9865569 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

なめろう@ Re:週刊バイクTV 葉月美優さん企画26週目!! #葉月美優 #週刊バイクTV(10/15) 今週から企画コーナーの名称が変わりまし…
奥大山で出会った130マンハッタン@ Re:2か月ぶりにエンジンかけて、島根に向かいます(07/20) フェンダーにタイヤが、当たるのは足回り…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) いまさらさんへ 告知ありがとうございま…
いまさら@ Re:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) 今年は行けるかな〜〜〜? とりあえず、ブ…

バックナンバー

購入履歴

星乃充電器と延長ケーブルのお得なセット!【在庫有り・即納】6V/12V切替式バイク充電器+延長ケーブル■SAE端子■【スーパーナット 星乃充電器 オプティメート4デュアル 対応】【新品】【あす楽対応】
【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 送料無料本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 ホワイト ブラウン 木製 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 コミック ディスプレイラック ウォールナット 白 ラック シェルフ 耐震本棚 鉄心 鉄芯
【メール便無料】★当日発送★1.4規格はもう古い!最新規格2.0対応! HDMIケーブル 0.5m 50cm 4K 3D対応テレビ対応 19+1配線で安心のリンク対応HDMIケーブル 価格に自信有!【HDMI ケーブル 0.5m】当日発送 新規格!2.0規格対応HDMIケーブル 【送料無料】 0.5m 50cm Ver.2.0 ★1年相性保証★ 3D対応 ハイスペック ハイスピード iphone 19+1 業務用 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク フルハイビジョン 金メッキ仕様 各種リンク対応
HDMI入力を最大4つに分配するスプリッター。プレステ等のゲーム機の映像をPCとTVに繋いでゲームの実況用に 店頭でのサイネージにも最適!TSdrena HDMI 4分配器 [相性保証付き] HAM-HIA14-K
HDMIをコンポジットにアナログ変換するアダプター。レコーダーをアナログテレビに接続。iphoneやスマートフォンをカーナビにアナログ変換TSdena HDMI → アナログ(コンポジット) 小型変換コンバーター HAM-CHIC2 [相性保証付き]

全200件 (200件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 20 >

レース

2019.03.03
XML
テーマ:鈴鹿8耐(586)
カテゴリ:レース
宇井陽一さんのところの41Planning のトラックが昨夜盗難にあったそうです。
レース機材すべてが入ってて、レースができなくなるくらいでは済まないと、大変困られています。

許せません!!!!

拡散と、情報の提供をお願いいたします!!!!!!


ナンバーは 福島100 す42ー71

千葉県成田市北羽鳥、国道408号線沿いのガレージに停めてあったそうです。
3月2日の19時から3月3日の朝8時の間に盗難にあったそうです。


twitterのほうの情報には、詳細が書かれていました。
千葉方面、関東の方、拡散、情報提供お願いいたします!!!!

※拡散お願いします!

41Planning のトラックが盗まれてしまいました。
3/2 19時頃〜3/3 8時頃
千葉県成田市北羽鳥、国道408号線沿いのガレージに駐車してあったのですが盗難に遭いました。

見かけたら連絡くださいよろしくお願いします!
中に機材入っているので無くなったらレースできません!





Youichi Ui
1時間
昨夜の深夜に盗難にあいました。
中に全ての機材が入っています。
見つからないと、レースに出ることができないぐらいではすみません。

どうか皆さんの、お力をおかりしたいです。よろしくお願いします。

宇井陽一

Youichi Ui
1時間
千葉県成田市北羽鳥、国道408号線沿いのガレージに停めてありました。
3月2日の19時から3月3日の朝8時の間に盗難にあいました。


Youichi Ui
39分前
ナンバーは 福島100 す42ー71です。






最終更新日  2019.03.03 10:35:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.30
テーマ:鈴鹿8耐(586)
カテゴリ:レース
いやあ、驚きました!!!
こんなことがあるんですね!!!

チームオーナーが、他のチームのエースになって、そのチームのエースが自分のチームのエースに。。。
いやあ、こんなこと、他のスポーツでも、何の世界でもありえないですよ!!!

これは、津田君も燃えるでしょうね~
さあ、どっちが速いんでしょうね。
タイヤにもよるだろうしなあ。。。

両選手もと、昨年のお互いのベストラップは抜かなきゃね
3人の表彰台独占が見たい!!!!


加賀山就臣と津田拓也がシートを入れ替えてJSB参戦
2019/01/30



 チームカガヤマのチームオーナー兼エースライダーとして活躍してきた加賀山就臣が2019シーズンはヨシムラからエントリー。ヨシムラのエースライダーだった津田拓也がチームカガヤマから参戦することが、ヨシムラとチームカガヤマのそれぞれのホームページで発表された。
 これまでにもヨシムラと共に鈴鹿8耐や鈴鹿300kmに参戦した経験がある加賀山は、「45歳になる私を指名していただくのは光栄であり、与えられた仕事をキッチリとやり遂げたいと思います。これまで私は1993年から27年間、歴代のGSX-Rに関わってきました。その多くの開発と実戦経験をヨシムラで活かせればと思っています。過去にヨシムラと共に戦い鈴鹿8耐や300kmで優勝した経験が有り、良い想い出が沢山あります。9年ぶりにヨシムラと共に戦う事になりますが、2007年の鈴鹿8耐で優勝した時を再現出来る様、努力していきます」とコメントを発表。ヨシムラ2年目となる渡辺一樹と2台体制での参戦となる。
 一方のチームカガヤマは『TK SUZUKI BLUE MAX』とチーム名を改め、津田の1台体制で表彰台の頂点獲得を目指すという。チームカガヤマ所属の浦本修充は昨シーズンに続いてスペイン選手権にフル参戦することが同時に発表された。
 加賀山と津田は共にスズキGSX-R1000を駆るが、加賀山はブリヂストンタイヤを、津田はダンロップタイヤで戦うことになる。津田は「ダンロップとは、2012年に鈴鹿8耐、ル・マンと世界耐久選手権を一緒に戦わせて頂きました。その時の経験が今の自分を作ってくれていると思っているので、とても良い思い出があります。環境が変わる今こそ、これまでの自分を上回る最大のチャンスだと思います」とのコメントを掲載している。


