9816429 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

奥大山で出会った130マンハッタン@ Re:2か月ぶりにエンジンかけて、島根に向かいます(07/20) フェンダーにタイヤが、当たるのは足回り…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) いまさらさんへ 告知ありがとうございま…
いまさら@ Re:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) 今年は行けるかな〜〜〜? とりあえず、ブ…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:GK71B CLUB 開設17周年(04/29) いまさらさんへ 本当に、いつも助けても…
いまさら@ Re:GK71B CLUB 開設17周年(04/29) おめでとうございます🎉🎊㊗️ 次の山は20周…

バックナンバー

購入履歴

星乃充電器と延長ケーブルのお得なセット!【在庫有り・即納】6V/12V切替式バイク充電器+延長ケーブル■SAE端子■【スーパーナット 星乃充電器 オプティメート4デュアル 対応】【新品】【あす楽対応】
【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 送料無料本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 ホワイト ブラウン 木製 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 コミック ディスプレイラック ウォールナット 白 ラック シェルフ 耐震本棚 鉄心 鉄芯
【メール便無料】★当日発送★1.4規格はもう古い!最新規格2.0対応! HDMIケーブル 0.5m 50cm 4K 3D対応テレビ対応 19+1配線で安心のリンク対応HDMIケーブル 価格に自信有!【HDMI ケーブル 0.5m】当日発送 新規格!2.0規格対応HDMIケーブル 【送料無料】 0.5m 50cm Ver.2.0 ★1年相性保証★ 3D対応 ハイスペック ハイスピード iphone 19+1 業務用 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク フルハイビジョン 金メッキ仕様 各種リンク対応
HDMIを映像はコンポ-ネントに音声はRCA(アナログ)同軸デジタル(SPDIF,コアキシャル)に変換するアダプター。プレステ等をアナログテレビに出力!TSdrena HDMI → コンポーネント(ビデオ+ アナログ音声・同軸デジタル音声) 変換コンバーター[相性保証付き] HAM-CHICA2
HDMI入力を最大4つに分配するスプリッター。プレステ等のゲーム機の映像をPCとTVに繋いでゲームの実況用に 店頭でのサイネージにも最適!TSdrena HDMI 4分配器 [相性保証付き] HAM-HIA14-K

全121件 (121件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 13 >

阪神2012

2012.09.23
XML
カテゴリ:阪神2012
メッセンジャーが8勝目

大和、鳥谷、良太の連打で同点
マートン、森田の連続タイムリーで逆転!!

鶴、加藤、福原、筒井が3回をパーフェクトに抑えました!!!


1回表 
 【大島】 空振り三振
 【荒木】 セカンドゴロ
 【和田】 サードゴロ
1回裏 
 【上本】 ピッチャーライナー
 【大和】 ファーストファウルフライ
 【鳥谷】 フォアボール
 【新井良】 ショートフライ
2回表 
 【ブランコ】 見逃し三振
 【井端】 ピッチャーゴロ
 【森野】 空振り三振
2回裏 
 【金本】 フォアボール
 【マートン】 サードフライ
 【森田】 センターフライ
 【藤井彰】 ショートゴロ
3回表 
 【平田】 ライトヒット
 【谷繁】 サード併殺打
 【西川】 ライトフライ
3回裏 
 【メッセンジャー】 見逃し三振
 【上本】 空振り三振
 【大和】 センターフライ
4回表 
 【大島】 ピッチャーヒット
 【荒木】 センターヒット
 【和田】 ライトフライ
 【ブランコ】 サードゴロ T0-1D
 【井端】 ライトタイムリーヒット T0-2D
 【森野】 ショートフライ
4回裏 
 (守備交代)堂上剛 レフト
 【鳥谷】 ライトソロホームラン
 【新井良】 レフトフライ
 【金本】 ライトフライ
 【マートン】 レフトフライ
5回表 
 【平田】 空振り三振
 【谷繁】 ライトヒット
 【西川】 ピッチャー犠打
 【大島】 フォアボール
 【荒木】 ショートゴロ
5回裏 
 【森田】 ショートゴロ
 【藤井彰】 セカンドフライ
 【メッセンジャー】 ファーストファウルフライ
6回表 
 【堂上剛】 レフトヒット
 【ブランコ】 セカンドヒット
 【井端】 空振り三振
 ランナー堂上剛が三盗アウト
 【森野】 見逃し三振
 (守備交代)谷 ショート
 (投手交代)西川 → 平井
6回裏 
 【上本】 センターフライ
 【大和】 センターヒット
 【鳥谷】 ライトヒット
 【新井良】 ライトタイムリーヒット T2-2D
 (投手交代)平井 → 小林正
 【金本】 ファーストゴロ
 (代走)俊介
 (投手交代)小林正 → 田島
 【マートン】 センタータイムリーヒット T3-2D
 【森田】 センタータイムリーヒット T4-2D
 【藤井彰】 フォアボール
 【代打・桧山】 空振り三振
7回表 
 (投手交代)メッセンジャー → 鶴
 【平田】 サードフライ
 【谷繁】 サードゴロ(エラー)
 (代走)松井雅
 (投手交代)鶴 → 加藤
 【代打・野本】 空振り三振
 【大島】 セカンドゴロ
7回裏 
 (投手交代)田島 → 矢地
 【上本】 センターヒット
 パスボール
 【大和】 ピッチャー犠打
 【鳥谷】 レフト犠牲フライ T5-2D
 【新井良】 フォアボール
 【俊介】 セカンドゴロ
8回表 
 (投手交代)加藤 → 福原
 【荒木】 見逃し三振
 【堂上剛】 ファーストゴロ
 【ブランコ】 ピッチャーゴロ
8回裏 
 (守備交代)堂上直 ショート
 【マートン】 サードゴロ
 【森田】 ライト線ツーベース
 (代走)田上
 【藤井彰】 ファーストファウルフライ
 【代打・関本】 セカンドフライ
9回表 
 (投手交代)福原 → 筒井
 【代打・松井佑】 センターフライ
 【森野】 ライトフライ
 【平田】 ショートフライ



▼阪 神-中 日 23回戦 (中日15勝7敗1分、甲子園、14:00、46385人)
中 日 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
阪 神 0 0 0 1 0 3 1 0 x 5

【投手】
(中)西川、平井、小林正、田島、矢地-谷繁、松井雅
(神)メッセンジャー、鶴、加藤、福原、筒井-藤井彰
【責任投手】
(勝)メッセンジャー28試合8勝11敗
(S)筒井57試合2勝1敗2S
(敗)平井2試合1敗
【本塁打】
(中)
(神)鳥谷7号ソロ(4回、西川)
【戦評】
 阪神が逆転勝ち。四回に鳥谷の7号ソロで1点差に迫り、六回には新井良の適時打で同点。さらにマートン、森田の連続適時打で2点を勝ち越した。七回は鳥谷の犠飛で加点。中日は2位が確定。新人西川は初先発で5回1失点と好投。






