9869024 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

なめろう@ Re:週刊バイクTV 葉月美優さん企画26週目!! #葉月美優 #週刊バイクTV(10/15) 今週から企画コーナーの名称が変わりまし…
奥大山で出会った130マンハッタン@ Re:2か月ぶりにエンジンかけて、島根に向かいます(07/20) フェンダーにタイヤが、当たるのは足回り…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) いまさらさんへ 告知ありがとうございま…
いまさら@ Re:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) 今年は行けるかな〜〜〜? とりあえず、ブ…

バックナンバー

購入履歴

星乃充電器と延長ケーブルのお得なセット!【在庫有り・即納】6V/12V切替式バイク充電器+延長ケーブル■SAE端子■【スーパーナット 星乃充電器 オプティメート4デュアル 対応】【新品】【あす楽対応】
【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 送料無料本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 ホワイト ブラウン 木製 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 コミック ディスプレイラック ウォールナット 白 ラック シェルフ 耐震本棚 鉄心 鉄芯
【メール便無料】★当日発送★1.4規格はもう古い!最新規格2.0対応! HDMIケーブル 0.5m 50cm 4K 3D対応テレビ対応 19+1配線で安心のリンク対応HDMIケーブル 価格に自信有!【HDMI ケーブル 0.5m】当日発送 新規格!2.0規格対応HDMIケーブル 【送料無料】 0.5m 50cm Ver.2.0 ★1年相性保証★ 3D対応 ハイスペック ハイスピード iphone 19+1 業務用 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク フルハイビジョン 金メッキ仕様 各種リンク対応
HDMI入力を最大4つに分配するスプリッター。プレステ等のゲーム機の映像をPCとTVに繋いでゲームの実況用に 店頭でのサイネージにも最適!TSdrena HDMI 4分配器 [相性保証付き] HAM-HIA14-K
HDMIをコンポジットにアナログ変換するアダプター。レコーダーをアナログテレビに接続。iphoneやスマートフォンをカーナビにアナログ変換TSdena HDMI → アナログ(コンポジット) 小型変換コンバーター HAM-CHIC2 [相性保証付き]

全144件 (144件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 15 >

阪神2016

2016.09.24
XML
カテゴリ:阪神2016
1回表
 【北條】 ライトファウルフライ
 【上本】 見逃し三振
 【高山】 レフトフライ
1回裏
 【大島】 ファーストファウルフライ
 【藤井】 セカンドゴロ
 【森野】 フォアボール
 【福田】 セカンドゴロ
2回表
 【福留】 ライトオーバーヒット
 【ゴメス】 セカンド併殺打
 【原口】 センターソロホームラン D0-1T
 【鳥谷】 ピッチャーゴロ
2回裏
 【高橋】 空振り三振
 【阿部】 ファーストファウルフライ
 【堂上】 サードゴロ
3回表
 【板山】 見逃し三振
 【メッセンジャー】 サードゴロ
 【北條】 レフトソロホームラン D0-2T
 【上本】 センターフライ
3回裏
 【木下】 空振り三振
 【吉見】 見逃し三振
 【大島】 セカンドゴロ
4回表
 【高山】 セカンドゴロ
 【福留】 空振り三振
 【ゴメス】 キャッチャーゴロ
4回裏
 【藤井】 空振り三振
 【森野】 ショートヒット
 【福田】 セカンドゴロ
 【高橋】 見逃し三振
5回表
 【原口】 空振り三振
 【鳥谷】 フォアボール
 ランナー鳥谷が二盗アウト
 【板山】 センターヒット
 【メッセンジャー】 セカンドゴロ
5回裏
 【阿部】 空振り三振
 【堂上】 空振り三振
 【木下】 センターヒット
 【吉見】 見逃し三振
6回表
 【北條】 ライトオーバーツーベース
 ランナー北條が三盗
 【上本】 ショートゴロ
 【高山】 空振り三振
 【福留】 敬遠
 【ゴメス】 サードゴロ
6回裏
 (守備交代)大和 セカンド
 【大島】 センターフライ
 【藤井】 ショートゴロ
 【森野】 空振り三振
7回表
 【原口】 センターヒット
 【鳥谷】 センターフライ
 【板山】 センターフライ
 (投手交代)吉見 → 岩田
 【メッセンジャー】 ショートゴロ
7回裏
 (守備交代)俊介 センター
 【福田】 空振り三振
 【高橋】 空振り三振
 【阿部】 ショートゴロ
8回表
 (投手交代)岩田 → 祖父江
 【北條】 ショートゴロ
 【大和】 サードゴロ
 (投手交代)祖父江 → 小川
 【高山】 空振り三振
8回裏
 【代打・工藤】 ライトヒット
 ランナー工藤が二盗
 【代打・井領】 センターフライ
 【代打・ビシエド】 ピッチャーゴロ
 【大島】 センターフライ
9回表
 (投手交代)小川 → 又吉
 (守備交代)杉山 キャッチャー
 (守備交代)谷 セカンド
 【福留】 フォアボール
 【ゴメス】 フォアボール
 (代走)荒木
 【原口】 レフトフライ
 【鳥谷】 フォアボール
 【俊介】 ライトファウルフライ
 【メッセンジャー】 空振り三振
9回裏
 【代打・エルナンデス】 レフトフライ
 【森野】 ショートゴロ
 【福田】 ライトフライ

北條選手 3回表 レフト第5号ソロホームラン
打ったのはシュート。打球が上がりすぎたのでどうかなと思ったのですが、ホームランになってくれてよかったです。いい感じにバットのヘッドを走らせて打つことができました。
原口選手 2回表 センター第11号先制ソロホームラン
打ったのはストレート。追い込まれていたので、センター返しの気持ちに切り替えていきました。イメージしていたようなバッティングができました。

--------------------------------
■2016/9/24 試合結果

対中日 24回戦 ナゴヤドーム

神|011 000 000|2
中|000 000 000|0

勝:メッセンジャー12勝11敗0S
敗:吉見6勝7敗0S
HR:原口ソロ11号、北條ソロ5号
神:メッセンジャー
中:吉見-岩田-祖父江-小川-又吉

9/25の予告先発
神:岩貞 祐太
中:小笠原 慎之介





「来年も!」メッセ が2年振り完封
若虎の2発で奪ったリードをメッセンジャーがほぼ満点の投球内容で守り、阪神が最下位・中日を封じ込んだ。

中日先発・吉見に阪神が先制パンチを浴びせる。2回表 ゴメスの併殺打で二死となった直後、6番 原口が外角球を捉えてバックスクリーンへ 11号ソロ本塁打を放つ。「打ったのはストレート。追い込まれていたので、センター返しの気持ちに切り替えていった。イメージしていたような打撃が出来た」と原口文仁捕手は振り返る。

3回表にも簡単に二死を取られた後、1番 北條が内角低めの変化球をレフトスタンドへ5号アーチを架けて、阪神が2対0とリードを広げた。「打ったのはシュート。打球が上がりすぎたのでどうかな?と思ったが、本塁打になってくれて良かった。いい感じにバットのヘッドを走らせて打つことが出来た」。北條史也内野手も2試合連続の一発に口元が緩む。

阪神先発・メッセンジャーは、変化球のコントロールが良く安定した滑り出しを見せる。4回裏には森野にチーム初安打を許した後、上本のエラーもあって二死2塁とされるが、5番 高橋を150km/hの外角直球で見逃し三振に仕留めて脱出した。

阪神は6回表 北條の今季100安打目となる右越え二塁打と盗塁で無死3塁と絶好機を作るが、吉見が踏ん張り3番 高山をフォークで空振り三振に斬るなど追加点を阻止する。吉見は今季最多タイの113球を投げて、7回表二死1塁で岩田にバトンを渡した。今季限りでの引退を表明していた岩田は2球でメッセンジャーを遊ゴロに抑えて現役最終登板を終えている。

8回裏 メッセンジャーは代打・工藤の右前安打と盗塁を許し、初めて無死の走者を得点圏に背負うが、代打・ビシエドを投ゴロ、1番 大島を中飛に打ち取るなど最大のピンチを凌いだ。

9回表 中日5人目・又吉は3四球で一死満塁のピンチを招くが、途中出場・俊介凡退後も阪神ベンチはメッセンジャーに代打を送らず三振で追加点機を逃す。それでも、その裏 メッセンジャーは中日打線を3人で片付け 2対0で阪神が勝利。メッセンジャーは、138球を投げ3安打11三振 1四球で今季12勝目を2014年5月17日(甲子園・対DeNA)以来の完封で飾った。

「最高の気分。完封出来たのでこれ以上ない気持ちだ」。ヒーローインタビューにランディ・メッセンジャー投手が笑顔で答える。「原口クンが本塁打打ってくれて、二人でゲームを作って完封出来たので本当に最高の試合。良い配球をしてくれたし、彼の助けも大きかった。ゴロアウトも沢山取れたしね」。そして、ナゴヤドームに詰めかけた阪神ファンに向かって、「大好きです。来年はもっと良い成績を残したい。これからもよろしくお願いします」と感謝の言葉で締め括った。

「(9回はメッセンジャー)本人が行きたい!と言うから・・・。今日は安心して見ていられた。スライダーが特に良かった。ストレートも最後まで152km/h  出ていたしね」。金本知憲監督もエースの投球に目を細める。今後の登板に関しては、最多奪三振などタイトルの可能性を睨みながらになる事を示唆。本塁打攻勢に先発投手の完投で2試合連続の勝利と言う内容には、「ちょっとイメージとかけ離れているけど、勝つに越した事は無いからね!」と苦笑いの中にも来季への手応えを感じている様子の指揮官だった。






最終更新日  2016.09.27 22:14:58
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.23
カテゴリ:阪神2016
悲しいなあ。。。

全然上に上がって来れなかったから、もう、、、、って気はしてたけど。。。

またV戦士がいなくなる。。。

先発で活躍して、なかなか勝てなくなって。。。
中継ぎに転向してからも、球は違うけど、直球に拘ったピッチングで、何度も何度も助けられました。

内野スタンドから見てると、こりゃ打てんだろってくらい角度のある、すばらしいストレートでした。

長い間、たくさんの夢と感動をありがとうございました

また、コーチとして帰ってきてくれるのを待っています。

お疲れ様でした。ほんとうにありがとう!!!


