9306961 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) いまさらさんへ 告知ありがとうございま…
いまさら@ Re:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) 今年は行けるかな〜〜〜? とりあえず、ブ…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:GK71B CLUB 開設17周年(04/29) いまさらさんへ 本当に、いつも助けても…
いまさら@ Re:GK71B CLUB 開設17周年(04/29) おめでとうございます🎉🎊㊗️ 次の山は20周…

バックナンバー

購入履歴

星乃充電器と延長ケーブルのお得なセット!【在庫有り・即納】6V/12V切替式バイク充電器+延長ケーブル■SAE端子■【スーパーナット 星乃充電器 オプティメート4デュアル 対応】【新品】【あす楽対応】
【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 送料無料本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 ホワイト ブラウン 木製 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 コミック ディスプレイラック ウォールナット 白 ラック シェルフ 耐震本棚 鉄心 鉄芯
【メール便無料】★当日発送★1.4規格はもう古い!最新規格2.0対応! HDMIケーブル 0.5m 50cm 4K 3D対応テレビ対応 19+1配線で安心のリンク対応HDMIケーブル 価格に自信有!【HDMI ケーブル 0.5m】当日発送 新規格!2.0規格対応HDMIケーブル 【送料無料】 0.5m 50cm Ver.2.0 ★1年相性保証★ 3D対応 ハイスペック ハイスピード iphone 19+1 業務用 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク フルハイビジョン 金メッキ仕様 各種リンク対応
HDMIを映像はコンポ-ネントに音声はRCA(アナログ)同軸デジタル(SPDIF,コアキシャル)に変換するアダプター。プレステ等をアナログテレビに出力!TSdrena HDMI → コンポーネント(ビデオ+ アナログ音声・同軸デジタル音声) 変換コンバーター[相性保証付き] HAM-CHICA2
HDMI入力を最大4つに分配するスプリッター。プレステ等のゲーム機の映像をPCとTVに繋いでゲームの実況用に 店頭でのサイネージにも最適!TSdrena HDMI 4分配器 [相性保証付き] HAM-HIA14-K

全219件 (219件中 211-219件目)

< 1 ... 17 18 19 20 21 22

阪神2008

2008.03.30
XML
カテゴリ:阪神2008
新井6打点
金本5打点
今岡2打点

3人で333打点まで、あと320打点
虚塵、ヤクルトの三試合のダイジェストを見たところ
今年のキーポイントは”足”
両翼が広くなっりフェンスも跳ねず、芝生も変わった神宮に、外野守備に不安がある虚塵相手に走りまくって、ひっかきまわして3連勝
そして、1,2番コンビで走りまくって、クリーンナップで綺麗に帰す阪神の三連勝
そして、守備と機動力がない横浜と虚塵が三連敗。。。
足を使えるチームが上位に上がってくるようです。

順位選手名所属打率試合打席打数得点安打二塁打三塁打本塁打打点三振四死球犠打飛盗塁
1田中.667314123820021020
2新井.55631292510061300
3小関.545312110600021100
4シーボル.500313120620011100
4ガイエル.500312103530031200
4佐伯.500311102510002100
7青木.462314134610011102
8宮本.455312112520031100
9谷繁.44431291420001210
9木村拓.44431091420011010
11アレックス.417314121510000200
12赤星.400313104420002211
12鳥谷.400311100400011100
14高橋由.385314132510013100
14李炳圭.385313132500010001
16平野.37531283300011131
17ウッズ.364313111410124200
17金本.364312113411153010
17森野.364312112410231100
17飯原.364312113420042101
21ラミレス.333313122420110100
21中村紀.333312122410132000
21相川.33331091300010100
24天谷.308314130410002101
25石井.286314140400001000
26荒木.267315151410011000
27今岡.250312120300022000






最終更新日  2008.03.31 00:21:34
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2008


--まずは三年ぶりの完封勝利!!福原投手です!!
--まずは、三年ぶり、素直に今の感想をお聞かせください。

えーー嬉しいです。

--三連勝をかけてのマウンドだったんですけど、実際のところどんな思いだったんですか

えーーーそうですね、あのチームの勢いを感じましたし、なんとか一点でも少なくと、ハイ

--ランナーを背負うこともあったんですけど、ダブルプレーを四つを取っての完封でした

矢野さんが、うまくリードしてくれて、それに必死についていこうと思って
その結果がね~
野手の皆にも助けられて、ハイ。良かったです。

--去年は、悔しいシーズンだったと思いますが、これで最高のスタートを切れました。
--今年は、どんな感じでチームをひっぱってってくれますか

心強い見方が隣にいるんで、なんとかね1点でも少なくしてね、ハイ、もっていきます

--さあ、心強い見方、5打点!!打のヒーロー新井選手です!!
--5打点です!!すごいですよ!!

良かったです。

--先制、中押し、駄目押しとからんだんですが、守備につくたび、新井コールが起き
--このお立ち台に新井コールで促されてました
--この阪神ファンの熱狂熱気はどうでしょう!!

はじめまして新井です

--まさに勝利に大貢献したんですが
--昨日、一昨日は金本さんがお立ち台に上がりました。
--今日は、その金本さんの前で、ランナーを徹底的に返しました
--昨日、なにやら色々と言われたようですが、いかがでしょうか?

ノーコメントでお願いします。

--まあまあ、おいおいということで、今後期待したいのですが。。。
--去年、一昨年と100打点を記録し、今年も3試合で6打点ということなんですが
--新井さんは、どういった活躍で、チームをひっぱってってくれますか

いえもう、引っ張るというより、そういうのより
足をひっぱらないように頑張りたいです。

--あくまでも、謙虚な言葉がならぶ新井選手なんですけども
--優勝をしたい一心で、このタイガースに来ました。
--名刺代わりの、最後にファンへのメッセージをよろしくお願いします

今後ともよろしくお願いします。




新井選手 1回裏 先制タイムリー
打ったのはまっすぐです。立ち上がりだし、どうしても先制点が欲しかったですから。先制できてよかったです。

今岡選手 1回裏 タイムリー
打ったのはスライダーです。ヒットどうこうよりあの打球でよく新井がホームまで還ってきてくれましたね。

金本選手 3回裏 犠飛
打ったのはまっすぐ。イケイケの雰囲気だったんでね。最低の中の最低の仕事だよ。

新井選手 4回裏 2点タイムリー
打ったのはカーブです。得点圏にランナーもいましたし、追い込まれていたので、とにかく喰らいついていきました。欲しかった追加点を取れてよかったです。

新井選手 6回裏 2点タイムリーツーベース
打ったのはチェンジアップです。まだまだ追加点が欲しい場面だったので打ててうれしいです。






最終更新日  2008.03.30 18:16:26
コメント(13) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2008
福原、初回平野のエラーでランナーを出しましたが、送りバントの後、ファーストゴロ、セカンドゴロと打ち取りました!!
今日の福原落ち着いています!!
低めに良いボールが来てます!!