最終更新日  2012.10.30 05:59:57
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.19
カテゴリ:阪神2012
虎・筒井プロ初S!ポスト球児候補に急浮上
 (セ・リーグ、阪神1-0DeNA、23回戦、10勝10敗3分、19日、甲子園)堂々たる投げっぷりだった。1-0の九回。阪神・筒井が、3人斬りでプロ初セーブ。ポスト球児に名乗りをあげた。

 「気持ち的な部分で、1球目で(相手に)よくないな、と思われたくなかった。初球から勝負した」

 先頭・鶴岡への初球。力を込めた146キロ速球で空振りを奪い、勢いに乗った。わずか3球で空振り三振に仕留めると、代打・金城は捕飛、一輝は三直でゲームセット。1点を守り切り、勝利へと導いた。

 「球児さんはいなかったですが、出ていくときに『いつも通りでいいよ』といわれたような気がした」

 右内転筋の張りで2軍調整中の守護神・藤川は、プライベートでも親交が深い。練習で助言をもらうことも多い兄貴分的存在。その代役としてマウンドに上がった。

 「まだ(球児さんの)100分の1もないけど準備や考え方を見せてもらっている。気持ちでも『まずは打者に負けないこと』といわれているので」。不慣れなポジションでも本来の力を存分に発揮した。

 メジャー移籍が確実な藤川に代わる人材発掘は大きな課題。和田監督は今後の他投手の起用について「絶対にないとはいえないし、展開、打順、点差であったり、そういう風になってくると思う」と否定はしなかったが、一方で「(当面の試合は)球児がいないだけに形を作っていかないといけない。その候補になってくる」と、筒井を代役の筆頭に挙げた。榎田や実績のある福原もいるが、現状では筒井が最有力に浮上した形だ。

 「(球児さんは)『俺のことはエエよ』というてると思う。余計なことを考えず自分の投球をしろといわれているので、きょうはできたと思う」

 ぽっかりとあく大きな穴を埋めることができるのか。残り試合で筒井の力が試される。(恵濃 大輔)

★「ポスト球児」に福原、将来性で榎田も

 ポスト球児は数多くある阪神の懸案事項の1つ。筒井以外では実績がある福原があがる。1999年に入団してしばらくは中継ぎとして起用され、プロ14年目で通算14セーブをマークしているが、来季36歳。将来性を考えると榎田も候補になる。また球団内ではエース・能見の抜てきも検討されている。


虎・スタン7回ゼロ封!チームの勝利に貢献


阪神・スタンリッジが先発の役割をしっかりと果たした。勝ち星には恵まれなかったが、7回5安打8奪三振の力投でゼロ封。チームの勝利につなげた。最近登板した4試合で援護点は0、0、2、0と少ないが「チームが勝つことが1番のメーン。個人的には勝ちたいけど、チームに勝つチャンスを与えられてよかった。(援護が少ないのは)大丈夫。チームが勝ったから」と納得の表情でロッカーに引き揚げた。

途中出場の阪神・関本、千金押し出し
八回の守備から途中出場した阪神・関本が裏の攻撃でチャンス到来。二死満塁から押し出しの四球を選び、これが決勝点になった。「前回の交流戦(5月27日の西武戦、甲子園)のときのお立ち台がサヨナラ死球で、また四死球ということで本当にうれしく思います」とスタンドを笑わせた。引退を表明している金本に触れ「笑顔で送れるよう、温かい声援をお願いします」と頭を下げた。

先発起用に応えた!虎・森田、今季初安打

スタメン野手平均年齢26・6歳。大幅に若返った打線で5年目の大砲候補、阪神・森田がキラリ。七回に今季初安打を放った。

 「ホッとしました。スタメンだったので何とか結果を出そうと思っていました。(直球が)くるのは頭にあったので、高めをたたけました」

 今季初めて「6番・一塁」で先発。七回先頭の第3打席。高崎の外角球を左前へ流し打った。得点にこそつながらなかったが、期待に応えた。

 守備は一塁が主。そこには新井がおり、来季は新外国人が入る可能性がある。森田からすると打力でアピールできない限り居場所がない。代打専門という稼業は23歳には早すぎるし、そんな簡単なものじゃない。だからこの一打が大事だった。

 和田監督は「若い選手の中で森田も初ヒットを打ちましたし」と目を細めた。久々の収穫だ。

虎・金本、代打で存在感!和田監督も惜しん打

 (セ・リーグ、阪神1-0DeNA、23回戦、10勝10敗3分、19日、甲子園)今季限りで引退する阪神・金本知憲外野手(44)が七回、代打で中前打。代走を“拒否”するパフォーマンスで虎党を沸かせた。アニキの一打で奮い立った猛虎打線は八回、関本賢太郎内野手(34)の押し出し四球で勝ち越し、1-0でDeNAに勝利。借金20転落をまたもや阻止した。

限られた打席を重ねるごとに引退が惜しまれる。この日一番の歓声に包まれて打席に送り出された金本が、快音を響かせた。引退発表後、甲子園初ヒットだ。

 照れ隠しか、無言でベンチを去った鉄人に対し、和田監督は「頼もしいというか、もったいない気持ちがある」と話した。

 七回二死一塁。代打で登場した鉄人が、存在感を際立たせた。3球で追い込まれたが、1球ボールを見極めると、そこから3球続けてファウル。先発高崎に食らいつき、8球目を仕留めた。135キロのチェンジアップをライナーで中前へ。一、二塁と好機を作ると、アニキ流のパフォーマンスを魅せた。

 ベンチが代走の平野を送り出したとき、背番号6は「必要ない」とばかりに手を振った。元気いっぱいをアピールするように小さくジャンプ。すると、平野は金本の前をスルーして、二走の小宮山と交代した。

 指揮官は「八、九回のことを考えるとむやみに代走は出せない状況だったので。そこが決勝点になるなら代走もあったけど、後ろのランナーだけにそのままいってもらいました」と金本の脚力を折り込んでいたことを明かした。

 シングルヒットで通算塁打数を4473とした。歴代5位の衣笠祥雄(広島)に、1差に迫った。カープの大先輩でもある元祖・鉄人に追いつき、追い越すのは時間の問題だ。

 引退を表明した12日以降、5試合で6打数2安打3打点1本塁打の好成績を残す。引退勧告を受け、ベンチスタートが主になった2日以降では、10打数5安打1本塁打4打点と、さらに数字は上昇する。

 和田監督は「金本の1打席1球に学ぶべきものが集約されている。あと何打席立つかわからないですが、1球たりとも逃さずにしっかりとみてほしい。ひと言で表すのは難しいですが、すべてにおいて、すごい選手。最後の1打席1球まで、われわれも見守りたい」と敬意の言葉を並べた。選手も首脳陣もファンも同じ。残り少ない金本の打席から目を離せない。






