9307045 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) いまさらさんへ 告知ありがとうございま…
いまさら@ Re:80's Meeting 2019 #80sMeeting(05/30) 今年は行けるかな〜〜〜? とりあえず、ブ…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:GK71B CLUB 開設17周年(04/29) いまさらさんへ 本当に、いつも助けても…
いまさら@ Re:GK71B CLUB 開設17周年(04/29) おめでとうございます🎉🎊㊗️ 次の山は20周…

バックナンバー

購入履歴

星乃充電器と延長ケーブルのお得なセット!【在庫有り・即納】6V/12V切替式バイク充電器+延長ケーブル■SAE端子■【スーパーナット 星乃充電器 オプティメート4デュアル 対応】【新品】【あす楽対応】
【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 送料無料本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 ホワイト ブラウン 木製 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 コミック ディスプレイラック ウォールナット 白 ラック シェルフ 耐震本棚 鉄心 鉄芯
【メール便無料】★当日発送★1.4規格はもう古い!最新規格2.0対応! HDMIケーブル 0.5m 50cm 4K 3D対応テレビ対応 19+1配線で安心のリンク対応HDMIケーブル 価格に自信有!【HDMI ケーブル 0.5m】当日発送 新規格!2.0規格対応HDMIケーブル 【送料無料】 0.5m 50cm Ver.2.0 ★1年相性保証★ 3D対応 ハイスペック ハイスピード iphone 19+1 業務用 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク フルハイビジョン 金メッキ仕様 各種リンク対応
HDMIを映像はコンポ-ネントに音声はRCA(アナログ)同軸デジタル(SPDIF,コアキシャル)に変換するアダプター。プレステ等をアナログテレビに出力!TSdrena HDMI → コンポーネント(ビデオ+ アナログ音声・同軸デジタル音声) 変換コンバーター[相性保証付き] HAM-CHICA2
HDMI入力を最大4つに分配するスプリッター。プレステ等のゲーム機の映像をPCとTVに繋いでゲームの実況用に 店頭でのサイネージにも最適!TSdrena HDMI 4分配器 [相性保証付き] HAM-HIA14-K

全210件 (210件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 21 >

阪神2009

2009.09.16
XML
カテゴリ:阪神2009
すげーーー!!!!!

岩田で、勝ちに行ったけど、打ち込まれて、一時は5-2

そこで、鳥谷が同点スリーラン!!!

さらに、7回!!勝ち越しの二打席連続!!!

浅井も先頭打者ホームランを含む四安打!!一番の大役で大活躍!!!


3点の差から勝ち越した後は、阪神のものすごい継投!!

井筒!江草!アッチソン!球児!
奪三振ショー!!
井筒、江草、アッチソンは2三振ずつ
球児は三者連続三振!!
四投手でパーフェクトリリーフ!!阪神の抑え陣は日本一です!!
打ち合いのシーソーゲームを、きちっとしめました!!!

これで、対虚塵5カード連続の勝ち越し!!!!!!

そして、今シーズン、あと1試合を残して、負け越しなしを決めました!!

明日も勝って、シーズン勝ち越しを決めましょう!!!

この調子で、借金完済、そして、クライマックスでも虚塵に勝ち越しだ!!!!!


1回表
浅井 レフトソロホームラン G0-1T
平野 レフトヒット
鳥谷 ファーストゴロ
金本 センター犠牲フライ G0-2T

5回表
岩田 空振り三振
浅井 セカンドゴロ(エラー)
平野 センターヒット
 (投手交代)木村正 → 藤田
鳥谷 左中間3ランホームラン G5-5T

6回表
(投手交代)藤田 → 野間口
(守備交代)脇谷 セカンド
関本 レフトオーバーヒット
狩野 ファースト犠打
代打・桧山 空振り三振
浅井 右中間タイムリースリーベース G6-6T

6回裏
(投手交代)岩田 → 筒井
脇谷 空振り三振
坂本 見逃し三振
松本 ファーストゴロ

7回表
鳥谷 右中間ソロホームラン G6-7T

7回裏
(守備交代)大和 セカンド
(投手交代)筒井 → 江草
小笠原 見逃し三振
ラミレス 空振り三振
亀井 ショートゴロ

8回裏
(投手交代)江草 → アッチソン
谷 セカンドゴロ
阿部 空振り三振
代打・大道 見逃し三振

9回裏
 (投手交代)アッチソン → 藤川
脇谷 空振り三振
坂本 見逃し三振
松本 空振り三振

巨 人-阪 神 23回戦 (阪神11勝10敗2分、東京ドーム、18:00、41534人)

阪 神 2 0 0 0 3 1 1 0 0       7
巨 人 3 0 2 0 1 0 0 0 0       6

【投手】
(神)岩田、筒井、江草、アッチソン、藤川-狩野
(巨)東野、木村正、藤田、野間口、豊田-阿部

【責任投手】
(勝)筒井36試合1勝2敗
(S)藤川43試合5勝3敗22S
(敗)野間口24試合1敗1S

【本塁打】
(神)浅井3号ソロ(1回、東野)、鳥谷17号3ラン(5回、藤田)、18号ソロ(7回、野間口)
(巨)谷7号ソロ(5回、岩田)

【戦評】
 阪神が打撃戦を制し、巨人戦5カード連続の勝ち越し。2-5の五回に鳥谷が同点3ラン。5-6の六回は浅井の適時三塁打で追い付き、七回に鳥谷の2打席連続の18号ソロで勝ち越した。巨人は投手陣が崩れ、約1カ月ぶりの2連敗。







最終更新日  2009.09.16 21:54:09
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.15
カテゴリ:阪神2009
矢野がG殺ダ~ン!阪神CSもろた1.5差