39歳の阪神・福原、ユニホーム姿で引退会見「感謝しています」

四藤球団社長から花束をもらう阪神・福原=西宮市内(撮影・安部光翁)


 2014、15年と2年連続でセ・リーグ最優秀中継ぎ投手に輝いた阪神の福原忍投手(39)が23日、兵庫県西宮市のホテルで引退記者会見にユニホーム姿で臨み「いろいろな方に支えられて18年間現役を続けることができた。本当に僕は幸せ者」と、涙ぐんで話した。今季最終戦の10月1日の巨人戦(甲子園)後に引退セレモニーが行われる。

 広島・広陵高、東洋大を経て1999年にドラフト3位で阪神入団。1年目は救援のみで10勝7敗9セーブ。その後は先発でも活躍した。2011年から5年連続で50試合以上に救援登板。18年目の今季の登板は序盤の8試合にとどまった。通算成績は594試合で83勝104敗29セーブ、118ホールド、137ホールドポイント、防御率3・49。

 チーム最年長右腕は「(2軍でも)空振り、ファウルを取れると思ったボールが捉えられた。(引退を考えたのは)8月ごろから。まだできる、もう引退しよう、という気持ちが日々入れ替わる感じだった」と明かした。今後については「引退するという決断をしたばかり。ゆっくり落ち着いてから(考える)」とした。

阪神・金本知憲監督の話
「ここ3年くらいはセットアッパーとしてよく投げたと思う。責任感や自覚、手本にならないと、という意識があるから(投手)主将にした。結果が出なかったのは、本人もつらかったのでは」

阪神・四藤慶一郎球団社長の話
「(将来的に球団の指導者)候補の一人。先発、中継ぎ、抑えといろいろな経験をしている。けがも乗り越えた。若手選手の相談役として指導力を見せてくれている」



【引退会見での一問一答】阪神・福原、涙で感謝…甲子園は「最高のマウンド」

引退会見を行う阪神・福原=西宮市内(撮影・安部光翁)


 阪神・福原忍投手(39)が23日、西宮市内のホテルで会見し、今季限りでの現役引退を表明した。

 (ユニホーム姿で登壇)

 福原「本日はお忙しい中、ありがとうございます。わたくし福原忍は今シーズンをもって、現役を引退します。(涙ぐんで声を詰まらせる)…いろいろな方に支えられて、18年間、現役生活を続けることができました。本当に感謝しています。ありがとうございました」

 (テレビ会見へ移り)

 --引退を決意したきっかけは

 福原「そうですね、あの…。4月に2軍の方へ落ちて、なかなか調子が上がらなかったのもあるんですけど、チームの力になれなかったというのが。あとは2軍の方でも結果が出なかったですし。空振り、ファウルを取れると思った球が捉えられたりしたので」

 --どなたかに相談は

 「先輩の下柳さんや、いろんな方に相談して決めました」

 --どんな言葉をかけられたのか

 「まだやれるやろ、という言葉もいただきましたし…。(言葉に詰まる)まあ、そういう中で…。なかなか自分でも結果が出なかったので…。引退を決めました」

 --一番はじめに報告したのは

 「家族に、嫁さんに報告しました」

 --どんな言葉をかけられたのか

 「おつかれさんと、言ってもらいました」

 --お子さんにも伝えた

 「はい、今年で引退すると。ユニホームを脱ぐと伝えました」

 --どんな反応だったか

 「まだユニホームを着てほしいとも言ってもらいましたし、そういう言葉をもらって…」

 --悔いや後悔は

 「…ないです、はい」

--金本監督とのやりとりは

 「そうですね、少し前に話をさせてもらって、引退するというのを伝えさせてもらって。本当に…。(声を絞り出して)チームの力になれなくて、監督の力になれなくて、申し訳ないと…」

 --現役もともにプレーして、広陵高の高校の先輩でもあった

 「そうですね、現役も一緒にやらせてもらって、高校の先輩でもありますし、なんとか監督を胴上げしたいと思っていました…」

 --監督からはどんな言葉が

 「お疲れさんと、声をかけてもらって、本当に感謝しています」

 --チームメートにも報告したのか

 「まだ、全員には、みんなには言えていないんですけど。ずっと一緒にやってきたチームメートには、数日前に伝えました」

 --タイガース一筋、どんな18年だったか

 「いろいろけがもしましたし、苦しい時期もありましたけど。ルーキーのころから、新人で入ったころから使ってくれた野村監督にも感謝していますし、苦しい時期に支えてくれたチームメートにも感謝しています。こういう記者会見をしてくれた球団にも感謝しています。みんなに支えてもらったプロ野球人生だったと思います」

 --数々の指揮官の下でプレーして、心に残っている言葉は

 「入団当初に、野村監督から投手の原点を、一生懸命練習しなさいと言われて、それが心に残っていて、いまも一生懸命練習しています」

 --一番よかった思い出は

 「よかった経験は…先輩に2回、リーグ優勝という経験をさせてもらったことが、すごいよかったです」

 --最優秀中継ぎなどのタイトルも獲った

 「自分でもタイトルというのが取れると思っていなかったですし、本当にみんなの支えがあって取れたタイトルだと思っています。感謝しています」

 --やり残したことは

 「2回リーグ優勝を経験させてもらったんですけど、日本一になれなかったこと。それがありますね」

 --その思いを託す後輩に、メッセージを送るなら

 「そうですね、あの…。ぜひ日本一になってほしいですし、そのためにしっかりと練習して、強いタイガースを作ってほしいと思っています」

 --改めて甲子園のマウンドというのはどういう場所か

 「すごいたくさんの方のタイガースファンの方の前で、あの少し高いマウンドで投げられるというのはすごく気持ちいいですし、最高のマウンドだと思っています」

 --景色は鮮明に焼き付いているのでは

 「本当に素晴らしい応援をしてもらって、本当に感謝しています」

 --感謝だらけの18年間

 「本当にいろんな方、家族も、先輩、後輩、ファンの方も、いろんな方に支えられた野球人生でした」

 --これからどういう人生を歩むのか

 「まだ、こういう引退ということを決めたばかりなので、あれですけど…」

 --最後にファンにメッセージを

 「本当に18年間、応援していただき、本当に僕は幸せものだと思います。ありがとうございました!」






最終更新日  2016.09.23 22:20:57
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.22
カテゴリ:阪神2016
1回表
 【北條】 ショートゴロ
 【上本】 サードゴロ
 【高山】 ピッチャーゴロ
1回裏
 【田中】 空振り三振
 【菊池】 空振り三振
 【丸】 フォアボール
 【ルナ】 サードゴロ
2回表
 【福留】 ショートゴロ
 【ゴメス】 サードゴロ
 【鳥谷】 レフトフライ
2回裏
 【鈴木】 セカンドフライ
 【松山】 ファーストゴロ
 【安部】 空振り三振
3回表
 【俊介】 サードゴロ
 【梅野】 レフトフライ
 【藤浪】 空振り三振
3回裏
 【石原】 ショートゴロ
 【ジョンソン】 ショートゴロ
 【田中】 センターヒット
 【菊池】 空振り三振
4回表
 【北條】 レフトソロホームラン C0-1T
 【上本】 ピッチャーゴロ
 【高山】 レフト線ツーベース
 【福留】 セカンドゴロ
 【ゴメス】 フォアボール
 【鳥谷】 セカンドゴロ
4回裏
 【丸】 レフトフライ
 【ルナ】 空振り三振
 【鈴木】 サードヒット
 ランナー鈴木が二盗アウト
 【松山】 途中終了
5回表
 【俊介】 ショートゴロ
 【梅野】 レフトヒット
 【藤浪】 キャッチャー犠打
 【北條】 セカンドゴロ
5回裏
 【松山】 サードフライ
 【安部】 セカンドゴロ
 【石原】 空振り三振
6回表
 【上本】 レフトソロホームラン C0-2T
 【高山】 ファーストゴロ
 【福留】 ライトフライ
 【ゴメス】 ライトヒット
 【鳥谷】 センターフライ
6回裏
 (守備交代)大和 セカンド
 【ジョンソン】 センターフライ
 【田中】 ピッチャーヒット
 【菊池】 サードゴロ
 【丸】 空振り三振
7回表
 【俊介】 センターヒット
 【梅野】 見逃し三振
 【藤浪】 サード犠打
 【北條】 センターフライ
7回裏
 【ルナ】 サードゴロ
 【鈴木】 フォアボール
 【松山】 ライトヒット
 【安部】 サードファウルフライ
 【代打・新井】 サードファウルフライ
8回表
 (投手交代)ジョンソン → ジャクソン
 (守備交代)會澤 キャッチャー
 【大和】 ショートゴロ(エラー)
 【高山】 ライト2ランホームラン C0-4T
 【福留】 レフトヒット
 (代走)中谷
 【ゴメス】 空振り三振
 【鳥谷】 セカンドゴロ
 【俊介】 空振り三振
8回裏
 【代打・野間】 セカンドゴロ
 【田中】 フォアボール
 【菊池】 ファーストゴロ
 【丸】 空振り三振
9回表
 (投手交代)ジャクソン → 大瀬良
 (守備交代)西川 セカンド
 【梅野】 空振り三振
 【藤浪】 見逃し三振
 【北條】 見逃し三振
9回裏
 【ルナ】 セカンドフライ
 【鈴木】 センターソロホームラン C1-4T
 【松山】 ライトフライ
 【安部】 ショートフライ

高山選手 8回表 ライト第8号ツーランホームラン
打ったのはストレート。引っ張って、1・2塁や1・3塁を作ってチャンスを広げようと思って打席に入りました。引っ張って強い打球を打とうという意識がいい結果につながったと思います。
上本選手 6回表 レフト第2号ソロホームラン
打ったのはストレート。カウント2-1と打者有利のカウントでしたし、追い込まれる前に打ちにいこうと思っていました。低めのボールを上手く叩けました。追加点が取れてよかったです。
北條選手 4回表 レフト第4号先制ソロホームラン
打ったのはストレート。ジョンソン投手は両サイドへのコントロールがいいピッチャーなので、コースに逆らわないバッティングをしようと意識していました。追い込まれたカウントでしたけれども、インコースを反応で打ち返すことができました。自分が思っていた以上に上手く反応で打てたので、自分でもびっくりしました。