全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)参戦について
2017 JSB1000



ヨシムラスズキMOTULレーシングは、2019年の全日本ロードレース選手権 JSB1000クラスに2台体制で参戦致します。
今シーズンは、参戦2年目となり、ヨシムラライダーとしてより活躍が期待される渡辺 一樹 選手と、国内外での実戦経験が豊富で、2007年鈴鹿8耐ではヨシムラを優勝へ導いた加賀山 就臣 選手を起用します。
チーム一丸となり、スズキGSX-R1000のポテンシャルを存分に発揮させ、シリーズチャンピオン獲得に向けて邁進します。
2019年 ヨシムラスズキMOTULレーシングを応援ください。

加藤 陽平 監督



平成から新元号となる節目の2019年、我々「ヨシムラスズキMOTULレーシングチーム」はMFJ全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)に、2007年の鈴鹿8耐をヨシムラスズキにて共に制覇した加賀山就臣選手と、昨年からチームに合流し、着実に成長を見せた渡辺一樹選手を起用し、スズキGSX-R1000Rと共に表彰台の頂点を目指し参戦する事を発表させていただきます。

加賀山選手と渡辺選手。この2名のファイターと共に戦えることを自分も楽しみにしていますし、ファンの皆様にはレース結果以上のワクワクを届けてくれると期待しています。
昨シーズンの苦しんだ結果を受け、チームとして変革が必要だと考え、世界での経験が豊富な加賀山選手の力を借り、チーム自体の立て直しとさらなる前進を目指します。
我々ヨシムラはワークスに負ける事を良しとはしていません。
昨年受け取った課題を我々の力として、2019年を躍進するシーズンにします。
スズキ株式会社及び協賛各社の力を借り、そして何よりファンの皆様と共に戦っていきたいと思います。

---まず1勝---
2019年もヨシムラスズキMOTULレーシングチームへ
ご声援宜しくお願い致します。
#12 加賀山 就臣



名前 加賀山 就臣 (カガヤマ ユキオ)
出身地 神奈川県
誕生日 1974年5月7日
身長 164cm
体重 67kg
2019年、ヨシムラスズキからJSB1000に参戦する事になりました。
45歳になる私を指名していただくのは光栄であり、与えられた仕事をキッチリとやり遂げたいと思います。
これまで私は1993年から27年間、歴代のGSX-Rに関わってきました。
その多くの開発と実戦経験をヨシムラで活かせればと思っています。
過去にヨシムラと共に戦い鈴鹿8耐や300kmで優勝した経験が有り、良い想い出が沢山あります。
9年ぶりにヨシムラと共に戦う事になりますが、2007年の鈴鹿8耐で優勝した時を再現出来る様、努力していきます。
ファンの皆さんには、ワクワク・ドキドキを伝えられると思っています。
どうぞヨシムラスズキの応援を、よろしくお願いします。

主なレース戦績
2018 鈴鹿8時間耐久 11位
全日本選手権JSB1000 年間ランキング 10位
2017 鈴鹿8時間耐久 17位
全日本選手権JSB1000 年間ランキング 10位
2016 鈴鹿8時間耐久 6位
全日本選手権JSB1000 年間ランキング 8位
2015 鈴鹿8時間耐久 3位
全日本選手権JSB1000 年間ランキング 12位
2014 鈴鹿8時間耐久 3位
全日本選手権JSB1000 年間ランキング 5位
2007 鈴鹿8時間耐久 優勝
ワールドスーパーバイク参戦



#26 渡辺 一樹



名前 渡辺 一樹 (ワタナベ カズキ)
出身地 山梨県
誕生日 1990年10月2日
身長 170cm
体重 68kg
2019年もヨシムラのライダーとしてシーズンを迎えられることが誇らしく、また多くの方の協力でこういったチャンスをいただく事が出来た事を感謝したいと思います。
昨年は初めてのマシン初めてのチームという中で、メーカーやチームの考え方の違いが心地よく新鮮な気持ちで1年レースを戦う事が出来ました。
開幕戦のもてぎから表彰台争いに加わり手応えをつかみ、シーズン中もレース毎に進むマシン開発のスピードに驚きを感じながらのシーズンでした。
結果的に上位争いには絡むものの、あと一歩の場面で表彰台を逃すシーズンになってしまいました。
そして今はその非常に悔しかった気持ちが自分にとってのエネルギーになっています。
今シーズン、その悔しさを晴らすために自分の実力を証明したいと思います。
みなさま応援よろしくお願いいたします。

主なレース戦績
2018 鈴鹿8時間耐久 4位
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 7位
2017 スーパースポーツ世界選手権 参戦
2016 鈴鹿8時間耐久 2位
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 6位
2015 鈴鹿8時間耐久 参戦
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 3位
2014 鈴鹿8時間耐久 参戦
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 7位






