9656028 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

奥大山で出会った130マンハッタン@ Re:2か月ぶりにエンジンかけて、島根に向かいます(07/20) フェンダーにタイヤが、当たるのは足回り…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) いまさらさんへ 告知ありがとうございま…
いまさら@ Re:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) 今年は行けるかな〜〜〜? とりあえず、ブ…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:GK71B CLUB 開設17周年(04/29) いまさらさんへ 本当に、いつも助けても…
いまさら@ Re:GK71B CLUB 開設17周年(04/29) おめでとうございます🎉🎊㊗️ 次の山は20周…

バックナンバー

購入履歴

星乃充電器と延長ケーブルのお得なセット!【在庫有り・即納】6V/12V切替式バイク充電器+延長ケーブル■SAE端子■【スーパーナット 星乃充電器 オプティメート4デュアル 対応】【新品】【あす楽対応】
【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 送料無料本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 ホワイト ブラウン 木製 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 コミック ディスプレイラック ウォールナット 白 ラック シェルフ 耐震本棚 鉄心 鉄芯
【メール便無料】★当日発送★1.4規格はもう古い!最新規格2.0対応! HDMIケーブル 0.5m 50cm 4K 3D対応テレビ対応 19+1配線で安心のリンク対応HDMIケーブル 価格に自信有!【HDMI ケーブル 0.5m】当日発送 新規格!2.0規格対応HDMIケーブル 【送料無料】 0.5m 50cm Ver.2.0 ★1年相性保証★ 3D対応 ハイスペック ハイスピード iphone 19+1 業務用 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク フルハイビジョン 金メッキ仕様 各種リンク対応
HDMIを映像はコンポ-ネントに音声はRCA(アナログ)同軸デジタル(SPDIF,コアキシャル)に変換するアダプター。プレステ等をアナログテレビに出力!TSdrena HDMI → コンポーネント(ビデオ+ アナログ音声・同軸デジタル音声) 変換コンバーター[相性保証付き] HAM-CHICA2
HDMI入力を最大4つに分配するスプリッター。プレステ等のゲーム機の映像をPCとTVに繋いでゲームの実況用に 店頭でのサイネージにも最適!TSdrena HDMI 4分配器 [相性保証付き] HAM-HIA14-K

全151件 (151件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 16 >

格闘技

2016.08.30
XML
カテゴリ:格闘技

もう82歳だったんですね。
まったく日本人っぽくないのに、日本人を名乗ってた悪役レスラーでしたね。

御冥福を、お祈りいたします。


米の日系悪役レスラー、「ミスター・フジ」ことH・フジワラ氏が死去 82歳


ミスター・フジ=1999年4月、ノックスビル(AP)

 ハリー・フジワラ氏(米国の元日系悪役プロレスラー) 米プロレス団体WWEによると28日死去、82歳。死因や死亡した場所などは明らかにしていない。

 ハワイ出身。ミスター・フジのリングネームで知られた。60年代から米国内外で活躍、WWEによると世界タッグチームチャンピオンを5回獲得した。85年、えんび服に山高帽姿の悪徳マネジャー役に転身。07年WWEの殿堂入りを果たした。(共同)






最終更新日  2016.08.30 21:08:51
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.04
カテゴリ:格闘技





アントニオ猪木氏、アリ氏の訃報に「ライバル見送ることは非常につらい」


i38.jpg
1976年6月、格闘技世界一決定戦で、プロレスのアントニオ猪木(右)と対戦するプロボクシングの世界ヘビー級王者ムハマド・アリ氏=日本武道館(UPI=共同)

 ムハマド・アリさんと日本人で唯一対戦したのが、プロレスラーだったアントニオ猪木参議院議員(73)だ。1976年6月26日に東京・日本武道館でプロボクシングの世界ヘビー級王者だったアリさんと異種格闘技戦を闘った。

 突然の訃報に猪木さんは4日、「あの闘いからことしで40年。こうして、かつてのライバルたちを見送ることは非常につらいものです」と談話を発表した。


i39.jpgi40.jpgi41.jpg


アリ氏死去に安部譲二氏「F1レースのマシンが公道を走っているようだった」



 米NBCテレビなどは4日、呼吸器系の病気で入院していたボクシングの元世界ヘビー級王者のムハマド・アリ氏が死去したと報じた。

ボクシングに詳しい作家安部譲二さんの話
「僕にとっては、ムハマド・アリというよりも、改名前のカシアス・クレイの登場が衝撃的だった。バンタム級のように華麗なフットワークをヘビー級に持ち込み、まさにF1レースのマシンが公道を走っているかのようだった。ヘビー級全体のレベルを押し上げた。彼はベトナム戦争への徴兵の拒否もした。(当時の米国で)戦争なんてやってはいけないという主張を貫いたのがすごい。大変な男だよ。そういう意味では、ボクシングという枠を超えた存在だった」