最終更新日  2012.10.31 05:13:09
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2012
鳥谷のツーベースに、良太、桧山、関本のフォアボールで1点
抑え陣が一つずつフォアボールでDeNA自滅です



1回表 
 【荒波】 ショートゴロ
 【内村】 ショートゴロ
 【筒香】 セカンドゴロ
1回裏 
 【上本】 空振り三振
 【大和】 ファーストファウルフライ
 【鳥谷】 見逃し三振
2回表 
 【ラミレス】 空振り三振
 【中村】 ショートゴロ
 【小池】 セカンドフライ
2回裏 
 【新井良】 ショートゴロ
 【マートン】 センターヒット
 【森田】 ファーストゴロ
 【田上】 空振り三振
3回表 
 【梶谷】 レフトヒット
 【高城】 スリーバント失敗
 【高崎】 キャッチャー犠打
 【荒波】 サードゴロ
3回裏 
 【小宮山】 ショートゴロ
 【スタンリッジ】 空振り三振
 【上本】 セカンドゴロ
4回表 
 【内村】 空振り三振
 【筒香】 空振り三振
 【ラミレス】 ライトヒット
 【中村】 レフトヒット
 【小池】 空振り三振
4回裏 
 【大和】 センターフライ
 【鳥谷】 フォアボール
 【新井良】 センターヒット
 【マートン】 ショートゴロ
 【森田】 フォアボール
 【田上】 ピッチャーゴロ
5回表 
 【梶谷】 空振り三振
 【高城】 見逃し三振
 【高崎】 センターヒット
 【荒波】 ライトヒット
 【内村】 セカンドゴロ
5回裏 
 【小宮山】 ピッチャーゴロ
 【スタンリッジ】 空振り三振
 【上本】 空振り三振
6回表 
 【筒香】 空振り三振
 【ラミレス】 ショートゴロ
 【中村】 フォアボール
 【小池】 ライトフライ
6回裏 
 【大和】 サードゴロ
 【鳥谷】 フォアボール
 【新井良】 空振り三振
 ランナー鳥谷が二盗
 【マートン】 空振り三振
7回表 
 【梶谷】 フォアボール
 【高城】 ピッチャー犠打
 【高崎】 ピッチャーゴロ
 【荒波】 敬遠
 【代打・下園】 フォアボール
 (代走)一輝
 【筒香】 ショートゴロ
7回裏 
 【森田】 レフトヒット
 (代走)俊介
 【田上】 キャッチャーゴロ
 ランナー俊介が二盗アウト
 【小宮山】 センターヒット
 ランナー田上が二盗アウト
 【代打・金本】 センターヒット
 (代走)平野
 【上本】 ライトフライ
8回表 
 (守備交代)関本 サード
 (守備交代)藤井彰 キャッチャー
 (投手交代)スタンリッジ → 福原
 【ラミレス】 サードゴロ(エラー)
 【中村】 空振り三振
 【小池】 ファーストゴロ
 【梶谷】 フォアボール
 【代打・森本】 空振り三振
8回裏 
 (投手交代)高崎 → 加賀
 (守備交代)鶴岡 キャッチャー
 【大和】 空振り三振
 【鳥谷】 レフト線ツーベース
 【新井良】 フォアボール
 【マートン】 空振り三振
 (投手交代)加賀 → 篠原
 【代打・桧山】 フォアボール
 (投手交代)篠原 → 山口
 【関本】 フォアボール T1-0DB
 【藤井彰】 ライトフライ
9回表 
 (投手交代)福原 → 筒井
 (守備交代)浅井 ライト
 【鶴岡】 空振り三振
 【代打・金城】 キャッチャーフライ
 【一輝】 サードライナー


▼阪 神-DeNA 23回戦 (10勝10敗3分、甲子園、18:00、28225人)
DeNA 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
阪  神 0 0 0 0 0 0 0 1 x 1

【投手】
(D)高崎、加賀、篠原、山口-高城、鶴岡
(神)スタンリッジ、福原、筒井-小宮山、藤井彰
【責任投手】
(勝)福原59試合2勝4敗1S
(S)筒井56試合2勝1敗1S
(敗)加賀55試合2敗
【本塁打】
(D)
(神)
【戦評】
 スタンリッジと高崎が好投し、打線は互いに1点が奪えなかったが、阪神は八回に二死満塁で関本が押し出し四球を選んで均衡を破った。九回を3人で抑えた筒井がプロ初セーブ。DeNAは救援陣が踏ん張れず、今季初の7連敗。






最終更新日  2012.10.31 05:04:45
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.15
カテゴリ:阪神2012
能見8回無失点!新井1か月ぶり一発で虎快勝

 (セ・リーグ、巨人0-2阪神、23回戦、巨人14勝5敗4分、15日、東京ドーム)鳥谷と新井が一発を放ち、先発の能見は8回無失点と好投し9勝目(9敗)を挙げた。阪神は今季東京ドーム初勝利(1勝8敗2分)。昨年10月11日からの連敗を10で止めた。引退を発表した金本は、九回に代打で準備も、打席は回らなかった。

 四回、鳥谷が巨人先発のホールトンから、通算100号となるソロで先制。八回には新井貴が8月17日のヤクルト戦以来の9号ソロを左翼席に叩き込んだ。

 能見は3試合連続8回無失点の好投。九回は藤川が締め、24セーブ目を挙げた。

阪神・鳥谷、通算100号ソロで先制

 阪神の鳥谷が四回に通算100号となるソロで先制点をもたらした。ホールトンの浮いた変化球を捉えて右翼席へ。「イニングの先頭打者だったので、とにかく出塁することを意識していた。結果として本塁打になってくれて良かった」と節目の一発を喜んだ。

 チームは今季、14日までの10試合で東京ドームでは1本も本塁打を放っていなかった。遅まきながら、3番打者が意地を見せた。(


阪神・金本、また目前で打席回らず

 (セ・リーグ、巨人0-2阪神、23回戦、巨人14勝5敗4分、15日、東京ドーム)今季限りで現役引退する阪神の金本は、2試合続けて次打者席に控えているところで味方の九回の攻撃が終わり、出番に恵まれなかった。

 ベンチから姿を現すと、スタンドからは大歓声が起き、衰えない人気を感じさせた。16日は今季最後の巨人戦。和田監督は「あしたは何とか打席に立つチャンスをつくって、お客さんにお見せしたい」と話した。(共同)

新井貴(九回に8月17日以来の9号ソロ)
「久しぶりの感触だった。金本さんも喜んでくれたんで良かった」







最終更新日  2012.10.31 05:35:44
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2012
能見8回を0点
巨人キラー復活です!

鳥谷、新井さんのソロ二発を守りきりました!