阪神の攻撃!!
一番赤星がセーフティバント!!


カバーがいません!!ファーストセーフ!!先頭打者が出ました!!

平野バントの構え、一球失敗
そして、赤星走った!!

平野バスターエンドラン!!

ライト前!!1-3塁!!
これがニュータイガースです!!

そした、新井がタイムリー!!今日の先制点は新井!!

金本三振ゲッツーで平野がサードアウト
しかし、誠の救世主!!

しぶい当たりが1,2塁間!!仁志が追いつきましたがファーストは間に合いません
バックホーム!!新井は突っ込んでいます!!
セーフ!!新井の好走塁で2点目!!!

走るタイガース!!今年は違います!!!

二回佐伯に打たれたものの、吉村のバットを折りました!!
セカンドアウト、ファーストはセーフ
好調小関にライト横1-3塁
福原ピンチ
鶴岡をバウンドの高いショートゴロ!!

鳥谷

平野

新井

6-4-3のダブルプレー!!!
福原0点に抑えました!!!


3回表
この回も福原低めに集めて内野ゴロ三つで三者凡退!!
高崎ピッチャーゴロ
石井セカンドゴロ
仁志セカンドゴロ
なんと、ここまで11人中8つが内野ゴロ!!

3回裏
赤星がいきなりライト線ツーベース!!!


平野自分も生きようとする犠牲バント!!


一塁セーフでもよかったが。。。すべりこんだ分遅れたか。。。

新井フォアボール

金本犠牲フライ!!今日も打点を上げました!!


今岡が二安打め!!調子取り戻してきました!!

鳥谷フォアボール

満塁となりましたが、ルーが外野フライ残塁です
とにかく1点追加です!!

4回福原は金城をさらにセカンドゴロ
村田にセカンド内野安打
平野横っ飛びもファーストはセーフです。
佐伯センターフライで
ワイルドピッチ
吉村、小関に連続フォアボール

鶴岡に代打鈴木です。

がんばれ福原!!

速い球で追い込んで、外角いっぱい!!

見逃し三振!!
満塁のピンチを乗り切りました!!

4回裏
入来と相川のバッテリーに代わります
下位打線二死を取られた後
当たっている赤星
足の先に当たるラッキーなデッドボール

スタートした姿を見た相川パスボール!!

平野もフォアボール

そして赤星の今年最初の盗塁は平野とのダブルスチール!!!



そして、追い込まれた新井粘って
外角のスライダーをレフト前!!二点タイムリー!!


5-0!!!

福原は5回表
相川ライトフライ
石井レフトフライ
仁志をセンターフライ
7球で打ち取りました!!

6回表
クリーンナップ
金城にフォアボール
村田は2-3からワンバンドを振らして三振!!

佐伯にはライト前
またもやピンチ
ここで吉村をセカンドゴロ!!

平野こぼしますが、落ち着いて6-4-3


またもやゲッツーで0点に抑えました!!!

6回裏
矢野!!やっと出ました今期初ヒット!!

福原送りバント成功

ここで投手交代山北です
赤星倒れて平野
三遊間深いところ


投げられません!!内野安打1-3塁!!
3度目のランナー三塁においての新井!!



矢野に続いて、平野一気に一塁からホームイン!!

7-0!!!
新井5打点目!!タイムリーツーベース!!


7回表小関にヒット
代打・大西 見逃し三振!!

相川セカンドゴロ!!

平野!!

鳥谷!!

新井!!

3度目のゲッツー!!
7回を0点に抑えました!!

8回表
サードに坂、ライトに葛城
石井にレフト前
仁志はセカンドファールフライ
金城セカンドゴロ

平野!!

鳥谷!!

新井!!

4度目のダブルプレー!!

9回表も福原がマウンドへ!!
行け!!!完封だ!!!

村田にいきなり打たれました。。。ツーベースです

がんばれ福原!!!
佐伯見逃し三振!!

吉村三遊間!鳥谷バックハンド!!ショートゴロ!!

守備も福原の完封を盛り上げます!!!

小関!!


空振り三振!!!!!



福原完封勝利!!!!
阪神開幕三連勝!!!!











最終更新日  2008.03.30 18:13:34
コメント(6) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2008
あと、フォードと桜井に一発!!
矢野にも欲しいですが、まずはリードで

今岡も爆発して欲しいですね。
目指せ開幕三連勝!!

初タイムリー!新井が執念で決めた~

 会心の当たり…ではない。それでも人工芝を蹴散らすその打球には、勝利にかける阪神・新井の熱い思いが込められていた。
 「よかったです」。この上なくシンプルな言葉で、その心模様を鮮明に描き出した。ここ一番で飛び出した適時打が刻んだ、待望の今季初打点。終わってみればこの1点が、開幕連勝の命綱となった。
 1点リードの七回だった。下位から築いた二死一、三塁の好機。5番手・加藤の初球、外寄り高め142キロを迷わずたたき付けた。投手の頭上を弾んだ打球は、トップスピンで二遊間を切り裂き、中前へと抜けた。
 チームに貴重な追加点をもたらす中前適時打。直後に1点差に詰め寄られたことを考えれば、この1点が事実上の“決勝点”といえる。
 「チャンスだったし追加点が欲しい場面。強い気持ちを持って行きました」
 守備でも隠れた“好守”で、先発・岩田をもり立てた。二回に反撃の1点を許し、なおも一死一塁。続く相川に対してボールを先行させると、自らタイムをかけて岩田に歩み寄った。
 「自分のボールを投げろ」
 この言葉でわれに返った岩田は、相川を併殺に仕留めてピンチ脱出。「嫌な流れでカウント0-2になったんで…」。攻守に見せた新井の男気が、この日の勝利を支えた。
 歓喜に沸くベンチ裏。グラウンドのお立ち台から、今季初本塁打を振り返るアニキの声が聞こえた。
 3番の新井クンがしょうもないバッティング(遊ゴロ)だったんで、何とか打ちたいと思いました-。
 「つくづく愛されてるなと感じます…以上」
 苦笑い…ではない。愛車のドアを開けるその顔に、充実感がにじんだ。聞こえるのだ。ユーモアあふれるコメントの中に隠されたアニキからのメッセージが、新井には聞こえるのだ。
 よかったな、新井-。