スポーツ評論家の玉木正之氏の話
「彼の人生はどこを切り取ってもほかに誰もまねができないほど強烈だ。ボクサーとしては技術を駆使して数々の勝利を手にし、力で押すという、それまでのヘビー級の概念を覆した。人種差別と闘い、徴兵を拒否するなど、自分の考えをはっきりと示す「表現するスポーツマン」の先駆者として、ボクシングやスポーツ以外の分野の人々にも多くの影響を与えた。功績は多岐にわたる。こんなボクサーは二度と現れないだろう」






最終更新日  2016.06.04 19:11:50
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:格闘技
Float like a butterfly, sting like a bee


蝶のように舞い、蜂のように刺す

本当に強かった。。。

アントニオ猪木との戦いは、凡試合とも言われたけど、すごいことでした。。。

イノキボンバイエとI Always Knew I Had It In Me

認め合った二人でした。。。


御冥福を、お祈りいたします。


ムハマド・アリ氏死去 元ヘビー級王者


i37.jpg
ムハマド・アリ氏(UPI=共同)

 【ニューヨーク=上塚真由】米CNNテレビなどは4日、呼吸器系の病気で入院していたボクシングの元ヘビー級世界王者のムハマド・アリ氏(74)が死去したと報じた。ロイター通信は3日、アリ氏が危篤状態にあると報じていた。アリ氏の家族に近い関係者の話として伝えた。

 アリ氏は今週に入り呼吸器系の病気で米アリゾナ州フェニックスの病院に入院していた。






最終更新日  2016.06.04 13:51:06
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.21
カテゴリ:格闘技

チャイナか~ なつかしい。。。。

もう45歳だったのですね。。。

まだ若いですが、やっぱり、ステロイドとか、そっちの影響なんでしょうかね。。。


とにかく、マクマホン劇場とか、やたらとショーアップされてるのがいやで、嫌いなんですけど
あのころは、見てたな。。。

この前、ひさびさに見たら、またマクマホン家のやってたなあ。。。ショーンが、また出てきて、WWWとかマクマホンJr.と。。。。

御冥福を、お祈り致します。。。





元プロレスラーのジョニー・ローラーさんが死去 過去に蝶野とシングルマッチ
h17.jpg
死去した元プロレスラーのジョニー・ローラーさん

 元女子プロレスラーのジョニー・ローラー(チャイナ)さんが20日(日本時間21日)に45歳で亡くなったことが分かった。自身のツイッターで関係者が発表した。死因は明らかになっていない。

 ジョニー・ローラーさんは1997年にWWEに入団し、チャイナというリングネームで活躍。2002年に新日本プロレスに参戦し、女性レスラーとして初めて新日本のリングで男性レスラーと対戦した。同年10月14日の東京ドーム大会では、蝶野正洋とシングルマッチを行い話題となった。

 近年はプロレスを引退し、タレント活動などを行っていた。






最終更新日  2016.04.22 04:39:19
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.08
カテゴリ:格闘技
新日本にホーガンたちとも参戦していたんだ。。。

Wikiみると、ものすごく大物で、子供も孫もすごいですね。

新日のころ、テレビで放映されないって待遇が不満だったと書かれているけど、だから、あんまり記憶がないんですね。。。

御冥福を、お祈り致します。

【訃報】ブラックジャック・マリガンさん死去
2016年04月08日 20時52分
g84.jpg
得意技ブレーン・クローのポーズを決めるマリガンさん
 米国で活躍した元プロレスラーのブラックジャック・マリガン(本名=ロバート・デロイ・ウインダム)さんが7日(現地時間)に死去した。WWE公式サイトなど現地メディアが伝えた。73歳。死因は明らかにされていないが、昨年心臓発作で入院していたという。

 アメリカンフットボール選手だったマリガンさんは、1967年にプロレスラーとしてデビュー。70年には初来日し、ビッグ・ボブ・ウインダムのリングネームで国際プロレスに参戦。改名後は全日本プロレスや新日本プロレスでリングに上がった。