1回表 
 【上本】 センターフライ
 【大和】 セカンドフライ
 【鳥谷】 ファーストゴロ
1回裏 
 【長野】 見逃し三振
 【藤村】 ピッチャーゴロ
 【坂本】 ライトファウルフライ
2回表 
 【新井良】 ショートゴロ
 【マートン】 空振り三振
 【新井貴】 ファーストファウルフライ
2回裏 
 【阿部】 レフトフライ
 【村田】 セカンドフライ
 【谷】 センターヒット
 ランナー谷が二盗アウト
 【小笠原】 途中終了
3回表 
 【平野】 ライトヒット
 【藤井彰】 ライトヒット
 【能見】 ファースト犠打
 【上本】 ショートゴロ
 【大和】 サードゴロ
3回裏 
 【小笠原】 セカンドフライ
 【松本哲】 センターヒット
 【ホールトン】 サード犠打
 【長野】 ショートゴロ
4回表 
 【鳥谷】 ライトソロホームラン G0-1T
 【新井良】 レフトヒット
 【マートン】 セカンドヒット
 【新井貴】 空振り三振
 【平野】 ショートフライ
4回裏 
 【藤村】 ショートフライ
 【坂本】 フォアボール
 【阿部】 レフトヒット
 【村田】 キャッチャーファウルフライ
 【谷】 空振り三振
5回表 
 【藤井彰】 センターフライ
 【能見】 ファーストゴロ
 【上本】 空振り三振
5回裏 
 【小笠原】 空振り三振
 【松本哲】 センターフライ
 【ホールトン】 ライトヒット
 【長野】 ライトヒット
 【藤村】 見逃し三振
6回表 
 【大和】 レフトヒット
 【鳥谷】 フォアボール
 【新井良】 空振り三振
 【マートン】 ショート併殺打
6回裏 
 【坂本】 センターヒット
 【阿部】 ファーストゴロ
 【村田】 センターフライ
 【谷】 センターフライ
7回表 
 【新井貴】 ショートゴロ
 【平野】 セカンドゴロ
 【藤井彰】 レフトヒット
 【能見】 空振り三振
7回裏 
 【小笠原】 レフトフライ
 【松本哲】 セカンドゴロ
 【代打・矢野】 レフトフライ
8回表 
 (投手交代)ホールトン → 福田
 【上本】 空振り三振
 【大和】 ライトヒット
 【鳥谷】 セカンドゴロ
 【新井良】 ショートゴロ
8回裏 
 【長野】 空振り三振
 【藤村】 セカンドゴロ
 【坂本】 ライトヒット
 【阿部】 セカンドゴロ
9回表 
 (投手交代)福田 → 田原
 【マートン】 セカンドゴロ
 【新井貴】 左中間ソロホームラン G0-2T
 【平野】 見逃し三振
 【藤井彰】 サードゴロ
9回裏 
 (守備交代)俊介 レフト
 (投手交代)能見 → 藤川
 (守備交代)関本 サード
 【村田】 センターフライ
 【代打・高橋由】 セカンドゴロ
 【小笠原】 セカンドファウルフライ


▼巨 人-阪 神 23回戦 (巨人14勝5敗4分、東京ドーム、18:00、44471人)
阪 神 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2
巨 人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【投手】
(神)能見、藤川-藤井彰
(巨)ホールトン、福田、田原-阿部
【責任投手】
(勝)能見24試合9勝9敗
(S)藤川48試合2勝2敗24S
(敗)ホールトン22試合11勝7敗
【本塁打】
(神)鳥谷6号ソロ(4回、ホールトン)、新井貴9号ソロ(9回、田原)
(巨)
【戦評】
 阪神が東京ドームでの今季初勝利を挙げた。能見は7安打を許したが8回無失点と好投し9勝目。九回は藤川が締めた。打線は四回に鳥谷のソロで先制。九回に新井貴のソロで加点した。巨人の引き分けを挟んでの連勝は6で止まった。






最終更新日  2012.10.31 05:30:39
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.13
カテゴリ:阪神2012
引退表明の虎・金本“顔”で押し出し四球

 (セ・リーグ、阪神4-1ヤクルト、19回戦、阪神10勝8敗1分、13日、甲子園)今季限りで現役引退する阪神の金本が1点リードの八回に代打で登場し、押し出し四球を得た。次打者席に立つと、この日一番の歓声を誘ったが「あれは(打席の)新井(貴)への声援やろ」と冗談めかした。

 1死満塁から左腕の正田にファウルで粘った末、貴重な追加点をもたらした。和田監督は「左が来ても何とか対応してくれると思った。顔で四球を選んだね」とあらためて存在の大きさを口にした。(共同)

スタンリッジ(7勝目)
「2試合連続で0-1で負けていたので悔しかった。きょうは点を取ってくれたし、勝てたのは大きい」

大和(一回に好走塁で生還)
「タイミングよくスタートが切れた。(捕手が)こっちに目線も送ってなかった」


虎・スタン「ウイニングボールは金本さんに」
 (セ・リーグ、阪神4-1ヤクルト、19回戦、阪神10勝8敗1分、13日、甲子園)阪神先発のスタンリッジが粘りの投球で7勝目を挙げた。7回で9安打を浴びたが、3併殺でピンチを切り抜けながら1失点にまとめ、「ゴロで打たせて取ることができたのはいい兆し。二遊間もいいプレーをしてくれた」と笑顔をみせた。

 金本が引退表明後のチーム初勝利とあって、お立ち台で「ウイニングボールは金本さんにあげたい」と宣言。「44歳まで現役を続けるのはすばらしい。自分にはできない」と強調した。(


虎・鳥谷&大和、トリックプレーで鮮やか先制

トリックプレーが鮮やかに決まった。鳥谷&大和の好走塁&好判断が、先制点をもたらした。

 「送球してきて、大和が走ったのが見えたので。安打だけじゃなくていろんな点のとり方がある」

 鳥谷が胸を張ったのは一回のプレーだ。一死で一塁・鳥谷、三塁・大和。新井良の空振り三振で鳥谷が二塁へスタートを切り、そして大和も本塁へ。捕手の二塁送球と大和の走塁を見て、鳥谷が二塁手前でストップし、一、二塁間で挟まれる間に大和がホームを踏んだ。

 この日はタイムリーなしで4得点。その象徴だった。大和も「タイミングよくスタート切れた。キャンプでやったことでよかった」と笑顔。こんな点のとり方も、勝利には欠かせない。






最終更新日  2012.10.31 05:52:58
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2012
スタンリッジが7回を1失点
福原、筒井、球児でしめました!

平野の内野安打で勝ち越し

8回には金本押し出しで追加点
浅井の犠牲フライで試合を決めました!

