宮じいさんの花紀行

ドバイ・トルコ旅行(3)

ドバイ・トルコ旅行(3)-2008.05.07-

 ドバイのRホテルで朝食後、約30分間休憩時間があったの
 で、ホテルの付近を散歩する。

 ホテルのすぐ傍に、立派なツイン・タワービルがあり、ショ
 ッピング・センターのようだ。 まだ、午前7時半なので、
 開業はしていない。 

 ビルの手前で、「フレーム・ツリー」が咲き誇っていたので、
 ビルをバックに撮影する。

 フレーム・ツリー

  フレーム・ツリー(火炎樹)は英名で、日本での正式名称
  は「鳳凰木」である。 学名はロイヤル・ポインシアナ。

  亜熱帯特有の樹で、4~5月頃からオレンジ色の花びらが
  彩り始める。 マダガスカルが原産。

  サイパンにいた日本人はこの樹を「南洋桜」と名付けて、
  日本の桜を偲んだという。

 フレーム・ツリーのすぐ傍で、日本でお馴染みのキョウチク
 トウや、ブーゲンビリアが咲き誇っていた。 日本でキョウ
 チクトウを見ると、何か暑苦しい感じがするが、ここでは爽
 やかに感ずるのは不思議である。 湿度のせいだろうか。

 ドバイは、運河で2つに分けられてる。 主な観光スポットが
 集まる地域はバールドバイ地区とディラ地区で、中央をドバ
 イ運河が流れている。 緩やかにカーブしたドバイ運河から
 は、一方の側に超現代的な摩天楼、反対側には古くから貿易
 に使われているダウ船が眺められる観光スポットとなってい
 る。

 我々は今バールドバイ地区にいるわけで、運河・ディラ地区
 をバックに記念撮影をする。

ツインタワービル(ショッピング・センター)
3-01

フレーム・ツリー
3-02

3-03

3-04

キョウチクトウ
3-05

3-06

レストランの前に通りがあり、その向こうは運河
3-07

早朝なので上着をつけているが、間もなく不要となる
3-08

観光船・ダウ
3-09




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.