 本国ではNWA、AWA、WWWF(現WWE)で活躍。2006年にWWE殿堂入りを果たし、長男でプロレスラーのバリー・ウインダムも12年に殿堂入りし、親子2代で顕彰を受けた。

 現在は孫にあたるブレイ・ワイアットとボー・ダラスがWWEで活躍している。






最終更新日  2016.04.10 07:37:41
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.28
カテゴリ:格闘技

1年のブランクで、だいぶ苦しんでたみたいでしたが、最後は、トップロープからのミサイルキックを狙う高橋を落とそうとしたところを、落とされ。。。

それでも、ミサイルキックに高く飛び込んでのカウンターのラリアット!

カウントスリーでした

その後のやり取りも、なかなか感動しました。


ほんとうに、復帰できて、良かった!!!!






































【シードリング会見】高橋奈七永「熱い試合は間違いない」世志琥「中島に頭突き以上のものを返したい」


2016-03-26 12:42:13

テーマ: SEAdLINNNG
3月24日にSEAdLINNNGが行なった記者会見の動画がニコニコプロレスチャンネルで公開されています。

記者会見では、今後のスケジュールとして以下↓の発表がありました。

■ 7月11日(月)後楽園ホール大会 午後7時スタート
『SEAdLINNNG高橋奈七永20周年興行~ROCK ON!~』

■ 9月28日(水)後楽園ホール大会 午後7時スタート

■ 12月21日(水)後楽園ホール大会 午後7時スタート

■ 4月16日にネパールの首都カトマンズで震災後1年の復興チャリティー試合


また、5月18日後楽園ホール大会のメインイベントとして「高橋奈七永&世志琥 vs 中島安里紗&山下りな」を発表。中島安里紗さんと山下りなさんも会見に参加しています。

高橋奈七永「3月7日SEAdLINNNGの後楽園大会の試合後にリング上に上がってきた選手のなかで2人を選んだというか、導かれたと思うんですけど、このカードしかないんじゃないかと思い決定させていただきました。この4人が集まれば熱い試合であるのは間違いないと思うんですけども、その先に行かなければいけないと思うし、いろんな意味があって組んだカード」



山下りな「このカードをずっと待っていました。去年の12月にWAVE後楽園大会で高橋奈七永とシングルマッチをして、そのシングルが忘れられない試合くらい楽しかったんですけど、また試合したいと思っていましたし、何回でも試合したい相手だと思っています。

(世志琥さんについて)私がプロレスラーになる前、『女子プロレスはカッコいいんだな』って思ったきっかけがこの世志琥選手でして、やっとこの時がきたな、という感じです。喜んでいるだけじゃなく、じゃあその先はどうなるのか、とそれを皆様に伝えられればと思います」

中島安里紗「自分にとって高橋奈七永という選手はやはり他の選手とは違う、特別な選手でもあるんですけどもそこに自分が近づいているというか、もし今だったら互角にやりあえるんじゃないかなと思っているので、今回カードが組まれて楽しみだな、と思っています」

(世志琥さんに向かって)「高橋奈七永に1回勝ったくらいで調子に乗ってんじゃねーぞ」



(奈七永さんに向かって)「お前も負けてんじゃねーぞ。18日はきっちり強い高橋奈七永を私が越えた上でこのリングが自由だっていうのならSEAdLINNNGというリングの一番上に私が立ちたいと思います」

世志琥「3月7日、SEAdLINNNG後楽園大会での復帰戦ありがとうございました。無事に復帰戦を終えることができて自分はまたプロレスラーに戻ることができて嬉しく思っています。

山下は自分もやりたかった相手。まさか自分の復帰戦のあとこうやってすぐ名乗りをあげてくれるとは思っていなかった。すぐにカードが組まれたことが凄く自分は嬉しいです。

中島安里紗についてはですね、調子に乗るも何も自分が勝ったのでね。別によくないですか?っていう感じです。自分の感動的な復帰戦のあとにリングの上にドタドタ上がってきやがって、自分は本当に恨んでいます。この試合で自分は中島安里紗に頭突き以上のものを返したいと思っています。