3発援護!藤浪 鯉に一矢
藤浪の安定した投球に北條・上本・高山の効果的な本塁打で、阪神が広島に快勝を飾った。

最多勝のタイトルがかかる広島先発左腕・ジョンソンは初回 ゴロアウトばかり3者凡退で快調に滑り出し、序盤一回りを完璧に抑え込んだ。

今季 広島に未勝利(4敗 )の阪神先発・藤浪は立ち上がりから真っ直ぐ主体に攻める投球で序盤は1安打1四球だけの無失点に抑える。

4回表  阪神は先頭1番 北條がフルカウントから左越えの4号ソロ本塁打を放ち、ジョンソンから先取点を奪う。「打ったのはストレート。ジョンソン投手は両サイドへのコントロールが良い投手なので、コースに逆らわない打撃をしようと意識していた。追い込まれたカウントだったけど、インコースを反応で打ち返すことが出来た。自分が思っていた以上に上手く反応で打てたので、自分でもびっくりした」。先制アーチの感触に思わず笑みが浮かぶ北條史也内野手だ。

6回表には2番 上本が低め速球を見事に捉えてレフトへ2号ソロ本塁打を放った。う「カウント2-1と打者有利のカウントだったし、追い込まれる前に打ちにいこうと思っていた。低めのボールを上手く叩く事が出来た」。上本博紀内野手も手応えを口にする。

ジョンソンは7回(110球)までで交代。6安打2三振1四球2失点。そこまで内容が悪くはなかったもののボール先行のカウントから阪神戦初の本塁打を2本も浴びて、最多勝を確定させる今季16勝目はお預けとなった。

6回まで毎回三振を奪うなど好投していた藤浪だが、7回裏一死後 鈴木・四球と松山の右前安打で1・3塁と最大のピンチを迎える。7番 安部と代打・新井を共に三邪飛に抑えて、ここも無失点で切り抜ける。

8回表 阪神は無死1塁に敵失で出た途中出場・大和を置いて、3番 高山が広島2人目・ジャクソンからフェンス際ジャンプしたライト鈴木のグラブを弾いてスタンドへ飛び込む8号2ランを放って4対0とリードを広げる。「打ったのはストレート。引っ張って1・2塁や1・3塁を作ってチャンスを広げようと思って打席に入った。引っ張って強い打球を打とうという意識が良い結果に繋がったと思う」。高山 俊外野手が振り返った。

完封目前となった9回裏一死 藤浪は5番 鈴木にバックスクリーンへ特大の28号ソロアーチをかけられて失点したが、その後を抑えて完投勝利。4対1で阪神が広島との最終戦を飾っている。来日2年目のジョンソンに阪神が初めて土をつけた。

137球を投げ5安打8三振3四球1失点完投で7勝目をマークした藤浪晋太郎投手が振り返る。「(最後は鈴木に打たれたが)真っ直ぐを狙ってると思って(敢えて)力勝負したけど、完敗でしたね。(広島に今季初勝利だが)カープどうこうよりも自分の投球が出来た事が良かった。フォームを少しいじったり、投げ方を変えたりして、それが上手く行ったので、良い感覚を最後の方で掴めたかな? ・・・今後に繋がるピッチングだったかな?と思う」。

今季なかなか良い波を掴めず試行錯誤が続いていたが、「打者との距離を意識して良いカタチで投げる事が出来た。自信になる」と話している。香田勲男投手コーチは、「スピードを抑えめにしてたな。前回(初回に160km/hをマークした14日の甲子園・広島戦)途中から、そういう感覚をしていた」と証言する。

「(藤浪は四球3と)いつもより少なかったね。直球で空振り取って押し込めていた。(今季を)このまま終わるのと、良い投球で終わるのとでは違う。(チーム内で好投が続く)岩貞が刺激になってる。アイツら仲良いから」。久しぶりの藤浪らしい投球に金本知憲監督も上機嫌だ。天敵ジョンソンを漸く捉えた打線だが、「ウチらしくない一発攻勢だった。ジョンソンからの一発攻勢自体が不思議な感じ」だと言う。シーズン終盤  投打共に若い力が躍動した勝利の意味は非常に大きい。






最終更新日  2016.09.24 11:10:01
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.19
カテゴリ:阪神2016
1回表
 【長野】 ショートゴロ
 【寺内】 空振り三振
 【坂本】 センターフライ
1回裏
 【北條】 セカンドフライ
 【荒木】 ショートゴロ
 【高山】 センターソロホームラン T1-0G
 【福留】 空振り三振
2回表
 【阿部】 空振り三振
 【村田】 空振り三振
 【ギャレット】 空振り三振
2回裏
 【ゴメス】 レフトヒット
 【原口】 レフトヒット
 【鳥谷】 セカンドフライ
 【板山】 センタータイムリーヒット T2-0G
 【岩貞】 ピッチャー犠打
 【北條】 左中間2点タイムリーツーベース T4-0G
 【荒木】 空振り三振
3回表
 【大田】 空振り三振
 【小林誠】 ショートゴロ
 【高木】 レフトオーバーツーベース
 【長野】 ライト線ツーベース
 【寺内】 空振り三振
3回裏
 【高山】 レフトヒット
 【福留】 見逃し三振
 【ゴメス】 見逃し三振
 ランナー高山が二盗アウト
4回表
 【坂本】 ライトフライ
 【阿部】 セカンドゴロ
 【村田】 ショートファウルフライ
4回裏
 【原口】 セカンドゴロ
 【鳥谷】 セカンドゴロ
 【板山】 空振り三振
5回表
 【ギャレット】 センターフライ
 【大田】 ショートゴロ
 【小林誠】 センターフライ
5回裏
 【岩貞】 見逃し三振
 【北條】 空振り三振
 【荒木】 ファーストゴロ
6回表
 (守備交代)大和 セカンド
 【代打・吉川】 フォアボール
 【長野】 ピッチャー併殺打
 【寺内】 レフト線ツーベース
 【坂本】 セカンドフライ
6回裏
 (投手交代)高木 → 戸根
 【高山】 セカンドゴロ
 【福留】 ライトヒット
 (投手交代)戸根 → 西村
 【ゴメス】 サードゴロ(エラー)
 【原口】 ショート併殺打
7回表
 【阿部】 セカンドゴロ
 【村田】 レフトソロホームラン T4-1G
 【ギャレット】 ファーストゴロ
 【大田】 空振り三振
7回裏
 (投手交代)西村 → 山口
 【鳥谷】 サードゴロ
 【代打・陽川】 ファーストゴロ
 【岩貞】 空振り三振
8回表
 (守備交代)俊介 センター
 【小林誠】 センターヒット
 【代打・亀井】 セカンド併殺打
 【長野】 セカンドゴロ
8回裏
 (投手交代)山口 → 田原誠
 【北條】 空振り三振
 【大和】 キャッチャーファウルフライ
 【高山】 ライトヒット
 【福留】 センターフライ
9回表
 (投手交代)岩貞 → マテオ
 【代打・橋本到】 ショートファウルフライ
 【坂本】 空振り三振
 【阿部】 レフトフライ

北條選手 2回裏 左中間2点タイムリーツーベース
打ったのはストレート。ストレートも変化球も対応できるように、タイミングを合わせていました。2点目が入ったあとでしたけれども、3点目を取りにいけるチャンスだったので、ランナーをかえすバッティングができてよかったです。
板山選手 2回裏 センタータイムリーヒット
打ったのはフォーク。甘く入ってきたら、積極的に打ちにいこうと思っていました。ライナー性の当たりだったのでセカンドランナーは判断が難しかったと思うのですが、パピー(ゴメス選手)がよく走ってくれました。
高山選手 1回裏 センター第7号先制ソロホームラン
打ったのはストレート。いい感触でとらえられました。1球目からしっかりとスイングできる準備ができていたことがよかったと思います。

岩貞の好投で、今季甲子園での巨人戦初勝利
シーズン最終盤になってようやく、甲子園で巨人に勝つことができた。

一番の立役者は先発・岩貞だろう。8回5安打1失点。7回一死から村田に一発を浴びたが、先頭打者を出した6、8回は併殺で切り抜けるなど、危なげない投球だった。もう1イニング行けそうだったが、「次までの登板間隔とか、いろいろ考えて継投にしました」と金本監督。9回はマテオが3者凡退できっちり締めた。

岩貞は初回から腕が振れていた。「最初は雨が降っていて、ちょっと心配だった」と言うが、「慎重ながらも、思い切って行けた」と、1、2回はいずれも3者凡退。監督も「序盤は安心して見ていられた」と振り返った。

きょうで規定投球回に到達した。本人は「よくないときもチャンスをもらって、何とか。自分で達成したという気持ちはない」と控えめに話したが、1年間、ローテーションを守った証だ。

シーズン序盤は打線の援護に恵まれない試合も多く、中盤はふがいない投球が続いた。きょうで8勝目というのは少ないくらいだが、監督は「初のローテ入りにしては、1年よくもってくれた」と評価。そして、「来年はローテの軸に?」という報道陣の質問に、「なってもらわないと困る」と即答した。