1回表 
 【雄平】 センターヒット
 【田中】 ライトヒット
 【バレンティン】 ショート併殺打
 【ミレッジ】 フォアボール
 【川端】 セカンドゴロ
1回裏 
 【上本】 空振り三振
 【大和】 レフトヒット
 【鳥谷】 ライトヒット
 ランナー鳥谷が二盗アウト
 【新井良】 空振り三振
2回表 
 【宮本】 ファーストファウルフライ T1-0S
 【森岡】 ファーストゴロ
 【中村】 セカンドヒット
 【赤川】 セカンドゴロ
2回裏 
 【マートン】 レフトヒット
 【新井貴】 ライトフライ
 【平野】 空振り三振
 【小宮山】 見逃し三振
3回表 
 【雄平】 左中間ツーベース
 【田中】 キャッチャー犠打
 【バレンティン】 センタータイムリーヒット T1-1S
 【ミレッジ】 セカンド併殺打
3回裏 
 【スタンリッジ】 空振り三振
 【上本】 ファーストファウルフライ
 【大和】 センターフライ
4回表 
 【川端】 ショートゴロ
 【宮本】 サードヒット
 【森岡】 レフトヒット
 【中村】 セカンド併殺打
4回裏 
 【鳥谷】 ファーストゴロ
 【新井良】 センターヒット
 【マートン】 空振り三振
 【新井貴】 ショートヒット
 ワイルドピッチ
 【平野】 フォアボール
 【小宮山】 セカンドフライ
5回表 
 【赤川】 ショートゴロ
 【雄平】 センターヒット
 ランナー雄平が二盗アウト
 【田中】 ピッチャーゴロ
5回裏 
 【スタンリッジ】 センターヒット
 【上本】 レフトフライ
 【大和】 セカンドフライ
 【鳥谷】 サードライナー
6回表 
 【バレンティン】 空振り三振
 【ミレッジ】 ショートゴロ
 【川端】 ライトヒット
 【宮本】 サードゴロ
6回裏 
 【新井良】 フォアボール
 【マートン】 ショートヒット
 【新井貴】 ショートゴロ
 【平野】 セカンドゴロ
 【小宮山】 ライトフライ T2-1S
7回表 
 【森岡】 ショートゴロ
 【中村】 ライトフライ
 【代打・福地】 ショートゴロ
7回裏 
 (投手交代)赤川 → 押本
 【代打・関本】 空振り三振
 【上本】 ピッチャーゴロ
 【大和】 ショートゴロ
8回表 
 (投手交代)スタンリッジ → 加藤
 【雄平】 ショートヒット
 (投手交代)加藤 → 福原
 【田中】 ピッチャー犠打
 【バレンティン】 見逃し三振
 ワイルドピッチ
 【ミレッジ】 フォアボール
 (投手交代)福原 → 筒井
 【川端】 レフトフライ
8回裏 
 (投手交代)押本 → 日高
 【鳥谷】 ライトヒット
 (投手交代)日高 → 松井光
 【新井良】 レフトヒット
 【マートン】 レフトヒット
 (代走)俊介
 【新井貴】 ファーストファウルフライ
 (投手交代)松井光 → 正田
 【代打・金本】 フォアボール T3-1S
 (代走)田上
 【代打・浅井】 センター犠牲フライ T4-1S
 (守備交代)藤井彰 キャッチャー
 (投手交代)筒井 → 藤川
9回表 
 【宮本】 フォアボール
 (代走)三輪
 ランナー三輪が二盗
 【森岡】 空振り三振
 【中村】 セカンドフライ
 【代打・武内】 セカンドゴロ
 
▼阪 神-ヤクルト 19回戦 (阪神10勝8敗1分、甲子園、18:00、25521人)

ヤクルト 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
阪  神 1 0 0 0 0 1 0 2 x 4

【投手】
(ヤ)赤川、押本、日高、松井光、正田-中村
(神)スタンリッジ、加藤、福原、筒井、藤川-小宮山、藤井彰
【責任投手】
(勝)スタンリッジ23試合7勝11敗
(S)藤川47試合2勝2敗23S
(敗)赤川24試合6勝8敗
【本塁打】
(ヤ)
(神)
【戦評】
 阪神が競り勝った。打線は1-1の六回に内野ゴロで勝ち越し。八回には代打・金本の押し出し四球などで貴重な2点を加えた。小刻みな継投も決まり、7回1失点のスタンリッジは7勝目。ヤクルトは3併殺打の拙攻が響いた。






最終更新日  2012.10.31 05:50:02
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.12
カテゴリ:阪神2012
仙さん、金本はNo.1の選手「悔しい、残念」

 カネ、ご苦労さん-。楽天・星野仙一監督(65)が12日、今季限りでの引退を表明した阪神・金本知憲外野手(44)にサンケイスポーツを通じて、熱いメッセージをおくった。阪神監督時代の2002年オフ、FAで主砲を獲得した闘将は当時の思い出に耽りながら、「いろんな選手とやってきたが、No.1だった」と教え子の決断を惜しみつつ、疑問も投げかけた。

(12日の)朝の9時だった。電話があってね。内容はすぐにわかった。「ご苦労さん」と言ったら、「また関西に来た時に食事をしてください」と言われたよ。

 あれから10年。2002年のちょうど今ごろ。広島の金本がほしいな、と。球団社長をやられていた野崎さん(野崎勝義氏)にも、すすめられた。体が強いとか。ここ一番でよく打つとかも理由だったが、例えば無死二塁で、カネは自分を殺して、セカンドゴロで進塁打を打つ。犠牲の精神と技術。カッコよかった。当時も今も、阪神に最も求められる姿勢だね。

 交渉解禁後はストーカー。毎日、連絡した。マスコミの目を盗んで、岡山のホテルまで呼び出した。カネは「脅かされた」と言っていたが、あれは「懇願」だよ。

 ある時、夜中の12時頃に電話があった。次の日に広島に返事をしないといけなくてね。そこで「スミマセン」だもの。アカンと思ったら、「あと3時間待ってください」。待った。その通りに連絡してきて、「お世話になります」。午前3時に進路が決まった選手はカネくらいでしょ。

骨折しても試合に出た男が、肩を壊して、満足な成績を残せずに、つらかったやろうね。でも本当に苦しかったのは、結論を出すまでの、この10日間だったと思う。いろいろと言いたいことがあるだろうが、会見では言わんかった。そんな状況がまた悲しいね。

 なぜ、こういう形でユニホームを脱がないといけないのか? もっといい方法があったのではないか? アイツの遺産はどこにあるのか? そんなことを考えるとね。いろんな選手と一緒にやってきたけど、No.1だった。それだけに、残念だし、悔しいね。

 今度、島ちゃん(故島野育夫氏=元阪神コーチ)の墓参りをした時に、きちんと報告しとくよ。島ちゃん、「俺の最後の教え子」と言うとったもんな。向こうの世界で野球をしながら、気に掛けていたと思うからね。

 照れくさいけど、長い間、本当にご苦労さん。これからが長い。第二の人生、がんばれよ。

★日本S劇弾忘れない

 闘将は思い出に残る金本のプレーについて「たくさんあってなあ」と苦笑い。強いて挙げるなら2003年のダイエー(当時)との日本シリーズ第4戦。5-5の延長十回、金本が右翼へ放ったサヨナラ本塁打。「打球が低くて見えんかった。何が何だかわからなかったことだけは覚えている」。連敗発進から2連勝。翌日も勝って王手を掛けたものの、敵地で連敗。星野監督にとって最も日本一に近づいたシリーズだっただけに、未だに脳裏に焼き付いている。