鳥谷が魅せた!超ダイブで岩田を救った

 金本さんのド迫力にはまだまだ及びませんが…虎の“若きアニキ”こと阪神・鳥谷も、バットでグラブで、若虎・岩田のプロ白星を完全援護だ。
 2-1の五回二死の守備。横浜・金城の強烈な打球が三遊間を襲い、左前に抜けるかに見えた。だが、遊撃・鳥谷のグラブが反撃の火種を許さない。猛烈なダイビングで白球をつかむと、すぐさま立ち上がって一塁送球。間一髪のタイミングでアウトとし、同時に、岩田にプロで初めての“勝利投手の権利”をつかませた。
 「やれることは、してやれたかなと。岩田も満塁のピンチで踏ん張ってましたからね」
 打撃でももり立てた。一回は金本の適時二塁打で1点先制した後、二死一、三塁で打席へ。カウント2-0から「追い込まれていたので何とか当てようと思った」と、ウッドの真ん中138キロをはじき返した打球は、ライナーで中前へと抜け、貴重な2点目をたたき出した。
 金本の1号アーチが飛び出した六回も、二死後に左前打。猛虎の次世代リーダーとして期待を背負う男も、アニキとともに後輩が手にしかけた白星を、成就させるべく燃えた。
 自らが自由枠入団した2年後、岩田が希望枠入団した。同じ“ドラ1”の先輩として、背負う期待とプレッシャーの大きさだけは分かる。
 「本人が(ドラ1を)どう思ってるか分かりませんけど、当然期待はされますしね。岩田も今年は勝負の年だと思うし、いいスタートが切れたんじゃないですか。これはチームにとっても大きいことですから」
 攻守、そして“若きアニキ”としても、いいスタートを切った。

赤星に今季初H ホっとした~

 出合い頭の一打で波に乗った。阪神・赤星のバットから、理想的な攻撃の形が生まれ、流れを呼び込んだ。岩田の初勝利を呼び込んだのは、08年の記念すべき初安打。やはり、この男が打てば、チームは活気づく。
 「シーズン最初のヒットなんで。チームにとっては昨日が開幕でしたけど、きょう1本出てホッとしてます。シーズン最初のヒットは特別。何年かたっても、印象に残っていると思う」
 初回だ。初対戦のウッドに先制パンチを見舞った。2-3と追い込まれながらも、7球目をはじき返すと、打球は鋭く三塁線を破った。二塁に到達して、目を向けたのはバックスクリーン。「あの『H』のランプが大事。きょうも確認しました。本当にヒットかなと」。続く平野が犠打でチャンスを広げて、金本の適時二塁打でホームイン。イメージ通りの流れだった。
 「きょうは、平野と何とかしたいと思っていました。うまくつないでくれた。2人ともヒットが出て良かった」
 前日は、犠打などで得点に絡んだものの、無安打に終わっていた。チームは勝ったとはいえ、役目を果たしきれなかった責任を感じていた。何とかしたいという強い思いが、1打席目のヒットを生み、二回の中前打にもつながった。
 「みんな、岩田に白星を付けてやろうと言ってました」と赤星。1番打者として、選手会長として。岩田に勇気を与えた働きだった。

よかった~ 平野は移籍後初ヒット
 コンパクトなスイングに気合を込めた。1点リードの七回二死二塁から、阪神・平野の放った打球は三遊間を破りレフト前へ抜けた。開幕2戦目で移籍初安打だ。「キッチリ仕事ができました。あの場面で打ててよかったです」と声を弾ませた。
 トドメを刺す1点が欲しい場面でチャンスを広げた。そして新井の適時打につながり、勝負を決定づける1点が入った。自分の役割をしっかり果たすことが勝利につながる。それが何よりうれしい。「新井さんが打ったときは鳥肌が立ちました」。初回には二塁打で出塁した赤星を犠打で三塁に進めた。相手にはプレッシャーとなり金本の先制適時打が生まれた。
 前日の四回、一塁走者の赤星を犠打で進塁させられなかったことを悔やんだ。同じ失敗はしない。AK砲を光らせる渋い仕事をこなした。
 赤星との1・2番コンビは、これから呼吸が合ってくればさまざまなバリエーションの攻撃が組み立てられる。「僕がつなげばすごい得点力になる。役割は本当に大きいです」。澄んだまなざしと力強い言葉。どんなプレーを見せてくれるか、本当に楽しみな男だ。

葛城ノリノリ2戦連続追加点演出
 その一打が打線に火を付ける。阪神が1点差に追い上げられた七回の攻撃。先頭で登場の代打・葛城は見事に中前打でチャンスメーク。そのまま新井の適時打で生還し、貴重な貴重な追加点へとつなげた。
 開幕戦の二塁打に続く2試合連続の追加点演出。「昨日と同じですけどそれが仕事なんで。去年は結果が出なかったけど結果が出てるから楽ですね」と振り返る。
 岡田監督は「去年は後半のダメ押しというのがなかったから。1点でも2点あったほうが楽やからな」とその1点の重みを口にした。
 代打で活躍となれば“神様”の称号も浮かぶが、今のところチャンスメーク専門。「いぶし銀でがんばります」と笑う。打撃好調はキャンプからキープし続けている。いぶし銀どころかフォードの調子次第では定位置獲得だって夢じゃない。






最終更新日  2008.03.30 12:38:38
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2008
アニキ独り舞台!打った~捕った~

 虎が歓喜の開幕連勝だ。金本知憲外野手(39)が初回に先制二塁打、六回に1号ソロを放つなど猛打賞。まさに「アニキ劇場」で2000本安打にあと「9」と迫った。投げては岩田稔投手(24)が6回1失点でプロ初勝利。おめでとう!!お立ち台でのまぶしい笑顔に虎党も大喝采(かっさい)だ。
 狙った。高速スイングで持っていった。歓声がドームの屋根をつんざく。今季初の、この姿。うつむき加減でベースを回る。千両役者が、開幕連勝を呼び込んだ。
 「3番の新井くんが、しょ~もないアウトになったんで、何とか流れを変えようと、打ちました。いい当たりじゃなかったけど入って良かった」
 六回。先頭の新井が遊ゴロに倒れて迎えた第3打席。先発ウッドの初球、高く入った直球を仕留めた。二回以降、0が4つ並んだ手詰まりを、金本が右翼への1号弾で解消し、リードを2点に広げた。2戦で2度目のお立ち台。弟分をこき下ろすジョークにスタンドも爆笑の渦に包まれた。
 初回一死一、三塁で右線に先制適時二塁打を放ち、三回にも右前打。3打席連続安打で99年以来、人生2度目のサイクルヒットにも迫った。4打数3安打2打点。開幕2戦目での猛打賞は、阪神移籍後最速の固め打ちとなった。
 「(打撃は)思ってたよりは意外とね。でもまだまだ。150キロ近い直球とか、もっとキレのいい変化球を投げる投手が今から出てくる」。開幕までの実戦ではオープン戦初打席での一発の後、16打席無安打だったが向上気配は十分だ。
 「焦りもあったし、何とか形だけはと思ってバットを振ったかいがあった」
 守っては超美技も見せた。九回、仁志の左翼越えの打球を追って背走し、ジャンプしてフェンスにみぞおちをぶち当てながら好捕。マウンド上から心配そうに見ていた藤川に、両手で丸印のサインを送った。
 「あれからずっとゲップが出る…。入ったかとあきらめかけたけど、イチかバチかいったらいけた。左ひざ?プレー中は怖いと思う暇も時間もないよ」
 開幕星を呼ぶ同点三塁打を放って上がった前日のお立ち台。左ひざ手術からのリハビリを見守ってくれた石原チーフトレーナー補佐に、マイクを通して感謝の言葉を贈った。鳴尾浜の寮でテレビ中継を見ていた同トレーナーは、金本の一撃に拳を突き上げ、雄叫びを上げていた。
 開幕前夜、金本は石原トレーナーに電話を入れた。「いろいろと、ありがとうございました」。石原トレーナーは身震いしながら、金本をあえて突き放した。「カネ、もう細かいことで電話をかけてくるな。本当に痛くなってどうしようもなくなった時だけ電話してこい」。金本は言いつけを守った。感謝の気持ちを一番伝えたい人に、前夜電話はしなかった。
 3安打で2000本安打達成までの本数を一気にひとケタにした。400号へのカウントダウンも始まった。
 「数字は気にしてない。内容のあるヒットとホームランを打てたことが良かった。明日も気を抜かないように…中継ぎ陣に負担をかけてるんで、打って打って打ちまくって大量点を取りたい」
 手負いとは言わせない。千両役者の名は鉄人。阪神には今年も金本がいる。