「今年の経験を来年にどう生かしていくのか。中盤、勝てなかったのは体力か、バランスか、メンタルか…自己分析することが来年につながる。それができない選手は続かない」

監督から岩貞への、期待を込めたメッセージだ。







最終更新日  2016.09.24 11:08:10
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.16
カテゴリ:阪神2016
1回表
 【桑原】 ショートヒット
 【関根】 空振り三振
 ランナー桑原が二盗
 【ロペス】 ショートタイムリーツーベース T0-1DB
 【筒香】 ファーストゴロ
 【宮崎】 セカンドゴロ
1回裏
 【北條】 ショートゴロ
 【荒木】 レフト線ツーベース
 【高山】 見逃し三振
 【福留】 ライト2ランホームラン T2-1DB
 【ゴメス】 ショートゴロ
2回表
 【エリアン】 ファーストゴロ
 【倉本】 セカンドゴロ
 【高城】 見逃し三振
2回裏
 【鳥谷】 レフトフライ
 【板山】 セカンドゴロ
 【坂本】 見逃し三振
3回表
 【三浦】 空振り三振
 【桑原】 セカンドゴロ
 【関根】 ピッチャーゴロ
3回裏
 【秋山】 ショートヒット
 【北條】 キャッチャーファウルフライ
 【荒木】 空振り三振
 【高山】 ショートフライ
4回表
 【ロペス】 ショートゴロ(エラー)
 【筒香】 見逃し三振
 【宮崎】 ライトフライ
 【エリアン】 空振り三振
4回裏
 【福留】 ライトヒット
 【ゴメス】 ショートゴロ
 【鳥谷】 レフトフライ
 【板山】 空振り三振
5回表
 【倉本】 空振り三振
 【高城】 ショートフライ
 【三浦】 見逃し三振
5回裏
 【坂本】 ショートフライ
 【秋山】 ライトヒット
 【北條】 ライト線ツーベース
 (投手交代)三浦 → 砂田
 【代打・狩野】 セカンドゴロ
 【高山】 ショートゴロ
6回表
 (守備交代)大和 セカンド
 【桑原】 サードゴロ
 【関根】 レフトヒット
 【ロペス】 ピッチャーゴロ
 (投手交代)秋山 → 高橋
 【筒香】 キャッチャーファウルフライ
6回裏
 【福留】 右中間ツーベース
 【ゴメス】 ショートゴロ
 【鳥谷】 ライトフライ
 (投手交代)砂田 → 加賀
 【代打・中谷】 空振り三振
7回表
 (投手交代)高橋 → 松田
 【宮崎】 フォアボール
 (代走)山下幸
 【エリアン】 ピッチャー犠打(エラー)
 【倉本】 スリーバント失敗
 【代打・下園】 ショート併殺打
7回裏
 (投手交代)加賀 → 須田
 (守備交代)戸柱 キャッチャー
 【坂本】 空振り三振
 【代打・上本】 ライトヒット
 【北條】 ライトヒット
 【大和】 見逃し三振
 (投手交代)須田 → ザガースキー
 【高山】 サードゴロ
8回表
 (投手交代)松田 → サターホワイト
 【ザガースキー】 空振り三振
 【桑原】 セカンドファウルフライ
 【代打・梶谷】 空振り三振
 【関根】 空振り三振
8回裏
 (投手交代)ザガースキー → 田中
 【福留】 空振り三振
 【ゴメス】 ライトフライ
 【鳥谷】 空振り三振
9回表
 (投手交代)サターホワイト → マテオ
 【ロペス】 セカンドファウルフライ
 【筒香】 ライトフライ
 【山下幸】 空振り三振

先発秋山投手 5回2/3 1失点
初回に失点をしてしまいましたが、そのあとを1失点のままでしのげたことはよかったと思います。ただ、6回は関根選手に追い込んでから出塁を許してしまい、イニングの最後まで投げ切ることができなかったので、そこは反省しないといけないです。
福留選手 1回裏 ライト第11号逆転ツーランホームラン
打ったのはカットボール。打者有利のカウントだったので、ストライクゾーンだけに絞って積極的に打ちにいこうと思っていました。それがいい結果につながったと思います。

秋山が6回途中1失点で4年ぶりの勝利
秋山が12年6月30日のヤクルト戦以来、4年ぶりの白星をつかんだ。日数にすると、実に1539日ぶり。長い、長い道のりだった。

前回登板に続き、きょうも立ち上がりに失点したが、許したヒット2本はいずれも内野安打。先頭・桑原の打球を北條がダイビングして止めるも、送球できずに内野安打になったものと、一死二塁からロペスの三遊間への打球にまた北條が飛び込むも、グラブに当たったボールがファウルゾーンを転々…。その間に二塁走者の生還を許したものだった。

「飛んだところがよかったというヒット、投げ切れたヒットだったので、前回みたいに引きずらないように、攻めて行こうと。それで1点でしのげました」

これまでの秋山なら、さらなる失点をしていたかもしれない。しかし、きょうの秋山は違った。四番・筒香を1球で一塁ゴロに仕留めると、宮崎も二塁ゴロで追加点を許さなかった。

その裏、福留の2ランですぐに逆転してもらうと、2回以降は1点のリードを守り切り、5回まで無安打投球。「勝っている状況で、攻める配球を坂本がしてくれた」と、前回に続いてバッテリーを組んだ坂本に感謝した。

その坂本は「コントロールがよかったので、思い切って攻められた。要求通りに投げてくれました」と秋山の制球力を絶賛。香田投手コーチは「一番大きいのはシュートを覚えたこと」と、新球で投球の幅が広がったことを好投の要因に挙げた。

「(持ち球の)スライダーとカーブとは逆のボール。バッターの体のそばに投げるのが苦手なピッチャーなので、シュートを覚えたのは大きい」

打線がチャンスを作りながらも追加点を奪えない中、6回一死から関根にヒットを許し、二死二塁となったところで交代を告げられた秋山。まだ96球で、球威も落ちていないように見えたが、金本監督は「本来なら勝負させたいところだけど、(チームが)しばらく勝てていないし、打てる手は打っていこうと」と、継投の理由を説明した。

代わった高橋が筒香を抑え、その後は松田、サターホワイト、マテオのリレーで逃げ切り。9月4日以来、久しぶりに甲子園で勝利した。






最終更新日  2016.09.24 11:07:10
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.11
カテゴリ:阪神2016
1回表
 【板山】 空振り三振
 【鳥谷】 ショートゴロ
 【高山】 セカンドゴロ
1回裏
 【坂口】 空振り三振
 【荒木】 ショートゴロ
 【川端】 見逃し三振
2回表
 【福留】 ライトフライ
 【原口】 見逃し三振
 【ゴメス】 センターヒット
 【荒木】 ピッチャーゴロ
2回裏
 【山田】 デッドボール
 【鵜久森】 左中間ツーベース
 【雄平】 空振り三振
 【西浦】 空振り三振
 【西田】 敬遠
 【山中】 空振り三振
3回表
 【北條】 ピッチャーヒット
 【岩貞】 キャッチャー犠打
 【板山】 センターヒット
 【鳥谷】 ライトタイムリーヒット S0-1T
 【高山】 ファーストゴロ
 【福留】 空振り三振
3回裏
 【坂口】 サードヒット
 【荒木】 ピッチャー犠打
 【川端】 ショートゴロ
 【山田】 キャッチャーファウルフライ
4回表
 【原口】 サードヒット
 【ゴメス】 センターフライ
 【荒木】 ファーストゴロ
 【北條】 敬遠
 【岩貞】 ショートゴロ
4回裏
 【鵜久森】 ライトフライ
 【雄平】 ショートゴロ
 【西浦】 フォアボール
 【西田】 見逃し三振
5回表
 【板山】 セカンドゴロ
 【鳥谷】 ライトソロホームラン S0-2T
 【高山】 空振り三振
 【福留】 ファーストゴロ
5回裏
 【代打・比屋根】 セカンドゴロ
 【坂口】 セカンドゴロ
 【荒木】 フォアボール
 【川端】 レフトフライ
6回表
 (投手交代)山中 → 松岡
 【原口】 フォアボール
 【ゴメス】 フォアボール
 【荒木】 ライトヒット
 【北條】 ライトフライ
 (投手交代)松岡 → 村中
 【岩貞】 レフトタイムリーヒット S0-3T
 【代打・狩野】 空振り三振
 【鳥谷】 ショートゴロ
6回裏
 (守備交代)大和 セカンド
 (守備交代)俊介 センター
 【山田】 サードゴロ
 【鵜久森】 センターフライ
 【雄平】 サードゴロ
7回表
 【高山】 レフト線ツーベース
 【福留】 ライト2ランホームラン S0-5T
 (投手交代)村中 → 平井
 【原口】 キャッチャーファウルフライ
 【ゴメス】 ショートゴロ
 【大和】 ファーストファウルフライ
7回裏
 (守備交代)森越 ファースト
 【西浦】 セカンドヒット
 【西田】 レフトフライ
 【代打・飯原】 レフト線ツーベース
 【坂口】 ピッチャーゴロ
 【荒木】 サードゴロ
8回表
 (投手交代)平井 → 石山
 【北條】 センターフライ
 【岩貞】 空振り三振
 【俊介】 ショートゴロ
8回裏
 【川端】 セカンドゴロ
 【山田】 見逃し三振
 【鵜久森】 セカンドフライ
9回表
 【鳥谷】 ショートゴロ
 【高山】 ピッチャーゴロ
 【福留】 見逃し三振
9回裏
 【雄平】 セカンドゴロ
 【西浦】 空振り三振
 【西田】 ショートゴロ


福留選手 7回表 ライト第10号ツーランホームラン
打ったのはフォーク。高山が塁に出てくれたので、自分も後ろへチャンスをつないでいって、最低でも引っ張った打球を打ってランナーを進められるようにと思っていました。ライト方向へしっかりと打てましたし、そういう意識がいい結果につながったと思います。
鳥谷選手 5回表 ライト第7号ソロホームラン
打ったのはスライダー。まずは自分が塁に出て、チャンスを作ろうと思って打席に入りました。次の1点を取りたいところでしたし、いい一本が打てたと思います。
鳥谷選手 3回表 ライト先制タイムリーヒット
打ったのはスライダー。ゆるいボールに上手く対応できました。

岩貞 完封!スカッと快勝
岩貞の素晴らしい投球をベースに鳥谷の先制打と本塁打で主導権を握った阪神が、先発全員安打など久しぶりの理想形で会心の勝利を飾った。

今季3敗(対戦防御率0.87)と苦手の東京ヤクルト先発・山中に対し、阪神は板山・鳥谷で1・2番を組むなど思い切ったオーダーで臨む。サブマリンの浮き上がる球にどう対処するか?が焦点となる。

初回3者凡退で滑り出した阪神先発・岩貞は、2回裏 先頭4番 山田への死球と鵜久森の左中間二塁打で無死2・3塁とされる。雄平・西浦を連続空振り三振、西田を歩かせて満塁となるが、投手の山中をフルカウントから空振り三振に仕留めて辛くも脱出した。

3回表 阪神は、北條の投手強襲安打と犠打・板山の中前安打で一死1・3塁として2番 鳥谷が右前適時安打で先取点を奪う。「打ったのはスライダー。ゆるいボールに上手く対応する事が出来た」。鳥谷 敬内野手は、このヒットで12年連続100安打を記録した。

