宮じいさんの花紀行

ドバイ・トルコ旅行(17)

※ドバイ・トルコ旅行(17)-2008.05.09-

06:30 起床 07:00ホテル内レストランで朝食。バイ
キングなので、トマト、キュウリ、パン、オレンジ・ジース、コ
ーヒー(ネスカッフェ)である。 コーヒーといえば、トルコ・
コーヒーで、普通のコーヒーは「ネスカッフェ」と云うのが面白
い。

ホテル・ロビーの天井近くの壁面に、大きな「ナザールボンジュ
ウ」が睨みをきかしている。 青い目玉で、「邪視飾り」とも云う。
トルコの土産品店では必ずお目にかかる物で、大小さまざまあり、
「魔よけ」として珍重されている。

07:00 バスはアイヴァリクを後にして、エフェソスに向かう。
エフェソスまで240km、約4時間かかる。 第一回のトイレ休
憩は、宝石店である。 購入を期待してか、トイレは無料である。
ツアー客13名中、ご婦人方が10名なので、トルコ石選びに時間
がかかった。 現地ガイドによると、最も信用のおける店の一つと
かで、ご婦人方は熱心に品選びをしていた。 男性群は手持ちぶさ
たで、店の一隅の椅子に腰を下ろしての見学である。

普通は20分の休憩が、何と40分もかかった。 殆どの女性達が
トルコ石の指輪か、ペンダントを購入したようだ。 一つ一つ現物
の写真入りで保証書がついている。

 エフェソスへの途中、トルコ第3の都市・イズミールを通り抜け、二
回目のトイレ休憩となる。 休憩所のそばで、「タチアオイ」が咲い
ていた。 タチアオイは、中国原産と考えられていたが、現在ではト
ルコ原産種と東ヨーロッパ原産種との雑種とする説が有力である。日
本には古くから薬用として渡来したようだ。

アイヴァリク・トルコのホテル内レストラン
17-01

朝食はバイキング

17-02

ホテルの天井近くに、ナザールボンジュウ(魔除けの目玉)が

17-03

17-04

宝石店でトイレ休憩

17-05

トルコ石の指輪

17-06

アイヴァリク-エフェソス間のエーゲ海(車窓より)

17-07

イズミール住宅地

17-08

トイレ休憩所にタチアオイ

17-09

17-10



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.