岩田プロ初勝利 ピンチも鬼迫のK斬り
 無数のフラッシュに顔を紅潮させ、涙を必死に止めた。歓声が鳴りやまぬ中、お立ち台に立った阪神・岩田が言葉を振り絞った。「めちゃくちゃうれしいです」-。長かったプロ初勝利への道。響き渡る「岩田コール」を全身に浴び、左腕はただただ勝利の余韻に浸った。
 三回だった。一死後に3連打で絶体絶命のピンチを招く。ここでハマの4番村田を迎えた。「打てるもんなら打ってみろ、という気持ちでした」。強気に内を攻め、内角低めの変化球で空振り三振を奪うも、ピンチは続いた。佐伯にはボールが先攻し、カウントは「0-3」。だがここから3球、オール直球勝負で空振り三振を奪い、最大のピンチを脱した。ホームだけは踏ませなかった。
 「ポスト井川」の筆頭候補として臨んだ昨春のキャンプ。過度の投げ込みで左手中指のマメをつぶし、紅白戦登板を回避した。代役を務めた小嶋が頭角を現し、そのまま開幕1軍の座を譲った。
 「1軍の選手なら、ここからタクシーで帰るのかなあ」-。桜が満開の季節を迎えた、昨年4月のことだった。ウエスタン戦での登板を終え、新大阪駅で新幹線を下車。JR線で家路を急いだ。仕事を終えたサラリーマンやOLで混雑する車内。地元とはいえ、岩田の存在に気付く人はいなかった。1軍では小嶋がプロ初白星を挙げ、お立ち台で無数のフラッシュを浴びていた。
 「今年は結果が出なければ、最後だと思ってやってるんだ」。鳴尾浜が閉鎖中の年末年始は、自費で宝塚市内のドーム施設を借りて、ボールを握り続けた。後悔だけはしたくなかった。開幕2戦目の大役を託した岡田監督も「力があるからよ。決してラッキーで勝てたわけじゃないよ」と最大級の賛辞を送った。
「これからもチームの勝利に貢献できるように、一生懸命頑張っていきます」と岩田。終わりではなく、始まりの1勝。若虎の進むべき道は、希望に満ちあふれている。







最終更新日  2008.03.30 12:37:06
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.29
カテゴリ:阪神2008
先発は岩田です!!
初回は2人で抑えました

横浜は新外人ウッド
1回裏
赤星!!ねばって三塁線強襲のツーベース!!
今シーズン初安打!!



堅実に平野は送ります。今日は成功1死3塁

新井はデッドボールで1-3塁


金本がやってくれました!!ライト線ツーベース!!先制点は阪神!!!


なおも、2-3塁で今岡!!
しかし、サードゴロで本塁アウト
二死1-3塁
ここで鳥谷がタイムリー!!

アニキ帰って2点目!!!
今年は鳥谷もあわせて444打点だ!!!

岩田は2回1点を失いましたが、相川をセカンドゴロゲッツー

3裏赤星ヒットで二本目!!
走ったのですが、平野がレフトフライで0点

3回表
ウッドのあと三連打。。。
岩田大ピンチを迎えます。

1死満塁で四番村田

ボール球のスライダーで三振に打ち取りました!!

そして、五番佐伯相手に0-3
押出しかと思われたなかで、ストレート三球で振り遅れ空振り三振!!


クリーンナップの3回裏
金本がライト前を打って、2000本安打まであと10本となりましたが
今岡がゲッツー

5回表!!
プロ初勝利の権利がかかった投球!!

石井、仁志を内野ゴロで打ち取りました!!

そして鳥谷!!!
超ファインプレー!!

飛びついて、俊足金城を刺しました!!!

岩田には代打が出ません
続投です

3人で終わってしまいましたが
6回の表岩田が投げます!!
岩田村田の三振もあり0点に抑えました!!


そして6回裏!!!
でました岩田を助けるアニキの一発!!!
400号まであと5本となる金本のチーム第一号のホームラン!!!!!





これで2点差岩田を楽にしました!!
鳥谷も当たっています!!またもや安打で猛打賞!!

そして7回は渡辺!!
藤本がセカンド、平野がライトに


渡辺、なんとか1点に抑えました。

あと二回!!岩田に初勝利を!!

葛城が代打でヒット!!


そして代打坂の代打で矢野!!

送りバント成功
赤星倒れて
平野が阪神での初ヒット!!

そして出ました!!!新井のタイムリー!!!!



4-2です!!

8回久保田がマウンドへ!!
二死から吉村に一発を打たれて1点差
小関にも打たれました
なんとか抑えてくれ!!!

相川もセカンド内野安打。。。


代打ジェイジェイいこうジェイがライトへ大きい当たり!!!!
俊足平野が追う!!!!
追いついてライトフライ!!!打ち取った!!
なんとか岩田の初勝利に望みは続きます!!!!

9回球児
石井を三振!!


仁志が打った!!!入ったか。。。
大きな当たり。。。金本下がる、下がる、あきらめたか?
飛びついた!!

捕った!!!!フェンスに激突しながらも捕った!!!!

そして金城を見逃し三振!!!


阪神勝った!!!!
岩田プロ入り初勝利!!!!!!