岩貞は、捕手・原口の巧みなリードもあって打者の内角をどんどん突く強気の投球でツバメ打線に立ち向かう。3回裏には坂口の内野安打から一死2塁となるが、川端・山田を退けた。

5回表 阪神は、鳥谷が山中の内へ甘く入った変化球を捉えてライトへ弾丸ライナーで飛び込む7号ソロ本塁打で1点を加える。「打ったのはスライダー。まずは自分が塁に出て、チャンスを作ろうと思って打席に入った。次の1点を取りたいところだったし、良い一本が打てたと思う」と鳥谷 敬内野手が振り返る。。

山中は失点はしたが、ピンチにも強気な投球が目立ち決して内容は悪くなかった。5回(79球)を投げて 6安打 4三振 1四死球 2失点も、試合展開上やむなく代打を出されて交代している。

6回表 ヤクルト2人目・松岡が2四球と荒木のヒットで無死満塁のピンチを迎える。北條は右飛に打ち取り、3人目の村中に交代するが、9番 岩貞の叩きつけた当たりがサード頭上を越して左前適時安打となり、阪神に追加点が入った。(岩貞はプロ初打点)

7回表にはレフト線二塁打の高山を置いて4番 福留がライトスタンドへ 10号2ランを放ち、阪神が5対0とする。「打ったのはフォーク。高山が塁に出てくれたので、自分も後ろへチャンスを繋いで行って、最低でも引っ張った打球で走者を進められるようにと思っていた。右方向へしっかりと打てたし、そういう意識が良い結果に繋がったと思う」。福留孝介外野手は、会心の一撃に納得の表情を浮かべる。

その裏  岩貞は西浦の内野安打と代打・飯原の左二塁打で一死2・3塁とされる。坂口の投ゴロは拙い挟殺プレーとなるが、守備固めに入っていたファースト森越のカバーリングが効いて 辛うじて走者を刺し後続も打ち取ってピンチを切り抜けた。岩貞は最後まで投げ切って、5月27日(対巨人・東京ドーム)以来 プロ2度目の完封勝利をあげている。9回(130球)4安打 8三振 4四死球 無失点の内容だった。

香田勲男投手コーチが3年目左腕を評する。「打者の近いところをどんどん攻めていたね。(山田には死球も与えたが)そこを攻めないと、あれ位の打者は抑えられない」。

ヒーローインタビューでも岩貞祐太投手は、少し控え目だった。「チームも連敗してたし、一球一球全力で行った。捕手のリードがあってこその結果だと思うし、沢山点を取ってもらって楽に投げる事が出来た。(適時打は)たまたまです。何回もチャンスで回って来て打ててなかったけど、今日は飛んだところが良かったのかな?」。

「(山中には)前回・前々回とフライアウトでやられてきた。(全員でゴロを打とうと)片岡コーチが徹底して指示を出していた。片岡に感謝だね」。金本知憲監督は担当コーチを讃える。2番に据えた鳥谷が結果を出し主砲・福留も本来の働きをしたが、「若手が作ったチャンスをベテランが返す。こういう野球がやりたかった」と終始ご機嫌だった。







最終更新日  2016.09.24 10:58:02
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.04
カテゴリ:阪神2016
見事な集中打での逆転勝ち!!

岩貞の好投に応えました!!

まだまだこれから!!!


1回表 
 【桑原】 ピッチャーゴロ
 【関根】 レフトフライ
 【宮崎】 空振り三振
1回裏 
 【北條】 ショートゴロ
 【上本】 ライトフライ
 【高山】 空振り三振
2回表 
 【ロペス】 レフトソロホームラン T0-1DB
 【梶谷】 ショートゴロ
 【白崎】 空振り三振
 【倉本】 ピッチャーゴロ
2回裏 
 【福留】 ライトヒット
 【原口】 レフトヒット
 【狩野】 空振り三振
 【鳥谷】 セカンドゴロ
 【中谷】 フォアボール
 【岩貞】 空振り三振
3回表 
 【戸柱】 センターヒット
 【今永】 キャッチャー犠打
 【桑原】 セカンドゴロ
 【関根】 デッドボール
 【宮崎】 ライトフライ
3回裏 
 【北條】 空振り三振
 【上本】 ファーストファウルフライ
 【高山】 ライト線ツーベース
 【福留】 空振り三振
4回表 
 【ロペス】 サードゴロ
 【梶谷】 レフトフライ
 【白崎】 ピッチャーゴロ
4回裏 
 【原口】 ライトフライ
 【狩野】 センターフライ
 【鳥谷】 ファーストファウルフライ
5回表 
 【倉本】 空振り三振
 【戸柱】 セカンドゴロ
 【今永】 サードゴロ
5回裏 
 【中谷】 空振り三振
 【岩貞】 空振り三振
 【北條】 空振り三振
6回表 
 【桑原】 ショートフライ
 【関根】 センターフライ
 【宮崎】 サードゴロ
6回裏 
 【上本】 レフトヒット
 【高山】 セカンド併殺打
 【福留】 センターフライ
7回表 
 【ロペス】 セカンドゴロ
 【梶谷】 センターヒット
 【白崎】 サード併殺打
7回裏 
 【原口】 レフトヒット
 【狩野】 ピッチャー犠打
 【鳥谷】 セカンドゴロ
 【中谷】 空振り三振
8回表 
 【倉本】 空振り三振
 【戸柱】 フォアボール
 【代打・後藤】 空振り三振
 【桑原】 セカンドフライ
8回裏 
 (投手交代)今永 → 田中
 【代打・ゴメス】 サードゴロ
 【北條】 レフトヒット
 【上本】 センターヒット
 【高山】 センタータイムリーヒット T1-1DB
 【福留】 センターフライ
 (投手交代)田中 → 須田
 (代走)大和
 【原口】 レフトオーバー2点タイムリーツーベース T3-1DB
 【狩野】 センターヒット
 【鳥谷】 セカンドフライ
9回表 
 (投手交代)岩貞 → マテオ
 (守備交代)鶴岡 キャッチャー
 (守備交代)今成 ファースト
 (守備交代)俊介 レフト
 【関根】 ファーストゴロ
 【宮崎】 センターヒット
 【ロペス】 キャッチャーフライ
 【梶谷】 空振り三振
--------------------------------
■2016/9/4 試合結果

対DeNA 22回戦 甲子園

デ|010 000 000|1
神|000 000 03x|3

勝:岩貞6勝9敗0S
S:マテオ1勝3敗16S
敗:田中3勝2敗0S
HR:ロペス ソロ24号
ディ:今永-田中-須田
神:岩貞-マテオ

逆転勝利で久々、甲子園に「六甲おろし」
甲子園に「六甲おろし」の大合唱が響き渡った。金本監督がずっと「勝って、気持ちよく歌わせてあげたい」と言っていた凱歌だ。本拠地での勝利は、7月31日のヤクルト戦以来だった。

7回までは8連敗の雰囲気が漂っていた。DeNAのルーキー・今永の前に5安打無得点。先頭打者を3度出したが、また「あと1本」が出ず。先発・岩貞が2回にロペスに許したソロホームランが重く、重くのしかかっていた。

しかし、その岩貞が8回まで追加点を与えない粘りの投球を見せると、流れが変わる。その裏、一死から北條、上本の連打と好走塁で二、三塁とチャンスメーク。相手投手は2番手・田中に代わっていた。

打席にはチームで最も得点圏打率の高い髙山。スライダー2球でカウント1-1となり、3球目のカーブを狙いすましたように中前に運んだ。DeNA・桑原がスライディングキャッチを試みるも、わずかに及ばず、北條が同点のホームにかえってきた。

「きょうは今永から通してスライダーとカーブが多かったので、追い込まれるまではそれを待とうと。最初は打席の前に立っていたんですけど、(2球目の)インコースのスライダーをファウルして、もうちょっと後ろに立って、引き付けてじゃないですけど、甘く入ったところをとらえたほうがいいかなと。いつもの所に戻したら、それがハマっていい形になりました」

この冷静な読みと対応力…ルーキーとは思えない。

福留が倒れて二死となるも、なおも一、二塁。一気にたたみかけたい場面で、久々にスタメンマスクをかぶり、岩貞をリードした原口が燃えた。3番手・須田のストレートをとらえて左越え二塁打。2人の走者を迎え入れ、逆転に成功した。

打席に入る前、投手交代があった上に、二塁走者の上本がけん制で帰塁した際、両足が釣るアクシデントがあり担架で運ばれた。かなり間が空いたが、「集中したほうが勝つと思った。切らさず集中していた」と言う原口は、「外に目付けをして、思い切り振っていきました」と会心の一打。岩貞に白星をプレゼントした。

3安打猛打賞の原口に、監督は「トップを作るのが早くなっていた。アレなら見極めができる。調子がかなり上向いてきたし、勝負強さも戻ってきた」と復調を喜んだ。

「連敗が止まったことよりも、甲子園で勝ててうれしい。最下位が目の前のチームに(お客さんが)入ってくれて、応援してくれる。ありがたいことです」

金本監督はファンへの感謝の言葉で会見を締めくくった。






最終更新日  2016.09.05 19:48:04
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.25
カテゴリ:阪神2016
メッセンジャーの好投を、メッセンジャー、北条、上本、高山が打ちまくり!

3度の満塁のチャンス、最初は凡打で3残塁でしたが、それをくやしいと思い
センターへ満塁ホームランとライト線に2点タイムリーツーベース!!
一人で6打点という連夜の大活躍!!!

この調子で、残り全部勝ってくれ!!!!