津田拓也がTK SUZUKI BLUE MAXから参戦!加賀山と入れ代わり#71をつけてエントリー



News 2019/01/30 14:00:53





Team KAGAYAMAが1月30日(水)に2019年体制を発表。チーム代表である加賀山就臣は、ヨシムラから参戦することは、既報の通りだが、設立9年目を迎えるTeam KAGAYAMAからは、津田拓也が全日本ロードレース選手権JSB1000クラスにエントリー。チーム名は「TK SUZUKI BLUE MAX」となる。


「今年からTK SUZUKI BLUE MAXの一員となり、新たなチャレンジの年を迎える事ができ、今からとても楽しみです。 ダンロップさんとは、2012年に鈴鹿8耐、ル・マンと世界耐久選手権を一緒に戦わせて頂きました。その時の経験 が今の自分を作ってくれていると思っているので、とても、いい思い出があります。 環境が変わる今こそ、これまでの自分を上回る最大のチャンスだと思いますので、スポンサー様をはじめ、ファン の皆さん、より一層の応援をよろしくお願いいたします 」と津田はリリースでコメント。


Team KAGAYAMA所属の浦本修充は、昨年に引き続きESBKスペイン選手権に参戦。2年目は、シリーズチャンピオンを狙うと意気込んでいる。


設立9年目を迎え、大きな岐路に立ったTeam KAGAYAMA。2019年は、果たしてどんなシーズンになるのか!?








ヨシムラが加賀山を起用!渡辺一樹との2台体制で2019年シーズンに臨むヨシムラ



News 2019/01/30 01:08:31





ヨシムラスズキMOTULレーシングが1月30日(水)に2019年のチーム体制を発表。2013年からエースとして活躍してきた津田拓也にかわり、加賀山就臣を起用。渡辺一樹との2台体制で全日本ロードレース選手権JSB1000クラスを戦うことを明らかにした。


「スズキ一筋で長年、マシン開発にも関わらせてもらっているので、その経験を生かして行きたいですね。ヤマハ優位が続いているので、切り崩して行けるように全力を尽くします。ファンによろこんでもらえるように、ドキドキ、ワクワクを伝えられるレースがしたいですね」と加賀山。一方、ヨシムラで2年目のシーズンを迎える渡辺は「昨年は、1年目とはいえ、もう少し結果を出したかったですね。その中でもマシン開発は進んでいましたし、シーズン後半は、特にいい状態に仕上がって来ていたので、今シーズンは、安定したパッケージで開幕戦から臨めると思います。とにかく結果を出したいですね」と意気込みを語った。


加賀山は、過去にヨシムラから鈴鹿8耐に出場し、優勝を飾ったこともある。あの栄光を再び実現することができるか!? 新しい年号になる新たなシーズンの注目の的になることは間違いない。






最終更新日  2019.01.31 00:11:47
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.06
カテゴリ:レース
高杉奈緒子さん!年賀状とグッズありがとうございます!!!





今年も応援いたします!!
皆様も、よろしくお願いいたします!!

Naolog | 高杉奈緒子 公式ブログ | Takasugi Naoko official blog |

いつも応援していただき本当にありがとうございます。

2018年シーズンは応援していただいています皆様のお陰で最後まで走りきることが出来ました。
本当にありがとうございました。

2019年体制を報告させていただきます。
「全日本ロードレース選手権」ではJ-GP3クラスに継続して年間フル参戦させていただくことにしました。
チームは「41Planning」です。
地方選手権にも、タイミングを見ながら出場していきたいと思っています。
2018年、地方選手権は全て表彰台に上がりました。
全日本ロードレース選手権では、予選成績は上々で上位グリッドに並べることが出来ました。
しかし決勝は不運なアクシデントに巻き込まれたり、マシントラブルなどで結果を残すことが出来ませんでした。
勝てるチャンスも幾度かありましたが、実際に目標を達成することが出来ませんでした。
応援してくださった皆様には、応えられなかったことが一番本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
あと一歩のところを、きっかけが掴めたら突き進められると思っています。
2019年、私は必ず目標を達成させたいと思っています。

全ては『勝つために』

 
応援してくださっている方々様に応えたい。
皆様、今年もどうか高杉奈緒子の大きな挑戦を応援していただけませんか。
少しでも応援していただけたら嬉しいです。
温かく見守っていただけたらなと思っています。
2019年も一生懸命がんばりますので、ぜひとも皆様方のご支援ご協力のほど、
よろしくお願い申し上げます。

2018・12 高杉奈緒子










最終更新日  2019.01.07 00:08:29
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.23
カテゴリ:レース
10月23日はシモンチェリの命日です。

もう7年ですね

まだ、24歳、これからでした。。。ついてないとしかいいようがない事故でした。。。


今年も、事故もなく、シモンチェリの分まで、すばらしいレースを見せてくれることを祈ります。




【MotoGPマレーシアGP】シモンチェリが事故死

23日、マレーシアのセパンで開催されたロードレース世界選手権マレーシアGP、MotoGPクラス決勝レースで、マルコ・シモンチェリ(ホンダ)が事故死した。24歳。


2列目5番手スタートのシモンチェリは4番手走行中の2ラップ目、11コーナーで転倒、後続車と接触、頭、首、胸を強打した。医療班が事故現場に到着した時はすでに意識不明で、ただちにサーキット医療センターへ搬送された。移動の救急車中から心肺蘇生がほどこされたが、手当のかいなく、約45分後の16時56分に死亡が宣告された。