ヒーローインタビューは初勝利の岩田と打ちまくったアニキ金本!!!!

----まず、プロ初勝利をあげました岩田投手です。
----プロ初勝利、今の気持ちいかがですか?

めちゃくちゃ嬉しいです。


----そして初めてのお立ち台ですよ。どうですかファンの皆様に祝福されて

緊張します。


----ゲームを思い出してください。ご自身、今日のピッチング振り返っていかがですか?

内容がそんなによくなかったんで
まあでも、野手の方に先に点を取ってもらったんで、気持ちが楽に投げることができました。


----3回には満塁のピンチで二者連続三振の圧巻の投球でした。
----気持ちはいってましたね。

はい。絶対に点をあげなたくなかったんで、絶対に抑えたかったです。


----試合が終わった後、ウイニングボールを藤川さんから受け取っておられましたが
----このウイニングボールどうしましょうか

えー嫁さんに持って帰ります。


----野手の皆さんも岩田さんに一勝をという思いだったと思います。
----隣にいる金本さんのバットにも助けられましたね。

はい。あのホームランはものすごく大きかったです。


----金本さん。マウンド上の岩田投手どのように映ってましたか

いや、ヒヤヒヤしてみてました。

----あらためまして、今日も守りで、バッティングでもみせてくれました。
----昨日に続いて開幕から2日連続のお立ち台
----チーム初ホームランを放った四番金本選手です。

----6回のホームラン、あの打席はどんな気持ちで入りましたか

そうですね。三番の新井君がしょうもないアウトになったんで
なんとかここで、流れを変えないかんと思って、ホームラン打ちました。


----そして、スタンドに入りました。その狙ったホームラン。どうですか、その手ごたえは

ちょっと、そんなに良い当たりではなかったんですけどね
入ってよかったですね。

----金本さん。今日は猛打賞です
----ご自身の2000本安打まで、一桁、あと9安打となりました。
----さらに、節目の400本塁打までも、あと5本です。
----今シーズン、カウントダウン始まりましたね

数字は、あんまり、そこまでは気にしてないんですけど
内容あるヒット、内容あるホームランをたくさんいい所で打てれば良いなと思います。


----最後にお二人に一言ずついただきたいと思います。

----三年目にして開幕ローテーションの座をつかみました。
----初勝利を手にして、これからどのような活躍を見せてくれますか

初勝利手あげることができたんで、次からもタイガースの勝利に貢献できるように頑張りっていきたいです

----金本さん、チームはこれで開幕二連勝です。
----三連勝をかけた、明日の戦い、どんな姿を見せてくれますか

気を抜かないようにして
中継ぎに負担をかけているので、打って打って大量点で勝てればいいと思います。









最終更新日  2008.03.30 10:43:40
コメント(14) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2008


さすが!金本、開幕白星へ千金2点三塁打!お立ち台でウルウルお立ち台で笑顔が弾けた金本(右は今岡、撮影・安部光翁)。しかし、途中でこの表情、ウルウル発進となった(下)

 (セ・リーグ、阪神4-2横浜、1回戦、阪神1勝、28日、京セラD大阪)アニキ復活! ウルウル発進!! 阪神・金本知憲外野手(39)が横浜戦(京セラD)の四回、同点の2点三塁打。チームの4年ぶりの開幕白星に貢献し、お立ち台では関係者へ感謝の弁。まさに“快幕”。トラが最高のスタートを切った。


 まさか、最初のヒーローになるとは…。左ひざ手術から復活をかけるシーズンで、金本がいきなりお立ち台に立った。プレシーズンを通じて18打席ぶりのヒットは貴重な同点3塁打。万感の思いをかみしめた。

 「個人的なことになりますが手術をして、開幕に(グラウンドに)立てて、監督、コーチ、そしてつきっきりでリハビリをしてくれた石原コーチ(実際はチーフトレーナー補佐)に、お礼をいいたい。そしてファンのみなさま、ありがとうございました」

 その瞳は、うるんでいるように見えた。異例のあいさつに、復帰を支えてくれたスタッフ、応援してくれたファンへの深い感謝の念を込めた。

トラの最高のスタートを引き寄せる同点三塁打を放った金本
 2点を追う四回一死一、二塁。好機で第2打席に立った。カウント1-2から真ん中低めの直球をフルスイング。「あれは振りにいったんやけどな。2ストライクになって、合わせることを意識した」。1球ボールの後、高めの甘い直球を鮮やかにとらえた。

 右中間に深々と突き刺さる打球を確認して全力疾走。三塁まで到達してた。直後、今岡の勝ち越しタイムリーで生還。4年ぶりの白星発進をもたらし、横浜相手の開幕戦も6連敗で止めた。

 「中継プレーがホームにリレーされたので、迷わず三塁へ行った。ひざ? 全然大丈夫です」

 ようやく笑みがこぼれた。ここにたどり着くまでの苦難が報われた。昨年10月、左ひざの半月板部分切除手術を受けた。リハビリに専念するため1月末からチームを離れて米ロサンゼルスで単身キャンプ。グラウンドに出る前に毎日、30分ほど屋内でリハビリに励んだ。消えない痛みに、アブラ汗とともに声にならない叫びをあげた。開幕に間に合わせるため、苦痛と戦った。

 そんな日々が、走馬燈のように駆けめぐった。割れんばかりの拍手も、目がくらむほどのフラッシュも、この日ばかりは別格だった。「公式戦なら、(ひざの不安とか)そういうことはいってられない。常に全力でやる選手だから」。岡田監督も、復活に目を細めた。

 2000安打へ、あと12本。「(チームの)足を引っ張らなくてよかった。(クリーンアップの)3人で333打点くらい、いきたいッすね」。ジョークで笑わせた。優勝した05年を彷彿させる今岡との“連打”。何より新井もいる。今年も猛虎の先頭に立つのはこの男。鉄人が熱く、激しく、ファンのハートをひきつけながら船出した。

「いけぇ! よっしゃ!!」5番・今岡が執着の勝ち越し打

これが今年の誠スタイル。今岡の執着心が08年初星を呼びこんだ。

 「あの場面は走者をかえすことだけ。打点が付いたのがよかったね」

 気迫が違った。金本の値千金打で同点に追いついた直後の四回一死三塁だ。寺原の外角スライダーに食らいついた。「いけぇ! よっしゃ!!」。前進守備の二遊間を破ると、さけびながら一塁ベースをけった。一気にたたみ掛ける勝ち越し打。「走者をかえせてよかった」。5番の仕事をこなせたことが、素直にうれしかった。

 2年連続の打撃不振に加え、プレシーズン終盤で24打席連続無安打の急ブレーキ。今年もアカンのか…。心配の声は尽きなかった。だが、今岡は前向きだった。「最後の試合でヒット1本出たし、流れが変わる感じがある」。昨年12月に亡くなった島野育夫氏から口酸っぱくいわれた「自分自身が大事」という言葉を思いだし、最後まで己を信じ抜いた。