で、今回タッグを組む高橋奈七永なんですけども、前回、自分が勝ったのはまぐれじゃないというのもこの試合で証明していきたいと思っているので、そこんところよろしく」



高橋奈七永「SEAdLINNNGでは熱い闘いをしていくってことが自分のなかでつねにテーマとしてあるんですけども、SEAdLINNNGのメインイベントのなかで一番若いカードとなりました。山下選手、年末にシングルで初対戦して、私もすごく気持ちのいい闘いができる選手がここにいたんだっていう、発見したっていう喜びもあったし、もっともっと試合したい……そういうふうに思いました。

SEAdLINNNGの中で対戦するというのはハードルが高い気持ちがあったんですけど、前回3月7日も山下選手はセミで水波選手を破って、そしてリングに上がってきた。中島選手も突然、乱入してきて、ビックリはしたんですけど、ああやって頭突きという形で食らわしてきてインパクト残しました。

2人とも高橋奈七永、高橋奈七永と言っていますけど、私はアナタたちを照らすつもりはないですし、世志琥! こないだ勝ったのはまぐれだっていうことを私はこのしあいで必ず証明しなきゃいけないと思っています。さっきも言ったんですけど、熱いよりその先の景色ですよ。その景色が私は見たいし誰がそれを見せることができるのか。本当に純粋に闘いで見せていきたいと思います」

<引用:【ニコニコ動画】3.24 SEAdLINNNG 記者会見、3月24日(木) SEAdLINNNG記者会見(SEAdLINNNG公式サイト)>





「SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!」
2016年5月18日(水) 18時開場 19時スタート
後楽園ホール

▼ メインイベント タッグマッチ30分1本勝負
高橋奈七永&世志琥 vs 中島安里紗(JWP)&山下りな(OSAKA女子)
※世志琥は中島、山下両選手と初対戦

▼ その他出場決定選手
堀田祐美子(ディアナ)/井上貴子(LLPW-X)/宮崎有妃/朱里/Sareee(ディアナ)/田中盟子(ディアナ)/藤本つかさ(アイスリボン)

<引用:SEAdLINNNG公式サイト>



※ すでに闘いは始まっている…といった感じの熱い会見でした。おもしろかった(・∀・)






最終更新日  2016.03.28 14:07:01
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.04
カテゴリ:格闘技
残念です。。。

復帰を目指してリハビリも、シンガーソングライターの活動も頑張っていたのに。。。









ミラノコレクションA.T. の引退セレモニーのときは、泣きました。。。。


御冥福を、お祈り致します。



プロレスラーのハヤブサさんが死去 リハビリ15年 レスラー復帰の夢かなわず


e77.jpg
死去したプロレスラーのハヤブサさん(2014年09月03日、野村成次撮影)
 プロレスラーのハヤブサ(本名・江崎英治=えざき・えいじ)さんが3日、くも膜下出血のため死去したことが4日、分かった。47歳だった。同日、所属事務所が発表した。

 通夜・告別式は近親者で執り行い、後日、「ハヤブサを偲ぶ会」を開催する予定。

 ハヤブサさんは、華麗な空中殺法を得意とするマスクマンレスラーとして、大仁田厚さんがエースだった団体「FMW」で人気を博した。その後、全日本プロレスなどのメジャー団体にも出場した。

 平成13年10月の試合中、得意技の一つ、「ラ・ブファドーラ」(セカンドロープから後方宙返りしながらのボディープレス)を失敗し、頚椎損傷の重傷を負った。一時は全身不随となったが、懸命にリハビリを続け、最近ではつえをつきながらも自力で歩けるまでに回復していた。

 車いす生活のまま、講演会やシンガーソングライターとして、ライブや舞台出演のほか、執筆、イラスト制作など幅広い活動を行っており、プロレスへの復帰も諦めていなかった。


2014.9.25 12:00
【病と生きる】
プロレスラー・ハヤブサさん(45) 試合中のけがで全身不随 リングへ復帰「5年後に」


 美しい空中技で多くのファンを魅了してきたプロレスラー、ハヤブサさん。所属団体のエースとして活躍していた13年前、試合中に頸椎(けいつい)損傷の大けがをして全身不随となった。懸命のリハビリにより、つえを使って約200メートル歩けるまでに回復。「5年後、レスラーとして再びリングに立つ」と力強く宣言する。(竹岡伸晃)

                   ◇  

 平成13年10月22日、後楽園ホール(東京都文京区)での試合中のことです。後方宙返りをして相手に体をぶつける「ムーンサルトプレス」という技を出す際、ロープにかけていた足が滑り、頭から落下してしまいました。