レースは事故直後に赤旗中断、キャンセルされた。

MotoGP、マルコ・シモンチェリの事故死の状況を説明

2011年10月24日MotoGPのレースディレクションは23日、セパン・インターナショナル・サーキットのプレスカンファレンスルームで、第17戦マレーシアGPの決勝レースで事故死したマルコ・シモンチェリの状況に関して共同会見を行った。

レースディレクションの代表であるポール・バトラーは、「この記者会見の目的は、マルコ・シモンチェリの悲劇的な死亡の状況を検証することです」と説明を始めた。

「皆様がご存知のように、我々レースディレクションのメンバー全員がここに出席します。FIM国際モーターサイクリズム連盟の代表であるクロード・ダニス、ドルナスポーツの代表であるハビエル・アロンソ、ライダーの代表であるフランコ・ウンチーニ、そして私はIRTA国際レーシングチーム連盟の代表兼レースディレクションの代表です。ミケーレ・マッキアゴデーナは我々のメディカルディレクターであり、彼が死亡に関して状況を説明します。」

マッキアゴデーナは、「友人であるマルコ・シモンチェリの死亡に関して報告するために、ここにいることは大変悲しいです。他のライダーたちに激突したレース中の転倒でした。彼は頭部と首、胸部に深刻な外傷を負いました。」

「我々のメディカルスタッフが彼のところに駆けつけたとき、彼は意識不明でした。心停止だったことから、救急車で、CPR(心肺蘇生)を始めました。」

「緊急に、メディカルセンターでクリニカモービルのスタッフと地元医師の助けを借り、挿管を施行し、胸部から少量の血液を吸引することが可能でした。」

「我々は彼を助けるために治療を尽くし、可能だと考えて、CPRを45分間継続しました。不運にも彼を助けることができず、現地時間の16時56分に死亡を宣言しなければいけませんでした」と、状況を説明した。

バトラーは、ヘルメットが外れたことに関する質問に対して、「他の機会に答えることができると思います。事故の状況や結果を徹底的に調査します」と、事故検証を実施することを説明。

コーリン・エドワーズの負傷状態に関して、マッキアゴデーナは「肩を脱臼しました。麻酔を受け、正しい位置に戻りました。彼は大丈夫です」と説明。

「我々は彼の家族に同情します。可能な限り、あらゆる点を示したい」と、バトラーは付け加え、会見を締め括った。


マルコ・シモンチェリ 経歴1996年から2000年にかけて地元イタリアのミニバイク選手権で活躍し、2年連続のチャンピオンに輝く。01年にイタリア選手権125ccクラスのホンダ・トロフィーに参戦。翌02年には、欧州選手権の125ccタイトルを獲得するとともに、ロードレース世界選手権(WGP)にも出場。03年からWGPにフル参戦を開始し、05年には125ccで総合5位と躍進すると、翌年から250ccにステップアップを果たした。08年には250ccのタイトルを獲得し、09年は、最終戦までライバル青山博一選手とタイトル争いを繰り広げ、総合3位となった。2010年に最高峰のMotoGPにステップアップ。参戦2年目の2011年、第17戦マレーシアGP決勝レースにおけるアクシデントで負傷し、サーキットのメディカルセンターで救命処置が行われたが同日逝去。享年24歳。




故マルコ・シモンチェリが21人目のレジェンドライダーに

故マルコ・シモンチェリが21人目のレジェンドライダーに
2011年10月にレースアクシデントにより事故死した故シモンチェリが、アゴスチーニ、ニエト、ドゥーハン、ヘイルウッド、リード、マング、ローソン、レイニー、ロバーツ、スペンサー、シーン、加藤、ストーナーらに続き、21人目のレジェンドライダーとして殿堂入りすることが決まった。
ドルナスポーツは3日、2011年10月23日にセパン・インターナショナル・サーキットで開催された第17戦マレーシアGPの決勝レースで事故死した故マルコ・シモンチェリをレジェンドライダーとして殿堂入りすることを発表した。

2008年10月19日に同地で開催された第17戦マレーシアGPの決勝レースで3番グリッドから3位に入り、250ccクラスのチャンピオンに輝き、2010年から最高峰クラスへの挑戦を開始。事故の1週間前には自己最高位となる2位を獲得していた。

レジェンドライダー就任のセレモニーは、ムジェロ・サーキットで開催される第6戦イタリアGPで実施される。

レジェンドライダーリスト

ジャコモ・アゴスチーニ
アンヘル・ニエト
マイク・ヘイルウッド
ミック・ドゥーハン
フィル・リード
ジム・レッドマン
アントン・マング
カルロ・ウビアリ
ジョン・サーティース
ジェフ・デューク
エディ・ローソン
フレディ・スペンサー
ケビン・シュワンツ
ウェイン・レイニー
ケニー・ロバーツ
バーリー・シーン
ワイン・ガードナー
ヤーノ・サーリネン
加藤大治郎
ケーシー・ストーナー
Tags:
MotoGP, 2014



故・シモンチェリ、ムジェロで21人目のレジェンドライダーセレモニー


故・シモンチェリ、ムジェロで21人目のレジェンドライダーセレモニー
Marco Simoncelli - MotoGP Legend
Marco Simoncelli MotoGP Legend
元250ccクラス王者で、2011年10月の第17戦マレーシアGPで事故死した故シモンチェリがレジェンドライダーに就任した殿堂入りのセレモニーが、第6戦イタリアGP開催中のムジェロで行われ、ドルナスポーツの代表から父親パオロに記念のメダルが贈呈された。
ドルナスポーツは30日、第6戦イタリアGPの開催地、ムジェロ・サーキットのプレスカンファレンスルームで、故マルコ・シモンチェリがレジェンドライダーとして殿堂入りするセレモニーを実施した。