 「打点は勝利に直結する。きょうみたいな仕事を1年間やりたい」

 粘り強さが増した05年打点王が、復権の一歩を力強く踏み出した。

安藤、虎1番星!粘投5回2失点…初の開幕投手大役果たした
 
大役を果たしても、満足度は低かった。プロ7年目で初の開幕投手を務めた安藤に、笑顔はなかった。

 「最低の中の最低限の仕事だったと思います。少なくとも6回か7回は投げたかった。周りにはそのぐらい期待されていたから、きょうは不本意です」

 初回は打者3人でピシャリ。だが、二回、先頭の村田に四球を出すと、吉村の右前打などで一、三塁に。小関の一ゴロの間で先制点を献上した。さらに四回にも相川に左前へ適時打を浴びた。二回以降は毎回走者を背負う苦しい投球だが、追い込んでからのフォークで窮地を脱した。

 5回を7安打の2失点。四回の打線の援護で勝利投手の権利を得た。球数は103球。JFKへ直接バトンを渡せなかった自分がふがいなかった。

 昨年は2勝3敗。ポスト井川の一番手として開幕投手に期待されながら、キャンプ中に右肩痛などで離脱した。ふがいないシーズンはもうおくりたくない。オフには入団時の担当だった池之上スカウトに「開幕投手を目指してやります」と打ち明けた。無休でトレーニングに取り組み、クリスマスイブも返上して投げ込んだ。男の約束を信じて、京セラDに駆けつけた同スカウトの前で苦しみながらも開幕白星をつかんだ。

 「1点を取られた後も、辛抱した。プレッシャーなんかな。いっぱいいっぱいやったな。この1勝で全然違うからな。負けを勝ちにしてもらったんやから」。岡田監督は次回登板での巻き返しに期待を込めた。「(開幕は)独特の雰囲気があったし、普段以上に疲れた」という安藤も肩の荷が下りた。反省いっぱいのこの白星を糧にして、これからはグイグイと先発陣を引っ張っていく。

★重圧の中よく投げた安藤

 安藤は初めての開幕投手という重圧を受けながらも、自分の投球を心掛けていた。不運なヒットが何本かあったこともあって、より慎重に投げたために、球数は増えてしまったが、決して悪い内容ではなかった。走者を許してから粘れたことも、大きな収穫だと思う。

 岡田監督から1年間投手の柱で、という期待を込めて任された大役だったが、十分にその仕事は果たしてくれそうな投球だった。本人は7回ぐらいまで投げたかったと思うが、開幕したばかり。徐々に投球回数は伸ばしていけばいい。

 最後に出てきた藤川にも開幕のプレッシャーが感じられた。その緊張感がちょっとバタバタした感じのする内容になっていたが、こちらも安藤同様、心配することはない。ボールのキレ、キャンプ以来課題としてきたフォークのコントロールも、私には大丈夫と映った。

 ただ、藤川の場合、相手が慣れてきたこと。さらに『打倒藤川』に集中して臨んできていることは、肝に銘じる必要があるだろう。

★赤星「気持ちがいいですね」

 赤星は4年ぶりの開幕戦勝利を喜んだ。「いいスタートを切れた。3年間負けていたので、勝てて気持ちがいいですね」。笑顔で振り返った。

 「あした(29日)は1、2番でチャンスを作りたい」。初戦はともに快音なしだった平野との俊足コンビでの、かく乱戦法に意欲を燃やした。

★矢野、救援陣ねぎらう

 矢野は2点リードを守りきった4人のリリーフ陣をねぎらった。「みんなテンポよく投げていた。ウチの勝ちパターンでしっかり投げてくれた。投手陣にはいいスタートになったね」。

 リード面では及第点だったが、自身の打撃は3打数無安打。「今年は打って投手陣を助けたい」が口癖の正妻、今度はバットでの援護を誓った。

★フォード、ハッスルしたが…

 フォードは2打数無安打。しかし、三回には投ゴロに一塁へ全力ダッシュするなど、ハッスルの一端は見せた。「ベンチも、球場もすごくエキサイトしている雰囲気だった」と虎の公式戦の盛り上がりにビックリ。打撃には「開幕なので、打とうという気持ちが強すぎた。振ってはいけないボールまで振っちゃった」と反省しきりだった。

葛城&平野がダメ押しだ!!「初日に最高の形になりました」

主役がたぐり寄せた流れに乗って、脇役がすかさずダメを押した。貴重な4点目は、葛城&平野の必死さが実った。

 「あそこで点が取れると取れないとでは、全然違ってくる。(シーズン)初日に最高の形になりました」

 葛城が声を弾ませる。1点リードの五回、先発・安藤の代打で登場。2番手・入来から左翼線二塁打を放つと、三進後に平野の左翼への犠邪飛で迷わずスタートを切った。「僕なりのスライディングです」。際どいタイミングだったが、土煙を上げながらホームイン。何とかしたい。その一心の激走だった。

 「必死です。とにかくチームに貢献したいですから」と移籍初打点をマークした平野は、充実の汗をぬぐった。クセ者がそろった08年猛虎打線はひと味違う。

タテジマ新井が初安打!アニキの殊勲打で激走、同点ホーム!

アニキの復活打をサポートする激走。新井が足で魅せた。

 「そりゃもう、必死で走りました。ホームに絶対にかえるんだと思って」

 四回一死一塁で四球を選んで、好機を広げた。金本の打球に本能で反応。ストップをかけた三塁コーチャーの和田守備走塁コーチは「オレを振り切るくらいのスピードだった」と振り返った。同点のスライディング。制止を“無視”する好走塁に「当たり前、当たり前」。金本の笑顔が、最高のホメ言葉だった。

 五回二死では2番手・入来から右前に初安打をマーク。「開幕戦で勝ててよかった。自分の中では移籍して初めての、特別な試合だった。そういう日に勝って思い出に残る試合になると思う」。タテジマでの白星発進。真の虎戦士として一歩を踏み出した。






最終更新日  2008.03.29 10:58:49
コメント(4) | コメントを書く
2008.03.28
カテゴリ:阪神2008
とうとう開幕しました!!
開幕投手は予想通り、安藤
そのほかのメンバーも予想通りでした。

その阪神打線
寺原の前に3回をノーヒット
安藤はアンラッキーな当たりが続き2点を献上
その中でも3回、ピンチで連続三振!!



1番からの4回
赤星粘ってフォアボール

平野バント失敗の後、新井もフォアボール。いきなり崩れだしました

寺原には相性のいい金本!!
右中間に同点三塁打!!



復活後ヒットのなかったアニキにとうとう出ました!!
数少ないチャンスをものにする四番はやっぱりアニキです!!!