1回表 
 【上本】 ショートゴロ
 【北條】 ショートゴロ
 【高山】 フォアボール
 【福留】 センターヒット
 【原口】 レフトフライ
1回裏 
 【桑原】 ショートゴロ
 【石川】 見逃し三振
 【ロペス】 ライトヒット
 【筒香】 フォアボール
 【宮崎】 ショートゴロ
2回表 
 【ゴメス】 サードゴロ
 【中谷】 サードゴロ
 【今成】 セカンドヒット
 【メッセンジャー】 ライトヒット
 【上本】 フォアボール
 【北條】 レフトタイムリーヒット DB0-1T

北條選手 2回表 レフト先制タイムリーヒット
打ったのはシュート。上本さんがフォアボールを選んで満塁になったので、カウントを取りにくると思って初球から狙っていきました。初球の空振りはどしっとしたスイングができず、ダメなときにいつも打撃コーチから注意されている伸び上がるようなスイングになってしまっていました。次のボールはそうならないように、軸回転を意識して打ちにきました。いい感じで軸で回って打ち返すことができました。

 【高山】 サードゴロ
2回裏 
 【梶谷】 センターオーバースリーベース
 【倉本】 フォアボール
 【高城】 空振り三振
 【ペトリック】 キャッチャーファウルフライ
 【桑原】 センターフライ
3回表 
 【福留】 ショートフライ
 【原口】 空振り三振
 【ゴメス】 ショートゴロ
3回裏 
 【石川】 ファーストゴロ
 【ロペス】 空振り三振
 【筒香】 キャッチャーフライ
4回表 
 【中谷】 ショートゴロ
 【今成】 見逃し三振
 【メッセンジャー】 センターヒット
 【上本】 センターヒット
 【北條】 フォアボール
 【高山】 右中間満塁ホームラン DB0-5T










高山選手 4回表 右中間第5号満塁ホームラン
打ったのはチェンジアップ。前の打席ではチャンスで回ってきたのにランナーをかえせなかったので、この打席ではなんとかしたいと思って打ちにいきました。気持ちで打ちました。

 【福留】 ファーストゴロ
4回裏 
 【宮崎】 フォアボール
 【梶谷】 サードヒット
 【倉本】 空振り三振
 【高城】 セカンド併殺打
5回表 
 【原口】 サードゴロ
 【ゴメス】 ショートゴロ
 【中谷】 レフトヒット
 【今成】 セカンドゴロ
5回裏 
 【ペトリック】 見逃し三振
 【桑原】 ライトオーバースリーベース
 【石川】 空振り三振
 【ロペス】 ライトフライ
6回表 
 【メッセンジャー】 左中間ツーベース
 【上本】 フォアボール
 【北條】 フォアボール
 (投手交代)ペトリック → ブロードウェイ
 【高山】 ライト線2点タイムリーツーベース DB0-7T







 【福留】 センター2点タイムリーヒット DB0-9T
 (代走)江越
 【原口】 サードファウルフライ
 【ゴメス】 セカンドライナー
 【中谷】 空振り三振
6回裏 
 【筒香】 右中間ツーベース
 【宮崎】 セカンドゴロ
 【梶谷】 レフトフライ
 【倉本】 レフトオーバータイムリーヒット DB1-9T
 【代打・戸柱】 ショートゴロ

先発メッセンジャー投手 6回 1失点
今日は息子のローム(長男。4人いる子どものうち上から数えて3番目の子どもで長女、次女、長男のロームくん、次男の順)の5歳の誕生日だったから、絶対にいいピッチングをして、いい誕生日プレゼントにしてやろうと思ってマウンドへ上がったんだ。いいピッチングができてよかったよ。バッティングでもいい仕事ができたね。ラッキーなことに、3打席とも甘いボールが来て、上手く打ち返せたよ。


7回表 
 (投手交代)ブロードウェイ → 小杉
 (守備交代)飛雄馬 ショート
 【代打・鳥谷】 フォアボール
 【代打・柴田】 セカンドゴロ
 【上本】 センターフライ
 【北條】 センターフライ
7回裏 
 (投手交代)メッセンジャー → 安藤
 (守備交代)大和 セカンド
 【飛雄馬】 ショートゴロ
 【桑原】 ライトヒット
 【石川】 セカンドゴロ
 【ロペス】 左中間2ランホームラン DB3-9T
 【筒香】 ライトヒット
 【宮崎】 センターフライ
8回表 
 【高山】 セカンドゴロ
 【江越】 空振り三振
 【原口】 キャッチャーフライ
8回裏 
 (投手交代)安藤 → 島本
 (守備交代)坂本 キャッチャー
 【梶谷】 ライト線ツーベース
 【代打・白崎】 サードゴロ
 【戸柱】 ファーストゴロ
 【飛雄馬】 セカンドゴロ
9回表 
 (投手交代)小杉 → 加賀
 【ゴメス】 レフトヒット
 (代走)荒木
 【中谷】 ライトフライ
 【鳥谷】 レフトフライ
 【大和】 センターヒット
 【代打・狩野】 キャッチャーファウルフライ
9回裏 
 (投手交代)島本 → 秋山
 【桑原】 セカンドゴロ
 【代打・エリアン】 ショートフライ
 【ロペス】 レフトヒット
 【筒香】 ライトフライ




--------------------------------
■2016/8/25 試合結果

対DeNA 19回戦 横浜

神|010 404 000|9
デ|000 001 200|3

勝:メッセンジャー11勝8敗0S
敗:ペトリック3勝2敗0S
HR:高山満塁5号、ロペス ツーラン21号
神:メッセンジャー-安藤-島本-秋山
ディ:ペトリック-ブロードウェイ-小杉-加賀

8/26の予告先発
ヤ:デイビーズ
神:岩崎 優


止まらぬ猛打!3位へ肉薄
打線好調な阪神が序盤から相手投手に重圧をかけ続けて中盤で完全に攻略。3位 DeNAに同一カード3連勝を飾った。

横浜DeNA 先発・ペトリックに挑む阪神は、原口を捕手で起用して3試合ぶりにゴメスがスタメンに名を連ねる。初回二死から四球と福留のヒットで1・2塁とするが、5番 原口は左飛に倒れた。外国人特有の手元で変化する球に内野ゴロを打たされるパターンに注意しないといけない。

阪神は中5日でメッセンジャーが先発。1回裏 二死から3番に入ったロペスに8試合ぶりのヒットを許すなど1・2塁とされるが、5番 宮崎を遊ゴロに打ち取った。

2回表 阪神は二死から今成・メッセンジャーの連打と上本・四球で満塁として、2番 北條が左前適時安打を放ち、1点を先制する。

北條史也内野手が事細かに振り返る。 「打ったのはシュート。上本さんが四球を選んで満塁になったので、カウントを取りにくると思って初球から狙って行った。初球の空振りはドシッとしたスイングが出来ず、ダメな時にいつも打撃コーチから注意されている伸び上がるようなスイングになってしまっていた。次はそうならないように軸回転を意識して打ちに行った。いい感じで軸で回って打ち返す事が出来た」。

その裏 DeNAは先頭6番 梶谷の中越え三塁打と四球で無死1・3塁とするが、高城は2球バント失敗した挙げ句に空振り三振。ペトリックのバントが捕邪飛となり、1番 桑原も良い当たりの中飛に倒れてチャンスを逸した。今シリーズを通してDeNAは、上手く流れを掴めない。

4回表は、二死後メッセンジャー・上本の連打と四球で満塁として、3番 高山が外寄り変化球を右中間スタンド中段まで運ぶ5号グランドスラムを放つ。阪神が5対0と突き放した。

「打ったのはチェンジアップ。前の打席では走者を返せなかったので、この打席では何とかしたいと思って打ちに行った。気持ちで打った」プロ初の満塁アーチに、高山 俊外野手も手応え十分な表情である。

メッセンジャーは5回裏 一死後1番 桑原に右越え三塁打を浴びるが、ここも落ち着いて後続を抑え込む。

DeNA ペトリックは二死から走者を出しては失点する悪循環。セットポジションになると球威・制球に問題が出て来るように感じた。5回に打席が回るも続投となった6回表だが、先頭メッセンジャーに二塁打を許し連続四球で無死満塁とすると、DeNAベンチもさすがにペトリックを諦めてブロードウェイにスイッチ。その初球を3番 高山はライト線ギリギリに2点適時二塁打を放った。福留も中前適時安打で続き、更に2点を追加して9対0と阪神のリードは決定的なものとなっている。

打っては3安打と大当りのメッセンジャーだが、その裏 筒香に右越え二塁打を許し二死3塁から7番 倉本の左越え適時安打で失点する。6回(93球)まで投げて、6安打 6三振 3四球 1失点で降板している。

「今日は息子のローム(長男。4人いる子供の上から数えて3番目)が5歳の誕生日だったから、絶対に良い投球をして誕生日プレゼントにしてやろうと思ってマウンドへ上がったんだ。打撃でもいい仕事が出来たね。ラッキーなことに、3打席とも甘いボールが来て、上手く打ち返せたよ」。ランディ・メッセンジャー投手は大量援護もあって、11勝目をほぼ手中にして ご機嫌だった。

この後リリーフ陣を投入した阪神は、安藤が7回裏 3番ロペスに左中間へ 21号2ランを浴びたが、8回 島本〜9回 秋山と繋いで 9対3で勝利。4連勝・勝ち越しで夏の長期ロードを締めくくり、DeNAに3タテを喰らわせ、3位に0・5差と迫っている。

連夜のヒーローインタビューは、一試合6打点の高山 俊外野手だ。「気分は最高です。(初めての満塁アーチを)こういう大事な試合で打てて凄く嬉しい。(6回表の適時二塁打も初球だったが)常に初球から甘いボールが来たら!と言う気持ちなので。(横浜3連戦で8安打だが、好調な要因は)わからないけど(順位が)一コ上のチームに何が何でも勝つんだ!と言う気持ちが繋がっていると思う」。

「(高山について)あの位の力はあるんだ。(前半戦は本塁打が少なかったが)元々長打が打てるタイプ。ヒットも打ちながら少しでも大きく育てようと言うのがテーマだから、それを忘れないように」。金本知憲監督は、天才ルーキーの覚醒に嬉しそうだ。「(メッセンジャーは)チャンスメイクを上手くやってくれた。3回も塁に出ると疲れるよね(笑)」。

夏の長期ロードが11勝9敗で終了したが、「ロードと言う意識は無い。京セラドームもあるし。そこ(3位DeNAに1・5差)も言うほど意識は無い」と言う。ただ、今回の4連勝は試合内容も伴っていることから、甲子園のファンの前でも「引き続き、同じ野球が出来るように!」本拠地での戦いに目を向けていた。






最終更新日  2016.08.26 01:22:08
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.24
カテゴリ:阪神2016
やっと6勝目か。。。

あと、残りは、日本シリーズまで、ぜんぶ勝ってくれ!!

福間納投手の背番号12を引き継いだ坂本捕手が、プロ初ホームラン!