2月3日、2008年に250ccクラスのチャンピオンに輝き、2011年10月23日にセパン・インターナショナル・サーキットで開催された第17戦マレーシアGPの決勝レースで事故死した故シモンチェリの殿堂入りを発表。当社CEO最高経営責任者のカルメロ・エスペレータが父親パオロにレジェンドライダーのメダルを贈呈した。

レジェンドライダーリスト

ジャコモ・アゴスチーニ
アンヘル・ニエト
マイク・ヘイルウッド
ミック・ドゥーハン
フィル・リード
ジム・レッドマン
アントン・マング
カルロ・ウビアリ
ジョン・サーティース
ジェフ・デューク
エディ・ローソン
フレディ・スペンサー
ケビン・シュワンツ
ウェイン・レイニー
ケニー・ロバーツ
バーリー・シーン
ワイン・ガードナー
ヤーノ・サーリネン
加藤大治郎
ケーシー・ストーナー








最終更新日  2018.10.23 23:43:13
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.12
カテゴリ:レース
今回の80's Meeting 2018では、たくさんの景品も提供いただきました新城市のモトクレットサワダさん。

モトクレットサワダ

そちらの長男で、全日本ロードレース参戦されていた澤田令選手、これからの活躍を期待されていた中での筑波での事故。。。

20年目の命日に、当時のバイクのエンジンを再びかけられるそうです。

天国に届け!!!!

きっと、皆さんの思いは、届くはずです。。。。



天国へ届け、エンジン音 長男バイク事故死の新城の男性 
2018/10/11 朝刊

沢田令さんのバイクの調子を確認する父の保美さん=愛知県新城市で

 一九九八年にオートバイレース中の事故で亡くなった愛知県新城市のレーサー、沢田令(れい)さん=当時(21)=の二五〇ccバイクのエンジンが、二十年ぶりに当時の仲間たちの前で動くことになった。新城市のバイク店相談役を務める父親で、事故車を保存してきた保美(やすみ)さん(70)が「供養のために」と決めた。命日の十月十二日、浜松市内のホテル駐車場でエンジン音が響き渡る。








1998年5月17日
澤田 令
全日本ロードレース選手権 筑波サーキットで開催された全日本ロードレース選手権第3戦。オープニングラップで事故が発生。澤田令は病院に運ばれたが、脳挫傷の為、10月12日死亡した。享年21歳
1995年全日本ロードレース選手権GP125スポット参戦 でデビュー。1998年にはSUGOで3位に入るなど頭角を現し、期待されていた矢先での事故だった。






澤田令選手/TEAM SRS-J(ラ・モト高阪)の97年型・ホンダRS250R
HRCのキット車らしいです。
カウル前端にラムエアの吸入口が見えます。




ガソリンタンクの下には、キャブレターをすっぽり覆う「ラムエア・ボックス」が収納されています。






最終更新日  2018.10.12 08:07:34
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.07
カテゴリ:レース
いまだに、サーキットに、ノリックがいないなんて、信じられません。。。


ひょっこり、ピットとかにいるんじゃないかと。。。


もう、あれから11年ですか。。。

H/K AGESの10周年記念LIVEを終わって、朝方メールを見ると。。。

本当に、ショックで、鳥取から京都まで、無事帰れたのが不思議なくらい
ふらふらしていました。。。



自分たちが、心動かされた人々が、応援してきた人々が
まだ、志半ばで、もっとやりたいこと、たくさんあったのに
大切な家族がいて、その人を待っている人がいて、

昨日までは、まったく想像もしていなかった別れ。。悲しみ。。。

本当に辛いです。。。

自分たちは、そのぶん、生きていくしかないのですが


誰からも、愛される人
必要とされる人

そんな人たちが、早く旅立って。。。

私のような人間が、また、もがいているのが。。。やっぱりつらいです。。。





2007年10月7日、18時30分頃に神奈川県川崎市川崎区大島1丁目のUターン禁止の片側二車線道路の市道においてオートバイで走行中、Uターンしようとしたトラックと衝突、直ちに川崎市内の病院へ搬送されたが、事故から2時間後に死去したと報道されている。享年33(32歳没)。

1998/03/07-08 モータースポーツキックオフデーでのノリック


1998/04/03-05 Marlboro Grand Prix of JAPANでのノリック




阿部典史-流星伝説-より









秋ヶ瀬時代やダートトラック時代の動画もありました。。。




Mar 8, 2008 Racingオートバイ (4)




1994年日本GP、あわや一位というところでのクラッシュ。。。








そして1996日本GP、涙の初優勝!!

Nov 1, 2007 鈴鹿8耐DVD発売になりました。 (2)

ヨシムラの優勝とノリックの元気な姿に、また涙しました











8耐最高!!
ノリックも叫んでましたよ



ニュース映像見ると、、、涙が止まらない。。。。





ノリックが交通事故死、トラックと衝突

死去した阿部典史さん(オートバイレーサー)  7日午後6時20分ごろ、神奈川県川崎市の市道で、2輪ロードレースの人気ライダー、阿部典史(のりふみ)さんが乗ったバイクがトラックと衝突、阿部さんは病院に運ばれたが間もなく死亡した。32歳だった。93年に全日本ロードレースにデビューすると、いきなり史上最年少の18歳で総合優勝を達成。世界選手権(WGP)でも通算3勝を挙げるなど「ノリック」の愛称でファンに愛され、日本に2輪ブームを再来させた立役者だった。