牙を取り戻した虎は強いで!! 阪神は同点の延長十一回、矢野輝弘捕手(40)がクルーンから勝ち越し2ランを放ち、巨人に粘り勝ち。横浜に逆転負けした4位ヤクルトに1.5ゲーム差をつけた。宿敵との今季対戦成績もこれで五分。この勢いで、一気にクライマックス・シリーズ(CS)進出争いから抜け出す。

 矢野は拳を強く握っていた。いつもは淡々とまわるはずのベース1周。オレンジ色で染まる右翼席最前列に打球が届いた。しのぎあいに決着をつける勝ち越し2ラン。40歳は興奮していた。

 「いやぁもう、うれしいですね。自然とガッツポーズが出てしまいました。キャッチャーとしては(先発の)安藤に勝ちがつくようにリードしたかった。でも、あの粘りがあったから勝てたと思います」

 劇弾の直前、ヤクルトが横浜にサヨナラ負け。まるで見えない力が虎の背中を押しているようだ。勝負を決める一打を放っても「(感情が)わいてこないんだよね」と話したこともある矢野だが、興奮を隠しきれないまま、ヒーローマイクに向かっていた。

 3-3のまま延長十一回二死三塁、マウンドには守護神・クルーン。その初球だった。151キロの速球を打ち返した。2号決勝2ランは、出場8試合28打席ぶりの一発。阪神の選手がクルーンから初めて打った本塁打だった。真弓監督は「クルーンからヒットが出ればいいな…と思っていたら、ホームランだった。見事でした」と最敬礼した。

 矢野がアーチを描けば2006年6月30日・巨人戦(東京D)から、これで20連勝。4年の時を超えてそそり立つ“神話弾”で巨人との今季対戦成績を10勝10敗2分けの五分に戻した。16日に勝てば巨人5カード連続勝ち越しとなる。1952年に1カード3試合制になってから、初の快挙だ。

 右ひじのリハビリを続けていた5月上旬、親交のある筋ジストロフィーの患者さんを鳴尾浜に招いた。

 「甲子園に招待するといっていたけど、こういう状況になってしまったから広報に頼んで呼んでもらった」

 それでも矢野の直筆サインが入った車いすに乗った男性は、うれしそうに練習を眺め、喜んでくれた。一進一退を繰り返す患部に「ダメや」とつぶやいたこともあったが本心ではない。支えてくれるファンの前で野球をやりたい。その一心だった。

 「こういう貢献をできればしたいと思っていたけど、なかなか実現できなくて…。あれだけの『矢野コール』もらってうれしかった。タイガースファンが一番喜ぶ巨人戦で打ててよかった。もう全部大事な試合。貢献できるように頑張りたい」

 一戦必勝で食らいつく。一丸で向かっていく。あと19試合。アツイ秋の訪れが近づいている。


阪神・矢野、驚きの決勝2ラン「勢い乗りたい」

打った本人が一番、驚いた。3-3の延長十一回、阪神の矢野が決勝の2号2ラン。「本塁打はまぐれだけど、気持ちがバットに乗り移ってくれた」

 安藤、アッチソン、江草、藤川と投手陣は必死に投げた。「今の巨人打線は状態がいい。でも、みんな気持ちが入っていた」。マスク越しに、投手陣の踏ん張りを感じていた。

 その投球に応えようと「必死やった。思い切っていこうと思った」。十一回、失策などでつくった2死三塁。初球だった。クルーンの151キロに振り負けず、右越えへ運んだ。矢野が本塁打を放った試合は2006年6月から18連勝。不敗神話も続いた。

 オフに右ひじを手術した。良くなっては悪くなるの繰り返しで、1軍復帰は7月中旬までずれ込んだ。「おれが一番(1軍に)帰りたいよ」。必死にはやる気持ちを抑え、リハビリに励んできた。今でも痛みが再発しないように、ストレッチなど細心の注意を払う。「(チームに)貢献できればと思ってやってきた」と努力が一つ報われた。

 これで4位ヤクルトとは1・5ゲーム差。「全部が大事な試合。勢いに乗りたい」と矢野は力強く言った。


阪神・鳥谷、満足な一振り!自己最多の16号

阪神の鳥谷が1-2の六回に自己最多の16号ソロ。「多いに越したことはないので、これからも打てれば」と控えめに喜んだ。

 六回1死でゴンザレスの外角の変化球を左中間席に運んだ。「左方向に打てるのはいいこと」と満足な一振りだった様子だ。

 打撃だけでなく、足でも貢献した。四回に二塁打を放った後、新井の遊撃内野安打の間に一気に生還。新井は「トリ(鳥谷)がよく走ってくれた」と感謝した。(東京ドーム)


真弓監督(アッチソン、藤川が2回ずつ投げ)

「これで勝ちにつながらなかったら大変だった。とにかく一戦、一戦」



藤川(2回無失点)

「もう少しいい投球をしたい。今まで抑えていた亀井に打たれたので、個人的にリベンジしたい」


阪神・金本、歴代2位の1600試合連続出場

阪神の金本が1600試合連続出場を果たした。衣笠(広島)の2215試合に次ぐ歴代2位。

 金本は1998年7月10日から試合に出続けている。この日は2安打を放ち、6試合連続安打と打撃は上向き。八回には今季8個目の盗塁も決めた。(東京ドーム)

巨人・クルーン今季初被弾「矢野サンに脱帽」

クルーンが右翼席を見つめ、呆然(ぼうぜん)と立ちつくした。延長十一回、11試合連続無失点を続けていた守護神が、矢野に初球の151キロの外角速球を、右翼席に運ばれた。

 今季42試合目で初めて浴びた本塁打は、痛恨の決勝2ランとなり、優勝へのマジックナンバーは「11」で足踏み。来日5年目にして虎戦士に初めて一発を許した右腕は、必死に前を向いた。