努力で「鉄人」へ 球界から賛辞とねぎらい
 プロ野球阪神の金本知憲外野手(44)が12日、兵庫県西宮市のホテルで記者会見し、プロ21年目の今季限りでの現役引退を表明した。

 44歳で現役生活を終えることになった阪神の金本外野手に、球界からは練習と努力で「鉄人」に成長したことをたたえる声が寄せられた。

 阪神を率いた2003年、ともにリーグ優勝を果たした楽天の星野監督は「この10年で阪神の最大の功労者だろう。すごい選手。あいつがナンバーワン」と賛辞を惜しまなかった。04~08年の阪神の監督だったオリックスの岡田監督は「チームを変えた」と評した上で引退について「本人の決断。チーム事情もあったと思う」と話した。

 広島在籍時の同僚は引退を惜しんだ。野村監督は「あれだけの成績を残し、なおかつ試合に出続けた。衰えを感じたことはない」と話した。同世代の緒方野手総合コーチは「心強いチームメートだった。まだまだ頑張ってやれると思っていた」と残念がり、巨人の江藤打撃コーチは「とにかく弱音を吐かず、けがに強かった。野球界のためにまた頑張ってほしい」とねぎらった。

 2215試合連続出場のプロ野球記録を持つ元広島の衣笠氏は「日本のプロ野球に十分に貢献してくれた。連続イニング出場の記録は不断の努力のたまもの」とフル出場を続けたことをたたえ、元巨人監督の長嶋氏は「走攻守とも高いレベルのプレーを長く披露してくれたことを、野球人の一人として深く感謝したい」とコメントした。

衣笠氏、金本引退惜しむ「チームの雰囲気変えた」
 プロ野球阪神の金本知憲外野手(44)が12日、兵庫県西宮市のホテルで記者会見し、プロ21年目の今季限りでの現役引退を表明した。

 広島の先輩で、連続試合出場記録保持者の衣笠氏は金本の現役引退を惜しんだ。

 入団当時は体が細く「とても500本近く本塁打を打つような選手になるとは思えなかった」という。しかし、絶え間ない努力で主軸としての地位を確立し、阪神移籍後はチームの2度のリーグ優勝に貢献。「毎日試合に出る姿を周りに見せてチームの雰囲気を変え、阪神は強いチームに生まれ変わりました」と評価した。

金本引退に仙さん「あいつがナンバーワン」

 プロ野球阪神の金本知憲外野手(44)が12日、兵庫県西宮市のホテルで記者会見し、プロ21年目の今季限りでの現役引退を表明した。

楽天・星野監督(優勝した03年の阪神監督)の話
「この10年で阪神の最大の功労者だろう。すごい選手。現役選手のかがみで、本当に頭が下がるくらいだった。こんな選手は出てこないだろう。いろいろな選手と一緒にやったけど、あいつがナンバーワンだな」

野村克也元楽天監督の話
「わたしと同じで、もともと大きな期待を受けずにプロ入りし、誰にも負けない努力でここまでやってきた。努力家タイプの典型である好打者の引退は残念だ。努力と挫折を繰り返した者だからこそ、経験を生かした指導者になれるはずだ」

山本浩二・元広島監督の話
「入団当初は技術的にまだまだだったが、一番大事な気持ちと闘争心がすごかった。大学を出て現役21年か。474本塁打は努力以外のなにものでもない」

達川光男元広島監督の話
「けがに始まってけがに終わった野球人生。1492試合連続フルイニング出場は走攻守の三拍子がそろって初めて挑める偉大な記録だ。走れなければ代走を出されるし、守れなければ守備要員と代えられる。打てなければ言わずもがな。入団当時は体も細くて、江藤や緒方、前田智ら当時の若手と比べても物足りず、とても1軍には上がれないだろうと思っていた。それが球史に名を残す選手になるまでには、壮絶な努力があった。本当にご苦労さんでした」

オリックス・岡田彰布監督(2004~08年の阪神監督)の話
「本人の決断。いつか(引退は)来る。チームを変えた。それぐらいの影響力があった。チーム事情もあったと思う。若手への切り替えもある」

ソフトバンク・秋山監督の話
「連続試合(出場)もあれだけやって、いい選手というのは体が強い。(長くできたのも)高いモチベーションがあったから。44歳までできたのは、たいしたものだ。うらやましい」

DeNA・中畑監督の話
「中村GM(の就任)とか、新しいチームをつくっていく中で潮時と思ったのではないか。今年はスイングがよみがえっていて(指名打者のある)パ・リーグならまだできるのではないか」

広島・野村監督の話
「あれだけの成績を残し、なおかつ試合に出続けた。この年齢でもあれだけバットを振れるのだから、衰えを感じたことはない。お疲れさまと言いたい。寂しくなる」

中日・高木監督の話
「鉄人と呼ばれるにふさわしい、けがに強い選手だった。あれだけやった選手だから、ああいう(試合の)出方は納得できないのもあったんじゃないか」

巨人・原監督の話
「前人未到のことを達成した人。さんぜんと野球界に輝き続ける選手の1人だと思う。残り試合で金本選手らしい野球をやってもらいたい」


王会長、金本は「鉄人。一時代を築いた」

プロ野球阪神の金本知憲外野手(44)が12日、兵庫県西宮市のホテルで記者会見し、プロ21年目の今季限りでの現役引退を表明した。

ソフトバンク・王貞治球団会長の話
「本当に鉄人。フルスイングの金本として、一時代を築いたと言っていいでしょう。彼のプレーは全力で、ファンは応援したくなるタイプ。素晴らしい野球人生。これからは球界のため後輩のため、ともに頑張っていきましょう」

長嶋茂雄・元巨人監督の話
「走攻守とも高いレベルのプレーを長くファンに披露してくれたことを、野球人の一人として深く感謝したいと思います。たゆまぬ努力の大切さをさまざまな形で後進に伝えていただき、野球界の発展のために尽くしてほしいと切に願います」

加藤良三コミッショナーの話
「けがにも強く、本当によく頑張られた。数々の偉大な記録はもちろん、記憶に残る名選手として球史に名を刻まれたことは間違いありません」

元広島・衣笠祥雄氏(連続試合出場歴代1位)の話
「引退は残念ですが、日本のプロ野球に十分に貢献してくれたと思います。とにかくよく練習する選手だった。連続イニング出場、連続試合出場の記録は彼の不断の努力のたまもの。将来はといわず、来年からでもコーチになって若い選手たちを育ててほしい」

巨人・江藤打撃コーチ(広島時代の同僚)の話
「とにかく弱音を吐かず、けがに強かった。(引退に)びっくりした。満身創痍で痛いところはあると思う。ゆっくりして、野球界のためにまた頑張ってほしい」