そして、今岡も続きました!!
センター前タイムリー!!!一気に逆転!!!!


チャンスに強い打点王今岡が帰ってきました!!!!!

寺原KOで入来です
安藤をあきらめて、代打絶好調新婚男葛城!!


レフト線ツーベース!!
赤星バンドで送ります


平野粘ってレフト線に特大ファールフライ



これが犠牲フライになりました!!
4-2!!!!
平野も阪神での初打点!!

新井にもヒットがでました!!

阪神での初ヒット!!これで楽になるでしょう!!


6回表からは、福間納の背番号12を引き継いだ渡辺です
フォードの危ない守備もありましたが3人で抑えました!!!

6回裏鳥谷にも初ヒットが出ました!!


7回からは久保田です!!
石井ファーストファールフライ
仁志ピッチャーゴロ
金城ファーストゴロ
三人で抑えました!!

ラッキーセブン!!


初ジェット風船!!
久保田に代打桜井
惜しい当たりですが、センターフライ

8回平野がライト、セカンドに藤本
そしてもちろんジェフです!!
村田キャッチャーファールフライのあと
ジェイジェイ行こうジェイを三振!!

吉村も連続三振!!



9回球児が出てきました!!!!

しかし、小関に今日二本目のヒットを打たれます。
相川はセカンドゴロ、これを藤本がちょっと緩い送球でゲッツーはとれません
代打鈴木尚を三振!!!!


このまま行くかと思いきや。。。石井にも打たれます。。。代走野中は三塁ストップ
仁志を追い込みましたがワンバウンドで二三塁に。。。

オープン戦の時みたいに、ピンチの練習しなくていいのに。。。

そして、いやなバッター仁志が打った。。。右中間

赤星が捕って、2004年から4年ぶりの開幕戦勝利です!!!!!




ヒーローは同点スリーベースの金本と逆転打の今岡!!


----まずは金本さん
----同点タイムリーのあの場面
----どんな思いで打席に向かいましたか



とにかく、大振りせず、バットに当てさえすれば
集中力があったんで抜けてくれるかと思って
とにかく集中していきました

----好投している寺原投手にチーム初ヒットが同点タイムリーでした

赤星と新井がね気持ちを抑えてね
フォアボールフォアボールでつないでくれたんで
うたないかんと思っていました

----そして金本さんの激走も見事でしたよね

そうですね。
中継プレーがねホームにリレーされたんで、迷わず三塁に行きました

----膝の状態心配されているファンの方多いと思いますけど大丈夫ですね

ええ全然大丈夫です

----新井選手を加えたクリーンナップいかがでしょう

そうですね。三人で333打点くらいいきたいですね。

----そして三人でと指名されました
----逆転のタイムリー今岡選手です

----あの場面、どんな思いで打席に向かいました?

ランナーを返すだけ。ハイ
打ててよかったです

----そして、今岡さん、ものすごいガッツポーズがでましたね。

そりゃ嬉しいですよね。ハハ

----去年から今年のオープン戦どんな思いでここまで来られました?

いやもうあの、今年というかね今を頑張る。それだけです

----そして、金本さんにも伺いしまました
----新井さんを含めた今年のクリーンナップいかがでしょ

そうですね。今日みたいに金本さんがヒット、ホームランを打たれた後にね
こうやって打てるように、これからもがんばっていきたいと思います。


----それでは、まず今岡さんから、今年の決意をお聞かせください

いやもう、とにかく一生懸命がんばりますんで、応援よろしくお願いいたします。


----それでは、開幕戦のお立ち台、アニキ金本選手にしめていただきたいと思います。

個人的になるんですけど今日こうやって手術をして、開幕戦のグラウンドに立つことができたね、お礼というか、
監督、コーチ、球団、そしてつきっきりでね僕のリハビリを担当してた石原コーチに、この場を借りてお礼をいいたいと思います。
そしてファンのみなさまも、ありがとうございました







最終更新日  2008.03.29 10:25:36
コメント(8) | コメントを書く
2008.03.26
カテゴリ:阪神2008
三浦が開幕投げれない。。。
開幕戦、三浦から勝って、おじさん対決も勝って
開幕ダッシュを楽しみにしてたのに

でも、これで阪神有利になるのかなぁ。。とも思ったり
全ての球団がベストで戦って、日本一になりたいという思いはありますけどね。

阪神は、狩野の手術と浅井を第三の捕手にして、キャッチャー二人で行くとの記事もあったのですが、小宮山が入ってますね。

阿部、筒井が開幕一軍入り。投手陣は11人だけ、岩田がないのは、横浜戦のあとにもってくるのかな
横浜戦は、安藤、下柳、福原で三つ勝って、その後、がらっと変わるんでしょうね。

金村、ボーグルソン、アッチソン、杉山をどう使ってくるかですね




セ出場登録公示…横浜三浦が登録外れる
 セ・リーグは26日、開幕戦でベンチ入り可能な出場選手登録名簿を公示し、新人ではヤクルトの大学生・社会人ドラフト1巡目で入団した加藤幹典投手(慶大)がただ1人登録された。

 横浜の開幕投手候補だった三浦大輔投手は疲労による調整遅れのため登録を見送られた。高卒新人で1軍入りが期待されていたヤクルトの由規投手(宮城・仙台育英高)や横浜の佐藤祥万投手(栃木・文星芸大付高)は2軍スタートとなった。

 育成選手枠から支配下選手登録されていた巨人の隠善智也外野手と中日のチェン投手が開幕1軍を果たした。

 セ・リーグ各チームの出場選手登録は次の通り。

 【巨人】投手 上原、豊田、高橋尚、グライシンガー、西村健、吉武、クルーン、山口、越智、栂野▽捕手 阿部、村田善、加藤▽内野手 木村拓、小笠原、二岡、脇谷、イ・スンヨプ、大道、古城、坂本▽外野手 ラミレス、谷、鈴木尚、高橋由、亀井、隠善

 【中日】投手 川上、岩瀬、朝倉、中里、吉見、チェン、鈴木、平井、小笠原、高橋、小林▽捕手 谷繁、小田、小川▽内野手 荒木、立浪、井端、森野、西川、ウッズ、デラロサ、中村紀▽外野手 藤井、和田、李炳圭、英智

 【阪神】投手 渡辺、安藤、筒井、藤川、江草、福原、久保田、下柳、ウィリアムス、阿部▽捕手 野口、矢野、小宮山▽内野手 鳥谷、関本、今岡、藤本、新井、坂▽外野手 平野、金本、浅井、桧山、葛城、桜井、赤星、フォード