 「残念だが、納得いく球を投げて打たれたのだから仕方ない。矢野サンに脱帽するしかない。切り替えて、次の登板にベストを尽くしたい」

 リーグ3連覇へ、最後の正念場といえる9連戦の初戦を落とした。大黒柱のゴンザレスが六回に鳥谷に許した本塁打も初球。「同じ打者に同じ感じで打たれてしまった。初球という部分で反省しなくてはいけない」と原監督は振り返った。

 11日に出場選手登録を抹消されたグライシンガーはこの日、右ひじに炎症を起こしていたことが判明し、この9連戦での復帰は微妙。チームは踏ん張りどころを迎えた。

 4カード連続負け越し中の阪神とはこれで10勝10敗2分け。「五分になったんですね。しっかり戦わないといけない」。指揮官は、気を引き締めた。






最終更新日  2009.09.16 07:16:22
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2009
安藤が粘って、鳥谷が打ちまくって
点の取り合いにありましたが、追いつかれた後は、アッチソン、江草、球児がすばらしいピッチングで抑えました!!!

両チームチャンスを作りますが、得点できず

そして、坂本のエラーから、大和の送りバント
内野ゴロで、二死三塁

矢野がクルーンの初球ストレートを狙い撃ち!!!
右中間スタンドに突き刺さりました!!!!!

最後は、無死1,2塁のピンチを作りましたが
セカンドライナーダブルプレーで救われ、阪神が勝利!!
またもや虚塵に勝ちました!!!!

矢野のホームラン伝説は、まだまだ続きます!!!

いやぁ~クルーン打っての勝利って、ほんと気持ちいいですね!!!!


ヤクルトと、広島が、同じく同点からの敗戦で、さらに差をつけました。




巨 人-阪 神 22回戦 (10勝10敗2分、東京ドーム、18:00、40252人)


阪 神 0 0 0 1 0 2 0 0 0 0 2   5
巨 人 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 0   3
(延長十一回)


【投手】
(神)安藤、アッチソン、江草、藤川-矢野
(巨)ゴンザレス、山口、クルーン-阿部

【責任投手】
(勝)藤川42試合5勝3敗21S
(敗)クルーン42試合1勝3敗23S

【本塁打】
(神)鳥谷16号ソロ(6回、ゴンザレス)、矢野2号2ラン(11回、クルーン)
(巨)阿部27号ソロ(6回、安藤)

【戦評】
 阪神は3-3の延長十一回二死三塁で矢野が右越えに勝ち越しの2号2ランを放った。十回から登板した藤川が2回無失点で5勝目。巨人は六回に阿部の27号ソロで追いつく粘りを見せた後は、相手救援陣を崩せなかった。







最終更新日  2009.09.15 22:42:50
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.13
カテゴリ:阪神2009
阪神、CS圏内の3位浮上!下柳が8勝目

阪神が横浜を2-1で下して、クライマックスシリーズ(CS)進出圏内の3位に浮上した。先発の下柳は6回1失点で8勝目。

針に糸を通すようなコントロールが戻ってきた。先制点を許しても慌てない。勝てば自動的に単独3位に浮上。悲願だったクライマックスシリーズ進出が現実味を帯びてくる一戦で下柳が、存分に持ち味を発揮した。

 「(下柳は)一時期よりはよくなっている。何とか力になりたいね」

 前日12日、コンビを組む矢野は、そう力を込めていた。デーゲームでヤクルトと広島が敗れた。勝つしかない。下柳は相手が最下位・横浜であろうとも、油断はなかった。

 一回先頭の金城に死球を与えた。しかし山崎の送りバントを矢野が二塁送球し、憤死させ、続く内川を二ゴロ併殺打。二回もジョンソン、佐伯と2者連続で空振り三振を奪った。

 三回先頭の石川に外角スライダーを流されて、左中間三塁打。続く武山に真ん中低めのフォークを拾われて、中前に弾き返された。スコアボードに刻まれた「1」を見ても淡々と投げ続けた。

 前回6日の広島戦(マツダ)では今季最短の1回2/3、3安打1失点で真弓監督から降板を命じられた。試合は勝ったものの、悔しさはあったに違いない。

 この日は、汚名返上を心に誓ったマウンドだった。四回以降、走者を出しても粘り強い投球を続けた。六回二死三塁もジョンソンを平凡な一ゴロ。味方打線も相手の暴投などで逆転に成功した。6回2安打1失点。十分すぎる内容だった。



阪神・下柳が8勝目!老かいな投球術光る

毎回のように走者を背負ったが、最少失点で切り抜けた。老かいな投球術が光った75球。下柳が自身3連勝で、8勝目(8敗)をつかみとった。

 「矢野のリードのおかげ。勝ててよかった」

 短い言葉の中に勝利の喜びが満ちていた。三回に石川、武山の下位に連打を浴びて先制点を与えたが、崩れない。四回に逆転すると、勝負どころで踏ん張った。

 1点リードの六回。先頭の1番・金城に四球を与えた。犠打と内野ゴロで二死三塁とされたが慌てない。4番・ジョンソンを高めの134キロで一ゴロに仕留め、堂々とマウンドを降りた。

 前回6日の広島戦(マツダ)では二回途中、3安打3四球1失点で降板。今季最短での交代だが「前は前。関係ないよ」と吹っ切れた状態でマウンドに登り、6回を2安打1失点。真弓監督も「よく粘ってくれました」とねぎらった。

 「全体的に低めにきていたし、要所要所でインコースのスライダーを使えていた。この1勝は大きい。(3位を)狙える位置にいるわけだし、シモ(下柳)も前回やられていたからね」