広島・町田打撃コーチ(広島に同期入団し阪神でも同僚)の話
「人間的にも好きだし、プレーする心意気がすごい。阪神にも先に行かれて、縁みたいなものを感じる。一緒に入ったから余計に寂しい」

広島・緒方野手総合コーチの話
「自分の中では本当にいいライバルだった。心強いチームメートだった。まだまだ頑張ってやれると思っていた」

広島・大野投手チーフコーチの話
「どちらかというとけがの多い選手で、けがしないように体をつくってきた。オフの間もトレーニングを継続してきた。自分の弱さに気付いてそういうことをした。若い時に気付いたからここまでできたと思う」

楽天・田淵ヘッドコーチ(優勝した03年の阪神コーチ)の話
「若手の見本、動く教科書だった。こちらが一つ言ったら、十を分かってくれた。金本が阪神に入ってから、みんながウエートトレーニングをやるようになった」

広島入団当初から指導するトレーニングクラブ「アスリート」の平岡洋二代表の話
「個人的にも「超」が付くほどの特別な存在。寂しいが、本人の決断だから仕方ない。次は指導者としてグラウンドに戻って第二の金本を育ててほしい」

広島・松田オーナーの話
「今季限りでユニホームを脱がれると聞き、残念に思います。数々の記録を達成されていますが、休まず試合に出るという苦しさに打ち勝つことは気力、体力とも、鍛錬と精神のたまものだと思います。本当に長い間、ご苦労さまでした」






最終更新日  2012.09.13 06:44:34
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2012
ショックです

精神的にも阪神を引っ張ってきたアニキ。。。とうとう引退発表

自分で決心しないといけなかったのでしょう。辛かったでしょう
来年も見られるかなと思いつつ、もう潮時だろうとも思っていました

阪神に来てくれて
何度もファンに、チームに夢を見させてくれました

星野さんがいうように、阪神にとって、一番の功労者です

将来、コーチ、監督として、矢野、下柳との同級生トリオでのチーム
そして、赤星での優勝が見たい

城島は、どうなるのか
球児がいなくなって。。。ブラゼル、マートン、スタンリッジ、メッセンジャーは残留するのか?
きっと、シーズンオフには、FA、トレードと、またチームをだめにする改革が行われるのでしょう
久保田、コバヒロ、西村。。。きっとほかのチームから引き抜くのでは。。。

時代が変わりましたね。。。。


何はともあれ、アニキ、お疲れ様!ありがとう!!!

そして、最後くらい、空気読め比屋根!

虎・金本引退、南社長から進退勧告受け決断

 金本、進退勧告受け、引退-。阪神・金本知憲外野手(44)が12日、西宮市内で会見し、今季限りで現役引退することを表明。「こんな成績でも一生懸命励ましてくれて…」を嗚咽を漏らした。南信男球団社長(57)から「進退も含めて考えてみたらどうか」といわれ、10日間、熟考の末に決断。虎に名を刻んだ鉄人が21年のプロ野球人生に幕を閉じる。

無数のフラッシュの中、21年間を凝縮した涙がこぼれ落ちた。慣れ親しんだ背番号「6」に身を包み、プロ野球生活への別れを告げた。10日間、一人悩み抜いての電撃発表。金本が今季限りでの引退を決めた。

 「タイガースの歴史の中で一番強くて、お客さんが入って一番人気があるときにプレーさせてもらって、タイガースに来てからは幸せな野球人生だったと思います」

 広島から2003年にFAで加入して、2度のリーグ優勝に貢献した。05年には打率・327、40発125打点でリーグMVPも獲得。1492試合連続フルイニング出場という世界記録を樹立する中、弱虎を常勝軍団に変えた。だが、栄光の日々は暗転した。

 「この3年間はみじめで自分がみっともなくて、かわいそうというか。自分で言うのもおかしいんですけど、こんなに苦しい人生はあるんかなという3年間でした」

 10年に右肩を故障。懸命のリハビリを続け、プレーはできるようになったが、本来の姿にはほど遠かった。バックホームどころか、カットマンまで投げるのが精いっぱい。こだわりを持つ本塁打は今季4本。8月25日の広島戦(マツダ)では左翼守備でランニングホームランを許す屈辱も味わった。

 そんな中、“進退勧告”を受けた。9月2日の試合前。南球団社長から「進退も含めて考えてみたらどうかと」と話があった。慰留をされたわけでも、来季のコーチ要請があったわけでもない。来季に向け、若返りを図るチームにあって、進退は自分に委ねられた。功労者の心は揺れ動いた。

2日以降の試合は代打専門に。この間、4打数3安打1打点。「やりたい、やめたい、やっぱりやりたい。その繰り返し。打てなかったら辞めようとなるし、打ったらやりたいと。女との別れ話みたい」。苦悩の連続だったが、球団は今週末に中村GMを含め、拡大編成会議を行う。「いつまでも未練たらしくやるのもなと」。抱える右肩痛と世代交代を見つめ、この日、南球団社長に引退を申し入れた。

 「子供にいったら大泣きしてました。母親には一番最初に伝えました。(母は)体のケアをこれからしろと…」。言葉が出ない。涙をこらえきれなかった。

 「落ちぶれてからはバッシングとか多かったんですけど…」と嗚咽をもらし、「それでも、こんな成績でも一生懸命、励ましてくれたファンというか、弱っているときに支えてくれた人というのは恩義に思います」。

 金本の栄光盛衰と同じように阪神も今季5位に低迷。この日の甲子園も2万7754人と最低観客を更新。九回一死一塁で代打で登場すると、大歓声を受け、右中間へ強い当たりをみせたが、スーパーキャッチされた。この日の敗戦でシーズンの負け越しが決まった。

 「何とか1本打ちたい」。今後も1軍に帯同する金本は田淵幸一氏(現楽天ヘッドコーチ)を抜き、歴代単独10位となる475本塁打をファンへの手向けにするつもりだ。功績を考えれば華々しい最後がふさわしい。だが、現実はシーズンの終わりを待つ中での引退表明。肌寒い秋風が身にしみる。虎を強くした鉄人がバットを置く。

【金本トーク】この3年間みじめで、みっともなくて…
 プロ21年目となる今季限りでの現役引退を決意した阪神・金本知憲外野手(44)が12日、西宮市内で会見。「幸せな野球人生でした」と笑顔で語ったり、声を詰まるなど、グラウンドを去る思いの丈を語った。

(ユニホーム姿で登場)

 金本「きょうは突然お集まりいただきましてありがとうございます。私、金本知憲は今季限りをもって、ユニホームを脱ぐ、引退する決意をしまして、きょう発表させていただきます」

 (テレビの代表インタビューで)

 --率直ないまの気持ちは

 「ホッとした一面もありますし、悔いもありますし、寂しい気持ちもあります。いろんな気持ちが混ざっているというか。まあでも、ホッとしたというのが、かなり占めてますね」