 一瞬気を失った後、意識が戻ってまず考えたのは「試合中だから動かなくては」。ところが、首から下の感覚がまったくなく、手も足も動かない。試合を止めてもらい、リングに大の字になったまま「復帰するまでにちょっと時間がかかるかもしれないけど、帰ってきたいと思う」とファンに語りかけました。

 都内の病院に救急搬送され集中治療室に。医師の診断は、「頸椎を損傷している。3カ月以内に感覚が戻らなければ一生このままの状態が続くことも覚悟してほしい」

最初は「すぐ良くなるだろう」と楽観していたのですが、「冷たい岩に首だけ生えている」ような感覚が続きました。痛みやかゆみ、便意が感じられず、食事や排泄(はいせつ)も自分ではできない。「一生このままだったら…」と思うと気が狂いそうでしたね。

 生きる意味が分からず、死ぬ方法ばかり考えていました。ところが体が動かないのですぐ近くの窓から飛び降りることもできない。「死ぬことすらできないのか」。情けなくてベッドの上で泣き続けました。

                  □ ■ □

 光が見えたのは同じ年の12月。心臓手術をしたことで約1カ月半続いた高熱がスーッと下がってきました。手術後先生に具合を聞かれ、「最悪です」。そう答えた瞬間、「俺はしゃべることができるじゃないか」と気付いたんです。それまでは「体が動かない」ことばかり考えていたので、少し気持ちが楽になりましたね。

 同じタイミングでわずかに指先が動いた気がしました。「神経がつながっている。まだ(プロレスで負けを意味する)3カウントは入っていない」。闘志に火が付きました。「もう一度自分の足で立つ。そして必ずリングに上がる」。周囲にそう宣言し、前向きにリハビリに取り組み始めました。

 リハビリでは意識と体の動きを合わせる訓練が続きました。思い通りにならない体にいらだちを感じたこともありましたが、新弟子時代の厳しいトレーニングを思い出し、「やればできる」と気持ちを奮い立たせました。

 15年3月に退院。看護師の手を借りながら5メートル歩いて病院を出ました。「ここからまだ長いな。もっと楽に、速く動けるようにならなければ」。地面を踏みしめながらそんなことを考えていました。

                  □ ■ □

 退院後、リハビリを続けながらシンガー・ソングライターとして活動を始めました。1作目の「自分を信じて」は自分自身への応援歌。「ゆっくりでもいい 一歩ずつ進んでいこう かっこ悪くてもいい 今は何も見えなくても 自分を信じて-」という歌詞は退院時の思いをつづったものです。

 これまで約50曲を作詞・作曲しました。いずれも頑張っている人に「頑張って」と伝える歌。つらいときに力になったのは、ファンや家族、仲間の心からの「頑張って」という言葉でした。これからも歌い続けたいと考えています。

 けがをしたおかげで人の倍以上、人生が充実しています。「リングへの復帰」という大きな夢も持つことができました。退院後に始めたハーフスクワットは1日100回できるまでになりました。「徐々に体が元に戻ってきている」という実感があります。5年後、後楽園ホールで再びリングに立つ。マスクをかぶりレスラーとして闘う。自分を信じて必ず実現させます。

 「諦めなければ夢は終わらない。お楽しみはこれからだ!」

                   ◇

【プロフィル】はやぶさ

 本名・江崎英治。昭和43年、熊本県生まれ。平成3年、プロレス団体「FMW」入門。多彩な空中技を武器にエースとして活躍していたが13年10月、試合中の事故で頸椎を損傷。現在、リハビリを続けながらシンガー・ソングライターとして活躍、講演活動にも力を入れる。問い合わせはライトハウスエンターテイメント(電)03・5322・3661。
















最終更新日  2016.03.04 16:23:37
コメント(4) | コメントを書く
2016.02.28
カテゴリ:格闘技
けっこう前に、復帰表明してたんですね。