 女房役の矢野が笑顔で振り返った。40代バッテリーでは3つ目の白星だが、まだ通過点。もっと多く-。さえ渡る投球術でチームを勝利へと導いていく。

阪神・藤川、3位浮上も「まだ借金がある」

阪神は七回からアッチソン、九回は藤川とつないで1点のリードを守り切った。

 試合を締めくくった藤川は「1点差はどんな試合もしんどい。たまたまバットに当たってないだけ。ラッキー」と苦笑い。「僕は優勝したかった。まだ借金もある」と3位浮上にも複雑な表情を浮かべたが「お客さんは求めている」とも。クライマックスシリーズ進出の責任を果たすつもりだ。(甲子園)


阪神・下柳(6回1失点で8勝目)

「矢野のリードのおかげ。勝てて良かった」



阪神・アッチソン(2番手で2回無失点)

「自分の役割を楽しんでいる。この緊張感の中で役割を果たしていきたい」



阪神・矢野(下柳に)

「全球種を(内外角に)広く使えた。チームにとっても、シモ(下柳に)にとっても大きい1勝」


阪神・野原祐、プロ初スタメンで“1番”打

正義の味方”が、空気を一変させた。一回先頭打者、野原祐のセンター返しが中堅・金城のグラブを弾いた。転がる打球を見て一塁を蹴り、両手を伸ばして二塁へダイブ。打席テーマ曲・スーパーマンにそっくりのヘッドスライディングで、口火を切る二塁打だ。

 「思い切っていくことだけでした。当たってくれてよかった。マグレ、マグレですよ」

 赤星が頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアで登録抹消。「1番・中堅」の代役に指名された。育成枠から7月26日に支配下登録された男が、プロ初スタメン。五回にも外角球を中前へ落とし、4打数2安打。敗戦翌日、赤星離脱というショックを振り払った。

 晴れ姿を一目、見せたい。母・史絵さん(42)の誕生日だった11日は、父・保巳(やすみ)さん(43)と結婚25周年の銀婚式。記念日に合わせて両親を5泊6日の関西旅行に招いた。ネット裏席を用意した11日の横浜戦で1軍初出場。独立リーグ時代は猛打賞ボールを贈ったが、大事な母の誕生日で記した猛虎戦士としての第一歩。2日遅れで、さらに大きな“贈り物”を届けた。

 「思い切りのよさがいいね。今後の起用? いろいろ考えます」。真弓監督は右投手用などスタメン起用に含みを持たせた。赤星が抜けた穴へ、新たに登場した元気印。胸に「Sマーク」はなくても、全力プレーが故障者続出のチームを救う。

阪神・野原祐、チーム唯一の2安打に「まぐれ」

故障の赤星に代わって、1番・中堅に抜てきされた阪神の新人、野原祐がチームで唯一の2安打。

 「打席に入ったときはめちゃくちゃ緊張した」と野原祐。だが「思い切っていくだけ」と第1打席で二塁打を放ち、3打席目にも中前打。「きのうヒットを打って乗っているので、思い切って使った」という真弓監督の起用に応えた。

 独立リーグのBCリーグ・富山から育成枠で入団。7月に支配下登録され、9日に1軍昇格したばかり。「きょうはまぐれ。また練習頑張ります」と初々しかった。


阪神・金本、ノムさん超え!398二塁打

4番が打てば、点になる。じれったい攻撃となった日曜の夜だが、今は勝つことが全てだ。0-1で迎えた四回。勝利に最低限必要な『2点』は、主砲・金本のバットがもたらした。

 無死一塁。カウント1-0から、横浜先発・小林の内角144キロをとらえた。弾丸ライナーが右翼線に跳ねる。無死二、三塁。暴投で同点に追いつき、林の投ゴロの間に決勝のホームを駆け抜けた。この夜、唯一の得点シーン。それを、“ノムさん超え”となる節目の二塁打で演出した。今季34本目の二塁打は、通算398本目。前日12日に並んだばかりの野村克也(現楽天監督)を抜き、歴代単独10位となった。

 打席での配球の読みを「捕手との化かし合い」と話す金本にとって、ID野球を駆使する名将は、偉大な先輩だ。

 前日は初対戦のランドフルに2打席連続スライダーで三振を喫した後、3打席目にスライダーを適時二塁打した。この日も、一回一死一、三塁で内角低め144キロに見逃し三振に倒れた。2打席目に内角144キロをガツン。三回の守備では石川の左翼右への当たりが三塁打に。意地をバットに込めた。

 6月2日、楽天戦(Kスタ宮城)の試合前。「あいつ(金本)はスーパースターだから、来ないだろ」。三塁ベンチで笑った名将は、挨拶に訪れた鉄人を「予想外な人が来たな」と冷やかした。「そんなことないですよ。一番先に来ました」と最敬礼の金本。その背中を見送りながら、野村監督は、つぶやいた。

 「金本はチームの鑑。鑑というのは、絶対にチームに必要だからな」

 打つ、打たない。それだけではない絶対的な存在。真弓監督は試合後、「ベテランも若手もかみ合って、いい結果が出ていると思う」と話した。主砲が元気だから、若手も生きる。残り20試合。そして、その先にある頂点への挑戦-。連日の試合後の素振りを終え、一番最後にベンチを出た大きな背中が、虎をラストスパートへと導く。


奇跡の虎や!121日ぶり3位や!CSもろた

さ、さ、さ、3位やあぁぁぁぁああ! 阪神が最下位・横浜に逆転勝ち。中日に敗れたヤクルトを抜いて、ついにクライマックスシリーズ(CS)進出圏内となる3位浮上した。試合を締めたのは、スコット・アッチソン投手(33)&藤川球児投手(29)。AFが、虎を奇跡のCS出場へ導く。