 世界を舞台に活躍したライダーが非業の死を遂げた。川崎署によると、阿部さんは同市川崎区大島1丁目の片側2車線の市道の右車線をスクーター型の500CCバイクで北上中、前方の左車線からUターンしようとした4トントラックを避けようとしたが、衝突して対向車線に放り出された。当初は意識があったものの、午後8時52分、搬送された市内の病院で死亡が確認された。阿部さんは胸を強打し、ろっ骨骨折や臓器の損傷などもみられたもようだ。

 現場はUターン禁止だった。トラックを運転していた51歳の男性は、道を間違えて引き返そうとしていたといい、同署が自動車運転過失致死の疑いで事情を聴いている。

 阿部さんはオートレース選手の父光雄さんの影響で、5歳でバイクレースを始めた。93年に全日本ロードレースにデビューすると、いきなり史上最年少の18歳で総合優勝するなど、若くして才能を開花させた。95年から当時、WGPの最高峰クラスだった500CCにフル参戦。翌96年の日本GPで初優勝し、日本人としては14年ぶりの優勝を遂げた。後輪を滑らせながら必死に逃げる姿は、伝説のレースとして多くの2輪ファンに語り継がれている。

 レース中になびかせる長髪がトレードマークで、気さくな性格から「ノリック」の愛称で親しまれた。WGPでは通算3勝、表彰台17回の実績を残し、岡田忠之、伊藤真一らとともに日本に2輪ブームの再来をもたらした。マイケル・ドゥーハンら世界を代表するライダーと対等に渡り合いながら突然、転倒することもあり、「速くて危険なライダー」とも言われた。

 スーパーバイク世界選手権などを転戦後、今季から全日本に復帰。5月のレースでは3位に入り、復活をアピールした矢先の事故だった。

「伝説のライダー」阿部典史さんが事故死 川崎2007年10月08日00時07分

 7日午後6時20分ごろ、川崎市川崎区大島1丁目の市道で、川崎市幸区、レーシングライダー阿部典史(のりふみ)さん(32)のオートバイと、横浜市鶴見区東寺尾1丁目、運送会社員千野智彦さん(51)のトラックが衝突した。阿部さんは午後8時50分過ぎに死亡した。阿部さんは世界GPで過去3度優勝して「伝説のライダー」と呼ばれ、国内のオートバイファンの間で人気があった。


 川崎署の調べでは、現場は片側2車線の直線道路。千野さんがUターンしようとした際に、右後方から近づいた阿部さんのオートバイ(500cc)と衝突した。千野さんは「道を間違えたので戻ろうとした」と話しているという。現場はUターン禁止だった。

  ◇

 〈阿部典史さん〉本人の公式ホームページなどによると、阿部さんは東京都出身で、オートレーサーの父・光雄氏の影響で5歳からバイクに乗り始め、中学卒業後の91年、15歳で渡米して技術を磨いた。帰国後の93年に全日本選手権500ccクラスを制覇した。その後、世界選手権に参戦。96年の世界選手権日本グランプリ(GP)で、オートバイレースの最高峰500ccで日本人としては14年ぶり3人目の優勝を飾るなど、計3度のGP優勝を果たし、「ノリック」の愛称で親しまれていた。ファッションリーダーとしても人気があった。






最終更新日  2018.10.09 06:20:57
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.12
カテゴリ:レース
もう23年なんですね。。。。
21番、一緒にYAMAHAを支えていた吉川監督が4連覇
天国の康友さんは、喜んでることでしょうね。




当時では少ない海外のスーパーバイクで活躍する選手でした。

前の選手のオイルに乗ってしまい、そして、転倒後のバイクの下敷きとなるという、ものすごく不幸が重なってしまいました。。。

永井選手の事故のあと、カウル内にオイルを吸収するパッドが義務付けられました。。。

YAMAHAを代表する、日本を代表する、本当にすばらしいライダーでした。。。

nagai06.jpg
nagai01.jpg96.jpgimg_2 (1).jpgnagai00.jpgnagai02.jpgnagaiyasu1993.jpg
Yasutomo_Nagai_1993_Suzuka_8H.jpg

永井 康友(ながい やすとも、1965年10月29日 - 1995年9月12日)は、埼玉県出身のオートバイ・ロードレースライダー。日本人で初めてボルドール24時間耐久ロードレース優勝。
略歴
1989年、全日本ロードレース国際A級デビュー。以後、ヤマハのワークスライダーとして活躍。
1995年、スーパーバイク世界選手権に日本人として初めてのフル参戦開始。第10戦オランダ(アッセン)第2ヒートで、エンジンブローを起こしたファブリツィオ・ピロバーノのドゥカティ916のオイルが撒き散らされていた。ピロバーノは自らのオイルに乗って転倒。立ち上がると即座にコースマーシャルに対して、オイルフラッグを出せとアピールしたという。
しかし、永井はそのオイルに乗ってしまい転倒。投げ出され滑走する永井の前を滑走するマシンが宙に舞い上がり、その間に、滑走し続ける永井の体がマシンに追いつき、そこへマシンが降り落ちてきた。マシンに押しつぶされた永井は、意識不明のままアッセン市内の病院へ運ばれた。
事故の報を受けて日本から駆けつけた家族と婚約者が見守る中、9月12日(日本時間9月13日)息を引き取った。29歳。
1996年、永井の遺志を継ぐべく、吉川和多留が(1995年ランキング5位で終えた)永井のナンバー「5」でフル参戦した。