 --悔いとはどんな部分で

 「悔いは悔いでも、いろんな悔いがあると思うんですけど、やっぱり若いときにもっとバットを振っておけばよかったなとか。もっともっと自分を鍛えてランニングしたりだとか、もっともっと練習しておけば、もっともっといい数字が残ったんじゃないかなという悔いがあります。あとはやっぱり、肩をけがして、何とかもう一回全盛期の成績をを目指してやっていきましたけど、それが数字的に、どうしてもできなくて、そういう悔いもあります。あとは、多少は来年もチャレンジしたいなという悔いもあります」

 --21年の現役生活をを振り返って

 「この3年間はみじめで、自分がみっともなくて、かわいそうというか。自分で言うのもおかしいんですけど」

 --印象に残っていることは

 「カープで優勝できなかったのが、すごい残念だった。タイガースに来てからはずっと幸せな野球人生だったと思います」

 --最も誇りに思うものは

 「連続無併殺記録(1002打席)ですね。全力で一塁に走ってゲッツーにならなかった。自分ではフルイニングより誇りに思います」

 --家族にはどんな形で伝えたのか

 「子供にいったら大泣きしてました。いつか辞めるんだよとはいっていたんですけどね。母親には一番最初に伝えました」

 --お母様はなんと

 「体のケアをこれからしろと。(声を詰まらせて言葉を飲み込んでから)それだけです」

 --残りシーズンはどういった気持ちで

 「肩のけがしてからホント迷惑をかけてばっかりだったんで、なんとか…。(涙があふれる)あんまり、うまく言えないです」

 --金本選手にとって野球とは

 「長嶋さんじゃないですけど、人生そのものですね。野球を10歳のときから初めて、7割、8割がしんどいことで、2割、3割の喜びというか充実感しかなかったですけど、その少しの2割、3割をずっと追いかけて、7割、8割苦しんで。そんな野球人生だったですかね」

(記者の囲み取材で)

 --これまで辞めたいと思ったことは

 「何度もあります」

 --代打でヒットが出ている。指名打者や代打でなら、やれるという気持ちはあったか

 「正直ね。ここのところヒット出てたからね。そういう気持ちもあったけど、代打が嫌とか、代打をやる気がないとか、代打でもいいやというのじゃない。そこがポイントじゃなかった」

 --守りがポイント

 「投げられなかったですからね。バックホームとか。3年前くらいは投げられるようになったんですけど、けがする前と同じかといわれたら、そうじゃないので」

 --50歳までという気持ちは

 「まったくない。どこかの学長さんがいっているだけ」

 --悩んだ

 「やりたい、やめたい、やっぱりやりたい。その繰り返しだった。打てなかったら辞めようとなるし、打ったらやりたいと。軽い気持ちで。女との別れ話みたい」

 --選手にはいつ伝えたのか

 「きのうの夜。マスコミとかに漏れる可能性をなるべく避けて。田中秀太が引退するときに、僕は就活の本をプレゼントしたんですけど、新井良太からもらいたいと思います」

 --今後の進む道についての考えは

 「まったく考えてないですね」

 --会見で涙もあった

 「泣くつもりはなかったんだけどな。あれは泣いたんじゃない。(涙が)出たんだよ」

 --打順が下がっていくのは決断に影響したか

 「今年、打順が下がったときは打っているときですけど。まさかね、2010年に新井に4番を奪われ、今年、良太にも奪われたのは人生最大の屈辱。新井兄弟に後押ししてもらいました」

 --阪神で印象に残っているシーンは

 「2003年の時の優勝を待機しているときですかね。あれは、ヤクルトか横浜のゲーム待ちだったと思うんですけど、ワクワクして待ってましたね。あとは(2005年の)ウイニングボールを捕ったときですかね」

 --田淵幸一氏(現楽天コーチ)に並んでいるホームラン数については

 「うねり打法を真似して、475本目を打てるようにと思って練習でやってるんですけど。ひざが痛くて。うねって、うねって。これ、ホントの話で」

 --一番印象に残っているピッチャーは

 「一番ですか。クルーンですかね。真っすぐだけを100%待って、2球連続で空振りをしたのはクルーンだけ。真っすぐだけを待って空振りした記憶がないので。2球連続で空振りしたとき、コイツは本当に速いなと思いました」

 --いまの体の状態は

 「試合に出ないようになって、絶好調です。うねりでひざが痛くなりましたけどね。広島時代のコーチ)三村(敏之)さんと、(山本)一義さんと高代(延博)さんにお礼をいいたいですね。野球人生の土台をつくってくれた。あとはタイガースに誘ってくれた(楽天監督の)星野さん。広島で生まれて広島に入った選手に、普通、常識では声をかけないですよね。あの厚かましさとしつこさに負けて、嫌々半分で来ましたけど、いい思いをさせてもらいました。最高年棒も4年間払ってもらって、けがした3年間でチャラかなと」







最終更新日  2012.09.13 06:42:26
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.09
カテゴリ:阪神2012
津田2世!虎・岩本がプロ初勝利「狙ってた」

 (セ・リーグ、中日0-7阪神、20回戦、中日13勝6敗1分、9日、ナゴヤドーム)プロ初登板、初先発の岩本輝投手(19)が中日打線を6回2安打無得点に抑えて、プロ初勝利を挙げた。打線も2桁安打を放つなど小刻みに得点を重ねて2年目右腕を援護。投打が噛み合った阪神が連勝した。

 初回に1点の援護をもらった岩本は一、二回と続けて先頭打者に安打を許したが、後続を断って勢いづくと、三回以降は無安打ピッチングを披露。七回に2番手福原と交代するまで1人の走者も許さない好投で、6回を2安打4三振1四球に抑えてみせた。

 打線は一回二死一、二塁からマートンの中前適時打で1点を先制。さらに三回、二死二塁の好機で新井良の左前打で2点目を挙げると、マートンも続いてなおも一、三塁。ブラゼルの左適時打でリードを3点に広げた。五回には一死三塁から新井良に2打席連続タイムリーが飛び出し4-0に。八回にもブラゼルの12号ソロと大和の2点適時打で3点を加え、試合を決定付けた。

 投手陣は最後まで中日打線に反撃を許さず、計5人の完封リレーで試合を締めくくった。

岩本は家族が見守る中での試合後のインタビューで「(初勝利は)先発を言われた時に狙っていたので良かった。ナゴヤドームで勝ち越して終わろう、というのは自分の中であった」とデビュー戦を振り返った。

上本(4安打に2盗塁)
「打撃のことはいい。盗塁は塁に出たら積極的に狙っていくだけ」

阪神・藪投手コーチ(岩本に)
「よく投げた。ただ、相手もプロ。次はもっと難しくなる」

阪神・中村GM(快勝に)
「岩本は限りない可能性を感じさせた。攻撃も機動力を絡め、理想的な野球だった」








最終更新日  2012.10.31 06:02:51
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全121件 (121件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.