追いかけていたツバメをついに抜いた。CS進出圏内となる3位浮上。5月15日以来、121日ぶりのAクラスに真弓監督も笑顔が弾ける。泥臭く1点を守り抜いての勝利。お立ち台で藤川とアッチソンが胸を張った。

 「ヤクルトさんの調子がよくなくて、ドンドン落ちてくれているんで。正直、自分たちでもっともっと頑張らないといけないと思う。お客さんがこれだけ入ってくれている。感謝しながら、1球1球、投げていきたい」

 球児の言葉に4万6677虎党が歓声で応えた。

 九回、2者連続空振り三振後、内藤に中前打を許したが佐伯を二ゴロ。最後は白い歯がこぼれたが、一時はヤクルトに13.5ゲームも離されていただけに胸中は複雑だ。3位のとらえ方について問われ、「僕はチョット…。優勝したかったし、借金もある。『こんな状態ではダメ』と思いながらやってきた。お客さんにも(坂井)オーナーにも怒られますから」。

 球児節で笑わせた守護神だが、昨年のファン感謝イベントでは「来年こそ巨人に勝ちたい」と誓った。ポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を封印し、今季にかけた。だがチームは低迷。自身も3敗を喫した。ストッパーとしての悔しさやもどかしさ。「春先はどうなることかと思ったけれど…」。漏らした一言がホンネだ。

 「1点差はどんな場面でもしんどい。でも、お客さんのためにやらないとという責任感がある」

 ブラゼルはまだ2軍で、桜井は戻ったばかり。この日から、赤星が離脱した。故障者続出の打線は4戦続けて2得点。この日は適時打もなかった。リリーフ陣にとって重圧のかかる日々が続くが、目的があれば我慢できる。初のお立ち台となったアッチソンも同じ。七回から2回を完ぺきに抑え、「投げていて楽しい。全力で投げて、1つでも多く勝っていきたい。CS? 十分、いけると思う」。後半戦、AF揃い踏みなら13戦全勝(前半戦は13勝3敗3分け)。さらに後半戦は1点差ゲーム6戦6勝。接戦をモノにできるチームに、2人は不可欠だ。指揮官は「ゲーム差はほとんどないので、これからは順位じゃない。1戦1戦、大事に戦っていく」と、かぶとの緒を締める。

 残り20試合。15日からは巨人、広島、横浜との9連戦が控える。「前向きに頑張りたい」と球児。3位は決して手放さない。そのためにも6つある借金を、一つずつ返していく。






最終更新日  2009.09.15 12:51:03
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2009
やりましたね~
前日は天竜で、バーベキューやりながら、苦い思いをしましたが
下さんの好投に、アッチソン、球児とくれば、負けないですね!!

打つほうは、元気がなかったですが、お約束の横浜の自滅で、横浜銀行に感謝!です
デーゲームで、広島、ヤクルトが破れ、とうとう3位浮上!!!

このまま行くでしょう!!

あとは、問題なのは、クライマックスの対中日ですね。
勝ち越しないからなぁ。。。






▼阪 神-横 浜 21回戦 (阪神14勝7敗、甲子園、18:00、46677人)

横 浜 0 0 1 0 0 0 0 0 0       1
阪 神 0 0 0 2 0 0 0 0 X       2

【投手】
(横)小林、工藤、高崎-武山、新沼
(神)下柳、アッチソン、藤川-矢野

【責任投手】
(勝)下柳21試合8勝8敗
(S)藤川41試合4勝3敗21S
(敗)小林11試合1勝7敗

【本塁打】
(横)
(神)

【戦評】
 阪神が5月15日以来の3位に浮上した。1点を追う四回、長短打で無死二、三塁とし、暴投と投ゴロで2点を挙げて逆転。早めの継投で反撃を断った。6回1失点の下柳が8勝目。横浜はわずか3安打。打線が振るわなかった。







最終更新日  2009.09.15 12:43:22
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.11
カテゴリ:阪神2009
昨夜が、いやな雰囲気だったし、カード勝ち越し記録もとまり。。。

最後の最後で、中日に邪魔されるのかなぁ。。。なんて、いやな感じがよぎりましたが!!!

ヤクルト、広島が落とした今日!能見がやってくれました!!!
7回を5安打1失点で、守りきりました!!!

これで、プロ入り初の10勝です!!
来年は間違いなしで、エースでしょう!!

今日も、ものすごく安定していて、低めに決まっていました!!

そして、アッチソン、球児が今日もパーフェクトリリーフ!!

珍しくタイムリーがなく、金本と浅井の一発での2点のみ
5安打に抑えられましたが、この二発が大きかった!!!

とうとう0.5差!!

しかし、ヤクルトとの差は関係なく、まずは、5割!!
借金返済を目指しましょう!!

借金あるチームが日本一なんて、絶対言われますからね

横 浜 0 0 0 0 0 1 0 0 0       1
阪 神 0 2 0 0 0 0 0 0 X       2

【投手】
(横)グリン、真田、加藤康-武山
(神)能見、アッチソン、藤川-狩野

【責任投手】
(勝)能見24試合10勝8敗
(S)藤川40試合4勝3敗20S
(敗)グリン21試合3勝13敗

【本塁打】
(横)
(神)金本18号ソロ(2回、グリン)、浅井2号ソロ(2回、グリン)

【戦評】
 阪神が横浜に5年連続の勝ち越しを決めた。二回に金本と浅井のソロ本塁打で2点を先行し、継投で逃げ切った。7回1失点の能見は初の10勝目、藤川は3年連続の20セーブ。横浜は六回に1点を返したが、打線がつながらなかった。