 【横浜】投手 ウッド、那須野、加藤、木塚、高崎、寺原、山北、三橋、入来、ヒューズ、工藤、マットホワイト▽捕手 相川、斉藤俊、鶴岡▽内野手 ジェイジェイ、石井、仁志、村田、佐伯、野中、斉藤秀▽外野手 小関、金城、内川、吉村、大西、鈴木尚

 【広島】投手 ルイス、大竹、横山、広池、コズロースキー、梅津、長谷川、青木高、岸本、林▽捕手 石原、倉▽内野手 山崎、東出、栗原、梵、シーボル、喜田、木村▽外野手 前田智、緒方、中東、赤松、森笠、アレックス、天谷、嶋

 【ヤクルト】投手 林昌勇、佐藤、村中、加藤、石川、花田、リオス、萩原、五十嵐、吉川、押本▽捕手 小野、福川、米野▽内野手 川島慶、リグス、宮本、田中、城石、川端▽外野手 ガイエル、武内、飯原、青木、福地、真中、宮出、斉藤


岡田監督伝えた…杉山「第6の男」

 ついに08年岡田阪神の開幕ローテが決定-。岡田彰布監督(50)は25日、開幕横浜3連戦(3・28~30、京セラドーム)と2カード目の広島3連戦(4・1~3、広島市民)を託す先発投手6人に登板日を告げたことを明らかにした。注目の『第6の男』はこの日の2軍戦で調整不足を露呈した金村暁に代わり、杉山直久投手(27)が指名された。

  ◇  ◇

 開幕ローテを託す1人1人に岡田監督の口から直接、登板日が通達された。「投げる投手にはこっち(鳴尾浜)に来る前に伝えたよ。毎年、先発だけは言うてるから」。

 練習を行う鳴尾浜への移動前。甲子園のクラブハウスで神聖な“儀式”は行われた。初の開幕投手を任せる安藤だけではない。福原、岩田、下柳、アッチソン、そして最後まで不確定だった『第6の男』には杉山を指名した。

 金村暁がこの日、2軍戦で好投すれば、逆転指名する案もあったが、結果を残せずオープン戦から好投を続けてきた杉山に落ち着いた。

 6人に託した指揮官の思いは熱い。「だれが柱とかではなく、みんな1年間守る気持ちで投げなアカン。みんなが柱になるという気持ちでいると思うよ」。

 昨年は規定投球回到達者ゼロというふがいない結果に終わった。先発陣の強化は昨季終了以来、口にし続けたテーマ。先発陣は指揮官の言葉に奮起するようにオフからキャンプにかけて、し烈な競争を繰り広げた。そして6人が決まった。

 次は公式戦で結果を出す番だ。結果が残せなければ金村暁、ボーグルソン、昨年の新人王・上園と“ローテ予備軍”がその座を狙っている。一瞬たりとも気の抜けない状況。これこそ指揮官が思い描いた理想の先発陣。全幅の信頼のもと、シーズンへ臨む。

金村暁「ローテ外の男」昇格見送り

 左太もも裏を痛めてリハビリ中だった阪神・金村暁投手(31)が25日、ウエスタン・サーパス戦に先発。投球内容次第では開幕2カード目、4月3日の広島戦で1軍昇格そして移籍初先発を果たすプランもあったが、4回を6安打3失点と打ち込まれた。当面、1軍昇格は持ち越しとなった。

 故障後初の実戦登板。金村暁は「真っすぐのキレが全くなかった。結果を出してアピールしたかったけど、仕方ないです」と言葉を絞り出した。

 約1カ月ぶりの実戦で調整不足は明らか。序盤からカウントを悪くし、直球を狙われる悪循環。初回は守備の乱れから1失点。二回は岡田を2-1と追い込みながら、内角高めを狙って逆球となり外角高めに浮いた直球を右翼席に運ばれた。球威で勝負するタイプではないが、直球の最速も139キロ止まりだった。

 星野2軍投手コーチは「物足りなかった。あとは上の判断だけど、これですぐ上がることはないでしょう。次どうするかが大事」とコメント。1軍昇格は先送りとなったが、ローテの一角を期待される右腕だけに、早い段階での完全復調が待たれる。

金村暁「先発第6の男」に急浮上

 岡田阪神が開幕ローテの再編を検討していることが24日、分かった。左太もも裏を痛めてリハビリを続けてきた金村暁投手(31)が、25日のウエスタン・サーパス戦(北神戸)で復帰登板を果たす。首脳陣は投球内容次第で開幕2カード目、対広島の3戦目で先発予定のライアン・ボーグルソン投手(30)との入れ替えも視野に入れている。開幕を控え「第6の男」に金村暁が急浮上してきた。

  ◇  ◇

 開幕を目前に控え、ローテーションをめぐる動きに変化が出た。開幕投手を安藤に任せ、福原、岩田、下柳、アッチソンがすでにローテ入りを決めた。残りは1枠-。当初はボーグルソンで決まりかけていたが、ここにきて「金村暁」の名前が急浮上してきた。

 金村暁は8日の西武戦(皇子山)の試合前、左太ももに強い張りを感じて急きょ登板を回避。当初は長引く懸念もあったが、慎重なリハビリで順調に回復。25日のウエスタン・サーパス戦で実戦復帰する。

 「2イニングの予定だったけど、先発の最低限の仕事ぐらいは投げたいとお願いして、(4、5回)投げることになった。2カード目で投げられる準備だけはさせてくださいということ。今年は1からのスタート。開幕から、シーズンを通してチームに貢献したい」

 「第6の男」に金村暁の名前が出る背景には、ボーグルソンの不調がある。開幕2カード目、4月1日からの広島3連戦(広島市民)で先発する予定だったが、20日の広島戦(倉敷)に先発して4回8安打3失点と精彩を欠いた。ブルペンでも一向に復調の兆しが見えず、首脳陣は2軍での調整を検討している。

 4月1日の広島3連戦の初戦は、下柳の先発が濃厚。27日のサーパス戦(北神戸)にアッチソンが調整登板する予定で、2日の広島戦に中5日で先発登板することになる。これにより金村暁、ボーグルソン、杉山らを候補に、首脳陣は3戦目の先発投手の再検討に入る。

 “最終テスト”となるサーパス戦を前日に控え、金村暁は休日返上で鳴尾浜球場を訪れて軽めのトレーニング。短いダッシュを入念に繰り返し、40球程度のキャッチボールで最終調整を終えた。

 遅れてきた「新戦力」が、いよいよ復活登板を果たす。ボーグルソンの不調はチームにとって誤算だが、確かな実績を持つ金村暁がいる。岡田監督は4月8日からの甲子園での対中日3連戦を金村暁の復帰メドとしたが、きょうの投球内容次第ではさらに早まり「第6の男」となる。







最終更新日  2008.03.26 22:20:35
コメント(4) | コメントを書く

全219件 (219件中 211-219件目)

< 1 ... 17 18 19 20 21 22


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.