宮じいさんの花紀行

イタリア旅行(20)

※イタリア旅行(20) -2002.11.22- <六日目>

コロンナ宮殿を後にし、再びバスに乗り込む。 市街
地を走り5分もしないうちに、ヴィットリオ・エマヌエレ2
世記念堂に着く。 ヴェネツィア広場の南の大きな建
物である。

5世紀のローマ帝国の崩壊以来、いくつもの国に分か
れていたイタリアを1870年に統一しイタリア王国を作
り上げ、初代の国王となったのが、ヴィットリオ・エマヌ
エレ2世である。 記念堂中央に献花する場所がある
が、国際的な行事に使用されているようだ。

次いで、徒歩でカンピドリオ広場へと登っていく。 こ
こは、ミケランジェロによって設計された広場で、中央
にあるマルクス・アウレリウス帝の騎馬像もミケランジ
ェロ作である。 高台にあるので、ここからの眺めは
素晴らしい。 歩いていると石ばかりの町という感じで
あるが、高台から眺めると結構緑に恵まれている。

広場の反対側からの眺めもまた格別である。 フォロ・
ロマーノが一望出来る。 フォロとは「フォーラム」の
語源となった言葉で、公共広場の意味だが、広場に
建てられた神殿や聖堂などの政治・宗教の中心施設
を含めたエリアを総称してフォロと呼んだ。

フォロ・ロマーノ

 カンピドリオの丘とパラティーノの丘に挟まれた谷間
 に広がる最古のフォロで、皇帝達のフォロが出来る
 前までは、古代ローマの中心として栄えた。 その
 起源ははっきりしないが、紀元前6世紀には排水口
 などが設備され、都市として機能していたという。

 現在の姿は、1803年以後に発掘されたもので、一
 部復元された建物を除いて、廃墟のまま公開され
 ている。

ヴィットリオ・エマヌエレ2世記念堂・ローマ
  • DSCF0014.JPG


  • DSCF0015.JPG


  • DSCF0016.JPG


※追加画像は下記をクリックして下さい。

ヴィットリオ・エマヌエレ2世記念堂・ローマへジャンプ



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.