最終更新日  2009.09.11 23:58:36
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.09
カテゴリ:阪神2009
阪神・岩田、長女に捧げる完封勝利「頑張ったぞ!」
二重の喜びだった。阪神の岩田は散発3安打に抑え、今季2度目の完封。さらに、この日の午後に第2子となる長女が誕生。お立ち台でお父さんは「頑張ったぞ!」と声を張り上げた。

 直球にスライダー、カットボールとすべての切れが抜群だった。自身初の2けた奪三振となる12三振。得点圏に走者を背負ったのは2度だけ。四回2死一、二塁では内角へのカットボールで和田のバットを折り、三ゴロ。九回2死三塁はブランコを空振り三振に仕留めた。「負けた次の日の大事な試合。力みすぎず、自分の投球をしようと思った」と完ぺきな投球を振り返った。

 オフには赤ちゃんを車に乗せてクラブハウスを訪れるなど、家庭を大切にするお父さん。登板前に子どもの誕生を聞き、一層気合が入ったという。「うれしい。元気に育ってくれれば」と自然と優しい顔に。記念のウイニングボールは「嫁に渡します」と笑顔だった。

 「低めに集めて、いい感じでゼロを並べられた」と岩田。3位との差を1・5ゲームに縮め、チームにとっても大きな1勝だった。

岩田、娘誕生の日に完封!阪神3位に1.5差
圧巻の完封や! 阪神・岩田稔投手(25)が今季2度目の完封で5勝目を挙げた。試合前に第2子の長女が誕生し、竜相手にプロ初の2けたとなる12奪三振の力投。3位ヤクルトと1.5ゲーム差と肉薄し、11日にも単独3位に浮上。クライマックスシリーズ(CS)圏内も、もう時間の問題や!

ブランコのバットが空を切った瞬間、雄たけびをあげた。左拳を突き上げた後、グラブをポンとたたいた。クールな左腕が男をあげた。パパはやったで! 岩田がお立ち台で叫んだ。

 「きょうの昼に第2子、長女が生まれました。本当にうれしいです。子供にメッセージ? 『頑張ったゾ!!』。きょうは、低めに集めることができたし、内野ゴロも多くて、自分の投球ができました。完封なんで、特別な思いがあります」

 午後0時52分-。西宮市内の自宅の電話が鳴った。ひとりで昼食を作っていた手を止めた。門真市内の病院からだった。「ヨメが『分べん室に入った』とお母さんから連絡があった。急でした」。午前中、同い年の美佳夫人とは何気ないメールを交換。8月中に誕生予定もここまで延びたが、この日のマウンドに合わせるかのように産声をあげた。「ミラクルですね。元気に育ってくれたら、それでいいんです」

 グラブには家族の名前の刺しゅうを入れる。オフには「子守りですよ」とクラブハウスに長男・輝大(こうだい)くん(1)を連れてくる子煩悩。「名前? まだ決めていない」。3280グラムの新しい命。4人家族の大黒柱として負けるわけにいかない。長女の名前もグラブに刻み、次なる決戦の舞台へ上る。

 「僕は三振をとる投手ではないんですが。点をとってもらったので、楽に投げることができた」

 自己最多の2けた12奪三振。奪ったアウト27個のうち内野ゴロが『12』。外野には3安打を含めて4度しか飛ばさせなかった。九回二死三塁のピンチも、ホームだけは踏ませなかった。シーズン4完投以上は球団では2006年の井川(現ヤンキース傘下3A、8完投)以来、中日戦での1投手の完封も04年の井川以来。憧れの左腕にも肩を並べた。

 「長女誕生? だから、完投してほしいと思っていたけど…」。試合前に報告を受けた真弓監督が胸の内を明かす。そして、「完封したねぇ!! ベンチでゆっくりと見ることができた」。期待以上の活躍に目尻を下げた。ヤクルトとは1.5差。5月2日の1差以来、130日ぶりの肉薄だ。10日から2連勝で、ヤクルトが2敗か1敗1分けで、11日に単独3位に浮上する。

 「まだまだ勝っていくので、応援よろしくお願いします」。記念のウイニングボールを手に車のエンジンをふかせた。もう夢ではない。奇跡の扉を開く瞬間がやってきた。


阪神・林威助が母と兄の前で活躍見せた!
阪神の林威助が一回2死満塁で走者一掃の三塁打。故郷台湾から訪れた母と兄の前での一打に「今年は活躍してなくて、家族が支えてくれた。いいプレゼントができた」と表情を崩した。

 不調で先月17日に出場選手登録を外れ、前日8日に1軍に復帰したばかり。朝倉の外角高めの138キロを右中間にはじき返し、7月17日以来の安打を放った。「残り少ないんで、1試合でも多くチームに貢献したい」と誓った。


阪神・真弓監督

(3位と1・5ゲーム差にも)「下(広島)も来ている。相手じゃなく、自分のことを考えないと」



阪神・鳥谷

(一回に先制の二塁打)「きのう負けていたんで、先に点を取りたかった」



阪神・狩野

(岩田に)「僕が何だかんだ言うより、とにかく岩田が良かった」

好調・鳥谷が虎引っ張る!初回速攻V打!