最終更新日  2018.09.12 07:36:11
コメント(2) | コメントを書く
2018.09.05
カテゴリ:レース
もう8年。。。

大ちゃんの死から、暗く、光が見えていなかった日本レース界に、再び輝いた光

大ちゃんが果たせなかったWGPチャンピオンまで、きっと届いてくれると、日本中が期待していた星

ほんとうに、ショックでした。。。

いまでも、あの多重クラッシュのシーンは見れません。。。




富沢祥也、レース中に事故死 (Moto2) 【 F1-Gate.com 】
ロードレース世界選手権Moto2クラスに参戦する富沢祥也選手が、第12戦サンマリノGPでの決勝レースで事故に遭い、救急車で病院に搬送されたが死亡した。

富沢祥也は、4位を走行中に転倒、後続のアレックス・デ・アンジェリスとスコット・レディングと接触。リッツィオーネの病院に搬送されたが、14時20分(現地時間)に死亡が確認された。享年19歳。

4909962026_5c5d2bbef5.jpgimgee6b264czik9zj.jpegimg_1 (1).jpgimg_1.jpgTOMIZAWAs.jpg


富沢 祥也 (とみざわ しょうや、1990年12月10日 - 2010年9月5日)は、千葉県旭市出身のオートバイレーサー。2008年の全日本ロードレース選手権250ccクラスシリーズ2位。2009年から2010年までロードレース世界選手権に参戦した。






最終更新日  2018.09.05 08:02:45
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.04
カテゴリ:レース
今日は沼田 憲保さんの命日ですね。もう、11年ですか。。。

Suzuki乗りの私にとって、ガンマでの優勝は、本当に嬉しかった。
ずっと、心の中のヒーローです。

私が沼田さんの訃報を聞いたのは、二日後でした。そのときのブログ記事です。

このさらに二日後、SUZUKI MEETINGで、GK71B CLUBのクラブ紹介のときに、沼田さんの訃報を紹介し、沼田さんがどれだけ偉大なSUZUKI乗りだったかを、紹介させていただき、皆で御冥福を祈りました。



Sep 6, 2007 追悼沼田憲保さん

愛知のひろゆきさんと電話でお話していて教えていただきました
元全日本250チャンピオン、SUZUKI Γでの全日本連覇を勲章に250cc参戦していなかったSUZUKIでのWGP参戦
最近はYAMAHAでのエントリーが多かったですが、鈴鹿8耐や、全日本600での健闘を目にしたばかりでした
この前の日曜日もケーブルの全日本で元気な姿を見て、岡田さん、イトシンだけでなく
バイクブーム時代のチャンピオンが、まだまだがんばってるなと、応援しておりました。

SUZUKI大好きな私のなかでは、Γで世界に出て行く日本人という、レース史の中でも
非常に印象に残る方で、尊敬しておりましたし、ヒーローでした

明日お通夜、スズキミーティングのある9/8に告別式とのことです

ご冥福をお祈りいたします


練習中 二輪プロレーサーが事故死

 4日午前10時50分ごろ、岡山県美作市滝宮の岡山国際サーキットで、練習走行中のプロレーサー沼田憲保(本名高橋憲保)さん(41)=千葉県流山市松ケ丘4丁目=のオートバイ(600CC)がタイヤバリアーに衝突。沼田さんは胸を強く打ち間もなく死亡した。

 美作署の調べでは、沼田さんは午前9時すぎから走行。ヘアピンカーブを曲がりきれず、壁のように積み上げられたタイヤに衝突した。

 サーキットは1周約3・7キロで、事故当時は沼田さんを含め10台ほどが練習中だった。

 沼田さんは29日から同サーキットで開かれる全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦に参戦予定だった

001-04.jpg

20070624130106.jpg
img_0.jpgimg_3.jpgNORIYASU_NUMATA.jpg






沼田 憲保(ぬまた のりやす、1966年4月26日 - 2007年9月4日)は、茨城県日立市出身のモーターサイクル・ロードレースライダー。雨天でのレースに強く、「雨の沼田」の異名をとった。

デビュー~全日本時代

1988年にSP250クラスでデビュー。ノービス時代は、ミラージュ関東に席をおき、1990年のSUGO選手権では3クラスでチャンピオンを獲得した。翌年に特別昇格で国際A級ライセンスを得ると、スズキワークスのRGV‐Γ250開発兼任で全日本ロードレース選手権250ccクラスにフル参戦を開始した。原田哲也・岡田忠之・青木宣篤ら強豪がひしめく中、まだポテンシャルの低かったマシンで苦戦を強いられ、初表彰台(3位)に立ったのは1992年第3戦だった。

原田らがロードレース世界選手権に進出した1993年には第9戦で初優勝するも、マシンの性能差や宇川徹の台頭などがありランキング5位で終わる。1994年にはランキング2位、1995年には翌年ロードレース世界選手権参戦が決定していた宇川を退けクラス・チャンピオンの栄光を掴んだ。1996年には、加藤大治郎や芳賀健輔との争いを制し連覇を成し遂げた。

世界グランプリ時代

スズキは1997年からロードレース世界選手権GP250での参戦を決定し、アリー・モレナー・レーシングのエースライダーとして沼田もフルエントリーされた。サーキットのデータ不足やマシンの性能差は彼を苦しめ、2年で沼田は撤退。

再び全日本へ

1999年、活躍の場を4ストマシンに切り替えた。同年から5年連続で鈴鹿8時間耐久ロードレースにエントリー。2004年から全日本ロードレース選手権ST600クラスにフル参戦し、第3戦では雨の筑波を制して8年ぶりに優勝。