この前、イオンの本屋で週刊プロレス満ててて、世IV虎の復帰に関して特集されてました。

スターダム辞めてからは、黒髪にして、塗装とか肉体労働とかしてたとか

問題になってる試合のことも言ってて、ずっと冷静で、試合をしたかったけど
安川が、とにかくしつこくグーパンチしてきて、試合にならなかったとか

引退式のこととかも語ってましたね。


まあ、だいたい報道されてるような内容でしたけどね。





まあ、里村やスターダムが、何言おうと、復帰は、ほんと喜ばしい。





世IV虎復帰表明に里村激怒!シードリングと絶縁も
2016年01月13日 16時00分

高橋奈七永(手前)のセコンドに就いた世IV虎(右)
 昨年5月に引退した世IV虎(よしこ=22)が女子プロレス団体「シードリング」に登場し、現役復帰を表明したことが12日、プロレス界に大きな波紋を広げた。昨年6月14日に引退セレモニー(東京・後楽園ホール)の場を用意した古巣の「スターダム」からは「仁義に反する」とその姿勢を問う声が上がると、女子プロレス界の“横綱”こと里村明衣子(36=センダイガールズ)は大激怒。シードリングとの“絶縁”も示唆した。

 世IV虎は11日に後楽園で行われた女子プロレス「シードリング」の高橋奈七永(37)対田中将斗(42)の試合中に電撃登場。大会後は本紙の直撃に「また気持ちがよみがえりました」と現役復帰への思いを激白した。とはいえ、誰もが寝耳に水の事態。一番衝撃を受けたのは約4年4か月の間在籍したスターダムだ。

 ロッシー小川社長(58)は「私が知る由もない。このタイミングで現れるのかっていう感じです。ただ、うちは5年の歴史の中で選手がそれぞれ行動しているので、これについて何も言う筋合いはない」と語った。ただ昨年5月31日付でスターダムから引退を発表していることから「今度やるリングでどう釈明するかじゃないか」と付け加えた。

 一方でプロレス界に導いた恩人で、誰よりも復帰を臨んでいた風香GM(31)は「輝いてもらいたいし、やりがいがある道を歩んでほしい気持ちはありますが…スターダムに連絡もなく話が進んでいたことにショックです」と肩を落とした。さらに「仁義を大切にしていた子なので、そこは通してほしい。まだ若い子なので、周囲に言ってあげる人がいなかったのかと残念な気持ちがあります」と、義理を欠いたと映る行動には不快感を示した。

 また、昨年2月22日の後楽園大会で世IV虎との試合が“凄惨マッチ”になり、昨年12月23日に現役引退した安川惡斗(29=顔写真)は「プロレスが好きなのは知っていたし、戻ってくることはいいことだと思います」と歓迎しながらも「世IV虎さんも奈七永さんも、復帰する時は筋を通した大人の対応をされると信じています」と慎重に言葉を選んだ。

 他団体の選手にも波紋は広がっている。11日の後楽園大会に出場した里村は「私は本当に怒っています。あの登場の仕方はないんじゃないですか? 人として筋違いのことをやってしまいましたよ」と珍しく声を荒らげた。スターダムとも交流があることから、昨年8月に旗揚げしたシードリングに参戦する際に「世IV虎が上がることはない」という確約をもらい、協力してきた経緯がある。

 だからこそ「これがまかり通って誰もが黙っていたら、プロレス界の全員が人間性を疑われる。もし復帰するなら、私はもう(シードリングと)かかわることはないと思う。団体がやっていくのも難しいのでは。高橋選手の責任もあると思いますよ」と“絶縁”をチラつかせながら詳しい事情説明を求めた。

 世IV虎の復帰は、まだまだ波乱含みだ。




【楽天ブックスならいつでも送料無料】週刊 プロレス 2016年 3/9号 [雑誌]






最終更新日  2016.02.28 22:01:18
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.13
カテゴリ:格闘技

いまのやたらショーアップされた新日本は嫌いだけど、、、これだ大量に抜けると痛いなあ。。。

バレットクラブも、中邑のイヤオお嫌い。むかしみたいな、ストロングスタイルの勝負がみたい。。。

WWEなんていったら、さらにひどくなるんだろうなあ。。。

中邑真輔が新日退団 WWE有力視 35歳の決断
[2016年1月13日9時27分 紙面から]
d14.jpg
4日、IWGPインターコンチネンタルのベルトを腰に巻いてポーズを決める中邑


 新日本プロレスは12日、IWGPインターコンチネンタル王者の中邑真輔(35)が1月いっぱいで退団すると発表した。今後は米プロレス団体のWWE入りが有力視されている。エース棚橋、IWGPヘビー級王者オカダらと、団体の隆盛を支える中心選手の離脱は新日本にとって大打撃となりそうだ。

 プロレス人気が復活し、その中心にいる新日本を激震が見舞った。現役のIWGPインターコンチネンタル王者で、4日の東京ドーム大会で防衛を果たしたばかりの中邑が退団する。新日本はこの日の夕方、ホームページに中邑退団のニュースをアップした。