目で打球を追う虎党が、イスから腰を浮かせた。絶叫と歓声が銀傘に響いた。赤星のヒットと、平野の犠打で作った一回一死二塁。阪神・鳥谷の華麗な流し打ちが、左中間を深々と破った。落合竜から主導権を奪う先制二塁打。前夜の不快指数100%の完封負けを、序盤の一振りで過去の世界へ葬り去った。

 「きのう(相手に完封を)いかれていたので、先に点を取りたかった。チャンスだったんでね。先制できてよかった」

 カウント0-1からの2球目は、シュート気味に高めに浮くフォーク。1打席目にめっぽう強い男が、朝倉の失投を見逃すはずはなかった。2本塁打を放っている9月で、31打席目で初めてヒットでの打点。和田打撃コーチからは「3番らしい仕事で壁を崩してくれた」とねぎらわれた。8日は左腕・チェンに2安打完封負け。11イニング続いていたゼロ行進を破る一打が、眠っていた打線を目覚めさせた。後続も四球で続き、二死満塁から林の3点三塁打で勝負を決めた。

 今季、第1打席は104打数36安打。走者が少ないため62打点のうち18打点に留まっているが、打率.346のハイアベレージを残している。今季序盤は肩痛もあって不振を極めたが、後半戦は快進撃。“ミスター第1打席”ならではの速攻に「1点目、あっさり入ったね」と真弓監督の顔もほころんだ。

 「前日の無念? 最初に点を取れたのでね…。途中からもう1点、2点取れたらよかった」

 意趣返しの完勝にも、反省を忘れない。先手を取り、そして勝つ。この男の“ファーストコンタクト”が、必勝パターンのカギを握っている。

阪神・赤星、シ烈盗塁王争い!31盗塁目
し烈なセ界の盗塁王争い。その中心にいるのが、この男だ。

 4点リードの二回二死一塁。鳥谷への初球、朝倉が投球モーションに入る直前に、阪神・赤星がスタートを切った。捕手・谷繁もお手上げの“盗みっぷり”。この時点で31盗塁として、リーグトップに立った。通算381盗塁は、かつて阪神にも在籍したこともある呉昌征氏に並ぶ歴代9位だ。

 先頭打者として、足だけでなく、バットでも貢献する。

 「毎回丁寧に(打席)に入っているよ」

 一回、二塁内野安打で出塁。4得点というビッグイニングの口火を切った。前日8日には左腕チェンに完封負け。和田打撃コーチが「練習のときまでは引きずっている空気があったんだけど」という雰囲気を、見事に吹き飛ばした。

 「毎日、初回に点がほしいから」と赤星。盗塁王争いでは中日・荒木、ヤクルト・福地もこの日、1盗塁ずつ決めた。3人が31個で並ぶが、関係ない。選手会長は、自らの足とバットでチームに勢いを与える。






最終更新日  2009.09.10 07:02:59
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2009
「お帰り、カーネル」甲子園で初の一般公開

「お帰り、カーネル」。阪神のリーグ優勝に興奮したファンが大阪・道頓堀川に投げ込んだまま行方不明になり、今年3月、約24年ぶりに見つかった「日本ケンタッキー・フライド・チキン」のカーネル・サンダース人形が9日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で発見後初めて一般公開された。

 ファンの間では、投げ込まれたことによる人形の“のろい”で阪神が日本一から遠ざかっているとささやかれてきたが、埼玉県戸田市の会社員井上学さん(41)は「きょうでのろいも解けるはずだ」と笑みを浮かべた。

 人形はこの日、阪神-中日戦のナイターを前に球場一塁側の5号門外の広場でお披露目された。試合とは別に人形だけを見に来たファンの姿も多く、順番にカーネル人形との記念撮影を続けた。9月9日はケンタッキーの創業者カーネル・サンダースの誕生日に当たる。







最終更新日  2009.09.10 01:34:11
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:阪神2009
岩田が、昨夜の鬱憤を晴らす3安打完封!!
12奪三振!!!

ほんとに、すばらしい試合でした!!
今日の昼、第二子となる、長女の誕生ということで、娘と奥さんに捧げる完封となりました!!


そして、桜井、ブラゼルの穴は俺が埋めると、初回、満塁からの3点タイムリースリーベースの林!!!
今日は、母と兄夫婦が観戦しているということで、家族の前での大活躍となりました!!!

1回表
井端 空振り三振
荒木 空振り三振
森野 セカンドゴロ

1回裏
赤星 セカンドヒット T0-0D
平野 ピッチャー犠打 T0-0D
鳥谷 左中間タイムリーツーベース T1-0D
金本 フォアボール T1-0D
新井 フォアボール T1-0D
葛城 見逃し三振 T1-0D
林 右中間3点タイムリースリーベース T4-0D
狩野 キャッチャーファウルフライ T4-0D

2回表
ブランコ 空振り三振
和田 セカンドゴロ
小池 空振り三振

3回表
英智 空振り三振
谷繁 空振り三振
朝倉 空振り三振

4回表
井端 ライトヒット
荒木 ショートゴロ
 ランナー荒木が二盗 
森野 見逃し三振
ブランコ フォアボール
和田 サードゴロ

5回表
小池 サードゴロ
英智 ファーストゴロ
谷繁 サードゴロ

6回表
代打・中川 空振り三振
井端 セカンドフライ
荒木 サードゴロ

7回表
森野 レフトヒット
ブランコ 空振り三振
和田 レフトフライ
小池 ショートゴロ

8回表
英智 ショートゴロ
谷繁 ファーストファウルフライ
代打・デラロサ 空振り三振

9回表
 (守備交代)野原祐 ライト 
井端 ショートゴロ
荒木 ショートゴロ
森野 レフト線スリーベース
ブランコ 空振り三振




ヤクルトは4連敗で11カード連続の負け越しで1.5ゲーム差となりました!!!

