIをコンポジットにアナログ変換するアダプター。レコーダーをアナログテレビに接続。iphoneやスマートフォンをカーナビにアナログ変換TSdena HDMI → アナログ(コンポジット) 小型変換コンバーター HAM-CHIC2 [相性保証付き]
2019.06.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
それこそ盗人猛々しい。。。

捏造したんだからしょうがない。。。

朝日新聞と者植村隆には、日本が被った損害を賠償してほしいよ。。。

櫻井よしこさんのも負けたし、捏造映画とかやってないで、韓国で訴えたら勝てるんじゃない


慰安婦報道訴訟、植村氏の請求棄却 東京地裁
2019.6.26 11:59社会裁判

 「慰安婦記事を捏造(ねつぞう)した」などと指摘する記事や論文で名誉を傷つけられたとして、元朝日新聞記者の植村隆氏(61)が、文芸春秋と麗澤大学の西岡力客員教授(63)に計2750万円の損害賠償と謝罪記事の掲載などを求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であった。原克也裁判長(大浜寿美裁判長代読)は請求を棄却した。

 訴状によると、朝日新聞記者だった植村氏は平成3年8月、韓国人元慰安婦とされる女性の証言を初めて掲載。「意図的に事実を捏造した」と批判する西岡氏の論文や「“慰安婦捏造”朝日新聞記者がお嬢様女子大教授に」との見出しが付いた26年の週刊文春の記事などについて「植村氏や家族への敵意をあおり立てた」と主張していた。


元朝日記者、慰安婦報道「捏造」と指摘され訴訟も請求棄却
 従軍慰安婦報道に関わった元朝日新聞記者植村隆氏(61)が、週刊誌や論文で記事を捏造と批判され名誉を傷つけられたとして、文芸春秋と麗沢大の西岡力客員教授(63)に計2750万円の損害賠償や謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(原克也裁判長)は26日、請求を棄却した。

 訴状によると、植村氏が1991年に書いた慰安婦に関する2本の記事に関し、西岡氏は「捏造」と指摘する論文をウェブサイトに投稿。文芸春秋が発行する週刊文春も2014年に2回、同趣旨の記事を掲載した。

 植村氏は社会的評価を低下させられた上、講師を務めていた北星学園大(札幌市)に脅迫状が届くなど、平穏な生活を営む権利を侵害されたと主張している。




慰安婦論争映画、異例のヒット 「眠らせない」工夫多用


編集委員・北野隆一 2019年6月18日09時00分



映画「主戦場」から。米国内に建てられた慰安婦を象徴する少女像(左手前)=米カリフォルニア州グレンデール市(C)NO MAN PRODUCTIONS LLC

 映画「主戦場」が、慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー作品としては異例のヒットとなっている。4月20日に東京・渋谷で単館公開されると大きな反響を呼び、公開は全国44館に広がる勢いだ。一方で「承諾なく出演させられた。監督にだまされた」として、一部出演者が上映中止を求める事態も起きている。

慰安婦論争の映画、出演者の抗議に監督反論「問題ない」
 映画配給会社「東風」の木下繁貴代表は昨年10月、釜山国際映画祭でこの作品を見た日本人監督から「すごい映画がある」と紹介された。自身も見て「今までの慰安婦問題の映画とは違う。映画について語りたくなり、ほかの人にも見せたいと思った」と感じ、配給を引き受けたという。

情報量すごい・ヤバさわかった…感想続々
 東京の単館公開では満席や立ち見に。上映後には拍手が起き、ツイッターで「いま見るべき」「スピード感や情報量がすごい」「日本のヤバさがわかった」などと感想が投稿された。上映館が広がり、観客は今月中旬までに、自主制作のドキュメンタリーでヒットとされる3万人を超えるという。

 映画では、慰安婦の強制連行を否定するジャーナリストの櫻井よしこ氏や杉田水脈・衆院議員、「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝副会長らが登場。「初めて彼らの主張を真正面から聞いた」などとツイッターで評された。

 日系米国人のミキ・デザキ監督…






最終更新日  2019.06.26 12:38:16
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.