 新日本は、毎年契約更改を1月31日までに行うが、中邑は同日をもって契約を解除し、退団が決まった。かねて海外志向が強く、35歳という年齢から最後の挑戦にWWEを選んだようだ。米国での人気も棚橋やオカダをしのぐほどで、新日本もその意思を尊重し、契約解除を認めたとみられる。

 中邑は02年に新日本に入団。青学大時代に総合格闘技のトレーニングを行っていたことから、新日本の総合格闘技路線の申し子として期待された。また、観客の度肝を抜くファッションセンスと、体をくねらせる動きでファンを獲得。一時の低迷からの復興期を、エース棚橋とともに支えてきた。

 新日本からは中邑の盟友カール・アンダーソンやドク・ギャローズ、さらに4日の東京ドーム大会で中邑と戦ったAJスタイルズのWWE入りもうわさされている。棚橋、オカダ、真壁と新日本の人気四天王と言われる中邑の離脱に加え、外国人中心選手の大量離脱は新日本にとっては大きな痛手となる。

 中邑は25日に、退団決定後初の記者会見を行う予定。新日本は中邑の壮行試合として、最後の試合となる30日の後楽園大会で中邑、オカダ、石井組対棚橋、後藤、柴田組の6人タッグマッチを行う。中邑の保持するIWGPインターコンチネンタル王座は返上となり、2月14日の新潟・長岡大会で、X対ケニー・オメガの新王者決定戦が行われる。

 ◆中邑真輔(なかむら・しんすけ)1980年(昭55)2月24日生まれ、京都府京丹後市出身。青学大レスリング部から02年に新日本入団。同年8月の安田戦でデビュー。03年12月に天山を破りデビューから最速、史上最年少でIWGPヘビー級王者となる。IWGPインターコンチネンタル王座は5度戴冠。プロレス大賞のベストバウトを2度受賞。得意技は顔面へのひざ蹴り「ボマイェ」。188センチ、103キロ。


中邑真輔がメディカルテスト後にWWEと契約へ
[2016年1月15日8時27分 紙面から]




 今月いっぱいでの新日本退団が発表された前IWGPインターコンチネンタル王者・中邑真輔(35)が、2月上旬に渡米し、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターでメディカルテストを受けると、13日(日本時間14日)に複数の米メディアが報じた。

 「中邑はセンターで練習し、その後のメディカルテストにクリアすればWWEと正式契約を結ぶだろう」との関係者のコメントも報じた。(デーブ・レイブル通信員)






最終更新日  2016.01.21 18:26:17
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.07
カテゴリ:格闘技
もう、かなり前のことになりますね。。。

この前、L.A.M.F.で、色々プロレスの話とかしてて

世IV虎への対応が、あまりにもひどすぎる。。。スターダムや安川惡斗のほうがプロレスを、なめ過ぎ。。。
ガチでやったらだめなら、マッチメイクすんなよ。。。

セコンドや、レフリーで止めろよ。。。ってな話をしてたんです。。。

O'zとかで、アジャとかとやらせてよ。。。って。。。


今までも書いてたように。。。でも、、、、、

過去に書いてたのは。。。


May 31, 2015 “凄惨マッチ”の世IV虎、引退を発表

残念ですね。。。

今回の試合ですが、前にも書きましたが、こんなことで処分するようなら
格闘技の興行なんて、やめてしまえ!

そんな実力差のあるマッチメイクするほうが悪い

ノアもヘビーとジュニア組ませたりして、選手の寿命縮めてると思うし、
凶器とか何でもありのも、好きでない。。。

凶器持ってるのに、使うときは手加減してたり。。。

新日の完全にアメリカンプロレスになってしまったショーもいやだな。。。


引退しても、また復活してほしい

O'zでも、どこでも、もっと強い相手のいるリングに上がったほうがいい



Mar 24, 2015 顔面崩壊の安川惡斗、初の公の場 映画に「私の生き恥」

Feb 25, 2015 世IV虎は無期限出場停止 安川を見舞い







で、たまたま、色々動画みてて、、、初めて試合を見ました

レフリー和田京平じゃん。。。。

おまけに、世IV虎、まったく悪くないじゃん。。。 安川惡斗がしかけてきたので、それに対して、レフリーの注意があってからは、掌底にしてるし、和田京平が、ちゃんとTKOでチャンピオン防衛認めてるじゃん。。。


こんなのが覆ったプロレスなんてみたことがない。。。


他の団体、どれだけ反則やってるかってことになるよ。。。乱入、凶器、レフリーの八百長

どんなことやってもレフリーの裁定で決まるでしょ!!おまけにWikiみたら、自分で裁定したにも関わらず、和田京平まで文句言ってるの。。。

いままでは、全部演出だったって言ってるようなもんじゃん。。。。


こんなことで、引退してはだめだ!