今日は盗塁も刺したし、1点に抑えたし、がんばってますね!

そして、高山!坪井を抜いて、新人12回目の猛打賞!

まだまだ、続けてくれ!!!



1回表 
 【上本】 レフトフライ
 【北條】 空振り三振
 【高山】 レフトオーバーツーベース
 【福留】 フォアボール
 【原口】 フォアボール
 【中谷】 セカンドファウルフライ
1回裏 
 【桑原】 センターヒット
 ランナー桑原が二盗アウト
 【石川】 セカンドヒット
 【宮崎】 空振り三振
 ランナー石川が二盗
 【筒香】 フォアボール
 【ロペス】 空振り三振
2回表 
 【今成】 サードゴロ
 【坂本】 空振り三振
 【藤浪】 空振り三振
2回裏 
 【梶谷】 空振り三振
 【倉本】 サードゴロ
 【戸柱】 空振り三振
3回表 
 【上本】 フォアボール
 【北條】 ピッチャー犠打
 【高山】 ライトオーバータイムリーツーベース DB0-1T

高山選手 3回表 ライトオーバー先制タイムリーツーベースヒット
打ったのはストレート。直前の空振りした変化球を頭に入れていたのですが、インコースの速いボールにしっかり反応できて、上手く回転で打ち返すことができました。

 【福留】 レフトヒット
 ワイルドピッチ
 【原口】 サードゴロ DB0-2T
 【中谷】 フォアボール
 【今成】 セカンドゴロ
3回裏 
 【久保康】 ピッチャーゴロ
 【桑原】 デッドボール
 ランナー桑原が一塁牽制アウト
 【石川】 センターヒット
 【宮崎】 ショートゴロ
4回表 
 【坂本】 レフトソロホームラン DB0-3T

坂本選手 4回表 レフト第1号ソロホームラン(プロ初本塁打)
打ったのはスライダー。早い回に追加点を取るために、まずは先頭打者として塁に出ることを考えていました。甘いボールをしっかり打ち返せましたし、いい結果が出てよかったです。打った瞬間は『あっ!いったかな』と思ったのですが、確信はなかったです。このあと、守備も次の打席もあるので、しっかりと頑張ります!

※ホームランボールはキャッチした外野スタンドのファンから球場係員の方を通じて、ベンチ裏のロッカールームに届けていただきました。

 【藤浪】 空振り三振
 【上本】 ショートヒット
 【北條】 センターヒット
 【高山】 デッドボール
 【福留】 ファーストゴロ DB0-4T
 【原口】 フォアボール DB0-5T
 (投手交代)久保康 → ブロードウェイ
 【中谷】 ショートゴロ
4回裏 
 【筒香】 空振り三振
 【ロペス】 ショートゴロ(エラー)
 【梶谷】 ライトソロホームラン DB1-5T
 【倉本】 レフトヒット
 【戸柱】 セカンドライナー
5回表 
 【今成】 センターヒット
 【坂本】 見逃し三振
 【藤浪】 ピッチャー犠打
 【上本】 ライトファウルフライ
5回裏 
 【代打・エリアン】 ショートゴロ
 【桑原】 空振り三振
 【石川】 センターヒット
 【宮崎】 右中間ツーベース
 【筒香】 空振り三振
6回表 
 (投手交代)ブロードウェイ → 砂田
 【北條】 ショートゴロ
 【高山】 ライト線ツーベース
 【福留】 セカンドゴロ
 【原口】 セカンドゴロ
6回裏 
 【ロペス】 レフトフライ
 【梶谷】 ショートフライ
 【倉本】 空振り三振
7回表 
 (投手交代)砂田 → 加賀
 【中谷】 空振り三振
 【今成】 空振り三振
 【坂本】 ピッチャーヒット
 【藤浪】 レフト線ツーベース
 【上本】 サードゴロ
7回裏 
 (守備交代)大和 セカンド
 【戸柱】 空振り三振
 【代打・関根】 サードゴロ
 【桑原】 空振り三振

先発藤浪投手 7回 1失点
今日は調子自体はあまりよくはなかったのですが、ピンチでもなんとか粘りながら投げられました。ゲームは作ることができたので、最低限の仕事はできたと思います。

8回表 
 (投手交代)加賀 → 須田
 【北條】 空振り三振
 【高山】 セカンドフライ
 【福留】 フォアボール
 【原口】 ファーストファウルフライ
8回裏 
 (投手交代)藤浪 → 高橋
 (守備交代)荒木 ファースト
 【石川】 レフトフライ
 【宮崎】 ライトオーバーツーベース
 【筒香】 フォアボール
 (投手交代)高橋 → サターホワイト
 【ロペス】 空振り三振
 【梶谷】 空振り三振
9回表 
 (投手交代)須田 → 三上
 【代打・鳥谷】 ファーストゴロ
 【今成】 セカンドゴロ
 【坂本】 ショートフライ
9回裏 
 (投手交代)サターホワイト → マテオ
 (守備交代)江越 センター
 【倉本】 空振り三振
 【戸柱】 ショートゴロ
 【代打・下園】 空振り三振

--------------------------------
■2016/8/24 試合結果

対DeNA 18回戦 横浜

神|002 300 000|5
デ|000 100 000|1

勝:藤浪6勝9敗0S
敗:久保康5勝8敗0S
HR:坂本ソロ1号、梶谷ソロ13号
神:藤浪-高橋-サターホワイト-マテオ
ディ:久保康-ブロードウェイ-砂田-加賀-須田-三上

8/25の予告先発
神:メッセンジャー
ディ:ペトリック









明大コンビが躍動!
高山と坂本の明治大出身・ドラフト1・2位ルーキーが攻守に光る活躍を見せた阪神が、前半のリードを守り 逃げ切った。

横浜DeNA先発・久保康に対する阪神は初回 二死から高山の左二塁打と2四球で満塁とするが、6番 中谷は二邪飛に倒れる。(久保は初回 上本を左飛に打ち取り通算1500投球回を達成)

その裏 阪神先発・藤浪も石川の内野安打などで二死1・2塁とピンチだったが、10球粘った5番ロペスを変化球で辛うじて空振り三振に斬る。甘い球も多く、ここは不振を極めるロペスの打ち損じに助けられた印象だ。

先手は阪神。3回表 四球の上本を北條が送り、3番 高山が内角球に脇を締め腕を畳んでライトフェンス直撃の適時二塁打を放つ。福留・左前安打で一死1・3塁の後、久保康の暴投で高山が生還して2点目が入った。

先制打の高山 俊外野手が話す。「打ったのはストレート。直前の空振りした変化球を頭に入れていたが、インコースの速いボールにしっかり反応して上手く回転で打ち返す事が出来た」。

4回表には、先頭8番 坂本が変化球をレフトスタンドへ運ぶプロ初本塁打で追加点。一死後 上本・北條の連打と高山・死球で満塁となり、4番 福留の一ゴロが併殺崩れ。悪送球も加わり、さらに2点が入って、阪神が5対0とリードを広げる。DeNA 久保康は、3回2/3( 88球)6安打 4三振 6四死球 5失点(自責4)でブロードウェイと交代している。

坂本誠志郎捕手が初々しく振り返る。「打ったのはスライダー。早い回に追加点を取るために、まずは先頭打者として塁に出ることを考えていた。甘い球をしっかり打ち返す事が出来たし、イイ結果が出て良かった。打った瞬間は『あっ!いったかな』と思ったけど、確信はなかった」。プロ初アーチの記念ボールは、外野スタンドのファンから球場係員の方を通じて、ベンチ裏のロッカールームに届けられた。

新人捕手とコンビを組む藤浪は、5回途中で100球を超えて決して抜群な内容ではなかったが、DeNAの盗塁失敗や牽制死に走塁ミスなど再三の拙攻にも救われて、何とか要所を締める。4回裏 6番 梶谷に変化球を捉えられ 13号ソロ本塁打を浴びるが、前半を最少失点で凌いだ。5回裏には二死から石川・宮崎の長短打で2・3塁とピンチを背負ったが、4番 筒香を直球勝負で空振り三振に仕留めている。

藤浪は7回( 130球)まで投げて、7安打 10三振 2四死球 1失点。「今日は調子自体はあまりよくはなかったが、ピンチでも何とか粘りながら投げる事が出来た。ゲームは作ることが出来たので、最低限の仕事は出来たと思う」。藤浪晋太郎投手は、このように振り返っている。

8回裏には、阪神2人目・高橋が一死1・2塁とピンチを招きサターホワイトに交代するが、サターホワイトはロペスと梶谷を連続三振に斬って、見事な火消しを果たした。最後はマテオが締め括り、阪神が5対1とDeNAを破った。

この試合で阪神・高山は6回表 DeNA3人目・砂田からライト線へこの日3本目の二塁打を放ち、今季12度目の『猛打賞』。1998年・坪井智哉選手(現DeNAコーチ)の球団新人記録11を塗り替えた。「(先制打は)上手く打ったと言うか、自分でもビックリしたけどイイところに飛んでくれて良かった。一つ上のチーム(3位 横浜DeNA)にこうやって連勝出来ているので(チームは)ホントにイイ雰囲気だと思う」。ヒーローインタビューで高山 俊外野手は、このように語っている。

「(高山の先制打は)押し込めたよね。一ヶ月位 練習でやって来た事が、試合で出来た。(坂本について)元々 打撃は悪いと思っていない。スイングスピードもソコソコ。意外にパンチ力もある。もっと打てると思う」。金本知憲監督も新人2選手に目を細める。6勝目をあげた藤浪については、「冷や冷やする事が多かったけど、それが持ち味でもある。欲を言えば、もう1イニング(投げて欲しかった)」と話した。

原口の肩の状態があまり良くない事から連夜の先発マスクとなった坂本だが、守備でも北條が一塁へ悪送球を投じた際にしっかり処理して走者挟殺に貢献するなどイイ動きを見せた。矢野燿大作戦兼バッテリーコーチが言う。「(坂本はカバーリングとか捕手がやるべき)当たり前の事が出来る選手。ワンバウンドも一回も逸らしていない。信頼や安定感もある。(今後の)競争の中でイイものを見せてくれれば、次のチャンスはある。オレ自身もイイ悩みだね!」。







最終更新日  2016.08.25 03:08:48
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.23
カテゴリ:阪神2016
若虎が爆発しましたね

横浜相手に、連勝して、差をつめたい!!!