中 日 0 0 0 0 0 0 0 0 0       0
阪 神 4 0 0 0 0 0 0 0 X       4

【投手】
(中)朝倉、高橋、小林正、ネルソン-谷繁、小山
(神)岩田-狩野

【責任投手】
(勝)岩田11試合5勝3敗
(敗)朝倉22試合9勝7敗

【本塁打】
(中)
(神)

【戦評】
 阪神の岩田が3安打に抑え、今季2度目の完封で5勝目を挙げた。直球、変化球ともに切れが抜群で12三振を奪った。打線は一回に鳥谷の先制打、林威助の3点三塁打で4得点。中日はブランコが3三振を喫するなど打線が沈黙した。







最終更新日  2009.09.09 23:04:56
コメント(2) | コメントを書く
2009.09.06
カテゴリ:阪神2009
移籍2年目でようやく…金村暁がトラ初勝利

金村暁が阪神2年目で、移籍後初白星を挙げ「素直にうれしい」と大きく息をついた。

 0-1の五回に登板。2安打を許しながらも無失点で切り抜け、直後に味方が逆転した。本人は“初勝利”を意識していなかったそうだが「八回ぐらいからみんなが僕の方を見てにやにやしていた」と表情を崩した。

 昨季は8試合に先発して0勝5敗。今季も2試合に先発したが好結果を残せず、中継ぎに回っていた。「どんな形でも、チームに貢献したかった」と安堵(あんど)した。

新井が逆転タイムリー!阪神、7カード連続勝ち越し

調子が悪いとはいえ、1失点の下柳を二回途中で早々と代えた。そこから阪神は必死の継投。0-1で迎えた六回に、打線が応えた。

 平野、鳥谷の連打で無死一、二塁。金本は一直に倒れたが「絶対に走者をかえす強い気持ちで打席に入った」と新井。内角高めの厳しい球に腕をたたみ、左翼線に引っ張った。二塁打で2者を迎え入れて逆転し、さらに2死後、浅井にも適時打。この回に5安打を集めた。「最近はつながる打線になっている」と新井も話していたが、集中打が効果的に出た。

 前半戦は先発を引っ張る試合を続けた真弓監督。アッチソン、藤川に2回ずつを投げさせるなどここにきて継投は明らかに変化し、総力戦の様相だ。「下柳は粘って(あそこから)自分の投球をするんだろうけど。シーズンも終わりやから、一戦一戦」と指揮官。残り26試合。むちを入れる時期に入った。

 昨季の開幕時以来の7カード連続の勝ち越しで、3位ヤクルトとは2・5ゲーム差。「面白くなってきました」と新井は不敵に笑った。


阪神・下柳(1回2/3を1失点で降板)

「チームが勝ったから良かった」



阪神・アッチソン(前日に1失点したが、この日は2回を完ぺきに抑え)

「きのうは良くなかった。スコアボードにゼロを並べることだけを考えた」



阪神・浅井(六回に適時打)

「初球から積極的にいこうと決めていた」


必殺一撃!虎・新井、逆転打で燕に2.5差

キタァ~、2.5差! 阪神は新井貴浩内野手(32)が逆転の2点二塁打を放つなどで広島を4-1で下した。これで7カード連続の勝ち越しで、3位ヤクルトに2.5ゲーム差。悲願のクライマックスシリーズ(CS)進出へ、8日から甲子園でいよいよ3位奪取ウイークや!!

執念だった。ベンチの、指揮官の、熱い思い。新井のバットに伝わった。振り切った。左翼線で打球が弾んだ。

 「絶対にランナーをかえすんだという強い気持ちで打席に入りました」

 二塁から平野が、そして、一塁から鳥谷も本塁に滑り込む。送球間に三塁に到達した新井は両手を一度、バシンとたたいた。1点を追う六回一死一、二塁。新井が逆転の2点二塁打だ。二死後、浅井の中押し打にもつなげて勝負を決めた。

 必死だった。追い込まれる前に、バットを少しだけ短く持った。カウント2-2。内角高めにバットを合わせた。「(捕手の)倉さんはインサイドが好きだし、読みというかね。(内角は)もちろん頭にありました。マークしていました」。

 いつもは2ストライク後にバットを短く持つが、逆転打の打席ではすぐにグリップを余らせた。「状況に応じてのことだから」。打てば勝つ、打たなければ負ける-。そう直感した。

 必勝へチーム一丸となった。先発・下柳をたったの1回2/3で降板させた執念の真弓采配。総力戦に応えた。先発・今井は8月23日(京セラD)の対戦でも6回2安打1点と苦戦した相手だが、燃える虎の思いをバットで代弁した。

 打線は桜井に続いて、ブラゼルが左ひざの負傷でこの試合前にひと足先に帰阪した。漂う暗雲…これも振り払った。自らにかかる期待と役割を、十分に果たした。和田打撃コーチも「決めないといけない場面。大殊勲者だよ」とたたえた。

 これで7カード連続勝ち越し。上位進出のライバル・広島に再び2ゲーム差につけた。7月28日時点で最大13.5ゲーム差だった3位ヤクルトには、後半戦最接近の2.5差に肉薄だ。

 クライマックスシリーズ進出へ、甲子園ウイークを迎える。8日から聖地で中日・横浜との6連戦に臨む。阪神の3連勝&ヤクルトの3連敗か2敗1分けで最短10日にも単独3位に浮上できる。得意の甲子園(27勝21敗1分け、勝率.563。一方、ビジターは21勝33敗3分け、勝率.389で苦手)。一気に決める舞台は整った。

 「面白くなってきましたね」。新井が不敵に笑った。自身も9月は6試合連続安打で打率.478、5打点と上り調子。聖地の声援を力につかんでみせる。勝負の時がきた。






阪神・矢野、リリーフ陣助ける好リリーフ
5試合ぶりに先発マスクをかぶった矢野は出場5試合ぶりにマルチヒットを放ち、リリーフ陣も好リード。「中継ぎがよく頑張ってくれたよ。金村(暁)に勝ちがついてよかったよ」と白い歯をこぼした。また二回途中で降板となった下柳については、「ベンチの判断だからね。僕からは何も言うことはないよ」と静かにコメントした。






最終更新日  2009.09.16 22:26:25
コメント(0) | コメントを書く

全210件 (210件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 21 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.