後進の育成にも積極的で、ライディングスクールの講師役なども務めていた。

2007年9月4日、岡山国際サーキットで練習中にタイヤバリアに衝突、胸などを強く打ち胸部破裂で急逝した。41歳没。






最終更新日  2018.09.04 02:17:26
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.08
カテゴリ:レース
2008年5月15日にノースウェスト200に参戦中に亡くなったロバート・ダンロップを父にもち、2000年、エストニア共和国タリンで行われた公道レースで亡くなったジョイ・ダンロップを叔父にもつウィリアム・ダンロップが、Skerries 100の練習走行中の事故で亡くなられたそうです。。。

マン島TTなどの公道レースといえば、ダンロップ家は、本当に強いのですが、やはりリスクが大きい。。。
それが映画にもなったのですが、やはり、バイクで亡くなってはいけない。。。。

残念です。。。

御冥福を、お祈りいたします。


生年月日: 1985年7月23日
生まれ: イギリス 北アイルランド
死亡: 2018年7月7日, アイルランド スケリーズ
両親: ロバート・ダンロップ、 ルイーズ・ダンロップ
兄弟姉妹: マイケル・ダンロップ、 ダニエル・ダンロップ
いとこ: ゲイリー・ダンロップ、 ジョアン・ダンロップ、 ジュリー・ダンロップ、 ドナ・ダンロップ、 リチャード・ダンロップ



★ウィリアム・ダンロップがSkerries 100の練習走行中に逝去 2018年7月8日



アイルランドで開催されているSkerries 100の練習走行中に、サムズトンネル付近で転倒したウィリアム・ダンロップが、転倒による怪我が原因で32歳という若さでこの世を去りました。ウィリアム・ダンロップのご家族、友人に心からお悔やみを申し上げます。

ウィリアム・ダンロップはマイケル・ダンロップの兄でロバート・ダンロップの息子、そしてジョーイ・ダンロップの甥でした。ウィリアム・ダンロップはマン島TTで6度表彰台を獲得、ノースウェスト200、アルスターグランプリで優勝経験がありました。

Loughshinny Motorcycle Supporters Club
Skerries 100のオーガナイザーであるLoughshinny Motorcycle Supporters Clubは、ウィリアム・ダンロップが2018年7月7日に行われた練習走行の中で起きた悲劇的な事故の結果、命を落としたことを深い悲しみと共にご報告します。Loughshinny Motorcycle Supporters Clubはウィリアム・ダンロップのご家族とご友人に深い哀悼の意を表します。


<Loughshinny Motorcycle Supporters Club プレスリリース>



なぜこれほどバイクに乗ることに魅了されるのかを教えてくれる映画「ROAD」

1
2015-02-24
二上善則 @ ロレンス編集部
コラムエンターテイメントカルチャーロードレース


映画「ROAD」。マン島TTレースで最多優勝を記録した伝説のレーサー、ジョイ・ダンロップとその弟のロバート・ダンロップ。そしてロバートの息子であるウィリアムとマイケルの兄弟。そのダンロップ家が2世代に渡り挑み続ける危険な公道レースの悲劇と栄光の物語だ。



イギリスのほぼ中央に浮かぶ美しい島で開催される、マン島TTレースは1907年から続くバイクレースの原点といえるレースである。そのレースは昔も今も一般道を封鎖して行われる公道レースで、安全対策が行き届いたサーキットを周回するロードレースに較べて、極めて危険で常に死と隣り合わせの緊張感がレースを支配しているかのようだ。




その公道レースを舞台にしたドキュメント映画「ROAD」は、1970年代の貴重な映像でジョイ・ダンロップがレジェンド・レーサーに登り詰めていく様子から2000年にレース中の事故でその生涯を終えるまで、また兄に憧れて同じくレーサーとなって活躍するも1994年のレースで再起不能の事故に会い、そこから奇跡の復活を遂げるロバート・ダンロップの姿を、美しいマン島の風景とともにオンボードカメラによる走行シーンをふんだんに使った迫力のある映像で描かれている。そして、クライマックスは父・ロバートの意志を継いでレーサーとなった二人の息子たちが直面する父のレース事故死と歓喜の勝利。危険な公道レースの栄光は悲劇と紙一重で成り立っているということを思い知らされる。

なぜこれほどまでバイクで走ることに魅了されるのか
この映画はすべてのバイク乗りに観てもらいたい映画だ。マン島TTレースのように公道を時速320kmで走ることはできないし、そもそもバイクに乗るということは決して危険な行為ではない。ただ、公道レースという極限のロードレースにすべてを捧げた兄弟と、その栄光を受け継いだ息子たちのドラマティックな人生に、私たちがなぜこれほどまでバイクで走るということに魅了されるのか教えられたような気がしてならない。リターンライダーはもちろんのこと、若いライダーには1970年代のレーシングスーツをはじめファッションにも注目してほしい。

私は残念ながらマン島TTレースを現地で観戦したことはないが、30歳代の頃にこのロードレースの聖地・マン島をバイクで走ってみたいと思い立ちツーリングの計画を練った時期がある。残念ながら諸事情でこの計画は実現しなかったけど、ダンロップが闘ったこの「ROAD」をいつか自分でも走ってみたい。





映画「ROAD」は4月11日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショーされます。

『ロード』
ⓒ2014 DoubleBand Films All Rights Reserved
配給:レイドバック・コーポレーション

●「ロード ディスティニー・オブ・TTライダー」公式サイト
http://road.euro-p.info






最終更新日  2018.07.09 02:10:16
コメント(0) | コメントを書く

全200件 (200件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 20 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.