1回表
 【上本】 レフトヒット
 【北條】 サードフライ
 【高山】 ライトヒット
 【福留】 フォアボール
 【原口】 レフトタイムリーヒット DB0-1T

原口選手 1回表 レフト先制タイムリーヒット
初回のチャンスだったので、なんとかしてランナーをかえそうと思って打席に入りました。外のボール気味のフォークでしたが、上手く壁を作ることができたので、いいところに打球を飛ばすことができたんだと思います。

 【中谷】 右中間2点タイムリーツーベース DB0-3T

中谷選手 1回表 右中間2点タイムリーツーベースヒット
打ったのはスライダー。打った瞬間は、タッチアップして最低でも点は入るなと思ったのですが、予想以上に打球が伸びてくれました。

 【今成】 レフト犠牲フライ DB0-4T

今成選手 1回表 レフト犠牲フライ
打ったのはストレート。チャンスだったのでどんどん積極的にいこうと思っていました。ヒットが続いていた中だったので『最低限の仕事』という感じでしたが、ランナーをかえすことができてよかったです。

 【坂本】 右中間タイムリーツーベース DB0-5T

坂本選手 1回表 右中間タイムリーツーベースヒット
打ったのはストレート。最近は積極的にいけずに結果が出ていなかったので、追い込まれる前に打ちにいこうと思っていました。ピッチャーのために1点でも多く取りたいですし、ランナーをかえすバッティングができてよかったです。

 【能見】 ピッチャーヒット
 【上本】 フォアボール
 【北條】 空振り三振
1回裏
 【桑原】 センターヒット
 【倉本】 セカンド併殺打
 【宮崎】 ショートゴロ
2回表
 【高山】 センターヒット
 【福留】 フォアボール
 【原口】 センターヒット
 【中谷】 レフトタイムリーヒット DB0-6T

中谷選手 2回表 レフトタイムリーヒット
打ったのはストレート。チャンスだったので初球からどんどんいこうと思っていました。甘いところに来たボールをしっかり打ち返せました。

 【今成】 ショートゴロ DB0-7T
 【坂本】 見逃し三振
 【能見】 ショートゴロ
2回裏
 【筒香】 ショートフライ
 【ロペス】 サードゴロ
 【梶谷】 空振り三振
3回表
 【上本】 センターフライ
 【北條】 セカンドヒット
 【高山】 ライトヒット
 【福留】 レフトオーバータイムリーツーベース DB0-8T
 【原口】 センター犠牲フライ DB0-9T

原口選手 3回表 センター犠牲フライ
打ったのはスライダー。センター中心に打ち返そうと思っていました。点差はありましたが、雑にならないように、点を取れるときには取ろうという気持ちでした。

 【中谷】 空振り三振
3回裏
 (守備交代)江越 ライト
 【飛雄馬】 キャッチャーゴロ
 【戸柱】 センターフライ
 【井納】 ライトヒット
 【桑原】 センターフライ
4回表
 【今成】 ファーストゴロ
 【坂本】 セカンドゴロ
 【能見】 見逃し三振
4回裏
 【倉本】 ピッチャーゴロ
 【宮崎】 センターヒット
 【筒香】 ライトヒット
 【ロペス】 サード併殺打
5回表
 【上本】 サードゴロ
 【北條】 ライトヒット
 【高山】 ファーストライナー
 【江越】 空振り三振
5回裏
 【梶谷】 ファーストゴロ
 【飛雄馬】 ライトヒット
 【戸柱】 右中間2ランホームラン DB2-9T
 【代打・エリアン】 空振り三振
 【桑原】 センターフライ
6回表
 (投手交代)井納 → 砂田
 【原口】 サードゴロ
 【中谷】 セカンドゴロ
 【今成】 センターヒット
 【坂本】 センターフライ
6回裏
 【倉本】 サードヒット
 【宮崎】 サードゴロ
 【筒香】 ライト線タイムリーヒット DB3-9T
 【ロペス】 ファーストファウルフライ
 【梶谷】 セカンドゴロ
7回表
 【能見】 見逃し三振
 【上本】 見逃し三振
 【北條】 サードゴロ(エラー)
 【高山】 空振り三振
7回裏
 (守備交代)大和 セカンド
 【飛雄馬】 セカンドゴロ
 【戸柱】 空振り三振
 【代打・白崎】 空振り三振
8回表
 (投手交代)砂田 → ブロードウェイ
 【江越】 ファーストファウルフライ
 【原口】 ファーストファウルフライ
 【中谷】 空振り三振
8回裏
 (守備交代)荒木 ファースト
 【桑原】 センターツーベース
 【倉本】 ピッチャーゴロ
 【宮崎】 センターフライ
 【筒香】 フォアボール
 【ロペス】 空振り三振




9回表
 (投手交代)ブロードウェイ → 加賀
 (守備交代)関根 レフト
 【今成】 空振り三振
 【坂本】 空振り三振
 【代打・鳥谷】 ショートゴロ
9回裏
 (投手交代)能見 → 松田
 【梶谷】 空振り三振
 【飛雄馬】 サードゴロ
 【戸柱】 空振り三振




--------------------------------
■2016/8/23 試合結果

対DeNA 17回戦 横浜

神|522 000 000|9
デ|000 021 000|3

勝:能見8勝10敗0S
敗:井納6勝9敗0S
HR:戸柱ツーラン2号
神:能見-松田
ディ:井納-砂田-ブロードウェイ-加賀

8/24の予告先発
神:藤浪 晋太郎
ディ:久保 康友




速攻鮮やか!DeNAに快勝
初回のビッグイニングで一気に主導権を握った阪神が、先発全員の14安打でDeNAを圧倒した。

雨天中止2度の影響もあって中9日と登板間隔が空いた横浜DeNA先発・井納に阪神が速攻をかける。初回 いずれも初球を打った上本・高山のヒットと福留・四球で一死満塁として、5番 原口が外角低め変化球を上手く拾って左前へ運ぶ先制の適時安打。中谷は右中間フェンス直撃の2点適時二塁打、今成も左犠飛で続き、8番 坂本がプロ初打点となる中越え適時二塁打を放ち、一挙5点を奪った。

先制打の原口文仁捕手は、「初回のチャンスだったので、何とかして走者を返そうと思って打席に入った。外のボール気味のフォークだったが、上手く壁を作ることができたので、イイところに打球を飛ばすことが出来たんだと思う」と話す。

 その他、談話は以下の通り。

「打ったのはスライダー。打った瞬間は、タッチアップして最低でも点は入るなと思ったけど、予想以上に打球が伸びてくれた」。(中谷将大外野手)

  「チャンスだったのでどんどん積極的に行こう!と思っていた。ヒットが続いていた中だったので『最低限の仕事』という感じだったが、走者を返す事が出来てよかった」。(今成亮太内野手)

「打ったのはストレート。最近は積極的に行けずに結果が出ていなかったので、追い込まれる前に打ちに行こうと思っていた。投手の為に1点でも多く取りたいし、走者を返す打撃が出来て良かった」。(坂本誠志郎捕手)

2回表には高山・原口のヒットなどで無死満塁として中谷の左前適時安打と今成・遊ゴロの間に阪神が2点を追加。中谷将大外野手は、「打ったのはストレート。初球からどんどん行こうと思っていた。甘いところに来たボールをしっかり打ち返す事が出来た」と話す。

3回にも4番 福留の左越え適時二塁打と原口の中犠飛で2点を取って、阪神が9対0と一方的にリードする。

尚、3番を打つ高山 俊外野手は初回から3打席連続安打で11度目の『猛打賞』。球団新人記録(1998年  坪井智哉選手)に並んだ。「試合前から、先制するぞ!と(ベンチから)声が出ていた。(猛打賞の記録は)良い事だと思う。また出たらイイ」と話している。

DeNA 井納は5回(112球)まで投げて、13安打5三振3四球9失点。「(序盤に)大量失点してしまい、チームに申し訳ない」とコメントを残している。

阪神先発・能見は立ち上がり 先頭・桑原にヒットを許すが、石川を二ゴロ併殺に取ってリズムに乗る。点差が開き、DeNAも細かい作戦が立てられない。真っ直ぐにキレがあって、変化球の抜けも良く、確実にアウトを重ねていく。4回裏は宮崎・筒香の連打で一死1・2塁とされるが、5番ロペスを三ゴロ併殺に打ち取った。

しかし、5回裏 8番 戸柱にセンター右への2号2点本塁打を浴びて、遂に失点する。能見は続く6回にも一死2塁から4番 筒香に右前適時安打を許して3点目を献上。それでも、8回裏無死2塁もベテランらしく落ち着いて抑え、要所を締める投球だった。

阪神は9回裏を松田で締め括って、9対3と快勝。CS争いで当面の敵となる3位 DeNAに2・5差と迫った。能見篤史投手は8回(105球)まで投げて、9安打5三振1四球3失点で今季8勝目をマーク。「(大量点の援護は)助かりました。井納は良くなかったけどね。横浜は色々な事があるね!」と、振り返っていた。

2安打3打点の中谷将大外野手がプロ初のヒーローインタビューに答える。「チームの勝利に貢献出来たと言うのが一番良かった。(ヒーローインタビューに)いつかは立ってみたいと言う思いがあった。(だけど)甲子園でやりたい。(3位DeNAを射程圏に入れたが)ホント そこしか狙ってないので、一試合一試合勝てるよう、しっかり準備してやって行きたい」。

金本知憲監督も上機嫌だ。「(初回の攻撃について)上本がバン!と行って、北條は(バント失敗後、凡退して)中途半端な若さを出して、高山も初球だった。立ち上がりの攻めが理想的で(井納を)追い込めたよね。(原口の適時打は)アレが今日の勝因。追い込まれて、粘って粘って、食らいついてレフト前。チームとして見習って欲しい。チャンスになると集中力を出す」。

3位とは2・5差に接近したが、「そこはまだまだ。自分たちはこうだ!と言うのを確立している途中だから」と話して、戦うスタイルをしっかり固める事が全てに最優先させる方針を明らかにしていた。











最終更新日  2016.08.24 02:22:21
コメント(0) | コメントを書く

全144件 (144件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 15 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.