絶対復帰して欲しい!


世IV虎のためだけでなく、スターダムごときに、プロレス、女子プロレスが馬鹿にされてしまう!!!!








2015年
2月22日、後楽園ホールでワールド・オブ・スターダム王座の防衛戦を安川惡斗と行った。開始直後の安川による顔面付近の攻撃に激昂した世IV虎は安川の顔面を拳打で執拗に攻撃したが、安川の闘志が衰えなかったため、安川のセコンドを務めた木村響子がタオルを投入して、世IV虎のTKO勝ちとなったが試合後に安川が都内の病院に救急搬送され、頬骨、鼻骨、左眼窩(か)底骨折で、両目の網膜しんとう症の診断が下されたことから、顔面への過剰な反則攻撃で構成された世IV虎の試合内容が、社会的に問題視される事態となった。

2月25日、スターダムはロッシー小川代表や風香GMらが都内で記者会見を開き、22日の試合を無効試合(ノーコンテスト)とし、世IV虎の処遇は「プロレスをやるとかの次元じゃない。今はゆっくり考える時間」「心の静養もしないといけない」として、世IV虎のワールド・オブ・スターダム王座を剥奪し無期限出場停止とすることが発表された。小川代表は、常軌を逸した攻撃に走った今回のような「キレやすさ」は元来、世IV虎が持っていた性質であった可能性も捨てきれず、「何かしら(性格に)欠陥があったと思うし、心の疲労も取らないといけない。カウンセリングを受けさせようという意見が会議で出ている」と、専門医の診断を受けて指示を受ける方針示した。
ただし、風香GMは「安川は世IV虎を非難するのでなく、かばっている」と遺恨はなかったと主張し、小川代表も「悪斗は世IV虎ともう1回、リングで顔を合わせたい思いがある」と安川の復帰戦で世IV虎も復帰させるシナリオを披露した(なお、安川は入院中のため、記者会見には参加していない。)。
同日、この試合に関して神取忍が東京スポーツのインタビューに答え、世IV虎に対し「個人的な感情が爆発することはあっても、それをセーブして最低限のルールは守るのがプロとしてリングで戦う大前提。故意に骨が折れるようなケガをさせちゃいけない」と苦言を呈した。

3月11日、試合を裁いた和田京平レフェリーがデイリースポーツのインタビューに答え、安川の顔面に重傷を負わせた世IV虎に対し「(ワールド・オブ・スターダム)選手権でああいうことをやるのは王者としての品格がない」と苦言を呈し、40年以上のレフェリー生活で“けんかマッチ”寸前となったことは「何度もある」としたが、実際にリミットを超えたものは初だったと話した。

5月31日、スターダム代表のロッシー小川が会見を行い、世IV虎の引退を発表。小川によれば前日の30日に本人と面談を行い、退団か引退の二者択一を問うたところ引退の申し入れがあったという。その際「スターダムで試合をしたくないけど、スターダムでしか試合をしたくないので、引退します」という言葉を残した。

6月14日、スターダムの東京・後楽園ホール大会で引退セレモニーを行う予定であった。世IV虎は「このたびはご迷惑、ご心配をお掛けして誠に申し訳ありません。中途半端な気持ちで大好きなリングに上がることはできません。今日はセレモニーに参加するためではなく、お客さんにあいさつしたくて来ました。」と頭を下げた。しかし一部選手5名がリングに上がり引退慰留を請願したところ、世IV虎は明らかに困った表情を浮かべながら「話が違いますよ! 小川さん!」と訴え、会場内に何とも微妙な空気が流れる中、予定されていた10カウントゴングもなくリングを後にした。関係者によると、世IV虎は引退セレモニーに参加する場合「安川と接触しない」「映像をメディアに流さないこと」という条件を出していたという。






最終更新日  2015.12.07 22:33:38
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全151件 (151件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 16 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.